脳・神経解剖学シリーズ② とお知らせ

こんにちは、運転支援班です!

 

今回は前回掲載記事からの続きで、脳の仕組みについてを少し話していきたいと思います。

・・しかし脳の仕組みに関してもなかなか簡単には示すことができないため、

今回は大まかではありますが「大脳」の役割についてお伝えしたいと思います。

 

 

早速ですが、人間の大脳は大きく4つの領域

①前頭葉 ②後頭葉 ③側頭葉 ④頭頂葉 に分かれます。

素材library.com

 

①前頭葉

役割としては、言語機能や理性・思考・意欲(やる気)などの精神活動に大きく働いています。

そのため脳血管障害にて前頭葉に問題が生じると、

意欲の低下・脱抑制(行動の抑制困難)・判断力の低下・性格変化などの症状が出現することがあります。

 

②後頭葉

役割としては視覚に関わる領域となっており、眼球の網膜からの情報を処理をしています。

そのため、後頭葉に障害が起きると、

半盲(視野の半分が見えない)・失認(見えてる情報から物体や人などの判別ができない)などの症状が出現することがあります。

 

③側頭葉

役割としては聴覚や言語に関わる領域となっており、耳からの聴覚情報を受け取り音や言語として感じ取る場所となります。

そのため、側頭葉に障害が起きると失語症(言語理解困難)・聴覚性失認(耳でとらえた音が何の音なのかがわからない)などの症状が出現することがあります。

 

④頭頂葉

役割としては身体各部分からの体性感覚と他の感覚(視覚・聴覚など)を統合し認知する領域となります。

例えば狭い道で車を運転していて、対向車が来ましたという場面では車を運転している(ハンドル・アクセルの操作という体性感覚)・聴覚情報(対向車のエンジン音が聞こえる)・視覚情報(対向車が見える)などの状況を瞬時に把握し、次の動作(対向車をやり過ごすための動作)を行う所です。

この部位に障害が起こると、半側空間無視(視覚的には見えているのに認知できない)・身体失認(体烏の身体部位が分からない)・失行(物品をみてその物品を操作できない)などの症状が出現することがあります。

 

 

以上が簡単ですが、脳の役割となっています。

大脳だけ見ても部位によってさまざまな働きがあり、それらが複雑につながりあって私たちは様々な判断をしています。

様々な判断を瞬時に行ない動作につなげる必要がある自動車運転においては、

病気によって目には見えなくてもこれらのどの部分が上手く働かなくなっても事故に繋がってしまう危険性があります。

 

病気をしたあとに自動車運転を再開しようとされている方がいた場合は、

まずは免許センターや警察署、かかりつけの医療機関等へご相談いただくよう促しをお願い致します。

 

次回は認知症について掲載したいと思います。

お楽しみに!!

 

(引用・参考文献「病気がみえるvol,7脳・神経 第一版」編集医学情報科学研究所)

※今回は障害された場合に「症状が出現することがある」と表現させていただきましたが、病気の程度や微妙な部位の違いで症状が変わることがあります。

 

 

お知らせですが、当ブログの前回の記事でお伝えさせて頂きましたが、

神奈川県作業療法士会では自動車運転支援の実施状況把握のために医療機関向けにアンケートを実施しています。

今回のアンケートは自動車運転を実施していない医療機関にもお答えいただきたいものになっています。

たくさんの回答を頂きたいので、ご協力をお願い致します。

 

アンケートへはこちらからもアクセスできます!

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2020/74

神奈川県内自動車運転支援実態調査アンケート

こんにちは!

制度対策部自動車運転班です。

 

今回はアンケートの協力の依頼です。

ウェブサイト掲示板等にも記載させていただいていますが、

神奈川県士会として独自に神奈川県内の自動車運転支援状況を把握していくために

googleフォームでのアンケートを作成しました。

 

県内の病院・施設で自動車運転支援を実施している場合や、実施を考えている・必要性を感じているが

現状支援体制がない場合もご回答頂ければと思います。

 

回答は10分かからない程度で回答できるかと思います。

 

締め切りは2021年1月末までとさせていただきますが、

出来るだけたくさんの回答をいただきたいため、継続してフォームは残していく予定です。

 

ご協力をよろしくお願い致します。

 

【神奈川県内の自動車運転支援に関する実態調査 】

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScw4yqtI69Ttj6uCtd4YMXTQ1wVCtm3dzKJh2GSDmbytDQVzQ/viewform?usp=sf_link

 

 

※掲示板での案内はこちらから↓

https://kana-ot.jp/post/1905

 

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2020/70

脳・神経解剖学シリーズ① とお知らせ

こんにちは!運転支援班です。

 

久しぶりの投稿になってしまいました…

 

少し期間が空いてしまった今回は、神経・脳の解剖学的情報をお伝えします。

 

神経・脳といっても説明するには膨大な情報となってしまうので、今後シリーズでお伝えできればと思っています。そこで、今回は、神経経路と脳についてをお伝えしようと思います。

 

 

神経は、大きく中枢神経(脳・脊髄)末梢神経(身体の各器官)に分かれています。

また、神経経路は①脳→骨格筋に運動指令を伝える      運動神経

        ②感覚受容器→脳に感覚情報を伝える    感覚神経

        ③無意識的に働き、呼吸・循環・体温の調整 自律神経

 

①運動神経

例)椅子に座っている状態→立ち上がる

理学療法士,PT,作業療法士,OT,言語聴覚士,ST,セラピスト,療法士,リハビリ,

 

 

 

(出展元:OTナガミネのリハビリイラスト集)

大脳(中枢神経)から「立ち上がるから、足の筋肉動かして」という指令(神経伝達)を骨格筋(末梢神経)に伝えて、実際に動作が起きるという仕組みになっています。

 

②感覚神経

例)

漢方医は決して「鎮痛剤がダメなら諦めて」とは言わない | かんぽう×美

(出展元:いらすとや)

足の甲(感覚受容器)が痛みを感知し、大脳に伝達を行う経路

そのため、神経経路のおおもとが脳となっています。

 

③自律神経

無意識的に身体をコントロールしている経路となっています。なかなか例がないですが、脈拍・腸運動など意識して動かせない所をコントロールしている経路となっています。

これらを自動車運転と結びつけると、

運転中は前後左右の風景を視覚情報として目(感覚受容器)を通して大脳に神経伝達を行う。

その情報を元にハンドル・ペダル操作を行うために運動情報を各筋肉に神経伝達を行う。

という流れになります。

 

人間はこの神経伝達を瞬間的に行っています。すごいですよね!!!!

そして、その処理をしているのが脳の中で起こっています。

脳については、次回掲載していこうと思います。

お楽しみに!!

 

(引用・参考文献「病気がみえるvol,7脳・神経 第一版」編集医学情報科学研究所)

 

 

 

【お知らせ】

8月号の神奈川県士会ニュース会報誌から、自動車運転班の記事掲載『カナドラ!≪県士会ニュース出張版≫』も連載?中です!

隔回掲載ですので12月号、4月号と掲載していく予定です。

重複する部分もありますが、是非県士会ニュースのチェックもお願いします!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2020/68

自動車運転関連情報シリーズ③ 机上検査(SDSA)

こんにちは!自動車運転班です。

 

このシリーズで、前回はドライブシミュレーターについてお伝えさせて頂きました。

しかし当然ながら自動車運転能力評価はドライブシミュレーターが全てではありません。

机上での検査やドライブシミュレーターの検査などを総合的に判断していくことが多いです。

 

基本的に自動車運転は、

①身体の動き(アクセル・ブレーキなどのペダル操作、ハンドル操作、座位姿勢の保持など)

②高次脳機能(状況の判断など)

が複雑に関わっていると言われています。

 

自動車運転に必要な高次脳機能についてはまた別の機会で掲載したいと思いますが、

今回はシミュレーター以外に行なう検査のうち

自動車運転能力の評価に特化した机上での検査「脳卒中ドライバーのスクリーニング検査【SDSA】」についてお伝えしようと思います。

 

SDSAは、英国のNouri & Lincoln博士らによって開発された、脳卒中の方が安全に運転可能かどうかを予測する検査の日本語版です。注意や空間認知、非言語性推測力等を評価していきます。

 

 

 

 

 

 

 

この検査は

・ドット抹消(条件に合うものをチェックしていく)

・上の写真のようなカードとボードを使う検査2種類

・標識問題

の4つで構成されており、それぞれの検査に要した時間や点数を計算式に当てはめ

合格群が不合格群かが結果として表示されます。

 

全て行なうと、1時間くらいはかかります。

 

高次脳検査は他にもいろいろありますので今後もシリーズとして

自動車運転に必要な能力や関連する情報を作業療法士目線でお伝えできればと思います。

 

次回をお楽しみに!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2020/63

自動車運転関連情報 ~免許センター情報~

自動車運転支援班です!

 

本日は緊急事態宣言解除後の免許センターの動向をお伝えさせていただきます。

※情報は5/28時点の物です。最新情報は神奈川県警のホームページをご確認ください。

http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mes83121.htm

 

5月27日から免許センターの業務が再開されたようです。

しかし当面の間は非常に混雑することが予測され、横浜市に在住か否かで区分けもされているようですので、事前にホームページ等で確認を必ずして下さい。

 

有効期間が令和2年7月31日までの方は、運転免許証の有効期間延長措置も行なわれています。また郵送手続等による延長措置もとられています。

 

すぐに行くべきか否かやご自身の状況確認等で不明点がある場合は、

安全運転相談窓口にも確認をしていただければと思います。

 

※安全運転相談窓口:#8080(全国統一番号でつながります)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2020/60

自動車運転関連情報

自動車運転班です!

 

本日は新型コロナウイルス感染拡大を受けた免許センターの動向をお伝えさせていただきます。

※情報は4/27時点の物です。最新情報は神奈川県警のホームページをご確認ください。

https://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mes83121.htm

 

概要としては

・令和2年4月16日より運転免許センター及び警察署における運転免許業務が一部休止となっています。

※免許センター及び警察署での更新・自主返納・運転経歴証明書の発行なども中止になっています。

・更新手続開始・継続申請により運転及び更新可能期間を3ヶ月延長できる(申請の手続きが必要)

病後の運転再開に関する「安全運転相談」に関しても窓口業務は中止されています。

#8080に電話の上、電話での相談のみとなっているようです。

 

ご確認の上、安全運転相談が必要な方がお近くにいらっしゃる場合はご案内をお願い致します。

 

 

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2020/58

自動車運転関連情報 シリーズ② ドライブシミュレーター

自動車運転班です!

 

前回に引き続きシリーズ②として、自動車運転評価ではどのような事をしているかをお伝えしたいと思います。

しかし自動車運転支援を行なっている病院・施設によって評価内容に若干の違いがあることもあり、
あまり具体的にはお伝えする事はできません。

 

そこで今回は紹介としてになりますが、ドライブシミュレーター(ドライビングシミュレーター)の概要をお伝えしてみようと思います!

前回のシリーズはこちら↓
シリーズ①法律関連: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2020/50

※今回はあくまで自動車運転班の班員が所属する病院での一例として紹介させて頂きます。
全てのドライブシミュレーターで同様の検査を行なっていたり、
全ての患者様が適応になるわけではありませんのでご了承下さい。

 

自動車運転の評価は、「机上検査」「ドライブシミュレーターでの検査」と大きく2つの検査を行ない
総合的に自動車運転に必要な機能を評価していきます。

ドライブシミュレーターと聞くと大掛かりな機械を想像するかと思いますし、
自動車教習所に置いてある機械を思い浮かべる方が多いかと思います。

実際に、大きさや機能に至るまで機種によって様々です。
大きいものでは実際の自動車のようにシートが動くようなものもあるようですし、
小さいものだとパソコンでできるものもあります。

 

徐々に病院に設置している事が多くなってきているドライブシミュレーターはこんな形です。

この製品は本体はデスクトップ形のパソコンそのものでテレビゲームのコントローラーを使用するため、
コンパクトに机の上で収まる形です。
画像のように3つの画面を使うものと、1つの画面を使うものがあります。

 

ドライブシミュレーターでの評価内容としては、実際の運転操作に近い操作の中で

1)アクセル・ブレーキペダル、ハンドルやウインカーの操作
2)反応速度(反応時間)の計測
3)道路交通法を遵守しながら、道路状況に合わせた運転ができるか
4)危険な場面の予測と回避行動がとれるか

などをコースを回りながら評価していきます。

 

ドライブシミュレーターは反応速度などの数値が結果として出るため客観的に評価できると利点がありますが画面酔いなどが生じる可能性がある事や、
小さいドライブシミュレーターでは実車と比べると操作や感覚は独特であり、
冒頭でも記載しましたが、様々な評価の結果から総合的に判断していくための一つの手段として行ないますので、
この結果が良かったから自動車運転ができるというわけでも、安全な運転が保証されるというわけではありません。

 

今回は、ドライブシミュレーターについてをお伝えしました!
今後も自動車運転に必要な能力や自動車運転に関連する情報を作業療法士目線でお伝えできればと思います。

 

次回をお楽しみに!!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2020/53

自動車運転関連情報 シリーズ① 法律関連

自動車運転班です!

 

今回はこのブログを開設した目的でもある、
「皆さんに自動車運転支援に関わる情報を知って頂く」ために
情報をまとめていくシリーズの第1弾を掲載させていただこうと思います!!

 

表題にある通り、今回は「法律関連」です。

 

しかし早速ではあるのですが、法律は基盤になる重要な部分であり
あまりまとめすぎると情報が正確に伝わらない可能性もある為
まずは警視庁や神奈川県警のwebサイト関連ページを紹介させていただきます。

 

運転免許の拒否等を受けることとなる一定の病気等について|警察庁Webサイト
https://www.npa.go.jp/policies/application/license_renewal/list2.html

 

安全運転相談窓口(旧運転適性相談窓口)について|警察庁Webサイト
https://www.npa.go.jp/policies/application/license_renewal/conferennce_out_line.html

 

神奈川県警察/一定の病気等にお心当たりのある方の安全運転相談
https://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mes83059.htm

 

これらの内容を確認して頂き、情報提供に役立てて頂ければと思います。

なお、前回お伝えした問い合わせ番号の全国統一化とともに、神奈川県の相談窓口が「安全運転相談室」に名称変更がされており、運転適性検査も「安全運転相談」に名称が変更されているようです。

 

今回お伝えしたいこととしては、特に
自動車運転免許を有している方が病後に自動車運転を再開する場合、免許センターで安全運転相談(旧:運転適性相談)をし
必要に応じ臨時適性検査を受けるという点です。

自己判断で自動車運転を再開されることが無いよう、こういった情報をお伝えしていく必要があるかと思います。

 

このシリーズは今後も継続していきたいと思います!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2020/50

自動車運転関連情報

自動車運転支援班です!

本日は、自動車運転に対する相談窓口についての情報・アンケートのお知らせをお伝えしていきます。

 

【自動車運転に対する相談窓口情報】

2019年11月から、運転適性相談が安全運転相談に名称変更されています。
名称変更に伴い、全国統一の安全運転相談ダイヤルへと変更になっております。
※発信場所により、管轄する都道府県の安全運転相談窓口につながります。

番号は

#8080 (シャープを押してハレバレ(8・0・8・0))

です。

病気等による障害をお持ちの方で運転の継続を希望される場合などの相談窓口となっています。
受付時間や曜日などの詳しい情報を神奈川警察ホームページをご確認頂いた上で、
病後の運転再開をお考えの方が近くにいらっしゃる場合は、ご案内をお願い致します。

 

 

【お知らせ】

年々自動車運転支援を行なっている施設は増加傾向にあり、当ブログを確認頂き県士会への問い合わせも頂いている状況です。

昨年10月頃にOT協会運転と作業療法委員会が行なった全国アンケートでは神奈川県内からも多数返答が得られていますが、実態調査としてはまだ返答数が少なかった印象です。

 

そこで、再度神奈川県内の自動車運転支援状況に関しての情報共有・整理を目的に、自動車運転支援班ではアンケート調査を実施していく予定です。

アンケート調査の詳細に関しては今後お伝えしていきますので、出来るだけ多くの施設でのご協力をお願い致します。

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2020/47

先進的施設見学in中伊豆リハビリテーションセンター

こんにちは、自動車運転支援班です!

今回は、OT協会「運転と作業療法特設委員会」の先進的施設見学企画にて
『中伊豆リハビリテーションセンター』
を見学させていただいたので、その報告をさせて頂きます!

 

中伊豆リハビリテーションセンターは、静岡県の伊豆半島の中央に位置している病院です。
医療・福祉・介護の3分野からなる総合リハビリテーションセンターとなっており、
今回は回復期リハビリテーション病棟で取り組まれている自動車運転支援の見学をさせていただきました。

 

机上検査やドライブシミュレーターは当然ながら、その特徴の一番は
病院敷地内に教習コースを有しており、対象者の実車評価を実施していることです!
また、近隣の自動車教習所との連携も密に取られており、様々な視点からの評価がされていました。

  

 

今回は特別に、実車評価の際に後部座席に同乗させていただきました。
助手席には教習所にて指導を受けたOTが同乗し、コース走行の順路の提示を行っていました。

↑手動運転装置や補助ブレーキもついた改造車で評価

私たちも実車評価として教習所内などで同乗させていただく機会はありますが、
教習指導員の方との評価とはまた違った経験をさせて頂きました。

 

実車評価の後も、センター内での体制や県警・免許センターとの連携について伺わせて頂き、
静岡県内での自動車運転支援の取り組みについても話を伺う事ができました。

「実車評価」が院内で行なえるという、私たちからすれば非常に特殊な環境ではありましたが、
実車評価の有用性だけでなく、基本となる机上検査の結果やドライブシミュレーターでの模擬評価であっても
その方の運転能力を評価していく中で重要な要素であることを再認識できた見学となりました。

神奈川県としては、特に県警や免許センター、自動車教習所との連携をどう進めていくかなど
今後の取り組みの中で活かしていきたいと思いました。

今回見学の対応をして下さった中伊豆リハビリテーションセンターの方々、
実車評価の見学をお受けいただいた患者様、本当にありがとうございました!

 

次回の更新もご期待ください!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpc/kanadrive2019/2019/38