«

»

1月 26 2014

バネ箸 ②

お久しぶりの更新となりました。
さがみリハ 自助具係です♪

 

最近は創作活動も行なってはいるものの係が集まる機会は少なく、
新しい商品開発の依頼も来ているようで来ていないようで…

 

しかしながら、今まで作成してきたソックスエイドやボタンエイド、釘付きまな板などは追加注文がばしばしキテマス!

 

 

そんな中、今回は前回(といっても去年の10月末ですが…)触れたバネ箸の続編をお伝えします。
前回紹介したものは、完全に不評でした…(;_;))
実際に使ってみながら調整はするのですが、
バージョン1-2
1)手の平の中にバネがおさまるようにしないと違和感を感じる
2)バネが広いと当然ながら持ちにくい
3)バネが狭いと当然ながらつまみにくい
4)カーブの角度によってすぐに反発力が変わる
等々…

いかに箸操作自体が難しいか、再認識しました…

 

そこで素材探しから再開です!!

ホームセンターを回って発見したもので作ったのがこちら☆★

 

ver2.1 硬質塩ビ 病棟

こちらは”硬質塩ビ”なるものを使用した物。厚みもいろいろありましたが強度を考え1.5mmを選択。

硬いぶん反発力が若干強いですが、しっかりした印象です。

ver2.1 低発泡塩ビ 病棟

こちらは”低発泡塩ビ”なるもの。こちらも厚さはいろいろありましたが、比較も含めて1.5mmを選択。

同じ厚さの塩ビでも、これだけ違うのかと思うくらいソフトな感じです。

 

どちらを選ぶかは好みかと思いますが、低発泡塩ビでは固定力が弱い為についてなくても使えるのではないかという疑問も…。

さらに低発泡は強度も低いようで、1度目は煮沸消毒・2度目は度重なる塩素消毒により1か月程度の使用で破損してしまいました。

 

加工方法も含めて、まだまだ改善の余地がありそうです~ < ( ` ^ ´) >