Tag Archive: H29/12

多様性の中で生まれる課題を解消する対話.ナラティヴファシリテーション体験時間

名称 多様性の中で生まれる課題を解消する対話.ナラティヴファシリテーション体験時間
主催 CLOCKLab・ナラティヴファシリテーション研究部
日時 2017年 12月10日(日)13:00-16:00(受付12:30-)
場所 「東京ルーテルセンター教会」地下アンカーホール
東京都千代田区富士見1-2-32 ※JR飯田橋駅より徒歩5分
内容 ダイバーシティが叫ばれる中、ビジネスや医療現場やキャリア関係等、各所で注目を浴びている「対話」を学べる機会です。
ナラティヴファシリテーションは「人やその人間関係が問題なのではなく、問題が問題である」ということ。問題となっているものを「その人自身から起因する問題」とするのではなく、問題を客観視して、課題解決の方法を考えるように導くことを目的としています。
詳細URL http://ptix.at/aFKWJ1
対象 医療介護の人事部や管理職の方、その他現場で興味のある方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 3,240円
定員 10名
申込み方法 Peatixよりお申し込み下さい。
URL: http://ptix.at/aFKWJ1
申込み締切 2017年 12月10日(日)11:00
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ MAILにてお問い合わせ下さい。
MAIL:lab@clock9.jp
CLOCKLab運営事務局 宛

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5927

車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー ~もう業者さんを呼ばなくて大丈夫~

名称 車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー ~もう業者さんを呼ばなくて大丈夫~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2017年12月17日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号) 
内容 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線から身体採寸や車椅子の選定方法、メンテナンスの重要性と技術を丁寧にお教えします。製造工場からの現場の技術をそのままお届けします。
●車椅子設計採寸技術セミナー
車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなくセラピストの目線から車椅子を選定できます。その瞬間、タイヤの付いたただの椅子は治療技術や治療器具となるでしょう。車椅子もセラピストが自分で採寸し選定できれば、車椅子という治療器具を通じて、在宅でもリハビリの治療効果が持続することになります。ポイントを絞れば実はとても簡単で短時間にできてしまいます。しかも、セミナーでの技術、知識が消えないように、車椅子身体採寸ツール8点セットをプレゼントします。
●車椅子メンテナンスセミナー
「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「移乗のときに危ないけど機械は苦手…」「ブレーキが効かない!臨床が忙しいから業者さんを呼ぼう。」等、車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。実は簡単なんです。車椅子のメンテナンスを実演しながら伝授します。強い味方、車椅子調整専用工具セットと技術で明日からは業者を呼ばなくても大丈夫です。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、 看護師、介護職
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円(採寸用キットセット、メンテナンス工具セット付属)
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=55065
申込み締切 2017年12月14日 (木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5925

臨床教育者は対象者にどう向き合っているか?~臨床で培われることば~

名称 臨床教育者は対象者にどう向き合っているか?~臨床で培われることば~
主催 クリニカル・クラークシップに基づく作業療法臨床教育研究会
日時 平成29年12月7日(木) 10時~12時30分(9時30分より受付)
場所 首都大学東京 荒川キャンパス 校舎棟4階464教室 (東京都荒川区東尾久7-2-10)
内容 実習生はいつも傍で臨床教育者の「ことば」を聴いています。作業療法場面で行われる対象者への丁寧な説明は、「見学・模倣」において、実習生にとってわかりやすい説明となります。そして、「実施」の段階では実習生に「生きたことば」が培われていることが少なくありません。今回は、その過程を実際の臨床実習事例を通して考えます。合わせて、指定規則改正や、それに伴う日本作業療法士協会の臨床実習指針・臨床実習の手引き・教育ガイドライン改定の最新情報についても皆様と共有したいと思います。
【内容】
教育講演1:作業療法臨床実習指針の方向性 小林隆司(首都大学東京)
教育講演2:臨床で培われる「ことば」 小岩伸之(八雲総合病院)
詳細URL https://ccs-ot-education.jimdo.com/
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員1000円 非会員2000円(研修会当日に会員申し込みも可能です)
申込み方法 件名に「12月7日研修会申し込み」、本文に1氏名2所属3メールアドレス4経験年数(OTの方のみ)5主な領域(身体、精神、発達、高齢、養成校など)6臨床実習指導経験の有無を記載の上、下記のアドレスにメールまたはホームページからお申込みください。
クリニカル・クラークシップに基づく作業療法臨床教育研究会事務局
ccs_ot_education@yahoo.co.jp 担当:野村
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ クリニカル・クラークシップに基づく作業療法臨床教育研究会事務局
ccs_ot_education@yahoo.co.jp 担当:野村

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5913

自分の自信を高めて目標を明確にするコミュニケーション術セミナー

名称 自分の自信を高めて目標を明確にするコミュニケーション術セミナー
主催 リハビリコミュニケーション研究所
日時 平成29年12月17日(日)10時~16時半
場所 越谷市コミュニティセンター第2会議室
JR武蔵野線南越谷駅、東武スカイツリーライン新越谷駅 (地下鉄日比谷線・半蔵門線直通)より徒歩3分
http://www.suncityhall.jp/info……st_27.html
内容 テーマ:今回のセミナーでは、日頃患者さんや利用者さんのことを一生懸命考えている
セラピスト自身のためのセミナーです。
セラピスト自身が自分の目標や良いところに目を向けることによって
日々の仕事へのやる気を高めることで
患者さんや周りの人に対して新たな提案をしたり、
あたらしいアイディアを思い浮かぶようになる。
そのためのコツをお伝えします。
講師:杉長彬(作業療法士・リハビリコミュニケーション研究所)
詳細URL https://www.rihacommu.jp/self-……onfidence/
対象 作業療法士・理学療法士・言語聴覚士などリハビリ従事者及び学生
学生の
参加可否
参加可 
参加費 8000円
定員 15人
申込み方法 リハビリコミュニケーション研究所のHPよりお申し込みください。 https://www.rihacommu.jp/self-……onfidence/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ https://www.rihacommu.jp/self-……onfidence/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5912

ポジショニングToシーティング 理論編×実技体感編~シーティングをポジショニングから行う姿勢制御アプローチ~

名称 ポジショニングToシーティング 理論編×実技体感編~シーティングをポジショニングから行う姿勢制御アプローチ~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2017年12月23日 (土祝) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 府中市市民活動センタープラッツ
(東京都府中市宮町1-100 ル・シーニュ6階)
内容 ポジショニングから身体の筋緊張のコントロール(リラクゼーションを含む)や身体輪郭、身体の軸意識等の感覚入力や関節可動域の改善を行なってから、座位というシーティングに移行する
訓練方法があります。
これが「ポジショニング To シーティング」アプローチです。

みなさんは、シーティングやフィッティングを行なっていて、どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害)
そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。
このアプローチは、高価な車椅子やシーティングシステムのようなモノに頼るのではく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで全く新しいシーティング技術です。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=55355
申込み締切 2017年12月20日 (水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5909

1 / 101234...最後 »