Tag Archive: H29/11

人間作業モデル講習会

名称 人間作業モデル講習会
主催 日本作業行動学会
日時 11月25~26日(2日間) 両日とも9:00-17:00
場所 神奈川県立保健福祉大学
内容 人間作業モデルの紹介と歴史,人間作業モデルの理論,評価法概説について学びます.講師は山田孝(目白大学大学院),笹田哲(神奈川県立保健福祉大学)
詳細URL http://www.jsrob.org/
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加可
参加費 日本作業行動学会会員8000円,非会員11000円,学生・大学院生3500円
定員 50
申込み方法 E-mailのみで承ります.
常葉大学 野藤弘幸
E-mail: hnoto@hm.tokoha-u.ac.jp
申込み締切 11月16日
生涯教育
ポイント
1日参加で1ポイント認定されます.
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 常葉大学 野藤弘幸
TEL&FAX 053-428-1238(直通) E-mail: hnoto@hm.tokoha-u.ac.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5545

習慣をどうように再建していくのか!―習慣の転換アプローチ-

名称 習慣をどうように再建していくのか!―習慣の転換アプローチ-
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2017年11月5日(日)  
10:00~16:00  (途中,昼休み1時間)
場所 横浜市健康福祉総合センター 9F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

私達,作業療法士はクライアントの習慣や継続して行ってきていることに関して関心を示し,興味を向けることが多いと思います.また,人間作業モデルにおいて,習慣は,人々の日課の活動がどのように遂行するか,1日の時間をどのように使うか,どのような行動様式を生み出すのかに影響を与えると言われています.本講座では,習慣(化)という視点からクライアントの生活や1日を構成する時間の使い方(作業バランス)等について考えていきたいと思います.午前は習慣(化)に関する諸理論の紹介,午後は理論のOT臨床での活用,患者への習慣転換アプローチへと発展させていきます.
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域・学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可
参加費 作業療法士 4000円
作業療法学生 2000円
定員 30名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい

メール記載内容
件名 2017年11月5日 参加申し込み
本文
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス 
申込み締切 2017年11月2日(木)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5516

苦手を克服!! 運動器リハセミナー 股関節マスターコース

名称 苦手を克服!! 運動器リハセミナー 股関節マスターコース
主催 Knowledge Link(ナレッジリンク)
日時 11月12日(日) 10時00分~16時00分予定 受付開始9時30分
場所 八洲学園大学 7階7A教室
http://www.yashima.ac.jp/univ/
横浜市西区桜木町7丁目42番地
内容 概要:変形性股関節症、大腿骨頸部骨折、廃用症候群がもたらす股関節周辺の不安定性…。患者さんはに長年悩まされ続けています。日常臨床で頻繁に遭遇する股関節周辺の不具合に対して、臨床家は確固たる治療戦略を持っているでしょうか?
本セミナーは、股関節周辺の基本的な機能解剖や評価法、股関節障害の治療戦略の思考法、筋生理を含むリハ栄養までを視野に入れた網羅的セミナーです。
股関節障害に関わる全ての治療家の皆さま、奮ってご参加ください。
講師:池田崇 先生
昭和大学保健医療学部理学療法学科講師
北里大学医療衛生学部卒業(理学療法士)
神奈川県立保健福祉大学大学院保健福祉学研究科終了(リハビリテーション学修士)
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科終了(医学博士)
内容:
・股関節の機能解剖と運動学的特性
・変形性股関節症と股関節近位部骨折ー慢性vs.急性発症
・Hip spine syndrome
・人工股関節全置換術のメカニズム
・人工股関節全置換術の理学療法(近接関節含む)
・慢性・急性共通した背景をサルコペニアの側面から読み解く
・筋生理を含めたリハ栄養を合わせた股関節治療戦略の考え方
詳細URL https://www.knowledgelinkreha.com
対象 PT/OT
学生の
参加可否
参加不可
参加費 13,000円
定員 先着60名
申込み方法 webサイトよりお願いします。
申込み締切 開催前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Webサイトか、knowledgrlink.reha@gmail.comまでお願いします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5488

発達障害児に対するリハビリテーション研修会 ~介入効果を高める応用行動分析を用いた関わり~

名称 発達障害児に対するリハビリテーション研修会 ~介入効果を高める応用行動分析を用いた関わり~
主催 行動リハビリテーション研究会
日時 2017/11/11(土)10:00~17:20と2018/1/ 21(日)10:00~15:00
場所 慶應義塾大学グローバルセキュリティ・リサーチセンター 4階セミナー室
    東京都港区三田2-15-45  http://www1.gsec.keio.ac.jp/te……t/east.php
    キャンパスマップ  https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html
内容 発達障害児に対する支援は,行動の法則について学習することでその効果を高めることができます.発達障害児の療育場面で成果を上げている包括的な支援体系である応用行動分析学(Applied Behavior Analysis; ABA)は,その考え方の基本は行動の法則性と行動の可変的な部分を見出すことです.そこで発達障害児の理解を深めるとともに,ABAを学び,各療法がもつ発達障害児への支援効果を最大限に発揮しましょう.

【講師】山本淳一先生(慶應義塾大学),山﨑裕司先生(高知リハビリテーション学院),熊仁美先生(NPO法人ADDS),是村由佳先生(株式会社コレムラ技研),矢作満(在宅リハビリテーションセンター草加),他
詳細URL http://koudo-reha.kenkyuukai.j……p?id=26720
対象 理学療法士,作業療法士,言語聴覚士 
学生の
参加可否
参加可
参加費 行動リハビリテーション研究会会員3000円、非会員 6000円
定員 30名
申込み方法 kensyu@koudo-reha.comまでE-mailに てお申込みください。申し込みの際は、E-mailのタイトルを 「発達研修会」とし1.氏名 2.所属 3.E-mailアドレス 4.行動リハビリテーション研究会の会員 or
非会員 5.職種を明記してください.
申込み締切 2017/10/27(金)※ 定員に達し次第締切ります
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ kensyu@koudo-riha.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5443

第47回日本臨床神経生理学会学術大会

名称 第47回日本臨床神経生理学会学術大会のお知らせ
主催 東海大学医学部リハビリテーション科
日時 2017年11月29日(水)~12月1日(金)
場所 パシフィコ横浜会議センター
内容 臨床神経生理学は、脳波や筋電図などを上手に用いて、人の神経系を解明することや治療に役立てることを目的とした学術団体で、神経内科、リハビリテーション科、理学療法科、作業療法科などの先生方が会員の構成メンバーです。本大会では下記の通り理学療法に関連した多くのプログラムを企画しています。

(1) シンポジウム「MEG-リハビリテーションへの応用-」(日本理学療法士学会連携シンポジウム)<座長>
大西秀明(新潟医療福祉大学)、桐本 光(広島大学大学院)
<演者>
1)大鶴直史(新潟医療福祉大学)
「感覚情報処理の基礎的研究-慢性疼痛疾患への応用を目指して-」
2)菅原和広(東北福祉大学)
「感覚入力による脳磁場変動とリハビリテーションへの応用」
3)中川 慧(広島大学大学院)
「感覚・運動関連脳磁界を指標としたリハビリテーション介入効果の検証」
4)菅田陽怜(大分大学)
「MEGによるEvidence-based physical therapyの確立」

(2) シンポジウム「運動学習と神経生理学 動作分析・歩行分析と筋電図」
<座長>
長谷公隆(関西医科大学附属病院)、鈴木俊明(関西医療大学)
<演者>
1)金子文成(札幌医科大学)
「表面筋電図による上肢筋協調の解析」 
2)川上途行(慶應義塾大学)
「脳卒中上肢麻痺患者に対する動作解析の活用」
3)大畑光司(京都大学)
「表面筋電図からみた歩行リハビリテーションロボットによる運動学習」
4)長谷公隆(関西医科大学附属病院)
「歩行リハビリテーションに対する動作解析の活用」

(3) ハンズオンセミナー(講義1時間+ハンズオン1時間)
1)ゲイトジャッジシステムによる遠隔症例検討(大畑光司、京都大学)
2)機能的電気刺激装置ウォークエイドを用いた歩行(松本秀次、日本医科大学)
3)IVES(村岡慶裕、早稲田大学)
詳細URL http://www.pco-prime.com/jscn4……index.html
対象 MD, PT, OT, 他
学生の
参加可否
参加可
参加費 理学療法士・作業療法士(学生含む):事前登録7,000円
当日参加8,000円
申込み方法 HPをご覧ください
生涯教育
ポイント
申請中
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ 株式会社プライムインターナショナル
〒105-0013 東京都渋谷区恵比寿1-13-10-601
Tel:03-6277-0117
Fax:03-6277-0118
jscn47@pco-prime.com
備考 ハンズオンセミナー参加には学術大会への事前登録が必要です。(事前登録費以外の費用は不要です)

この他、数多くのプログラムを用意しておりますのでホームページをご参照ください。皆様のご参加をお待ちしております。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5436