Tag Archive: H26/12

初心者のための実習指導 ~臨床教育方法からレポート指導方法の基礎~

名称 初心者のための実習指導 ~臨床教育方法からレポート指導方法の基礎~
主催 一般社団法人 神奈川県作業療法士会 学術部
日時 2014 年 12 月 27 日(土) 13:00 受付開始 13:30~16:45
場所 ウィリング横浜 12F 研修室
内容 私たちの多くは十分な教育方法論等を学ばず実習指導をしており、何かしらの不安を抱えて実習指導をしていると耳にします。そこで今回3 名の講師をお招きして実習指導についてご講義して頂く機会を作りました。教育方法論と臨床現場での具体的な指導方法についてイムス板橋リハビリテーション病院 澤田先生より、レポートの指導方法などを日本作業療法士協会の学術誌編集委員である神奈川県保健福祉大学 友利先生より、最近話題である体験重視型指導方法クリニカル・クラークシップを茅ケ崎リハビリテーション専門学校 神保先生より、それぞれの豊富な経験をもとにご講義して頂く予定です。これを機会に自分の実習指導を見直してはいかがでしょうか?
対象 神奈川県 OT 士会員で今年度会費納入済みの方
他都道府県 OT 士会員等
※神奈川県在勤の OT で神奈川県作業療法士会未入会または今年度会費未納の方は受講できません。
参加費 無料
定員 120名
申込み方法 1)E-mail(携帯メール不可)にて神奈川県 OT 士会事務局研修会担当(ken-otアットマークkana-ot.jp)までお申込みください。
2)E-mail は題名を「実習指導 12/27 受講希望」とし、本文に1.受講希望講習会名及び開催日 2.氏名 3.所属 4.都道府県士会名 5.日本作業療法士協会会員の場合は会員番号 6.連絡先電話番号 7.実習に関する意見や疑問等 8.返信用 E-mail アドレス(携帯メール不可)を必ずご記載ください。記載内容に不備があった場合、受付できません。
3)神奈川県在勤の OT の方は、申し込み 2 週間前までに必ず今年度士会費を納入してください。納入確認に 2 週間程度必要となります。納入状況をお忘れの場合は、?日本作業療法士協会「WEB版 OT 協会会員情報システム」にてご確認いただくか、士会事務局(TEL045-663-5997)にお問い合わせください。
4)申し込みの E-mail は 1 人 1 通までとします。
申込み締切 2014 年 10 月 13 日~2014 年 11 月 30 日
生涯教育
ポイント
(社)日本作業療法士協会会員の方は、受講により 2 ポイントが付与されます。
問い合わせ 福留大輔(イムス横浜狩場脳神経外科病院)tel 045-721-3131

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/2942

いまさらきけない? 手指の評価・訓練

名称 いまさらきけない? 手指の評価・訓練
主催 一般社団法人 神奈川県作業療法士会 学術部
日時 第1回 2014 年 12 月 21 日(日)
第2回 2015 年 2 月 15 日(日)
9:30 受付開始 10:00~15:30
※2回とも同じ内容です。
2回とも定員に達したため募集を終了しました
場所 横浜市立大学附属市民総合医療センター 本館 3 階リハビリテーション部
内容 身障分野の作業療法を基礎から見直し、臨床につなげていくシリーズの今回は、手指機能がテーマ。
これまで上肢機能を、肩甲帯、肩、肘関節、手指巧緻性などのテーマにしぼり、実技を挟みながらの講演を毎年のシリーズとして開催してきました。今回は、脳卒中、運動器疾患などに共通する手指機能の評価・訓練
の基礎的な考え方、技術について、実技の時間を中心に講演をしていただきます。解剖学、生理学、運動学などの基礎的な知識を、臨床の中で論理的に活用し、根拠のある作業療法を確実に行えることがまずは、重要と考えられています。いまさらきけないと思っていることが重要と実感できる講演となるでしょう。脳卒中、骨関節疾患に関わる OT や急性期の対応に興味のある方のご応募をお待ちしています。毎回、応募多数のシリーズですので、今年度は同じ内容の講演を 2 回行っていただくことになりました。
対象 神奈川県 OT 士会員で今年度会費納入済みの方
他都道府県 OT 士会員等
※神奈川県在勤の OT で、神奈川県作業療法士会未入会または今年度会費未納の方は受講できません。
参加費 3,000 円
定員 各 50 名
申込み方法 2回とも定員に達したため募集を終了しました
1) E-mail(携帯メール不可)にて神奈川県 OT 士会事務局研修会担当(ken-otアットマークkana-ot.jp)までお申し込みください。
2) E-mail は題名を「身障 12/21 受講希望」または「身障 2/15 受講希望」とし、本文に1.受講希望講習会名及び開催日、2.氏名、3.所属、4.都道府県士会名、5.日本作業療法士協会会員の場合は会員番
号、6.連絡先電話番号、7.返信用 E-mail アドレス(携帯メール不可)8.複数日程の申し込みがあった場合、記載内容に不備があった場合は、受け付けられません。
3) 神奈川県在勤の OT の方は、申し込み 2 週間前までに必ず今年度士会費を納入してください。納入確認に2 週間程度必要となります。納入状況をお忘れの場合は、?日本作業療法士協会「WEB 版 OT 協会会員情報システム」にてご確認いただくか、士会事務局(TEL045-663-5997)にお問い合わせください 。
4) 申込の E-mail は 1 人 1 通までとします。
申込み締切 2014 年 10 月 6 日 9:00~2014 年 11 月 14 日 17:00
期間前の申込は受付不可。定員に達した時点で申し込みを終了します。
※各期ごとに先着順にて決定します。決定後のキャンセルは受け付けられませんので、事前に日程を十分検討してからお申し込みください。
生涯教育
ポイント
(社)日本作業療法士協会会員の方は、受講により 2 ポイントが付与されます。
問い合わせ 山岸誠、伊藤淳子(横浜市大附属市民総合医療センター)045-261-5656 内線 2444 OT 室
備考 講習会終了後、懇親会を企画いたします。お気軽にご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/2941

平成26年度 PT・OT福祉用具スキルアップ研修会 上級編 ~福祉用具の適応相談のために~

名称 平成26年度 PT・OT福祉用具スキルアップ研修会 上級編 ~福祉用具の適応相談のために~ 
主催 神奈川県作業療法士会 神奈川県理学療法士会共催
日時 1日目 2014年11月16日(日) 受付開始 9:30~ 
                    研修時間 9:45~16:00
2日目 2014年12月14日(日) 受付開始 9:30~
                    研修時間 10:00~16:30
場所  ウィリング横浜
内容 【内容】
 基礎編では、福祉用具に関わるセラピストの役割や、起居動作や移乗動作、車いすなどに関わる福祉用具ついて、実際の福祉用具を使用する実習の時間を多く設けて行ってきました。   その基礎研修を受講された方で、さらに現場で必要になるトイレの環境調整、外出に関わる機器、コミュニケーション機器、住宅改修、福祉用具に関わる制度などについて、実際に福祉用具を使用する実習や、実際に福祉用具の適応を行った事例についてなどを学ぶことができる研修になります。

【講師名】 
環境を整える(トイレ・浴室): 粂田哲人氏 横浜市総合リハビリテーションセンター研究開発課 作業療法士
環境を整える(玄関・屋外アクセス): 藤井智氏 横浜市総合リハビリテーションセンター 理学療法士
環境を整える(コミュニケーション支援): 小林亜香里氏 北里東病院 作業療法士
環境を整える(リフター実習): 沼田一恵氏 横浜らいず 作業療法士
環境を整える(住宅改修): 浅井悦男氏 《株》ハーツエイコー 1級建築士
各種制度: 渡邉慎一氏 横浜市総合リハビリテーションセンター 作業療法士
対象  神奈川県作業療法士会所属で、本年度の会費を納入している方
PT・OT福祉用具スキルアップ研修会基礎編を終了され、両日参加可能な方
参加費 2000円
定員 15名(OT15名 PT15名 計30名を予定しています)
申込み方法 県士会福祉用具委員専用アドレス<ot.skillup@gmail.com>に下記の記載事項をご記入のうえ、電子メールにてお申し込みください。
<記載事項>
1.件名:PT・OT福祉用具スキルアップ研修会上級編申し込み(※必ず記入してください)
2.氏名(フリガナ)
3.経験年数
4.所属
5.連絡先住所・TEL/FAX番号
6.OT協会会員番号
※参加希望の理学療法士の方へ→同様の研修会案内は「神奈川県理学療法士会」ホームページでも行います。こちらは作業療法士のみの受け付けとなりますことをご了承ください。
申込み締切 先着順にメールで返信いたします。定員に達した時点で申し込み終了としますのでお早めにお申し込みください。
生涯教育
ポイント
2日間で4ポイント
問い合わせ 県士会福祉用具委員会 中村元樹
メールアドレス:ot.skillup@gmail.com
備考 個人情報の取り扱いについて
 受講者の選定及びその後の連絡・調整を行うため受講申込書に記載された個人情報を利用します。また研修の効果的な実施を資するため研修講師に情報提供を行うことをご了解ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/2908