脳梗塞に対する画期的治療薬の開発

新潟大、脳梗塞に対する画期的治療薬の開発(マイナビニュース 2015/4/6)
http://news.mynavi.jp/news/2015/04/06/109/

《概略》
・脳梗塞の治療薬「組織プラスミノゲン・アクチベーター(tPA)」に代わる画期的治療薬の開発されている
・tPAと一緒にプログラリュリンというタンパク質を一緒に投与すると血栓溶解療法の副作用抑制などが期待される
・副作用抑制以外にも脳梗塞の症状軽減、脳梗塞の縮小、治療可能時間の延長などにも効果が見込まれる

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp/brain/post/1061