: ベテランOTあるある

2015年のベテランOTあるある!

ベテランOTあるある

リハの世界にも流行りすたれがある (まっじ)
★★★★★★
認定:作業療法いろはカルタ


昔は夜遅くまで仕事をしていたが、最近は朝早くから仕事をする (まっじ)
★★★☆☆☆


患者さんとの会話にあれ・それ・これが増えてくる (OT5296)
★★☆☆☆☆


作業療法は対象者の良い面を良い方向へ発揮する援助という良い仕事 (よっしー)
★★★★★★
認定:作業療法いろはカルタ


人の能力と脳の可塑性の凄さに目を見張る日々 (よっしー)
★★★★★★
認定:作業療法いろはカルタ


昔はなかった老年期という分野が今や多数派。時代の変化を感じる。 (まはりくまはりた)
☆☆☆☆☆


「良いことは小さな声で語られる」とは真実だと思う (よっしー)
★★★★☆☆


何もないところでつまずいた時、どちらの足だったかで将来自分に起こるかもしれない高次脳機能障害を想像する (井蛙)
★★★☆☆☆


素晴らしい「あるある」を思いついていたのに忘れてしまった (井蛙)
★★★★★★


「私、OTに向いていないかもしれないんです」と学生に言われ、それは自分もいまだに感じる時がある。 (かまぼこ)
★★★★★


スパム防止1の答えを何回も検算する私 (わはは)
★★★★☆☆


OT室で流れるFMラジオについていけなくなっている (OT5296)
☆☆☆☆☆


学会最寄りのターミナル駅、大勢の人波の中、なぜかOTっぽい人がわかる (かまぼこ)
★★★★★





(更新日:2016年1月14日)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/aruaru/genre/veteran-2015

2014年のベテランOTあるある!

ベテランOTあるある

私は相手を知らないのに相手は私を知っている (れり子)
★★★★☆☆


昔PCもワープロもない頃は実習レポートは全文ボールペンで手書きだった。 (まるこ)
★★★★★


そして、たったの一文字間違えたために、全文書き直しの憂き目をみたことがある (まるこ)
★★★★☆☆


学会場での居心地が年々悪くなっている (井蛙)
★★☆☆☆☆


メールでのやりとりが増えたがつい印刷して読んでしまう (井蛙)
★★★☆☆☆


OT室常備の老眼鏡をかけてみたらよく見えてびっくりがっくり (井蛙)
☆☆☆☆☆


まだ「リハビリ」という言葉が市民権を得ていない頃、知人にリハビリの仕事をしていると言うと返ってくる言葉が決まって「エライねぇ」だった。 (うり坊)
★★☆☆☆☆


トランスファー介助は体にこたえるが後輩の手前、言えない (井蛙)
☆☆☆☆☆☆


自分が実習生の年齢よりも長くOTRであることを知って大ショック (井蛙)
☆☆☆☆☆


たくさんの患者様とそのご家族にお会いし、世には色々な形の愛があるのだ・・・と知る。 (かまぼこ)
★★★★★★


学会の分野別発表数の違いに時代の変化を感じる (どうら)
☆☆☆☆☆




(更新日:2015年5月22日)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/aruaru/genre/veteran-2014