«

»

1月 14 2016

園芸プロジェクト本格始動!

みなさま、明けましておめでとうございます!
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

さがみリハビリテーション病院
リハビリテーション科
作業療法士3名で構成される園芸プロジェクトチームです♪

 

さてタイトルにもあるように当院では前々より園芸を介して患者様に支援できないかと模索し、
アクティビティの一環としてリハ室内で花を飾ったり育てたりと
小さくはありますが活動をしてきました。

 

当院には有志の職員が手入れをしてくれていて
季節を感じることができる素敵な中庭(下写真)があり、
唯一の敷地内の緑と触れ合える場として人気がありました。

しかし、手入れをしていた職員が退職された為庭は荒れていく一方…

航空写真

※上空から当院を見ている状態です
(航空写真で見苦しく申し訳ないのですが、木や花・野菜など様々な植物が生い茂っておりました。一時期はメダカの泳ぐ小さな池もありました)

 

そんな中でリハビリ科に声が掛かり、
この中庭を本格的な園芸活動の場にしよう!と
メンバーを一新しプロジェクトチームを再稼働★

素敵な畑にすべくこれまで計画を練ってきました。

まず第一段階として、現状では車椅子で乗り入れることが難しい中庭をバリアフリーに!ということで、

DSCN2120 DSCN2122 DSCN2121

このように、園芸業者さんに依頼して整備が開始されました。

 

1枚目の写真の奥に見える黒っぽいテーブルのように見えるのは、
”レイズドベッド”といい、床面を高くした花壇のことです。

 

腰をあまり屈めずに鑑賞や手入れができるので、
しゃがみ動作が難しい方や車椅子使用の方でも園芸を楽しめるようにユニバーサルデザインに配慮された物を採用しました。

設備は整いつつありますが、果たして畑として成り立つのか…
作物は育つのか…

 

整備が完了したら今後は土作りなどが待ち構えています。
実際に足を踏み入れる時が待ち遠しいです。

 

何を育てていこうか、悩み中ですが!!

園芸療法ならぬ(園芸療法士さんはいないので…)
”園芸活動”を、今後大きく展開していく予定です!!



また経過を当ブログにてご報告できればと思います(‘◇’)ゞ