自動車運転関連情報 シリーズ② ドライブシミュレーター

自動車運転班です!

 

前回に引き続きシリーズ②として、自動車運転評価ではどのような事をしているかをお伝えしたいと思います。

しかし自動車運転支援を行なっている病院・施設によって評価内容に若干の違いがあることもあり、
あまり具体的にはお伝えする事はできません。

 

そこで今回は紹介としてになりますが、ドライブシミュレーター(ドライビングシミュレーター)の概要をお伝えしてみようと思います!

前回のシリーズはこちら↓
シリーズ①法律関連:  https://kana-ot.jp/wpc/kanadri……19/2020/50

※今回はあくまで自動車運転班の班員が所属する病院での一例として紹介させて頂きます。
全てのドライブシミュレーターで同様の検査を行なっていたり、
全ての患者様が適応になるわけではありませんのでご了承下さい。

 

自動車運転の評価は、「机上検査」「ドライブシミュレーターでの検査」と大きく2つの検査を行ない
総合的に自動車運転に必要な機能を評価していきます。

ドライブシミュレーターと聞くと大掛かりな機械を想像するかと思いますし、
自動車教習所に置いてある機械を思い浮かべる方が多いかと思います。

実際に、大きさや機能に至るまで機種によって様々です。
大きいものでは実際の自動車のようにシートが動くようなものもあるようですし、
小さいものだとパソコンでできるものもあります。

 

徐々に病院に設置している事が多くなってきているドライブシミュレーターはこんな形です。


この製品は本体はデスクトップ形のパソコンそのものでテレビゲームのコントローラーを使用するため、
コンパクトに机の上で収まる形です。
画像のように3つの画面を使うものと、1つの画面を使うものがあります。

 

ドライブシミュレーターでの評価内容としては、実際の運転操作に近い操作の中で

1)アクセル・ブレーキペダル、ハンドルやウインカーの操作
2)反応速度(反応時間)の計測
3)道路交通法を遵守しながら、道路状況に合わせた運転ができるか
4)危険な場面の予測と回避行動がとれるか

などをコースを回りながら評価していきます。

 

ドライブシミュレーターは反応速度などの数値が結果として出るため客観的に評価できると利点がありますが画面酔いなどが生じる可能性がある事や、
小さいドライブシミュレーターでは実車と比べると操作や感覚は独特であり、
冒頭でも記載しましたが、様々な評価の結果から総合的に判断していくための一つの手段として行ないますので、
この結果が良かったから自動車運転ができるというわけでも、安全な運転が保証されるというわけではありません。

 

今回は、ドライブシミュレーターについてをお伝えしました!
今後も自動車運転に必要な能力や自動車運転に関連する情報を作業療法士目線でお伝えできればと思います。

 

次回をお楽しみに!!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2020/53

自動車運転関連情報 シリーズ① 法律関連

自動車運転班です!

 

今回はこのブログを開設した目的でもある、
「皆さんに自動車運転支援に関わる情報を知って頂く」ために
情報をまとめていくシリーズの第1弾を掲載させていただこうと思います!!

 

表題にある通り、今回は「法律関連」です。

 

しかし早速ではあるのですが、法律は基盤になる重要な部分であり
あまりまとめすぎると情報が正確に伝わらない可能性もある為
まずは警視庁や神奈川県警のwebサイト関連ページを紹介させていただきます。

 

運転免許の拒否等を受けることとなる一定の病気等について|警察庁Webサイト
https://www.npa.go.jp/policies……list2.html

 

安全運転相談窓口(旧運転適性相談窓口)について|警察庁Webサイト
https://www.npa.go.jp/policies……_line.html

 

神奈川県警察/一定の病気等にお心当たりのある方の安全運転相談
https://www.police.pref.kanaga……s83059.htm

 

これらの内容を確認して頂き、情報提供に役立てて頂ければと思います。

なお、前回お伝えした問い合わせ番号の全国統一化とともに、神奈川県の相談窓口が「安全運転相談室」に名称変更がされており、運転適性検査も「安全運転相談」に名称が変更されているようです。

 

今回お伝えしたいこととしては、特に
自動車運転免許を有している方が病後に自動車運転を再開する場合、免許センターで安全運転相談(旧:運転適性相談)をし
必要に応じ臨時適性検査を受けるという点です。

自己判断で自動車運転を再開されることが無いよう、こういった情報をお伝えしていく必要があるかと思います。

 

このシリーズは今後も継続していきたいと思います!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2020/50

自動車運転関連情報

自動車運転支援班です!

本日は、自動車運転に対する相談窓口についての情報・アンケートのお知らせをお伝えしていきます。

 

【自動車運転に対する相談窓口情報】

2019年11月から、運転適性相談が安全運転相談に名称変更されています。
名称変更に伴い、全国統一の安全運転相談ダイヤルへと変更になっております。
※発信場所により、管轄する都道府県の安全運転相談窓口につながります。

番号は

#8080 (シャープを押してハレバレ(8・0・8・0))

です。

病気等による障害をお持ちの方で運転の継続を希望される場合などの相談窓口となっています。
受付時間や曜日などの詳しい情報を神奈川警察ホームページをご確認頂いた上で、
病後の運転再開をお考えの方が近くにいらっしゃる場合は、ご案内をお願い致します。

 

 

【お知らせ】

年々自動車運転支援を行なっている施設は増加傾向にあり、当ブログを確認頂き県士会への問い合わせも頂いている状況です。

昨年10月頃にOT協会運転と作業療法委員会が行なった全国アンケートでは神奈川県内からも多数返答が得られていますが、実態調査としてはまだ返答数が少なかった印象です。

 

そこで、再度神奈川県内の自動車運転支援状況に関しての情報共有・整理を目的に、自動車運転支援班ではアンケート調査を実施していく予定です。

アンケート調査の詳細に関しては今後お伝えしていきますので、出来るだけ多くの施設でのご協力をお願い致します。

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2020/47

先進的施設見学in中伊豆リハビリテーションセンター

こんにちは、自動車運転支援班です!

今回は、OT協会「運転と作業療法特設委員会」の先進的施設見学企画にて
『中伊豆リハビリテーションセンター』
を見学させていただいたので、その報告をさせて頂きます!

 

中伊豆リハビリテーションセンターは、静岡県の伊豆半島の中央に位置している病院です。
医療・福祉・介護の3分野からなる総合リハビリテーションセンターとなっており、
今回は回復期リハビリテーション病棟で取り組まれている自動車運転支援の見学をさせていただきました。


 

机上検査やドライブシミュレーターは当然ながら、その特徴の一番は
病院敷地内に教習コースを有しており、対象者の実車評価を実施していることです!
また、近隣の自動車教習所との連携も密に取られており、様々な視点からの評価がされていました。

  

 

今回は特別に、実車評価の際に後部座席に同乗させていただきました。
助手席には教習所にて指導を受けたOTが同乗し、コース走行の順路の提示を行っていました。

↑手動運転装置や補助ブレーキもついた改造車で評価

私たちも実車評価として教習所内などで同乗させていただく機会はありますが、
教習指導員の方との評価とはまた違った経験をさせて頂きました。

 

実車評価の後も、センター内での体制や県警・免許センターとの連携について伺わせて頂き、
静岡県内での自動車運転支援の取り組みについても話を伺う事ができました。

「実車評価」が院内で行なえるという、私たちからすれば非常に特殊な環境ではありましたが、
実車評価の有用性だけでなく、基本となる机上検査の結果やドライブシミュレーターでの模擬評価であっても
その方の運転能力を評価していく中で重要な要素であることを再認識できた見学となりました。

神奈川県としては、特に県警や免許センター、自動車教習所との連携をどう進めていくかなど
今後の取り組みの中で活かしていきたいと思いました。

今回見学の対応をして下さった中伊豆リハビリテーションセンターの方々、
実車評価の見学をお受けいただいた患者様、本当にありがとうございました!

 

次回の更新もご期待ください!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2019/38

自動車運転班の紹介です

2019年度より制度対策部内の班として活動を開始しました
自動車運転班(正式名称は自動車運転と作業療法事業班)です!

 

班員は2名で発足し、
・神奈川県内の運転支援状況把握
・外部団体(県警・教習所協会等)との情報共有及び連携体制の検討
・日本作業療法士協会からの情報窓口及び県士会員からの相談窓口
を主な活動として掲げております。

 

制度対策部の紹介はコチラ↓
https://kana-ot.jp/departments/seido.htm

 

ブログでは上記の活動報告に加えて、
運転支援関連の学会や研究会・研修会の情報や
道路交通法改正などの自動車運転に関わる情報をアップし、
自動車運転支援に関わる作業療法士や支援について知りたい方にも
お伝えしていきたいと思います!!

 

次回は先進的な取り組みをしている施設として先日見学させて頂いた、
「中伊豆リハビリテーションセンター」の見学報告をさせて頂く予定です!

 

活動はまだ始まったばかりですが、
今後とも宜しくお願い致します♪

※このイラストは所属するさがみリハの自動車運転支援で使用しているイメージイラストです。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2019/32