第2回(2018年度)ハンドセラピィの全国研修会

名称 第2回(2018年度)ハンドセラピィの全国研修会
主催 一般社団法人 日本ハンドセラピィ学会
日時 2018年8月4日(土)・5日(日)
場所 朱鷺メッセ(新潟県新潟市中央区万代島6-1)
内容 ハンドセラピィの評価、臨床実践講座
詳細URL http://jhts.org/
対象 作業療法士・理学療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 会員7,000円 非会員15,000円
定員 先着200名
申込み方法 日本ハンドセラピィ学会ホームページ研修会情報よりお申し込みください。
ホームページURL: http://jhts.org/
申込み締切 2018年7月15日
生涯教育
ポイント
日本作業療法士協会 生涯教育制度 基礎ポイント 2ポイントの申請が可能
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6375

第19回リハビリママ&パパの会勉強会

名称 第19回リハビリママ&パパの会勉強会
主催 リハビリママ&パパの会
日時 開催日:平成30年6月10日  時間:9:30~15:30
場所 開催場所:さいたま赤十字病院7階会議室 住所:埼玉県さいたま市中央区新都心1番地5 
会場アクセス:JR線「さいたま新都心駅」より徒歩4分.「北与野駅」より徒歩6分
内容 NPO法人laule’aの作業療法士、大郷和成先生を講師にお迎えし「自分らしさってなんだろう?自分軸を探そう」をテーマに開催いたします.
◇講師:・大郷和成先生
  (児童発達支援・放課後等デイサービス「遊びリパーク リノア」責任者、作業療法士)
   ・河合麻美先生(リハビリママ&パパの会代表 理学療法士)

◇内容:講義、ワーク、ランチ交流会、バザー
詳細URL https://ptmama2008.jimdo.com/
対象 OT、PT、STのリハビリ専門職
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 参加費:1000円(キッズルーム使用される場合,保険料としてお子様お一人につき100円)
定員 先着30名
申込み方法 リハビリママ&パパの会ホームページ、入力フォームより申込み
申込み締切 平成30年5月31日(木)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6374

精神障害者の回復に必要なトータルリハビリテーションの視点を学ぶ~臨床で生かせる実践的評価法~

名称 精神障害者の回復に必要なトータルリハビリテーションの視点を学ぶ~臨床で生かせる実践的評価法~
主催 神奈川県臨床精神科作業療法研究会(かなりけん)
日時 平成30年6月2日(土)13:10~17:00
場所 ウィリング横浜
内容 作業療法の勉強はたくさんしているけれど、なかなか対象者に還元されなかったり他職種から理解されずに困っている方は多いのではないでしょうか?
本研修会では、講義と事例検討を通して、対象者を生育歴や行動からどのように評価し、どのように自己を生かして対象者やチームに関わっていくのかを学びます。今回も講師兼スーパーバイザーとして、鶴見隆彦先生(所属:湘南医療大学)を招いて実施します。皆様の参加をお待ちしております。
鶴見隆彦:
川崎市リハビリテーション医療センターにおいて精神障害者へのアウトリーチ型支援の実践を我が国において早期から取り組む。
その後、法務省に入局し社会復帰調整官として医療観察法対象者への社会復帰支援を実践。現在は教育分野に身を置きながら、作業療法士や社会復帰調整官へのスーパーバイズを全国的に実施している。精神障害者リハビリテーション関連の著書は多数。
対象 専門分野に限らず興味のある方ならどなたでも。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2000円
定員 40名
申込み方法 メールでお願いします。
1氏名 2所属 3相談したい事(自由記載です)
を記載し
igiyomogi@yahoo.co.jpまで申込みお願いします。
申込み締切 当日参加も受け付けますが、なるべく事前にご連絡頂けると助かります。
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 東京保護観察所 立川支部 社会復帰調整官室 佐藤拓也 
 Tel042-521-4240
 mail:igiyomogi@yahoo.co.jp
※なるべくメールでご連絡頂けると助かります。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6373

環境の評価と活かし方 ーより良い作業療法実践を目指して―

名称 環境の評価と活かし方 ーより良い作業療法実践を目指して―
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2018年6月24日(日)
10:00~16:00 (途中,昼休憩あり)
場所 横浜市健康福祉総合センター 8 F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院)

人間が環境から影響を受ける存在だという考え方は作業療法で用いられる様々な理論において広く見られ,環境は重要なものとして位置づけられています.例えば,人間作業モデルでは人は環境の影響を受けて相互に作用し合いながら、人間の作業活動をダイナミックに変化するとされています,カナダ遂行モデルでは,人は作業を通して環境と交流すると同時に,人が作業をすることで環境に影響を与えるとしています.また,ICFでは環境は促進因子にも阻害因子にもなるものとして扱われています.
今回は,午前は作業療法に用いられる環境に関するいくつかの理論ついて共通な部分や,特徴的な部分を概観し,午後は理論をOTの介入にどのように結び付けていくかを考えていきたいと思います.
詳細URL https://www.facebook.com/uottip/
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域・学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士 5000円
作業療法学生 2000円
定員 40名
期間中でも定員に達した場合は申し込み終了とさせて頂きますので,ご了承ください.
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい

=======メール記載内容=========
件名:2018年6月24日参加申し込み
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス 
申込み締切 2018年6月21日(木)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com
備考 7/22 ,8/19,9/23にも別テーマで開催予定です!
今後のお知らせをチェックしてください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6372

口下手・話下手なセラピストのための コーチングスキルを活用して 目標達成に導ける エンカレッジ・セラピスト養成講座 ~1day Basic 講習会~

名称 口下手・話下手なセラピストのための コーチングスキルを活用して 目標達成に導ける エンカレッジ・セラピスト養成講座 ~1day Basic 講習会~
主催 一般社団法人 日本エンカレッジ・リハビリテーション協会
日時 2018年5月27日(日)
10:00~16:30 (9:40~受付)
場所 滝野川会館 4階 401会議室 
詳細URL https://55auto.biz/theraper/to……reha20.htm
対象 リハビリ・医療・福祉の専門職、 その他興味のある方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員 5000円  非会員 6000円 
<※事前に銀行振込みをお願いしています。
振込先はお申込みの方のみ、お知らせします。>
定員 10名
申込み方法 https://55auto.biz/theraper/to……reha20.htm
上記サイトにアクセスして頂き、サイト内の応募フォームよりご入力下さい。
申込み締切 2018年5月20日(日)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ http://en-reha.com/index.html
備考 https://55auto.biz/theraper/to……reha20.htm
詳細は上記サイトにてご確認下さい。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6371

脳血管障害のリハビリテーション~ADL編~

名称 脳血管障害のリハビリテーション~ADL編~
主催 (福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
日時 平成30年7月4日(水) 10:00~16:00
場所 神奈川リハビリテーション病院 3階研修室 (厚木市七沢516)
内容 脳血管障害の方のADL支援を行うにあたり、回復期から生活期に至るまで長期的な視点での関わりが必要となります。今回のセミナーでは、作業療法士から基本的な時期別ADL支援の課題とアプローチの考え方、臨床での実践について紹介し、実技を交えて今後に活用できる知識と基礎技術について学びます。
詳細URL http://www.chiiki-shien-hp.kan……hab.or.jp/
対象 作業療法士、理学療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 3,000円
定員 30名
申込み方法 地域リハビリテーション支援センター ホームページよりお申込みください。
申込み締切 定員になり次第締め切ります。
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ (福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
地域リハビリテーション支援センター
一木 小泉 砂川
TEL:046-249-2602
MAIL:chiiki-shien.kensyu@kanagawa-rehab.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6370

全身を捉えるようになる「骨盤の評価と治療」

名称 全身を捉えるようになる「骨盤の評価と治療」
主催 進リハの集い
日時 2018/7/8(日)
受付9時30分
セミナー時間10時00分~16時00分
場所 ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
11階多目的室
内容 評価(10時00分~12時00分)
●骨盤を治療する理由とは
●骨盤の評価
仙腸関節の動きについて
寛骨と仙骨の関係
腸骨翼角度の評価
短下肢に対する評価
仙腸関節mobilityの評価
骨盤からの異常筋緊張の評価
仙骨の動きの評価
仙骨とインナーユニットの関係
*主に講義は寛骨と仙骨においての評価となります。
実技(13時00分~16時00分)
●触診向上ワーク
触診に必要な触り方、姿勢について
●仙腸関節治療
仙腸関節治療意義
仙骨関節の治療
 *腹臥位、側臥位、座位での治療の仕方:治療後の全身の変化を感じていただきます
 *寝返り、起居動作からの介入視点について
 *全身治療後における上肢・下肢への治療応用
詳細URL https://www.shinreha.com/blank-15
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 9000
定員 40名
申込み方法 HPより
申込み締切 開催前日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HPより

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6369

作業と姿勢と人間工学  基礎編×応用編 ~車椅子を卒業する~

名称 作業と姿勢と人間工学  基礎編×応用編 ~車椅子を卒業する~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年6月22日 (金) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号) 
内容 ポジショニング、シーティング、フィッティングは人間工学から生まれました。まずは、基本となる工学エビデンスを学びませんか

皆さんが日常で使っている、キッチンのテーブルや椅子、身体の疲れをとってくれるベッド等様々な道具はインテリアです。同じように、患者さんが使うインテリアに椅子から生まれた「車椅子」があります。このインテリアの仲間である車椅子を学ぶためには、インテリアの生みの親である「人間工学」にご教授いただきましょう。
私たちが日々の日常で何気なく使っているインテリアや作業椅子、作業台に隠されたルーツ、原理を解き明かすことで、臨床に生かしていく技術、方法論と心理精神活動に影響する事実をご紹介します。
何気なく使っている道具は、聴講後、治療機器に見えてくるかもしれません。

車椅子を卒業し、「もう一度椅子に座る」「もう一度机に向かって仕事をする」「もう一度インテリアを使った生活をする」というごく当たり前な生活スタイルに帰っていただく。健常者と同じ生活環境へ戻すという役割として医療はその一端を担っているのではないでしょうか。
いつまでも車椅子に座る事を考えずに、原点や出発点である人間工学という基礎を振り返ることで、治療に応用し、再び馴染みのある道具やインテリアの利用を考える事が本セミナーの目標です。

■ 基礎編
・ インテリアと人間工学
・ 作業と姿勢、姿勢と疲労の関係性 そこから見えてくる「身体技法」 
・ 工学からみた人間の感覚、人体の仕組みと動作
・ 心理と行動 ~他人に侵入されたくない領域~
・ 人間工学から臨床シーティング 回復段階に合わせたシーティング
  急性期、一般病棟、回復期、症状固定期、維持期。身体の変化に即した姿勢保持を行うためには、姿勢保持、シーティングの概念を用いる必要があります。
■応用編
・インテリア、椅子と机への応用
・寝具、住宅機器への応用
・身近なもので姿勢を保持していく技術論  
・車椅子を卒業するという発想。   
・椅子やインテリアには規格があります。その姿勢データの分類をCD-Rにしてプレゼントすることで、明日からの臨床でインテリアを治療機器として利用する技術を持ち帰っていただきます。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、言語聴覚士、理学療法士、看護師、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 14000円
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=60852
申込み締切 2018年6月19日 (火)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6360

股関節疾患に対する術後リハビリテーション~THAを中心とした基礎知識と評価・アプローチ方法~(横浜会場)

名称 【股関節疾患に対する術後リハビリテーション~THAを中心とした基礎知識と評価・アプローチ方法~】(横浜会場)
主催 Medical MARKSTAR
日時 2018年6月10日(日)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜
内容 ・「股関節疾患に対する基礎知識やバイオメカニクスを学びたい」
・「術式や手術の基礎知識を学びたい」
・「術後レントゲンのチェックポイントを聞きたい」
・「術後のリスク管理やリハビリでの注意点を教えてほしい」
・「術後リハの評価のポイントやプロトコルを教えてほしい」
・「術後リハビリテーションについて、実技を通して学びたい」

術後リハビリテーションにおいて、可動域の向上や疼痛改善、歩行能力やADL能力など、様々な課題に対しアプローチしなければなりません。今回の講習会では、THAを中心とした評価のポイントやアプローチに必要な知識・技術などを基礎から学ぶことのできる機会になるかと思います。

【講習会の概要】
・股関節疾患の基礎知識とバイオメカニクス
・THAの術式やレントゲンのチェックポイント
・術後リハにおけるリスク管理や評価のポイント
・術後のプロトコルやアプローチのポイント

ぜひ、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
詳細URL https://www.markstar.net/hipjoint-tha/
対象 PT.OT.STどなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 8800円
定員 先着50名限定
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ MARKSTAR事務局へのお問い合わせ
https://www.markstar.net/contact/
備考 info@markstar.netからのメールを受信できるようお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6361

A-ONE認定評価者講習会(2018)

名称 A-ONE認定評価者講習会(2018)
主催 日本A-ONE研究会
日時 2018年9月11日(火)~16日(日)6日間(受付8時~)
場所 広島大学医学部保健学科棟 802教室(広島市南区霞1-2-3)
内容 A-ONEは,アイスランドのOTであるGudrun Arnadottir氏によって開発された,観察型の脳の責任病巣と機能障害を系統的に関係づけるADL機能評価法です.近年では,The ADL-focused Occupation-based Neurobehavioral Evaluation (ADLに焦点を当てた作業に基づく神経行動学的評価法; A-ONE)とも呼ばれています.A-ONEは特に認知-知覚の障害のある患者に対し,ADLを妨げている原因に焦点を当てて評価を行います.本講習会では,脳の機能解剖について学んだ上で,A-ONEの使用方法について学習し,事例を通じた討論によって神経行動学的評価法を習得します.
詳細URL http://island.geocities.jp/aoneasacom/#
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 7万円
定員 40名(先着順)
申込み方法 以下の内容をご記載のうえ,E-mailにてaoneasacom@yahoo.co.jpへ「A-ONE認定評価者講習会」の件名でお申込みください.
1氏名(ふりがな),2所属,3経験年数(年),4主に対象とする分野,5主に対象とする疾患,6連絡先住所・郵便番号(事前資料などの送り先となります.ご自宅かお勤め先かを明記してください), 7E-mail(携帯メール,hotmail,outlookは不可),8電話番号
申込み締切 定員になり次第締め切り
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 研究会事務局 松原麻子(広島市立リハビリテーション病院)電話082-849-2866,Email:aoneasacom@yahoo.co.jp 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6359