Tag Archive: H29/11

知ってみよう!地域における作業療法の役割【発達支援編】 New!!

名称 知ってみよう!地域における作業療法の役割【発達支援編】
主催 一般社団法人神奈川県作業療法士会  地域リハビリテーション部
日時 2017年11月18日(土) 10:00~16:30
場所 横浜リハビリテーション専門学校 8階 講堂
内容 昨今、地域リハビリテーションの中で小児・発達支援をする機会が増えている印象を受けます。これまでの発達支援における作業療法士の活躍は、療育センター等の未就学へのアプローチが中心となっていました。しかし、「地域リハビリテーション」という枠組みで捉えた場合、領域を超えた対応が必要となります。学齢期から成人期以降の支援のあり方と、医療に留まらず教育・福祉・就労等の分野で幅広く捉えることができます。
今回、小児・発達領域において、「地域リハビリテーション」の視点から実践を行っている伊藤祐子氏(首都大学東京)、田中ゆかり氏(藤沢市保健医療センター)、小泉雄一氏(たすく株式会社)、田中啓介氏(横浜日吉就労支援センター)を講師に向かえ、現在の取り組みや今後の可能性についてそれぞれの視点で講義を設けたいと思います。
本研修会は、普段発達支援に関わりのない方や訪問で小児領域に関わる方など、ご興味があればぜひ参加をお願いします。
詳細URL https://kana-ot.jp/wpm/cbr/post/392
対象 神奈川県作業療法士会会員、他都道府県OT士会会員、医療・福祉関連職種(神奈川県士会員優先)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1000円(神奈川県作業療法士会員)3000円(県士会非会員)
定員 40名
申込み方法 E-mailにて下記事項を記載のうえ、神奈川県作業療法士会事務局 研修窓口 
ken-ot@kana-ot.jpへお申し込みください.
お申し込みは1名につき1通でお願いします.
≪件名≫「11月18日 地域リハと発達支援研修会参加申し込み」
≪記載事項≫
1参加者氏名    2フリガナ    3所属(常勤、非常勤)4所属先住所    5協会会員番号 ※非会員の場合は非会員と記載  
6受講可否通知の連絡先E-mailアドレス  7懇親会への参加有無
申込み締切 2017年10月1日(日)~11月13日(月)
生涯教育
ポイント
※(社)日本作業療法士協会会員の方は、基礎ポイント2ポイントが付与されます。
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 地域リハビリテーション部 増子  E-mail:chiikireha@kana-ot.jp
備考 ※先日県士会ニュースと配布されたチラシに関して、曜日が日曜日と記載されています。開催日程は11月18日土曜日となります。大変失礼しました。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5826

発達障害領域基礎ポイント研修 相手に伝わるタッチ New!!

名称 発達障害領域基礎ポイント研修 相手に伝わるタッチ
主催 東京都作業療法士会
日時 1回目:2017年11月26日(日) 13:30~17:00(受付開始13:00)
2回目:2018年01月28日(日) 13:30~17:00(受付開始13:00)
場所 社会医学技術学院 講堂
内容 概要:今年度の発達領域の基礎コースでは、7月に「認知」に関する勉強会を行いました。
 これから2回は「相手に伝わるタッチ」をテーマにした勉強会を企画しています。私たちは日々臨床でお子さんに触れています。改めて「タッチ=触る」ことにはどのような意味があり、どのような効果があるのでしょうか?ハンドリングに至る前の基礎の基礎として、このことがいかに相手の感覚に変化をもたらすのかを知って欲しいのです。「タッチ=触る」ことの重要性と難しさを知り、より丁寧に、より謙虚に「タッチ=触る」ことを学ぶために今回の研修を企画しました。ぜひ皆さまの参加をお待ちしています。両日とも参加可能で経験年数10年目までの方を対象に考えています。

講 師:田中大祐(理学療法士、フェルデンクライス・メソッド公認プラクティショナー)
詳細URL http://tokyo-ot.com
対象 ・(社)日本作業療法士協会及び所属都道府県士会に入会している作業療法士
・両日とも参加可能
・経験年数10年目まで
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 各回毎2000円
定員 30名
申込み方法 tokyo_ot_children@yahoo.co.jp まで以下の内容を添えてメールでお申し込みください。
《メール記載内容》
タイトル(件名):「発達基礎コース研修申し込み」
記載内容:1.氏名(ふりがな) 2.OT協会会員番号 3.所属県士会 4.所属先名5.所属先住所 6.所属先電話番号 7.連絡先メールアドレス 8.経験年数
申し込み後1週間以内に受講の可否を返信いたします.返信がない場合には再度問い合わせてください。
上記yahooメールアドレスからの返信が受信可能な連絡先メールアドレスの記載・設定をお願いします。
申し込み後都合で受講できなくなった方は、その時点ですぐに上記のメールアドレスまでご連絡ください。
申込み締切 2017年11月17日(金) 
生涯教育
ポイント
各回毎2ポイント
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ tokyo_ot_children@yahoo.co.jp
備考 注 意:講義開始13時30分までに受付を済ませて、入場ください。
 定員は十分確保してありますが、申し込み多数の場合は先着順とさせていただきます。
 当研修会受講により各回毎基礎コース2ポイントを付与します。
 参加当日窓口での会費納入はできません。事前に会費を納入していただくようお願いします。
 当日は会員証、会費納入シール(平成28年度)もしくは会費の支払い証明となる領収書などをご持参下さい。会費未納入者は非会員扱い(受講料3000円)となり受講はできますがポイントの習得はできません。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5823

第7回多職種精神保健福祉セミナー New!!

名称 第7回多職種精神保健福祉セミナー
主催 一般社団法人神奈川県作業療法士会 神奈川県精神保健福祉士協会 共催
日時 平成29年11月25日土曜日10時~16時30分
場所 横浜市社会福祉センター 桜木町駅前
内容 私たちは利用者のストレングス(強み)を活かす支援について基本的なことであると認識をしていることと思います。ですが、実際の支援では課題ばかりに目が向いてしまう…ストレングスがうまく活用できない…などの悩みを抱えている方も少なくはないのではないでしょうか?

第7回目となる多職種精神保健福祉セミナーは、かながわ障がいケアマネジメント従事者ネットワーク(KCN)小川陽先生をお招きして、ストレングスモデルに基づく相談や支援を展開していくための研修会(講義とグループワーク)を実施します。

利用者さんとの関わりや支援を振り返り、新たな気づきが得られる機会となると思います。
経験の浅い方はもちろん、中堅~管理職の方までたくさんのご応募お待ちしております。
詳細URL https://kana-ot.jp/wpm/cbr/cat……/cbot_news
対象 精神医療保健福祉領域に従事する方
学生の
参加可否
条件付きで参加可 精神保健福祉領域で従事する予定のある方
参加費 作業療法士、精神保健福祉士会員は1,000円 他1,500円
定員 50名
申込み方法 メール ken- ot@kana- ot.jp
申込み締切 平成29年11月11日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ メール harashima-a@city.kawasaki.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5820

生活行為向上マネジメント事例発表 New!!

名称 生活行為向上マネジメント事例発表
主催 生活行為向上マネジメント推進委員会
日時 2017年11月25日(土)10:00~14:00(発表人数により終了時間の変動あり)
場所 横浜リハビリテーション専門学校
内容 生活行為向上マネジメントを活用した事例発表です。
発表希望の方は以下をご準備ください。又聴講希望の方もご参加いただけます。
1)生活行為向上マネジメントシート(A4 1枚)
2)生活行為課題分析シート(A4 1枚)
3)抄録(A4 1枚にまとめる)
イ)タイトル
ロ)事例紹介
ハ)作業療法評価
ニ)作業療法計画
ホ)介入経過
ヘ)結果
ト)考察
送付先:mtdlp@kana-ot.jp
送付期限:2017年11月17日(金)
対象 次のすべてが該当する方が発表対象となります。
1)日本作業療法士協会 会員
2)生活行為向上マネジメント基礎研修およびそれに該当する研修を受講済みの方

次のいずれかに該当する方が聴講対象となります。
1)神奈川県作業療法士会 会員
2)神奈川県以外の作業療法士会 会員
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 2,000円
定員 40名
申込み方法 お申込みはEmailで1名につき1通でお申込みください。携帯電話からのお申込みは送受信が出来ないことがありますので極力控えて頂きますようよろしくお願い致します。
送信先:ken-ot@kana-ot.jp
件名:「MTDLP事例発表11月25日 希望」
送信内容:
1)氏名
2)カナ
3)所属先
4)所属先住所
5)所属士会名
6)発表OR聴講
7)参加通知返信先アドレス
申込み締切 2017年11月17日(金)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 生活行為向上マネジメント推進委員会 木村
mtdlp@kana-ot.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5788

課題指向型アプローチを効率化する物理療法の理論と実際~東京会場~ New!!

名称 課題指向型アプローチを効率化する物理療法の理論と実際~東京会場~
主催 株式会社gene
日時 2017年11月26日(日)10:00~16:00(受付9:30~)
場所 中央労働基準協会ビル 4階 ホール(東京都千代田区二番町9番地8)
内容 【講師】
竹林 崇 先生
吉備国際大学 保健医療福祉学部 作業療法学科 准教授・作業療法士

【ねらい】
課題指向型アプローチの代表格である「Constraint-induced movement therapy(CI療法)」を適応外の対象者に利用するための物理療法について理解を深める

【講義概要】
脳卒中後の麻痺手の機能と生活における使用行動を改善するアプローチにConstraint-induced movement therapy(CI療法)がある。
このアプローチの効果は実証されており、エビデンスも確立されている。
ただし、手指MP関節10度・手関節20度伸展が可能な患者といった適応があり、中等度以上の麻痺を呈した対象者には使用が困難と言われている。

そこで本講義では、中等度・重度の痙性麻痺に対し、ボツリヌス毒素A型施注、ロボット療法、装具療法、電気刺激療法、振動刺激療法と言った従来から利用されてきた物理療法を併用し、CI療法を適応するために必要な技術と知識を学ぶことを目的としている。

なお、同一演者の「学習理論を基盤とした積極的上肢訓練-課題指向型訓練とTransfer package-」では、CI療法の理論と実際を教示している。

本講義を通して参加者の皆様が、CI療法のコンセプトを従来の適応を超え、より多くの対象者に応用できることができれば幸いである。

【プログラム】 
1 CI療法とは?
2 重度・中等度麻痺の予後について
3 ボツリヌス毒素A型施注を行う際の療法士の役割について
4 今後のリハビリテーション業界におけるロボット療法の動向
5 装具療法の理論と実際
6 電気刺激療法の理論と実際(運動機能、半側無視、痙縮の軽減)
7 振動刺激療法の理論と実際(痙縮の軽減、緊張力の増大、運動失調)
8 併用療法を使ったアプローチの戦略
9 中等度・重度の痙性麻痺に対するCI療法の戦略

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

【本セミナーについて】
※本セミナーの理解をより深めていただくため
「学習理論を基盤とした積極的上肢訓練
 -課題指向型訓練とTransfer package- 」をご受講頂いたうえで、
 本セミナーへご参加いただくことを推奨いたします。

※『学習理論を基盤とした積極的上肢訓練
 -課題指向型訓練とTransfer package-』の講義内容と
  一部重複する部分がございます。(全体の1割程度)
詳細URL http://www.gene-llc.jp/seminar……884-322717
対象 理学療法士・作業療法士・その他医療職
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
定員 60名
申込み方法 株式会社geneホームページよりお申込ください。
http://www.gene-llc.jp/seminar……884-322717
申込み締切 開催日前日
生涯教育
ポイント
日本理学療法士協会 認定理学療法士 及び専門理学療法士制度
基礎理学療法専門分野 基礎(全領域) 履修ポイント5 認定
神経理学療法専門分野 神経(全領域) 履修ポイント5 認定
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 株式会社gene セミナー出版事業部門

〒461-0004 名古屋市東区葵1-26-12
IKKO新栄ビル6階

TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
E-mail:seminar@gene-llc.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5774

1 / 111234...最後 »