平成30年12月23日 現職者共通研修と事例報告登録制度に関する研修会

こんにちは!教育部です。

教育部は今年最後のアラカルト更新です。

本日は、ウィリング横浜にて現職者共通研修会と事例報告登録制度に関する研修会がありました。

参加者は70名近くとなり、みなさん熱心に講義を聴かれてました。


1コマ目は

「事例報告と事例研究」

講師 水野 健氏(昭和大学附属烏山病院)



2コマ目は

「事例報告登録制度に関する研修会」

講師 奥原孝幸氏(神奈川県立保健福祉大学)


に実施して頂きました。

作業療法士として、クライエント1人1人に根拠ある介入を行う事は必然として求められる事かと思います。

自分が行った介入が本当にそれで良かったのか?もっと良い介入が出来たのでは?と思う事は臨床で沢山ある事かと思います。

それに対し深く考え文章化し残していく事が今後より良い介入に繋げていけるようになる事や若い作業療法士が経験年数を積んだ作業療法士と同じ質でクライエントに介入が行えるようになっていくのではないかと思います。

是非、その為にも認定作業療法士取得を目指し研修会や事例登録を積極的に実施して頂ければと思います。

次の現職者共通研修は3月10日 日曜日

ウィリング横浜にて開催されます。

奮って参加をお待ちしております。

https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/basic-course/201801-2

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/action/2018/570