Tag Archive: H25/2

職場でのリスク管理について

名称 職場でのリスク管理について
主催 神奈川県作業療法士会 学術部
日時 2013年2月9日(土) 13:00受付開始 13:30~16:45
場所 イムス横浜国際看護専門学校
内容 日々のリハビリテーションの中で、常に注意しながら行わなければならないのは患者さんに対する安全性の配慮(リスク管理)です。患者さんの状態がいつもと違うという時、検査データの読み方や異常値の意味などを知ることで最善の対処ができると思います。今年度も、セラピストに必須のリスク管理に関する知識について、急変時の対応も含め、東京北社会保険病院の中村先生に御講演いただくことになりました。本講演は今年度で5回目となりますが、毎年好評で、『急変時の対応についてどう行動したら良いかや、各数値の読み方を学ぶことができた』、『回復期病棟で勤務している為、状態が安定している方が多い環境なので、リスク管理の知識が薄いと感じていましたので、勉強になりました』等の意見が寄せられています。ふるってご参加ください。
参加費 無料
定員 80名
申込み方法 1)E-mail(携帯メール不可)にて神奈川県OT士会事務局研修会担当(ken-otアットマークkana-ot.jp)まで
お申し込みください。
2)E-mailは題名を「職管2/9受講希望」とし、本文に1.受講希望講習会名及び開催日、2.氏名、3.所属、4.都道府県士会名、5.日本作業療法士協会会員の場合は会員番号、6.連絡先電話番号、
7.返信用E-mailアドレス(携帯メール不可)を必ずご記載ください。記載内容に不備があった場合
受け付けられません。
3)神奈川県在勤のOTの方は、申込2週間前までに必ず今年度士会費を納入してください。
納入確認に2週間程度必要となります。納入状況をお忘れの場合は、?日本作業療法士協会
「WEB版OT協会会員情報システム」にてご確認いただくか、士会事務局(TEL045-663-5997)
にお問い合わせください。
4)申込のE-mailは1人1通までとします。
申込み締切 2012年12月24日~2013年1月24日 
※期間外の申込は受付不可。
※応募者多数の場合、先着、神奈川県OT士会員を優先し選考いたします。
生涯教育
ポイント
(社)日本作業療法士協会の方は、受講により2ポイントが付与されます。
問い合わせ 本講習会担当:佐藤雅也(横浜総合病院)tel045-902-0001

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/630

車いすシーティングの基礎と臨床への応用

名称 車いすシーティングの基礎と臨床への応用
主催 神奈川県作業療法士会 福祉用具委員会
日時 平成25年2月2日(土)~2月3日(日) 2日間
1日目10:00~16:00  2日目9:30~12:00
1日目の講義・実習は昨年度とほぼ同じ内容になります。昨年度参加された方はご注意下さい。
場所 ウィリング横浜 (介護実習室)
横浜市港南区上大岡1-6-1
内容 講師:群馬大学大学院保健学研究科リハビリテーション学講座 
亀ヶ谷 忠彦 OTR

内容:車いすシーティングは、車いすや座位保持装置を活用することによって障害者や高齢者の自立生活を支援するための技術です。本講習会では車いすシーティングを効果的に行なうための運動学的な基礎知識、臨床で実践していくための様々なテクニックを紹介します。車いすシーティングをこれから学び初める方を主な対象としていますが、すでに臨床で車いすシーティングに関わっている方もぜひご参加ください。
対象 ・一般社団法人 神奈川県作業療法士会会員(平成24年度県士会費納入済みの方)
・日本作業療法士協会会員
参加費 5,000円 (神奈川県士会員 以外の作業療法士は7,000円)
定員 20名
申込み方法 e-mail(携帯メール不可)にて神奈川県作業療法士会研修会担当(ken-otアットマークkana-ot.jp)まで申し込んでください。メールには1.受講講習会名及び日付、2.氏名、3.所属、4.都道府県士会名、5.日本作業療法士協会会員の場合には会員番号、6.電話番号、7.返信用e-mailアドレス(携帯メール不可)をご記入ください。
※神奈川県作業療法士会員の方は、申込みをされる前日までに士会費を必ず納入してください。
※申込みのe-mailは1人1通までとします。
申込み締切 平成25年1月26日(土)
(延長しました:H25/1/16)
生涯教育
ポイント
4ポイント
問い合わせ 神奈川県士会福祉用具委員会 牧山 大輔
naruto3594@yahoo.co.jp
※申込み先ではありません。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/610