OTが知っておくべき道路交通法勉強会

こんにちは!

制度対策部自動車運転班です!

 

 

2022年11月3日(日)に自動車運転班主催の研修会を行います。

 

今回の制度対策部 自動車運転班主催 勉強会は、神奈川運転免許センターで業務に当たられている

警察官を講師としてお迎えし、報道やインターネットからの情報だけでは

知り切れない道路交通法改正に関しての講義をしていただきます。

また、免許センターでの対応や検査内容もお伝えいただきます!

申し込み時に事前質問も挙げていただければお答えいただけますので、
業務にあたる上で疑問に思っていることを是非挙げてください!

※本勉強会では神奈川県での対応が中心になり、他都道府県での対応と異なる可能性があります。
 参加条件を神奈川県運転免許センターを利用する対象者に支援を行なっている方に限らせていただきますのでご理解をお願い致します。

 

神奈川県内の現状報告や実践報告が主で、あとは参加していただいた方との交流などをしていきたいと考えています。

 

自動車運転支援に携わっていただいている方は勿論、

興味がある方やこれから支援の準備をしようと考えている方でも参加していただけますので

是非ご参加ください!

会名:OTが知っておくべき道路交通法勉強会

主催:神奈川県作業療法士会 制度対策部 自動車運転班
日時:2022年11月3日(木) 14:00~15:00(受付開始13:45)
場所:ウェブ開催(zoom使用予定)
内容:神奈川県警察本部 交通部運転免許本部 運転教育課 警察官より
   道路交通法の変遷や近年の改正に関する情報提供
   免許センターでの対象者への検査内容
   事前に寄せられた質問への回答  など
対象:①神奈川県作業療法士会会員(今年度会費納入済みの方)で
    神奈川県運転免許センターを利用する対象者に支援する可能性がある方
   ②神奈川県内の病院・施設に在籍している作業療法士又は関連職種(PT・ST等)で、
    神奈川県運転免許センターを利用する対象者に支援する可能性がある方
参加費:①500円
    ②1000円
 ※条件により参加費が異なりますのでご注意ください。
 ※振り込みが確認できない場合、研修会への参加はできません。
   また、ご自身の間違いや当日キャンセルによる返金は
   できません。ご注意ください。
 ※本参加費は研修会運営に充てられるものであり、講師に謝金等の支払いは一切生じておりません。

 

勉強会情報はこちらから↓

https://kanadora.peatix.com

 

宜しくお願い致します!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2022/140

道路交通法 改正情報R4.5.13施行

こんにちは!

県士会制度対策部の自動車運転班です。

更新が滞っておりましたが、今年度もまた宜しくお願い致します!

 

さて、今回は令和4年5月13日に施行された道路交通法改正に関わる内容です。

 

今回施行された道路交通法では

「高齢運転者対策の充実・強化」

として挙げられている

 

○運転技能検査の導入

 75歳以上の高齢運転者のうち、普通自動車対応免許の方が一定の違反行為をした場合に、

 免許更新時等に運転技能検査の受検が義務付けられるもの

 検査項目は「指定速度での走行」「一時停止」「右折左折」「信号機の通過」「段差乗り上げ」

 とされています

 

○認知機能検査の見直し

 時計描画が廃止され「手がかり再生・時間の見当識」の2項目に変更

 検査結果に関しても「認知症のおそれなし」「認知症のおそれがある」の2区分に変更

 

○高齢者講習の見直し

 認知機能検査の結果が2区分になったことに伴い、高齢者講習も2時間の講習に一元化

 

○安全運転サポートカー限定条件付免許の導入

 安全運転支援装置を備えた「サポートカー」に限定する条件を普通免許に付与すること等を

 内容としたサポートカー限定条件の運転免許制度が導入される

 後付けではない「衝突被害軽減ブレーキ(対車両・対歩行者)」、

 「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」が搭載された普通自動車のみ運転できる

 この条件はその方の申請により付与される

 

が大きなところです。

その他改正部分に関してはまた改めてお伝えできればと思います。

※詳細は警察庁ホームページや神奈川県警ホームページ等をご確認ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2022/137

第1回 カナドラ勉強会 のお知らせ!

こんにちは!

制度対策部自動車運転班です!

 

県士会ウェブサイトにも掲載されましたが、

2022年2月12日(土)に自動車運転班初となる勉強会を開催させていただくことになりました!

 

神奈川県内の現状報告や実践報告が主で、あとは参加していただいた方との交流などをしていきたいと考えています。

 

自動車運転支援に携わっていただいている方は勿論、

興味がある方やこれから支援の準備をしようと考えている方でも参加していただけますので

是非ご参加ください!

 

※今回はOT協会・県士会員の方に制限させていただいておりますので

ご了承ください。

 

勉強会情報はこちらから↓

https://kana-ot.jp/wp7/lecture/category/kanto/kanagawa/kaot/

 

宜しくお願い致します!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2022/132

OT協会 運転と作業療法委員会からのお知らせ

OT協会 運転と作業療法委員会から研修会のお知らせです。

 

「2021年度地域での移動を学ぶ研修会」~電動車椅子や自転車などパーソナルモビリティを活用した地域での移動手段を考える~

【開催日時】 2022年2月5日(土) 13:00~16:30

【場所】オンライン開催(Web会議システムZoom使用)

【参加費】無料(生涯教育基礎ポイント付与対象外)

【対象】日本作業療法士協会会員

【定員】80名

 

申し込みや詳細は以下URLからご確認ください。

https://www.jaot.or.jp/seikatukankyou/driving-committee/kenshu2021/

 

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2021/130

OT協会 運転と作業療法委員会発行パンフレット紹介

こんにちは!

制度対策部自動車運転班です!!

 

以前お知らせさせて頂いたOT協会運転と作業療法委員会発行の

運転支援者向け(OT)のパンフレット、確認して頂いた方はいらっしゃいますでしょうか。

 

今回は少し掘り下げて、内容の紹介もしていきたいと思います。

(作業療法士の方以外でも内容は確認できますが、当事者の方向けのパンフレットではなく

あくまで作業療法士向けのものになります。ご了承ください)

 

下の画像は実際のパンフレットです。

各項目で見開きで、左側は場面の紹介、右側はチェックリストになっており、

チェックリストは押さえるべき情報や説明すべき内容、評価内容などが挙げられています。

まずはこの項目だけを追っていくだけでも十分な支援が可能かと思います。

 

インテークに始まり、交通法規、身体機能、認知機能、ドライビングシミュレータ、実車、

評価のまとめと支援(再開可能な場合、困難な場合)の項目で

順に追って説明とチェック項目があります。

 

既に支援をしている施設も、支援体制が無い施設でも、

対象者の方から希望が挙がった際には一度このパンフレットを思い返して

正しい情報を提供して頂ければと思います!

 

↓改めて、リンクはこちらです

運転と作業療法委員会|日本作業療法士協会 (jaot.or.jp)

 

是非ご一読ください!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2021/121

自動車運転支援 神奈川実態調査結果報告

んにちは。自動車運転班です。

 

半年以上時間が空いてしまいましたが、今年1月に一度締め切りをした

県内の自動車運転実施状況に関するアンケートの結果報告を簡単にさせていただきたいと思います。

 

           

 

※施設が特定できない形での結果報告となります。ご了承ください。

 また、なにかご不都合のある方は自動車運転班までご連絡ください。

 

加えて、アンケート内であった質問等に関して紹介させていただきます。

なお返答には私見が含まれていますので、ご了承の上お読みいただければと思います。

 

・検査や評価項目など、目安があると良い

→これ!というものは現時点でもはっきりお伝えすることは難しいですが、先日紹介させていただいたあOT協会 運転と作業療法委員会が作成したパンフレットは情報が網羅されていると思いますし、自動車運転関連書籍にも多く使われている検査や情報収集すべき内容なども書かれていますので一度確認いただければと思います。院内でのマニュアル作りなどの参考にもなるかと思いますし、支援の一連の流れも確認できるかと思います。

 

・脳卒中の患者様の場合、発症からどれくらいの期間で評価を行なうのが良いのか

→患者様の状態や必要な緊急度などにもよりますが、移動手段として重要なものである一方、事故が起きてしまうと自分だけでなく相手にも多大な影響を及ぼすことを加味すると急ぐべきものではないかと思います。まずは日常生活がしっかりと送れることが確認できてからでも遅くはないと思います。

 

他にも免許センターでどのような検査が行なわれているか、教習所との連携はどのように進めればよいか等も頂いていますが、やはり公表されていない部分やその場所により異なる部分などもある為この場では難しいものもあります。

 

こういった内容や質問を出来るような機会を設けたいと思い準備を進めていますので、今しばらくお待ち下さい。

 

最後になりましたが、アンケートにご回答いただいた方、本当にありがとうございました。

もしまだお答えいただいていない場合は、下記リンクよりご回答いただけると幸いです。

よろしくお願い致します!!

 

https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2020/70

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2021/91

OT協会 運転と作業療法委員会よりお願い

こんにちは!

制度対策部自動車運転班です!!

更新が完全に滞ってしまっており、焦るばかりな今日この頃です…

 

さて、今回もお知らせになります。

 

OT協会の運転と作業療法委員会では自動車運転支援に関する実態調査を実施しています。

1)対象

 自動車運転支援を実施している施設のみで、一施設一回答のみ

2)方法

 Google formでの回答

3)URL

 https://forms.gle/HKTo3HjXpwnMkqYt9

4)締め切り

 2021年8月31日(火)まで

5)問い合わせ先

 一般社団法人 日本作業療法士協会 事務局

 E-mail:ot47ot@gmail.com

 

当自動車運転班でもアンケートを実施していますが、

皆様ご協力をよろしくお願い致します!!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2021/89

OT協会 運転と作業療法委員会よりお知らせ

こんにちは!自動車運転班です!

今回は表題の通り、OT協会運転と作業療法委員会からのお知らせです。

 

 

日本自動車連盟(JAF)エイジドドライバー総合応援サイトに

当委員会が協力した「ドライビングストレッチ」が公開されましたのでお知らせいたします。

 

・エイジド・ドライバー総合応援サイト(高齢運転者向けウェブトレーニング)

https://jaf.or.jp/common/safety-drive/online-training/senior

⇒パソコンやタブレットを使って、ブラウザ上で目や耳の機能チェックやトレーニングができるようです。

 

・専門家が教えるワンポイント

https://jaf.or.jp/common/safety-drive/online-training/senior/expert

⇒各分野のプロが動画やQ&Aで運転の為のワンポイントを紹介しています。

 

・座ってできるドライビングストレッチ

https://jaf.or.jp/common/safety-drive/online-training/senior/driving-stretch

⇒動画や写真で座ったままできる体操が紹介されています。

 

 

是非一度ご確認いただき、患者様・利用者様へのご案内もしてみて頂ければと思います。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2021/87

OT協会 運転と作業療法委員会よりお知らせ

こんにちは!自動車運転班です。

今回は日本作業療法士協会 運転と作業療法委員会からのお知らせを共有させていただきます。

 

運転と作業療法委員会で

押さえておきたい!運転再開支援の基礎

 ~これから運転再開支援に取り組む作業療法士のためのミニレクチャー

“高次脳機能障害者を中心に”

というパンフレットを作成されたとの事で、OT協会ホームページ上に公開して頂いています。

 

https://www.jaot.or.jp/seikatukankyou/driving-committee/

↑URLはこちら

 

このパンフレットは「自動車運転に関する作業療法士の基本的考え方」を基として、重要なことを出来る限りシンプルに伝えることをコンセプトとしているそうです。

さらに、自動車運転支援での「あるある」や良くある疑問について、クライアントとの具体的なやり取りを例として、注意すべき点をチェックしながら活用できるよう作成されています。

※集約で印刷し、半分に折って重ねていくと冊子になるようです。

 

支援体制を有していない・これから取り組もうという病院・施設ではこれからの準備や患者様からのニーズへの対応の資料として、すでに自動車運転支援体制を有している病院・施設でも改めての確認や後任者への伝達の資料としても活用できると思います。

 

是非ご一読ください!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2021/83

脳・神経解剖学シリーズ③

こんにちは。自動車運転班です。

最近は寒い日もあれば、あれば暑い日もあり季節感が分かりにくいですね。

気温変化による体調をくずさないように気をつけていきましょう!!

 

さて、今回は前回にお伝えしていたように「認知症」についてを説明していこうと思います。

 

認知症は、大きく分けると「変形性認知症」「脳血管性認知症」の2種類があります。

どちらも、「記憶」「学習」「判断」「計画」といった脳の認知機能が後天的な脳の器質障害

によって日常生活・社会生活に支障をきたす状態になります。

 

認知症の症状としては、「中核症状」「BPSD(認知症の行動・心理症状)」の2つに分けられます。

中核症状:脳の障害により直接起こる症状。記憶障害・見当識障害・失語・失行

     遂行機能障害などがあります。

BPSD :行動・心理症状は、中核症状に付随して引き起こされる2次的な症状です。

    不眠・俳諧・幻覚・妄想などがあります。

 

中核症状の記憶障害・遂行機能障害が自動車運転操作に影響が大きいと言われています。

自動車運転は、視覚情報を「認知」し「判断」を繰り返す作業です。その「認知」の部分が低下してしまうと、道路標識の見落とし・歩行車や対向車への気づきがが増加してしまう。また、瞬時に判断して行動を起こすまでに時間がかかります。

その結果、アクセルの踏み間違え・道に迷っての逆走が起こってしまうこともあります。

 

(引用・参考文献「病気がみえるvol,7脳・神経 第一版」編集医学情報科学研究所)

 

 

もし、自動車運転に対して不安に思ったら、♯8080の安全運転相談ダイヤルに相談してみてください!!

 

次回は、昨年から行っていた神奈川県内の自動車運転支援のアンケート調査の結果と

いくつかご質問いただいた内容に関して返答させて頂こうと考えています。

アンケートに回答して下さった方々、本当にありがとうございます。

 

 

なお、アンケートに関しては集計期間はいったん終了しましたが回答は継続して募集中ですので、

まだ回答いただいていない方は下記よりご回答いただければ幸いです!

(支援体制がなくても回答いただきたいです!)

https://forms.gle/UtGknpdMd5HwhtuX9

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2021/78