第16回神奈川県作業療法学会報告

第16回神奈川県作業療法学会報告


 7月2日の暑い最中に横須賀において第16回神奈川県作業療法学会を盛況のうちに無事閉会いたしました。今回の参加者556名と多くの参加があり、活気に満ちた学会となりました。臨床での貴重な知見をご発表いただきました演者の皆様をはじめ、座長の方々、 示唆に富むご講演を賜りました講師の皆様、ご参加いただいたみなさま、本当に有難うございました。また、学会の開催にあたり、ご支援・ご協力いただきました多くの皆様に、心より感謝申し上げます。

 前向きなテーマが良いということで、多少の不安もありましたが、今回の学会のテーマを「選択する未来」として開催させていただきました。ポスター発表では、皆様のおかげで熱気のある意見交換の場が作られており、各領域における教育講演やシンポジウムにおいても多くの示唆をいただき、未来への希望に満ちた学会となりました。 

 特に若い県士会員の皆さんが多くの発表をされ挑戦していただいている姿を見てたのもしく思えていました。本学会が、近年の作業療法を取り巻く厳しい環境の中で、より価値のある作業療法を選択するための一助になったかと考えています。

 最後に、実行委員および運営に携わった皆様に大いに感謝いたします。

学会概要

第16回神奈川県作業療法学会ポスター 学会名 第16回神奈川県作業療法学会

 テーマ 「選択する未来」

 学会長 玉垣 努 

           (神奈川県立保健福祉大学 教授)  

 開催日 2017年7月2日(日)

 開催地 神奈川県立保健福祉大学

 主    催 一般社団法人神奈川県作業療法士会

 第16回神奈川県作業療法学会ポスター

ダウンロードできます。ご利用下さい。