Tag Archive: H29/2

地域包括ケアシステム三士会合同研修会

名称 地域包括ケアシステム三士会合同研修会
主催 (一社)神奈川県作業療法士会、(公社)神奈川県理学療法士会、神奈川県言語聴覚士会、神奈川県地域リハビリテーション三団体協議会
日時 平成29年2月25日(土) 14:00~17:00 (受付:13:30)
場所 横浜リハビリテーション専門学校
内容 「地域包括ケアシステム三士会合同研修会」は、神奈川県三士会の地域リーダーレベルを対象とした段階Ⅱのプログラムに該当します。ご存じのように、地域包括ケアシステムは社会全体の仕組みとして展開されるため、行政・関係職種との連携が重要となります。本研修会では、行政(神奈川県)、保健師などの関係団体とのシンポジウムにより、それぞれの取り組みについて確認する機会として計画しております。神奈川県からはリハ専門職への期待が高まっています。
是非、多数の参加をお待ちしております。
対象 OT士会主催のいずれか研修会を受講された方
地域リハ人材育成研修会、MTDLP研修会(修了証を有する方)
※今年度のみ条件になります。次年度以降は両方の研修会も受講を推奨します。
学生の
参加可否
参加不可
参加費 無料
定員 150名
申込み方法 神奈川県作業療法士会員について
申込先:ken-ot@kana-ot.jp
件名: 地域包括ケア研修会参加
1氏名  2フリガナ 3日本OT協会会員番号 
4所属先 5所属先住所 6連絡先メールアドレス(受講可否通知の連絡先) 
申込み締切 平成29年2月22日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 問い合わせ先: 神奈川県作業療法士会 遠藤 陵晃
地域リハ部アドレス:chiikireha@kana-ot.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4991

成人の発達障害の実際

名称 成人の発達障害の実際
主催 神奈川県作業療法士会学術部
日時 平成29年2月12日(日)13:30~16:30
(13:00~受付開始)
場所 藤沢市民会館 会議室
内容 <講師> 川畑 啓 氏
(昭和大学付属烏山病院リハビリテーションセンターデイケア)

近年、精神科病院や地域生活支援領域において成人の発達障害(自閉症スペクトラム、注意欠如多動性障害)の診断を受ける利用者が多くいます。今回の研修会では昭和大学附属烏山病院の発達障害のデイケア・ショートケアの紹介、デイケアを利用されていたメンバーからの体験談を企画しております。また、演者が発達障害に関わった経験から学んだことをお話しさせて頂き、作業療法介入の可能性を参加者の皆様とディスカッションしたいと思います。成人の発達障害との関わりで困っている方だけでなく、まだ関ったことがないという方につきましても、奮ってのご参加をお待ちしています!
対象 日本作業療法士協会員
※作業療法士以外の専門職種の方,学生の方は問い合わせ先にご連絡ください。
学生の
参加可否
条件付きで参加可 条件:問い合わせ先にご連絡ください。
参加費 2000円
定員 60名
申込み方法 1)E-mail(携帯メール不可)にて神奈川県作業療法士会事務局研修会担当(ken-ot@kana-ot.jp)までお申し込みください。
2)E-mailは題名を「精神分野別2/12受講希望」とし、本文に1.受講希望講習会名及び開催日、2.氏名、3.所属、4.都道府県士会名、5.日本作業療法士協会会員の場合は会員番号、6.連絡先電話番号、7.返信用E-mailアドレス(携帯メール不可)を必ずご記載ください。記載内容に不備があった場合、受け付けられません。
3)神奈川県在勤のOTの方は、申込2週間前までに必ず今年度士会費を納入してください。納入確認に2週間程度必要となります。納入状況をお忘れの場合は(社)日本作業療法士協会「WEB版OT協会会員情報システム」にてご確認頂くか、県士会事務局(TEL045-663-5997)にお問い合わせください。
4)申込のE-mailは1人1通までとします。
申込み締切 なし
※2月9日(木)以降のお申し込みは、事務局研修会担当に加え、問い合わせ先にもご連絡ください。
※受講希望者多数の場合、応募を打ち切ることがあります。また、神奈川県作業療法士会会員を優先させていただきます。
生涯教育
ポイント
日本作業療法士協会員の方は、受講により生涯教育ポイント2ポイントが付与されます。
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 川口敬之(北里大学)
TEL:042-778-9694
E-Mail:kawagu-t(アットマーク)kitasato-u.ac.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4945

生活行為向上マネジメント 事例作成研修会

名称 生活行為向上マネジメント 事例作成研修会
主催 MTDLP推進委員会
日時 2017年2月17日(金)19:00~20:30
場所 横浜リハビリテーション専門学校
内容 日本作業療法士協会事例登録システムの事例登録の方法や神奈川県作業療法士会での事例発表の方法についてポイントをお伝えいたします。
講師は生活行為向上マネジメント推進委員会の委員で担当いたします。当日は事例登録の手引き(MTDLP)をご持参ください。
1)事例登録および発表の手順と方法
2)事例登録および発表のポイント
対象 日本作業療法士協会員かつ神奈川県作業療法士会員
もしくは神奈川県以外の士会員の方
学生の
参加可否
参加不可
参加費 1,000円
定員 80名
申込み方法 1人1通で神奈川県作業療法士会の研修窓口にメールにて申込み。下記必要事項を記入してください。申込アドレス:ken-ot@kana-ot.jp
件名:MTDLP事例作成2/17 参加希望
記入内容:
1)氏名
2)ふりがな
3)所属先
4)所属先住所
5)OT協会会員番号
6)所属県士会名
7)MTDLP基礎研修会受講の有無
8)返信用アドレス
申込み締切 2017年2月10日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 生活行為向上マネジメント推進委員会 木村
mtdlp@kana-ot.jp
備考 生活行為向上マネジメントの日本作業療法士協会の事例登録制度もしくは神奈川県作業療法士会の事例発表の方法についてご説明いたします。
基礎研修会だけではお伝えしきれなかった事例登録のポイントを手引きに沿ってご案内いたします。
現在、事例登録数が増えておりますが、そのほとんどがD判定となっており、せっかく苦労が台無しとなっている方も少なくありません。
出来る限り、高評価の結果を目指すことができるように研修会でご支援できればと思います。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4882

認知症事例に対するADLの評価と介入 ~能力を活かす関わり~

名称 認知症事例に対するADLの評価と介入 ~能力を活かす関わり~
主催 一般社団法人 神奈川県作業療法士会 学術部
日時 2017年2月11日(土)建国記念の日 受付開始13:10 講義13:30~16:30
場所 ウィリング横浜 5階研修室 501-502
内容 認知症事例に対して作業療法士は何ができるのでしょうか?
老年期や精神障害領域に限らず身体障害領域等どの領域においても、認知症事例に対して悩みを抱えているセラピストは少なくないのではないでしょうか?
今回は、曽我病院の佐藤良枝先生をお招きし、認知症事例に対しての具体的な食事場面の評価と介入や移動の評価と介入、事例の能力を活かし意欲を引き出すような声掛けの工夫等についてご講義して頂ける予定です。認知症事例に対する悩みを紐解く「考え方」を学べる貴重な機会ですので皆様のご参加をお待ちしております。
講義後は先生や県士会スタッフとの懇親会がありますので、お時間がありましたらご参加下さい。
対象 神奈川県OT士会員で今年度会費納入済みの方、他都道府県OT士会員の方
※応募者多数の場合は、神奈川県OT士会員を優先し選考いたします。
※神奈川県在勤のOTで神奈川県作業療法士会未入会または今年度会費未納の方は受講できません。
学生の
参加可否
参加不可
参加費 2,000円
定員 60名
申込み方法 1)E-mail(携帯メール不可)にて神奈川県OT士会事務局研修会担当(ken-ot@kana-ot.jp)までお申込み
ください。申し込みのE-mailは1人1通までとします。
2)E-mailは題名を「認知症2/11受講希望」とし、本文に1受講希望講習会名及び開催日、2氏名、3所属、4都道府県士会名、5日本作業療法士協会会員の場合は会員番号、6連絡先電話番号、7返信用E-mailアドレス(携帯メール不可)を必ずご記載ください。※記載内容に不備があった場合、受付できません。
3)神奈川県在勤のOTの方は、申し込み2週間前までに必ず今年度士会費を納入してください。納入確認に
2週間程度必要となります。納入状況をお忘れの場合は、日本作業療法士協会「WEB版OT協会会員情報
システム」にてご確認いただくか、県士会事務局(TEL045-663-5997)にお問い合わせください。
申込み締切 2016年12月10日 ~ 2月4日
生涯教育
ポイント
(社)日本作業療法士協会会員の方は、受講により2ポイントが付与されます。
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 県士会事務局(TEL 045-663-5997)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4810