第22回 G‐reacher

作者
木下剛氏(済生会横浜市東部病院,作業療法士)

全体像
G‐reacher

目的
折りたためるリーチャーなので、縮めてカバンに入れれば外出時の持ち運びに便利です。

準備素材
折りたたみ傘、アルミ棒、すりこぎ棒

使用道具
ニッパー、卓上帯のこ、卓上ボール盤、万力

製作方法
1.ニッパーを使って折りたたみ傘の伸縮する棒の部分だけを取り出す。
G‐reacher

2.アルミ棒をお好みのフックの形状にデザインしたら”卓上帯のこ”でカットし、”卓上ボール盤”で中心に穴をあけ、万力で曲げてフックを作ります。
G‐reacher

3.傘のネジを利用してフックを棒の先端に取り付けます。
G‐reacher

4.リーチャーの持ち手部分は100円ショップで購入したすりこぎ棒を使用します。すりこぎ棒の頭をカットし、卓上ボール盤で穴をあけて、折りたたみ傘の棒に取り付ければ完成です。
G‐reacher

縮長37.5cm~伸長68.5cm
重さ95g

使用場面
G‐reacher 
備考
 いらなくなった折りたたみ傘や、傘の骨が折れて使えなくなった折りたたみ傘をこんな形で再利用してみてはいかがでしょうか。
 リーチャーの持ち手の部分に今回は木材を使用しましたが、利用者の手の変形・機能に合わせて素材を選ぶと良いと思います。

※第12回神奈川県作業療法学会 OTアイデアコンテスト最優秀賞受賞作品

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/blog/post/199