Category Archive: 月刊だいちゃんワールド

A07. EBM Step3:文献の批判的吟味

ハマ子: 続いてStep3は…文献の批判的吟味!?

よこ太: なんだか,本当は美味しいのに文句ばかり言っているみたいですね.

大仏先生: これもあまりなじみのない言葉だよね.「批判」は日本語では主に否定的な時に使われる言葉だけど,明鏡国語事典(電子辞書版,大修館書店)を見ると「物事に検討を加え,その正否や価値などを評価・判定すること.」とある.つまり,必ずしも文献を否定的に読むという意味ではない.

ハマ子: 吟味は?

大仏先生: これはじっくりと読むという意味で良いと思う.橋本先生1)は批判的吟味のことを「情報自体が信頼できるものかどうかを判断し,信頼できる情報であれば,結果がどのようなものか評価する」と説明している.

ハマ子: ということは,このStep3のプロセスって,かなり個人の能力に依存しませんか?

大仏先生: その通りだ.EBM実践のためには,文献を読むための能力を鍛えなければならないということだ.

よこ太: どういう能力が必要なんでしょう? 心を読む能力とか?

大仏先生: メンタリストDaiGoさんになる必要はない.例えば,論文の種類とその内容,「目的・結果・考察」などの各項目の意味とその役割,研究デザインと目的との整合性,分析方法の妥当性,バイアスの有無,などなど…

ハマ子: ひぃー! チンプンカンプンです!

大仏先生: うん,僕もすべてを理解できているわけではないけれど,こういった知識があればあるほど批判的吟味の精度があがるんだ.批判的吟味についてこの回だけで説明するのは無理だから,別にシリーズ化して立ち上げよう.ここでは,とりあえずやってはいけない「読み方」について説明しようか.ハマ子君,最近読んだ文献は?

ハマ子: えーと,総合リハの特集記事を読みました.

大仏先生: よこ太君は?

よこ太: ぼくはオリンピックを観るために早く帰宅したかったので,原著論文の要旨と結論をチャチャッと読みました!

大仏先生: うん,君たち,まるでこの話題を展開するためにそういう読み方をしたみたいだね.批判的吟味としては二人とも失格だ!

ハマ子よこ太: えー!? 勉強になりましたよ!
続きを読む »

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/yokohama/post/140

A06. EBM Step2:情報収集 -その2:問題と情報源について-

よこ太: 文献検索って,卒業研究で少しやった気がします.でも,卒業してからは…

大仏先生: そういう作業療法士って多いかもね.でも,臨床での問題を解決するためにやるべき事って,必ずしも文献検索だけではないんだ.よこ太君,最近の悩みは?

よこ太: えっ?あっえーと,最近,髪の毛が…

大仏先生: あーだんだん僕に近づいて…って違うよ.作業療法場面での悩みだよ.

よこ太: あっ…すみません.臨床では…あっ先週から担当しているRAの方,経過が長いんで指の変形が強いんです.でも針仕事は続けたいって.だから針に糸を通すための自助具を探してます.

大仏先生: うん,じゃあ少し戻るんだけど,Step1でやった定式化<A04>をしてみよう.

ハマ子: PECOだから…P:Patient-指の変形が強いRAの方に,E:Exposure-自助具を使って,C:Comparison-使わなかった場合よりも,O:Outcome-生活が改善するか?ですか?

大仏先生: うーん,少し違う.よこ太君の悩みは「指の変形が強いRAの方が,針に糸を通すためには,どんな自助具があるのか?」ということだ.つまり,PECOの定式には当てはまらない悩みなんだよ.

ハマ子: あー?ということは?
続きを読む »

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/yokohama/post/139

A05. EBM Step2:情報収集(文献検索)

ハマ子: 次は…Step2…情報収集?

大仏先生: うん,僕たちが評価で使う情報収集とは意味合いが違うよ.EBMで言う「情報収集」とは問題を解決するための文献探し1-4)のことだ.

よこ太: 図書館であの静寂の中,本棚に向かって自問自答の日々…青春…

大仏先生: よこ太君,不調だね.最近,面白くないよ.まあっそれはさておき,各病院にすべての文献があるわけではない.むしろほとんどない.でも,最近では…

ハマ子: …もしかして,インターネット検索?

大仏先生: その通り.で,そのインターネット検索に,キーワードとしてStep1で定式化された文言を使う3)んだ.例えば<A04>の定式で言えば「片麻痺」「CI療法」「効果」などがキーワードになる.

ハマ子: おーなるほど!

よこ太: Googleでぐぐっと来た!

大仏先生: いやいや,この時に使う検索システムはGoogleではないよ.
続きを読む »

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/yokohama/post/135

A04. EBM Step1:問題の定式化(抽出)

ハマ子: 今回はEBMの詳細についてですね!

よこ太: まったくー「月刊だいちゃん」だなんて言っといて,5ヶ月ぶりですよ(怒)

大仏先生: ごめん,ごめん,ちょっとバタバタしていたんだよ.でも,多くの場合,バタバタを理由にして,こういった学術的な部分を後回しにしちゃうんだよね.由々しき問題だよ.自分も反省しなきゃな.

ハマ子: さっさっ気を取り直して,今回はStep1ですね?

大仏先生: EBMは「最善の治療等を選択するための意志決定プロセスのこと<A02>」である,このことは良いね?

よこ太: で,Step1は…「問題の定式化」…はて?

大仏先生: うん,あまりなじみがない言葉だね.臨床においてわからないことを明文化することで,その問題の解決のための糸口をつかもうとするプロセス,と言えばわかるかな?

ハマ子: そうか,何がわかっていて,何がわかっていないか,とかはっきりしますね!

大仏先生: でね,その定式化するときルールとしてPECOというものがあるんだ.
続きを読む »

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/yokohama/post/133

A03. evidence-based medicine:意志決定のプロセス

ハマ子: エビデンス≠EBMであることはわかりました!でも,つまりEBMって?

よこ太: エビでメダカを釣るって意味さ!

大仏先生: そう,小さな努力では利益も小さいって意味だね,って違うよ!オホンっえーと,前回(A02),EBMは「対象者に何を行うかを決定するプロセス」だって説明したね.

ハマ子: プロセスっていうのがよくわかりません…

大仏先生: じゃあ,ハマ子君は患者さんにプログラムを決める時にはどうする?

よこ太: 情報収集して,検査・測定して,問題点・利点を抽出して,整理整頓して,目標を設定して,プログラムを立案する!いぇーい!

ハマ子: なんであんたが応えてんの!? あっこれってプロセスだ!
続きを読む »

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/yokohama/post/106

1 / 212