Tag Archive: H30/1

第99回横浜CBTに集う会「横浜CBTに集う会の内容とその意味づけ、そして新年座談会」 New!!

名称 第99回横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)「横浜CBTに集う会の内容とその意味づけ、そして新年座談会」
主催 横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)
日時 平成30年1月25日(木)19時~21時
場所 ウイリング横浜 11階会議室2
内容 テーマ:「横浜CBTに集う会の内容とその意味づけ、そして新年座談会」
話題提供者:奥原孝幸(本会代表、神奈川県立保健福祉大学作業療法学専攻)
ひとこと:
 本会は活動を開始して10年くらいなるでしょうか。その間認知行動療法自体の変化も大きなものがありました。本会もテーマや内容、ピアの方々の継続的な参加など参加者層の変遷がありました。また最近では今の時期になると会の存続を検討してきました。現在はそれぞれの活動や実践を報告し合いながら、それを検討する形となっています。内容も狭い意味での認知行動療法に関してだけでなく作業療法、ピア活動、就労支援など幅広く参加者も様々な方に参加いただいています。それらを幅広く認知行動療法的に考察してその意味付けを報告してみたいと思います。本会の意味付けをしながら、参加者でそれぞれの活動や考えていること、夢など話しながらそれぞれの新年のスタートを切りたいと思います。実はそれが認知行動療法そのものだと考えています。
詳細URL 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
対象 認知行動療法に興味や関心がある人ならどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 500円(会場費・資料代、学生は無料)
定員 なし
申込み方法 申し込みは不要ですが、ホームページよりメールをいただけるとありがたいです。
申込み締切 なし。当日お越しください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
備考 本会の詳細や年間予定等が本会ホームページにあります。
サンドウィッチやおにぎりを食べながらご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6009

ILPT腰痛治療セミナー ~腰に触れる前に知っておきたい!腰痛改善法の大原則~ New!!

名称 IAIR認定【腰痛改善×コミュニケーション】ILPT腰痛治療セミナー ~腰に触れる前に知っておきたい!腰痛改善法の大原則~
主催 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
日時 <千 葉>1月21日(日)9:50~16:50 
<大 宮>2月18日(日)9:50~16:50 
<宇都宮>3月18日(日)9:50~16:50 
<練 馬>3月31日(土)13:50~19:50
場所 <千 葉> 千葉市生涯学習センター
<大 宮> ソニックシティ―  
<宇都宮> とちぎ福祉プラザ  
<練 馬> 練馬区立 区民産業プラザ 
内容 ~腰に触れる前に知っておきたい!腰痛改善法の大原則~
講師:赤羽秀徳((社)国際統合リハビリテーション協会理事、理学療法士、選択理論心理士)
内容:「心身の健康」につながる行動を「自ら選択」できることを援助する対話的アプローチ技法の講義、治療デモ、および実技を実施。その技法は、子育て、夫婦関係など、大切な人との関わり方をより良くするためにも幅広く活用可能。
【参加者の声】「翌日から、臨床が激変しました!患者さんと向き合えている感じがします」「私の関わり方が、腰痛をつくりあげていたかも?と気づきました」「腰痛の見方が180度変わりました」「即効性に驚きました」「今回の内容は目から鱗でした!」など。
詳細URL https://iairjapan.jp/backpain
対象 医師、PT,OT、ST
学生の
参加可否
参加可 
参加費 12,852円(税込み)
定員  30名(先着順)
申込み方法 HPよりお願いします。
https://1lejend.com/stepmail/k……RnMylTcawy
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人 赤羽総合腰痛研究所 office@akahalabo.com  までメールでご連絡ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6003

作業と姿勢と人間工学 ~臨床で使おう 基礎編×治療へ利用 応用編~

名称 作業と姿勢と人間工学 ~臨床で使おう 基礎編×治療へ利用 応用編~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年1月28日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号) 
内容 ~患者さんが使うインテリアを学ぼう そこから見えてくる道具を介したケア~
皆さんが日常で使っている、キッチンのテーブルや椅子、身体の疲れをとってくれるベッド等様々な道具はインテリアです。同じように、患者さんが使うインテリアに椅子から生まれた「車椅子」があります。このインテリアの仲間である車椅子を学ぶためには、インテリアの生みの親である「人間工学」にご教授いただきましょう。
車椅子、椅子、ベッドはインテリアです。そしてインテリアは人間工学から生まれました。患者様が使う車椅子を知る、椅子を知る、ベッドとは何かを知るために、まずはインテリアの基盤、基礎である人間工学を学びませんか。
私たちが日々の日常で何気なく使っているインテリアや作業椅子、作業台に隠されたルーツ、原理を解き明かすことで、臨床に生かしていく技術、方法論と心理精神活動に影響する事実をご紹介します。
 何気なく使っている道具は、聴講後、治療機器に見えてくるかもしれません。

■基礎編
・インテリアと人間工学
・作業と姿勢、姿勢と疲労の関係性 そこから見えてくる「身体技法」 
・工学からみた人間の感覚、人体の仕組みと動作
・心理と行動 ~他人に侵入されたくない領域~
・人間工学から臨床シーティング 回復段階に合わせたシーティング
  急性期、一般病棟、回復期、症状固定期、維持期。身体の変化に即した姿勢保持を行うためには、姿勢保持、シーティングの概念を用いる必要があります。

■応用編
・インテリア、椅子と机への応用
・寝具、住宅機器への応用
・身近なもので姿勢を保持していく技術論  
・車椅子を卒業するという発想。   
・椅子やインテリアには規格があります。その姿勢データの分類をCD-Rにしてプレゼントすることで、明日からの臨床でインテリアを治療機器として利用する技術を持ち帰っていただきます。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=55721
申込み締切 2018年1月25日 (木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5983

若年性認知症を知る

名称 若年性認知症を知る
主催 認知症疾患医療センター曽我病院
日時 平成29年1月22日(月)14:00~16:00
場所 小田原合同庁舎 3階EF会議室
(小田原市荻窪350-1)
公共交通機関をご利用ください。
内容 平成29年度神奈川県若年性認知症支援コーディネーター設置事業研修会
「若年性認知症を知る~早期介入のための気づき」

講師:
神奈川県高齢福祉課 技官 田中智子 氏
曽我病院 精神科医 早川典義 氏(日本認知症学会専門医)
若年性認知症支援コーディネーター 田中香枝 氏
詳細URL https://kana-ot.jp/wpc/marche/2017/237
対象 医療・保健・福祉・介護の関係者、職域関係者等
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 100名(先着順)
申込み方法 参加申込書に必要事項を記載の上FAXにてお申込みください。
参加申込書は詳細URLから参加申込書をダウンロードできます。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 認知症疾患医療センター曽我病院 田中・佐藤・渡辺
電話:0465-42-1630(平日8:30~17:00)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5960

リハビリの臨床で結果が出せる上肢のアプローチ

名称 リハビリの臨床で結果が出せる上肢のアプローチ
主催 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
日時 上肢1:平成30年1月21日(日)9:30-16:30
上肢2:平成30年2月3日(土)10:00-16:00
場所 昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)第4会議室
http://www.maebashi-cc.or.jp/m……bun/access
内容 上肢セミナーでは、骨格系テクニックと筋膜系テクニックの2つを軸に、テクニックをお伝えしています。

[講義内容]
骨格系テクニック:
■肩甲上腕関節の骨格調整テクニック
■肘関節(橈骨頭のアライメント、腕尺関節)の調整テクニック
■手根管(手根部)、手根中手関節と中手骨間(アーチ)の調整テクニック
■舟状骨、月状骨の調整テクニック
■指節の調整テクニック

筋膜系テクニック:
■肩甲上腕関節の軟部組織調整テクニック
■斜角筋の調整テクニック
■小胸筋の調整テクニック
■肩甲挙筋の調整テクニック
■肩甲骨周囲軟部組織の調整
■上腕筋と上腕三頭筋間のリリース
■前腕骨間膜の調整テクニック
詳細URL https://iairjapan.jp/events/ev……pper-gunma
対象 OT・PT・ST
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 32,184円(税込)2日分
定員 20名
申込み方法 こちらのURLより
上肢: https://1lejend.com/stepmail/k……=HSiUeylTa
申込み締切 平成30年1月20日(土)20時
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ shingo_ohto@iairkanto.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5959