Tag Archive: H29/10

知って得する!心理士から学ぶ発達障害への支援方法 ~検査結果の見方から対応まで~ New!!

名称 知って得する!心理士から学ぶ発達障害への支援方法 ~検査結果の見方から対応まで~
主催 一般社団法人 神奈川県作業療法士会 学術部 精神障害分野
日時 2017年10月29日 13:00
場所 ハーモニーとよおか 地域交流室
内容 臨床で発達障害(知的障害、自閉症スペクトラム症など)を抱える患者さんと接する機会は多いですが「どうやって対応していけばいいの?」「どうやって伝えていけばわかりやすいの?」「どう支援をしていこう?」など悩んで臨床を行っていませんか?また、心理検査の結果をみても「結果の見方って?」「これをどう活かしていこう…?」など様々な悩みを抱えているOTも多いはず!
今回の研修会では、臨床心理士の横山先生と滝沢先生をお招きし、発達障害を抱えた患者さんへの対応の方法を中心に、心理検査や結果の見方についてご講義して頂く予定です。みんなで話しながら日々の臨床で悩んでいることへの解決策を共有していきませんか?悩んでいることは先生方にどんどん聞いて、今後の臨床へつなげていきましょう!!
みなさまのご参加をお待ちしております。
対象 神奈川県OT士会員で今年度会費納入済みの方、他都道府県OT士会員等
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2000円
定員 40名
申込み方法 1)E-mail(携帯メール不可)にて神奈川県OT士会事務局研修会担当(ken-ot@kana-ot.jp)で お申し込みください。
2)E-mailは題名を「精神分野別10/29受講希望」とし、本文に1受講希望講習会名及び開催日、2氏名、3所属、4都道府県士会名、5日本作業療法士協会会員の場合は会員番号、6連絡先電話番号、7返信用E-mailアドレス(携帯メール不可)8臨床で困っている内容や研修で聞いてみたい内容記載。
3)神奈川県在勤のOTの方は、申込2週間前まで必ず今年度士会費を納入してください。納入確認に2週間程度必要となります。納入状況をお忘れの場合は、日本作業療法士協会「WEB版OT協会会員情報システム」にてご確認いただくか、士会事務局(TEL045-663-5997)にお問い合わせください。
4)申込のE-mailは1人1通までとします。
申込み締切 10月20日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 西前英紀(藤沢病院デイケアセンター)Tel 0466- 23-0909

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5828

第98回横浜CBTに集う会「ライフヒストリーについて」 New!!

名称 第98回横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)「ライフヒストリーについて」
主催 横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)
日時 平成29年10月26日(木)19時~21時
場所 ウイリング横浜 11階会議室2
内容 テーマ:「ライフヒストリーについて」
  話題提供者:藤澤見星子(OT)
詳細URL 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
対象 認知行動療法に興味や関心がある人ならどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 500円(会場費、資料代)
定員 なし
申込み方法 申し込みは不要ですが、ホームページよりメールをいただけるとありがたいです。
申込み締切 なし。当日お越しください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
備考 本会の詳細や年間予定等が本会ホームページにあります。
サンドウィッチやおにぎりを食べながらご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5822

リハスタッフのためのアンガーマネジメント~イラつきと怒りの理解と具体的対応~名古屋会場~ New!!

名称 リハスタッフのためのアンガーマネジメント~イラつきと怒りの理解と具体的対応~名古屋会場~
主催 株式会社gene
日時 2017年10月21日(土)10:00~16:00(受付9:30 ~)
場所 株式会社gene 本社 セミナールーム
(愛知県名古屋市東区葵1丁目26-12 IKKO新栄ビル 6階)
内容 【講師】
張本 浩平
理学療法士・株式会社gene 代表取締役
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター?

【ねらい】
日常の臨床で感じるイラだちや、やり場のない怒りに対しての理解と具体的対応ができるようになる

【講義概要】
私たちは、患者さんや同僚に苛立ったり、怒りを覚えたくはない。

対人の仕事において自身の感情のマネジメントは、質の高いものを提供するためにも有益なことだと考える。このことに反対する人はあまりいないだろう。

しかし、私たちはその教育の中で感情の扱い方を学んでいない。

特に感情の中でも、怒りというものは喜怒哀楽の中で人間関係を破壊しやすく、そして私たち自身扱いにくいものはないだろう。

アンガーマネジメントとは、怒らない技術ではない。怒るべきことは怒り、上手に相手に伝えることと怒る必要ないことは、怒らないようになるためのものである。

少なくとも、怒りというもので後悔することは格段に減らせると考える。

一緒に、怒りをマネジメントするという意思とやり方を共有したい。

【プログラム】 
1 アンガーマネジメントとは?
2 怒りの理解と具体的対応
3 怒りの自己分析とその特徴
4 臨床での怒りの場面と考え方

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。
詳細URL http://www.gene-llc.jp/seminar……866-952166
対象 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・その他医療職
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
定員 50名
申込み方法 株式会社geneホームページよりお申込ください。
http://www.gene-llc.jp/seminar……866-952166
申込み締切 開催日前日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 株式会社gene セミナー出版事業部門

〒461-0004 名古屋市東区葵1-26-12
IKKO新栄ビル6階

TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
E-mail:seminar@gene-llc.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5776

セラピストが持つべきセルフボディトリートメントの知識 ~身体感覚・知覚を正しく理解した上で考えるカラダ磨き~東京会場~ New!!

名称 セラピストが持つべきセルフボディトリートメントの知識 ~身体感覚・知覚を正しく理解した上で考えるカラダ磨き~東京会場~
主催 株式会社gene
日時 2017年10月29日(日)10:00~16:00(受付9:30 ~)
場所 YMCA アジア青少年センター(YMCA Hotel) 9階 国際ホール
(東京都千代田区猿楽町2-5-5)
内容 【講師】
安原 望 先生
合同会社MoveLab 代表・作業療法士

【ねらい】
セラピストの身体感覚を磨くために、ボディワークを用いる事で技術の精度を上げる事とともにセラピスト自身の故障や患者様への身体感覚の伝え方を学ぶ。

【講義概要】
技術を使う上で、セラピスト自身の身体がままなっていない状態では、
同じ技術にも差が出てしまいます。
それは単純なROM1つをとっても変わってきます。

セラピスト側の身体感覚を磨くメリットは、以下の3つになります。
●知覚情報の伝え方の正確さに幅が出来ます。
●技術を使うベースである身体が底上げされる事で、今までの技術の精度が上がります。
●身体が資本であるセラピストが長く快適に、故障なく働く事が出来ます。

講義の中では、ピラティスの考えを主体に
評価・治療・具体的な実践までをお話しします。

【必要物品】
実技あり:動き易い服装(Tシャツ、ジャージ等)
バスタオル1、2枚

【プログラム】 
午前  1 何故あなたにボディワークが必要なのか
    2 ピラティスとヨガの違い
    3 身体感覚を磨くためのセラピストのためのボディワーク

午後  4 ピラティスでの身体評価と実技
    5 具体事例を使った治療と具体的な徒手手段を用いた実技 

※プログラムは追加・変更になる場合がございます。
詳細URL http://www.gene-llc.jp/seminar……926-982177
対象 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・その他医療職
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
定員 50名
申込み方法 株式会社geneホームページよりお申込ください。
http://www.gene-llc.jp/seminar……926-982177
申込み締切 開催日前日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 株式会社gene セミナー出版事業部門

〒461-0004 名古屋市東区葵1-26-12
IKKO新栄ビル6階

TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
E-mail:seminar@gene-llc.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5775

腱板断裂-病態理解とアプローチ-~東京会場~ New!!

名称 腱板断裂-病態理解とアプローチ-~東京会場~
主催 株式会社gene
日時 2017年10月29日(日)10:00~16:00(受付9:30 ~)
場所 林野会館 6階 604会議室(東京都文京区大塚3丁目28番7号)
内容 【講師】
福吉 正樹 先生
名古屋スポーツクリニック リハビリテーション科・理学療法士

【ねらい】
腱板断裂の発生メカニズムと病態を理解するとともに、アプローチ方法とそれに必要な触診技術を習得する。

【講義概要】
腱板断裂は腱板の退行変性を基盤として発症し、疼痛や運動障害を主訴とする疾患である。
しかし、腱板断裂を来していても全く症状を認めない無症候性腱板断裂も数多く存在する。
これはいったいどういうことだろうか?
また断裂した腱板は自然修復しないが、この腱板断裂に対する保存療法の効果とは
いったい何なのだろうか?

腱板断裂は日常診療で遭遇する機会が多い疾患であるが、病変そのものを疼痛や運動障害の直接的原因と捉えてしまうと、上記した矛盾や疑問が生じてくる。

本セミナーでは、これらの矛盾や疑問を解決すべく無症候性腱板断裂と症候性腱板断裂の違いや、病態の解釈について解説するとともに、そのアプローチについて実技を交えながら述べていくこととする。

【プログラム】
1)腱板断裂の分類・無症候性腱板断裂と症候性腱板断裂の違い
2)アプローチに必要な触診とアプローチ方法の習得

※プログラムは追加・変更になる場合があります。

【必要物品】
実技あり:動き易い服装(Tシャツ、ジャージ等)
詳細URL http://www.gene-llc.jp/seminar……819-135084
対象 理学療法士・作業療法士・柔道整復師・その他医療職
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 12,500円(税込)
※当日会場にてお支払い下さい。
※開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が発生いたします。
定員 60名
申込み方法 株式会社geneホームページよりお申込ください。
http://www.gene-llc.jp/seminar……819-135084
申込み締切 開催日前日
生涯教育
ポイント
日本理学療法士協会 認定理学療法士 及び専門理学療法士制度
運動器理学療法専門分野 運動器(全領域) 履修ポイント5 認定
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 株式会社gene セミナー出版事業部門

〒461-0004 名古屋市東区葵1-26-12
IKKO新栄ビル6階

TEL:052-325-6611
FAX:050-3852-1905
E-mail:seminar@gene-llc.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5751

1 / 111234...最後 »