7月の作業療法あるあるネタ 10作品,2015

ウェブ管主催「あるある祭り」 2015/7月投稿分

今月も★が多く付きました.どうぞご覧ください!


老年期OTあるある

MMSEやHDS-Rで将来自分の知的水準をはかられると思うとゾッとする (ぐれぴよ)
★★★★☆☆


日常生活あるある

駅で見かける車椅子に乗ったお年寄りの姿勢崩れを直したくなる。 (GoGo)
★★★★☆☆


若手OTあるある

研修会で講師から「何か質問は?」と尋ねられても内容を理解するのに精いっぱいで何も質問できないことがある (もんすりぃ)
★★★★★★

あまりにも社会のことに無知な自分に愕然とする (みむめも)
★★★★☆☆


ベテランOTあるある

「良いことは小さな声で語られる」とは真実だと思う (よっしー)
★★★★☆☆

何もないところでつまずいた時、どちらの足だったかで将来自分に起こるかもしれない高次脳機能障害を想像する (井蛙)
★★★☆☆☆


教員OTあるある

実習において「習っていません」は禁句であると学生に伝える (フチ夫)
★★★★★★


実習あるある

SVは考え方を学んで欲しい、学生は答えが知りたい (さん太)
★★★★★★
認定:作業療法いろはカルタ

質問返しをしている間に考える (さん太)
★★★★★


その他あるある

☆の数にひとりにやけるパソコン前 (わはは)
★★★★☆☆




投稿をお待ちしております!
お楽しみいただけましたか?
この「あるあるネタ」を読んで何かひらめいたら ⇒ あるあるネタの投稿はこちらから
このコンテンツは皆様からの投稿によって支えられています.普段,フッと思いついた作業療法士ならではの「あるあるネタ」を,心に秘めず,闇に消すことなく,思いついたことをメモしておき,県士会サイトを閲覧したときに,投稿してください!



記載書式の説明
あるあるネタ本文 (投稿者のネットネーム)
★★★★☆☆ ← ウェブ管委員による「あるある!」度の判定(この例では4ポイント) 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/aruaru/2015/281