第20回 弾性包帯矯正法

作者
錠内広之氏(日本鋼管病院,作業療法士)

目的
手関節、手指の他動的関節可動域の向上

準備素材
ソフラットシーネ、サポーター、フェルト、スプリント素材

使用道具
鋏、スプリント作成道具他

製作方法
ソフラットシーネを、図の形に形成して使用する。
弾性包帯矯正法
 
使用場面
具体的な訓練方法で想像して下さい。
弾性包帯矯正法 
備考
 今回は道具の工夫というよりは、訓練方法の紹介に重点をおいた。弾性包帯をこんな形で使用することも出来ます。

 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/blog/post/175