脊髄損傷の自動車運転

名称 脊髄損傷の自動車運転
主催 脊髄損傷作業療法研究会
日時 平成30年10月21日(日)
10時~15時予定(9時半受付開始)
場所 七沢自立支援ホーム1階 機能訓練室(神奈川リハビリテーション病院敷地内)
内容 今回は頸髄損傷者の自動車運転を中心に、実技を踏まえて検討していきます。
講師:神奈川リハビリテーション病院 作業療法科 對間泰雄・池田さおり
詳細URL https://sciot1994.wordpress.com
対象 OT・PT
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 500円(当日受付時にお支払い頂きます)
定員 10~15名程度
申込み方法 研究会ホームページのメールフォームよりお申し込み下さい。
https://sciot1994.wordpress.com
申込み締切 募集期間:9月18日(火)~9月28日(金)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 脊髄損傷作業療法研究会 事務局 藤原・牧野まで
アドレス:sciot1994@yahoo.co.jp
キャンセルについて:
キャンセルされる場合は研究会メールアドレスまでご一報下さい。
備考 実技練習等に適した服装をご用意下さい。
また、昼食は各自でご用意して頂きますよう、お願い致します。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6714

こどもと関わる療法士の行動変容研修会

名称 こどもと関わる療法士の行動変容研修会
主催 NPO法人もあぴーす(申請中)
日時 平成30年12月9日(日)
10:00~16:00 ※受付開始9:30~
場所 相模原市立産業会館 B1階 多目的室
(JR相模原駅より徒歩20分、バス8分バス停から3分程度)
https://hall.ssz.or.jp/access
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師 山口清明氏 (NPO法人はびりす 代表理事 作業療法士)

 60分の個別作業療法の時間が、こどもたちの人生にどうつながるのだろうか。日々の臨床実践をどのように効果検証したらよいのだろうか。
 岐阜県大垣市のNPO法人はびりすでは、様々な理論や現象を統合して、こどもたちが“自分らしい人生”を築いていくために実践と検証を積み重ねています。
 本研修では代表理事の山口清明OTから、はびりすでの臨床実践、地域へのアプローチ、巡回系作業療法、臨床研究、などについてお話を伺います。また、ワークショップでは、2ヶ月で必ず習慣化定着化させる「あなたの個別支援計画」を作成し、ラミネート加工したものを持ち帰っていただきます。(エビデンスレベルⅡb)
詳細URL https://www.facebook.com/3peac……happiness/
対象 主に作業療法士、理学療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 3000円
定員 40名
申込み方法 下記の申し込みフォームにてお申し込みください。
https://goo.gl/forms/RRAWSF3EuMtMhEaD2
申込み締切 定員に達し次第、受付終了となります。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ morepeace.kenshu@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6713

基礎ポイント研修:精神科リハビリテーションプログラムの作り方

名称 基礎ポイント研修:精神科リハビリテーションプログラムの作り方
主催 東京都作業療法士会教育部
日時 平成30年12月9日(日) 10時00分~16時00分(9時30分受付開始)
場所 首都大学東京荒川キャンパス
内容 精神科医療領域では脱施設化の機運が高まりをみせ、各地でプログラム研修も盛んに行われるようになりました。しかしながら、現状は理論的な内容が多く、プログラムの具体的な企画立案や実践のための研修が多いとは言えません。今回、精神科の病院、デイケア、アウトリーチ場面など様々な臨床現場でプログラムの実践を行ってきた佐藤俊之氏(認定作業療法士:東京リワークセンター)を招聘し研修会を開催します。各施設でプログラムを行うために工夫や留意点を講義します。また東京リワークセンターで行われているプログラムを体験しながら、対象者の認知・行動変容を積極的に促すための働きかけについて学びます。
詳細URL http://tokyo-ot.com/pdf_file/2……978167.pdf
学生の
参加可否
参加可 
参加費 4000円(非会員:6000円)
定員 40名
申込み方法 下記URLよりお申し込み下さい。
https://ssl.form-mailer.jp/fms……13b4577305
申込み締切 12月2日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ kyouiku.seishin@gmail.com (鶴川サナトリウム病院:池田瑞)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6712

全身を捉えるようになる「骨盤の評価と治療」

名称 全身を捉えるようになる「骨盤の評価と治療」
主催 進リハの集い
日時 2018/10/14(日)
受付9時30分
セミナー時間10時00分~16時00分
場所 ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
10階介護実習室1
内容 評価(10時00分~12時00分)
●骨盤を治療する理由とは

●骨盤の評価
仙腸関節の動きについて
寛骨と仙骨の関係
腸骨翼角度の評価
短下肢に対する評価
仙腸関節mobilityの評価
骨盤からの異常筋緊張の評価
仙骨の動きの評価
仙骨とインナーユニットの関係
*主に講義は寛骨と仙骨においての評価となります。

実技(13時00分~16時00分)
●触診向上ワーク
触診に必要な触り方、姿勢について

●仙腸関節治療
仙腸関節治療意義
仙骨関節の治療
 *腹臥位、側臥位、座位での治療の仕方:治療後の全身の変化を感じていただきます
 *寝返り、起居動作からの介入視点について
 *全身治療後における上肢・下肢への治療応用
詳細URL https://www.shinreha.com/blank-15
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 9000
定員 40
申込み方法 HPより
申込み締切 開催前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HPより

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6708

成長を促す距離感を探求するコミュニケーションセミナー ー患者さん、学生さん、後輩、自分自身の成長を促す距離の取り方ー

名称 成長を促す距離感を探求するコミュニケーションセミナー ー患者さん、学生さん、後輩、自分自身の成長を促す距離の取り方ー
主催 リハビリコミュニケーション研究所
日時 日時:平成30年9月30日(日)10時~16時半
場所 場所:越谷市コミュニティセンター第4会議室
JR武蔵野線南越谷駅、東武スカイツリーライン新越谷駅 (地下鉄日比谷線・半蔵門線直通)より徒歩3分
http://www.suncityhall.jp/info……st_27.html
内容 今回のセミナーでは、セラピストが関わる人との距離感について探求していきます。
□積極的に関わりすぎると萎縮してしまう患者さん、後輩、学生とのコミュニケーションに悩む
□成長を促したいけれど、どう関わればよいのか悩む
□(後輩や学生を)なるべく褒めて育てたいが、叱らないといけない場面が多く、伝え方に悩む。
□患者さんの声かけや促しの頻度強度に悩む
□人との距離感が近すぎると指摘されるが、自分ではよくわからず困っている。  
今回のセミナーでは、上記のようなお悩みのある方に是非参加していただきたいと考えています
詳細URL https://www.rihacommu.jp/distance/
対象 OT・PT・STなどリハビリ職種
学生の
参加可否
参加可 
参加費 8000円
定員 15人
申込み方法 HPよりお申し込みください。
https://www.rihacommu.jp/distance/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ https://www.rihacommu.jp/distance/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6707

事例報告登録制度に関する研修会

名称 事例報告登録制度に関する研修会
主催 神奈川県作業療法士会 教育部
日時 12月23日(日)15時~16時30分
13時からの現職者共通研修「事例報告と事例研究」終了後開催します。
場所 ウイリング横浜
内容 神奈川県士会が独自に開催する研修会で、事例報告登録制度の概要、登録方法とコツ等を解説する研修会です。
同日の現職者共通研修の後に同会場にて開催しますので合わせてご参加ください。また2つの研修会は別の研修会となり、受付も別に致しますのでご了承ください。なお、認定作業療法士申請には3事例の事例報告登録が必要です。登録はOT経験1年目から可能です。生涯教育基礎ポイントを2ポイント配布します。

講師 奥原孝幸 氏(OT協会教育部生涯教育委員会生涯教育制度推進担当・県士会 教育部理事・神奈川県立保健福祉大学)
詳細URL 神奈川県作業療法士会ウェブサイトURL: http://kana-ot.jp/
対象 作業療法士のみ
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 神奈川県作業療法士会員:無料
他県士会員:1000円
定員 80名
申込み方法 ★申し込み資格:OT協会及び神奈川県士会員であり会費納入者であることが原則です。他県士会員の方はOT協会員かつ所属士会があることが必要です。なお、他県士会の方も申し込めますが本県士会員を優先する場合があります。OT協会に未入会で受講しても生涯教育制度の必須研修である研修を受講したことにはなりません。OT協会会員証を持参できるように入会手続きをお済ませください。会員番号と生涯教育手帳が届いていない場合には会費払い込み証を入会済み証明としますので必ず持参ください。
★申し込み方法:<電子メールのみ>  *申し込み先と以下の問い合わせ先は異なります。ご注意を!
申し込み先アドレス;<ken-ot@kana-ot.jp>
件名に「○○研修申し込み」とし、1.氏名、2.研修会名と受講テーマ、3.所属、連絡先、4.OT協会会員番号(OT協会会員証がまだ届いていない方は「入会手続き中」と記入し当日会費払い込み証持参)、5.所属士会を送信
★申込期間:8月1日~研修会当日1週間前
申込み締切 研修会当日1週間前
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 神奈川県作業療法士会 教育部 奥原孝幸(神奈川県立保健福祉大学)
 電話:046-828-2738(直) 電子メール:kyoiku@kana-ot.jp
備考 ★注意事項:
1.受付業務の都合上、各回、研修会ごとに、また会員各個人にて申し込み下さい。研修会一括や職場でまとめての申し込みは受け付けません。
2.申し込み受付者には受付番号を返信します。しばらくして返信がない場合申し込み先までご確認ください。
3.当日はOT協会の会員証(届いていない場合会費払い込み証)と生涯教育手帳をご持参ください。会員番号を確認し、手帳内受講記録に受講印を押印します。手続き上手帳がまだ届いていない方は領収書をお渡ししますので、届きましたら押印手続きをお願いします。
4.申し込みのない当日直接の参加はできません。また遅刻・早退の場合受講修了印は押せません。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6695

第6回成人発達障害支援研究会

名称 第6回 成人発達障害支援研究会
主催 成人発達障害支援研究会
日時 平成30年10月27日・28日
場所 1日目:札幌駅前クリニック日興ビル分院(札幌市中央区北4条西4丁目札幌日興ビル6階)
2日目:会議・研修室ACU(アスティ45)(札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45 16F)
内容 テーマ:「こどもから大人までの切れ目のない支援にむけて」
大会長:横山 太範(さっぽろ駅前クリニック院長)

●教育講演 :日詰 正文 先生 (前厚生労働省 発達障害対策専門官 )
● シンポジウム:
「学生支援 ・ひきこもり支援」 「切れ目のない発達障害支援」 「切
「発達障害や精神的な困難を抱える学生の自助グループ活動から見えてくるもの」ほか
●ワークショップ:
「成人 発達障害専門プログラム(H30H30年4月より診療報酬化 修了者には修了証を発行)」ほか
●ポスターセッション
詳細URL 成人発達障害支援研究会ホームページ  http://square.umin.ac.jp/adult-asd/
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員   6, 000円
非会員 7,000円
(当日申し込みは+1000円)
定員
申込み方法 成人発達障害支援研究会ホームページに申し込み方法が掲載されています。
http://square.umin.ac.jp/adult-asd/
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 第6回成人発達障害支援研究会事務局
seijin-hattatsu@satsueki -clinic.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6686

目白大学大学院リハビリテーション学研究科第7回公開フォーラム「これからの医療者に求められる職業教育ー教育方法論の探究ー」

名称 目白大学大学院リハビリテーション学研究科第7回公開フォーラム「これからの医療者に求められる職業教育ー教育方法論の探究ー」
主催 目白大学大学院リハビリテーション学研究科
日時 10月21日(日)13:00-16:40(受付12:30)
場所 埼玉会館7階会議室(JR浦和駅西口より徒歩8分) http://www.saf.or.jp/saitama/access/
内容 プログラム:
 講演I 医療者育成における職業教育の視点
 講師  福島 統 氏(東京慈恵会医科大学 教育センター長)
 
 講演II 職業教育としての臨床実習-臨床教育者は学生に何を見せ、何を伝えるか-
 講師  小岩伸之 氏(八雲総合病院 リハビリテーション室長)

フォーラム主旨:
高度化する医療の現場や地域医療を支え、地域包括ケアの担い手となる人材が要求されて
います.それに対し、リハビリテーション専門職の養成・育成教育に関する議論の必要性
が高まっています.専門性を伸ばせる、成人教育、職業教育、人材育成等の知見を活用し
た教育方法論の研究が必要です.医学教育がご専門で、リハ専門職養成教育改革の国の委
員としてもご活躍の福島統先生(東京慈恵会医科大学)、そしてクリニカル・クラークシ
ップによる臨床教育についてご経験豊富な小岩先生(八雲総合病院)のお二人をお招きし
、この点について考えます.
詳細URL https://www.mejiro.ac.jp/gradu……/20181021/
対象 フォーラムの内容に関心のある方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 100名
申込み方法  1オンライン登録
  目白大学大学院公式サイト→イベント→リハビリテーション学研究科フォーラム2018
 2メール申し込み
  お名前、ご所属をご記入の上、rehabilitation@mejiro.ac.jp(担当:小林幸治)までお送り下さい。
申込み締切 開催前日まで可
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ rehabilitation@mejiro.ac.jp(担当:小林幸治)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6685

横浜子どもホタテの会 第8回勉強会

名称 横浜子どもホタテの会 第8回勉強会
主催 横浜子どもホタテの会
日時 2018年9月29日(土)
10:00~17:00(受付開始9:30~)
場所 横浜医療福祉センター港南 3F
http://10ai-konan.jp
内容 横浜市内の子どもに関わる仕事をされている方の技術向上・ネットワークの拡大を目的とした勉強会です。
今回は事例検討会を行います。お子さんのことについて、じっくり考え、意見交換がより充実できるようロングバージョンで実施を予定しています。
事例のビデオを通して子どもを分析する視点を磨くことや、グループでディスカッションできるよう計画中です。
学びになる勉強会と思いますので、是非お越し下さい。
詳細URL https://goo.gl/forms/ZptNevY2Iitre0k72
対象 OT、PT、ST、保育士など子どもの支援に携わっている方
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 無料
申込み方法 https://goo.gl/forms/ZptNevY2Iitre0k72
申込み締切 2018年9月22日(土)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜市総合リハビリテーションセンター 山本
kenta2412@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6684

車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー ~医療従事者でありながらエンジニア~

名称 車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー ~医療従事者でありながらエンジニア~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年9月16日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 府中市立教育センター
(東京都府中市 府中町1丁目32番地)
内容 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線で採寸や選定、メンテナンスの重要性と技術を、丁寧にお教えします。
<前半の部>車椅子設計採寸技術セミナー
車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなくセラピストの目線から車椅子を選定できます。その瞬間、タイヤの付いたただの椅子は治療技術や治療器具となるでしょう。車椅子もセラピストが自分で採寸し選定できれば、車椅子という治療器具を通じて、在宅でもリハビリの治療効果が持続することになります。ポイントを絞れば実はとても簡単で短時間にできてしまいます。しかも、セミナーでの技術、知識が消えないように、車椅子身体採寸ツールセットをプレゼントします。
<後半の部>車椅子メンテナンスセミナー
「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械やものづくりは苦手。だけどやっておかないと移乗のときに危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者さんを呼ぼう。」等、車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。そこで、的確な効率のよいメンテナンス方法と調整のポイントをわかりやすくご説明します。しかも、明日からその技術をすぐに生かしていただくために車椅子の調整に必要な最低限の工具をセットにしてプレゼントします。
また、メンテナンスは車椅子の能力を最大限に引き出す方法です。このため、ADLや日常の姿勢、車椅子シーティングにも大きく関ってきます。車椅子メンテナンスを通じて、最低ここだけ調整すれば、日常で快適に座れてしまうシーティング技術も合わせてご紹介します。日常に絞ったシーティングポイントとなるため、簡単で誰にでもできる技術です。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円(設計採寸適合のみ7000円、メンテナンスのみ8000円)
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……p?id=20776
申込み締切 2018年9月13日 (木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp
備考 車椅子設計採寸技術セミナー・・・採寸用キットセット付属
メンテナンスセミナー・・・メンテナンス専用工具セット付属

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6683