第16回 しぼりん棒J

作者
錠内広之氏(日本鋼管病院,作業療法士)

目的
手関節の自動運動訓練器具

準備素材
廃棄された松葉杖のアルミパイプ、廃棄された車いすのタイヤチューブ

使用道具
パイプカッター、電動ドリル、ドライバー&ねじ各種

製作方法
 廃棄されていた松葉杖を分解し、アルミパイプを以下のように加工する。
しぼりん棒J

 径の違うパイプを使い、上部は自由に回転できる仕組みになっている。意味、わかりますか?わからなければ、以下の使用場面で想像して下さい!
 
使用場面
しぼりん棒J

 これは、250gの錘を巻き上げている場面!片手で巻き上げ、もう片方の手は、戻らないよう押さえているだけ!
 両手で、巻き上げても訓練になるよ!
しぼりん棒J 
備考

  • パイプは創造力次第で、様々な形に生まれ変わります。Jブランドには欠かせない素材です!
    PT室の壁にくっついている、似たような訓練器具を見た事はありませんか?しかし、あれは取り外しできません!場所を選ばず訓練できるところにちゅうも~く!
 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/blog/post/125