作品No.40 ワンタッチハンガー

作品
作品No.40 ワンタッチハンガー
製作者
介護老人保健施設えきさい横浜 有澤徹OTR

目的
片麻痺など片手のみでハンガーを使用できる

対象
脳血管など片手で日常生活を送っている方

道具
ペンチ、鋸カッター、千枚通し

材料
折り畳みハンガー、ワイヤーハンガー、突っ張り棒、紐
作品No.40 ワンタッチハンガー
製作方法

  1. 折り畳みハンガーの輪になっている部分を鋸カッターで切断します(5cm程度)
  2. ワイヤーハンガーを解き、ペンチで切断します
  3. 突っ張り棒の中にあるバネをペンチで引き抜きます
    作品No.40 ワンタッチハンガー
  4. パーツ1にパーツ2を写真のように差し込みます
    作品No.40 ワンタッチハンガー
  5. 突っ張り棒の片側のゴムに千枚通しで穴をあけます
    作品No.40 ワンタッチハンガー
  6. パーツ4にパーツ5を写真のように差し込みます
    作品No.40 ワンタッチハンガー
  7. 写真のように紐で固定します
    作品No.40 ワンタッチハンガー

使用方法
  1. ハンガーの突っ張り棒を持ち、衣類の下からハンガーを差し込みます
    作品No.40 ワンタッチハンガー
  2. ハンガーの頭が出てきたところで、ハンガーを持ったまま、衣類を上肢に引っかけます
    作品No.40 ワンタッチハンガー
  3. そのまま竿などにかけて突っ張り棒を引けば、ハンガーが開きます
    作品No.40 ワンタッチハンガー
  4. 取り込む際には衣類の下から手を入れて突っ張り棒を押せば、ハンガーが縮みます

コメント
手を持ち換えることなく、使用できるのが利点です。ただし、衣類に挿入する際にコツと練習が必要になると思います。また、仕掛けの複雑化により、製作に手間がかかります。 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/blog/post/396