Tag Archive: H28/10

第2回地域リハビリテーション人材育成研修会

名称 第2回 地域リハビリテーション人材育成研修会
主催 神奈川県作業療法士会 地域リハビリテーション部
日時 2016年10月30日(日)
受付開始9:30  
開催10:00~16:00
場所 横浜リハビリテーション専門学校  8階 講堂
(横浜市戸塚区品濃町550-1) http://ycr.iwasaki.ac.jp/access.html
JR横須賀線JR湘南新宿ライン 「東戸塚駅」下車東口徒歩 3分
内容 昨今、地域包括ケアシステム、地域リハビリテーションへの関心は高まっています。県民が住み慣れた場所・地域でその人らしく過ごしていただくために、作業療法士として出来ることを確認していきたいと思います.
 本研修会は、神奈川県の生涯教育推進事業の委託を受けて開催しています.
 神奈川県から地域リハに資する作業療法士育成を行って欲しいとの依頼がありましたので、若いOT、経験があるOT関わらず参加していただければと思います。ぜひ、地域をキーワードに集まる作業療法士の参加をお待ちしています.

1.地域包括ケアシステムについて
2.横浜市リハビリテーション活動支援事業について
3.地域ケア会議について
詳細URL
対象 神奈川県OT士会会員(今年度会費納入者)
他都道府県OT士会会員(神奈川県士会員優先)
OT養成校在学中の学生(神奈川県士会員優先)
学生の
参加可否
参加可
参加費 無料
定員 50名
申込み方法 1)E-mailにて神奈川県OT士会事務局研修会(ken-ot@kana-ot.jp)までお申込みください.
2)E-mailは題名を「地域リハ人材研修会」とし、本文に
1.参加者氏名 
2.所属先(常勤、非常勤)
3.所属先住所 
4.連絡先電話番号
5.協会会員番号(日本OT協会の場合のみ)  
6.受講可否通知の連絡先E-mailアドレス
※記載内容に不備があった場合、受付できません。
申込み締切 2016年9月1日(木)~10月21日(金)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 地域リハ部:E-mail:chiikireha@kana-ot.jp
担当:遠藤
*問い合わせ専用メールアドレスです.申込先ではありません.
備考 昨年参加された方も内容を変えていますのでぜひ参加をお願いします.

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4613

CIセラピーボトムアップ(徒手的)アプローチ講習会

名称 CIセラピーボトムアップ(徒手的)アプローチ講習会
主催 神奈川県作業療法士会 学術部
日時 2016年10月30日(日) 受付開始9:30 講義・実技10:00~16:00
場所 湘南医療大学
JR横須賀線 東戸塚駅西口 徒歩12分
http://sums.ac.jp/html/access/
内容 CIセラピーは脳卒中ガイドライン2015の上肢機能障害に対するリハビリテーションでグレードAであり、CIセラピーを実践する上で上肢機能のボトムアップを図るために、徒手的なアプローチを行うことは必須となります。今回は、2002年からCIセラピーを実践し2011年に日本で初めてアラバマ大学CI認定コースを履修した湘南医療大学教授の田邉浩文先生(OTR,PhD)に、脳血管疾患に対する上肢機能改善へのアプローチについて痙性抑制・促通手技を実技中心にご指導頂けることになりました。若手療法士でも1単位で結果が出せる片麻痺機能回復療法としてご講義頂く予定です。講習会後の懇親会では、先生に直接お話しできる貴重な機会となりますので、是非ご参加下さい。
対象 神奈川県OT士会員で今年度会費納入済みの方
他都道府県OT士会員等
※神奈川県在勤のOTで神奈川県OT士会未入会または今年度会費未納の方は受講できません
学生の
参加可否
参加不可
参加費 3,000円
定員 80名
申込み方法 1)E-mail(携帯メール不可)にて神奈川県OT士会事務局研修会担当(ken-ot@kana-ot.jp)までお申込みください。

2)E-mailは題名を「CIセラピー10/30受講希望」とし、本文に
1.受講希望講習会名及び開催日、
2.氏名、
3.所属、
4.都道府県士会名、
5.日本作業療法士協会会員の場合は会員番号、
6.連絡先電話番号、
7.返信用E-mailアドレス(携帯メール不可)を必ずご記載ください。
※記載内容に不備があった場合、受付できません。

3)神奈川県在勤のOTの方は、申し込み2週間前までに必ず今年度県士会費を納入してください。納入確認に2週間程度必要となります。納入状況をお忘れの場合は、日本作業療法士協会「WEB版OT協会会員情報システム」にてご確認頂くか、士会事務局(TEL045-663-5997)にお問い合わせください。

4)申込のE-mailは1人1通までとします。
申込み締切 2016年8月29日~10月14日
※期間外の申し込みは受付不可。
※応募者多数は先着順、また神奈川県OT士会員を優先します。
生涯教育
ポイント
日本作業療法士協会会員の方は、受講により2ポイントが付与されます
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 片岡 直人 (新戸塚病院)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4553

生活行為向上マネジメント 事例作成研修会

名称 生活行為向上マネジメント 事例作成研修会
主催 MTDLP推進委員会
日時 2016年10月28日(金)19:00~20:30
場所 横浜リハビリテーション専門学校
内容 日本作業療法士協会事例登録システムの事例登録の方法や神奈川県作業療法士会での事例発表の方法についてポイントをお伝えいたします。
講師は生活行為向上マネジメント推進委員会の委員で担当いたします。当日は事例登録の手引き(MTDLP)をご持参ください。
1)事例登録および発表の手順と方法
2)事例登録および発表のポイント
対象 日本作業療法士協会員かつ神奈川県作業療法士会員
もしくは神奈川県以外の士会員の方
学生の
参加可否
参加可
参加費 1,000円
定員 80名
申込み方法 1人1通で神奈川県作業療法士会の研修窓口にメールにて申込み。下記必要事項を記入してください。申込アドレス:ken-ot@kana-ot.jp
件名:MTDLP事例作成10月28日 参加希望
記入内容:
1)氏名
2)ふりがな
3)所属先
4)所属先住所
5)OT協会会員番号
6)所属県士会名
7)MTDLP基礎研修会受講の有無
8)返信用アドレス
申込み締切 2016年10月21日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 生活行為向上マネジメント推進委員会 木村
mtdlp@kana-ot.jp
備考 生活行為向上マネジメントの日本作業療法士協会の事例登録制度もしくは神奈川県作業療法士会の事例発表の方法についてご説明いたします。
基礎研修会だけではお伝えしきれなかった事例登録のポイントを手引きに沿ってご案内いたします。
現在、事例登録数が増えておりますが、そのほとんどがD判定となっており、せっかく苦労が台無しとなっている方も少なくありません。
出来る限り、高評価の結果を目指すことができるように研修会でご支援できればと思います。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4528

生活行為向上マネジメント研修会

名称 生活行為向上マネジメント研修会
主催 MTDLP推進委員会
日時 2016年10月2日(日)9:30~17:30
場所 横浜リハビリテーション専門学校
内容 昨年までの基礎研修の内容と同様のもので、概論90分・演習330分となります。
なお、平成28年度より事例の登録及び発表をもって修了証が日本作業療法士協会から発行されます。
対象 日本作業療法士協会かつ神奈川県作業療法士会会員で今年度会費納入済みの方
日本作業療法士協会かつ他県士会会員
県内養成校学生(受講料は半額)
※応募者多数の場合には神奈川県士会員を優先いたします
学生の
参加可否
参加可
参加費 ¥4,500
定員 80名
申込み方法 E-mailにて必要事項を記載のうえ、神奈川県作業療法士会事務局 研修窓口
<ken-ot@kana-ot.jp>
へお申し込みください.お申し込みは1名につき1通でお願いします.

≪件名≫
「生活行為向上マネジメント研修会○月〇日 参加希望」
≪記載事項≫
1)氏名
2)ふりがな
3)所属先名称
4)所属先住所
5)協会会員番号
6)所属県士会
7)返信用Emailアドレス(携帯電話アドレスは不可)
申込み締切 2016年9月25日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 生活行為向上マネジメント推進委員 木村 修介 宛 mtdlp@kana-ot.jp
備考 生活行為向上マネジメントの生活行為とは我われ作業療法士が対象としてきた「作業」とほぼ同意語として使用されております。「生活行為を向上するためのマネジメント方法」と簡単にご理解いただいても構いません。
 生活行為向上マネジメントは作業療法士の先人達が作り上げてきた作業療法の思考プロセスを、ツールを通じて追体験するものであり、対象者にも関係者にも見える化された作業療法を提示することができます。
日本作業療法士協会の重点課題であり、当国における作業療法士の生き残りをかけた一大プロジェクトです。
 またH27年度の介護報酬改定では、通所リハビリテーションにおいて「生活行為向上リハビリテーション加算」が算定可能になりました。算定要件は「生活行為の内容の充実を図るための専門的な知識や経験を有する作業療法士」となっており、生活行為向上マネジメント研修修了がこれにあたるとされております。
 既に全国では講習会受講者を多く輩出しておりますので、遅ればせながら神奈川県でも精力的に推進していく所存です。多くの会員の受講を心よりお待ちしております。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4527

第6回多職種精神保健福祉セミナー

名称 第6回 多職種精神保健福祉セミナー
主催 神奈川県作業療法士会、神奈川県精神保健福祉士協会 (共催)
日時 平成28年10月1日(土) 10:00~16:45
場所 ウイリング横浜 横浜市港南区上大岡1-16ー1
内容 地域移行支援における多職種、多機関連携について(講義) 各職種の強みを共有する(グループワーク)

講師:医療法人社団 風鳴会 地域生活支援センター
    サポートセンターきぬた 金川 洋輔氏
    「精神障害者地域移行・地域定着支援の取り組みについて」
対象 作業療法士、精神保健福祉士、看護師、臨床心理士など
学生の
参加可否
条件付きで参加可 条件:問い合わせ先までご相談ください
参加費 1,000円(OT、PSW会員) その他1,500円 
定員 50名
申込み方法 メールにて ken-ot@kana-ot.jp
件名:「多職種精神保健福祉セミナー参加希望」
記載事項:1.氏名 2.フリガナ 3.所属 4.所属先住所
     5.日本作業療法士協会会員番号(OT以外は職種)
     6.所属の都道府県士会名 7.経験年数 8.懇親会参加の可否
     9.受講可否通知のメールアドレス
申込み締切 平成28年9月16日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ メールにて harashima-a@city.kawasaki.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/4476