Tag: 2019/6

[触診が苦手な方限定]第10期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー

名称 【 触診が苦手な方限定】第10期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー
主催 療法士活性化委員会
日時 第10期 平成31年 4月6,7日 5月4,5日 6月1,2日
9:30~16:30
*日程の都合がつかない場合は別の日程へ振替も対応いたします。
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 3ヶ月で触診とアプローチ法を習得。信頼される療法士の土台を作る。
【テーマ】 触診を通して患者様・利用者様のリハビリをデザインできるようになる。
【内容】 
1か月目 体幹編
2か月目 上下肢編1
3か月目 上下肢編2
それぞれ触診・関節モビライゼーション・筋膜リリース・症例検討等を行います。
*詳しい内容はHPよりご確認ください。 http://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
詳細URL http://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 受講料が36,000円になります。
参加費 6日間で59,800円(税込)
*テキスト(臨床の教科書)代含む
*分割でのお支払いも可能です。
定員 24名(先着締め切り)
(講師・スタッフが一人ひとり触診部位を確認することを第一とするため少人数にさせていただきます。 )
申込み方法 お申込みは セミナーHPよりお願いします。
http://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会 事務局加藤まで
lts-info@lts-seminar.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7086

第4回 作業療法士のための組織マネジメントセミナー 基礎コースでマネジメントを学ぼう!

名称 第4回 作業療法士のための組織マネジメントセミナー 基礎コースでマネジメントを学ぼう!
主催 OT組織マネジメント・ネットワーク
日時 2019年6月1日 11:00~17:00(開場10:30)
2019年6月2日 9:30~15:00(開場09:00)
場所 全水道会館  4F大会議室
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷1-4-1
電話番号:03-3816-4196
行き方:JR「水道橋駅」東口2分、都営地下鉄三田線「水道橋駅」A1出口1分
URL: http://www.mizujoho.com/zensui……fault.aspx
内容 組織マネジメントは作業療法そのものです。作業療法士で、今、中間管理職で悩んでいる方、これからリーダーになろうとしている方が、マネジメントをどう考え、どのように展開すればよいのか、具体的に学べるセミナーです。作業療法のバックボーンがあるからこそ、医療スタッフにも作業療法でより良い環境を提供する事が出来ます。組織マネジメントを実際の経験に沿ってより深め、実践力に結びつける内容です。一流の講師陣が組織マネジメントをわかり易く説明し、現場の疑問点に応えるプログラムを用意してます。多くの人と交流し、疑問点や悩みを解決できる場を提供します。頭で考えるよりまず行動を、広がりの輪が新しい世界を創出するように。
詳細URL https://www.meducation.jp/semi……p?id=22061
対象 作業療法士でリーダーを目指す方、中間管理職にいる方
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 1)1日目のみ8,000円(税込)
2)2日目のみ8,000円(税込)
3)2日間両日15,000円(税込)
*1~3ともに昼食代・資料代込み。
*参加希望日を申し込み時にご記入ください。
定員 120名(定員になりましたら締め切らせていただきます)
申込み方法 メデュケーションの本セミナーページ(下記URL)よりお願いします。
https://www.meducation.jp/semi……p?id=22061
申込み締切 2019年5月17日(金)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ OT組織マネジメントネットワーク
株式会社青海社内
〒113-0031
東京都文京区根津1-4-4 河内ビル
電話番号:03-5832-6171
E-mail:seminar@seikaisha.blue
URL: http://ot-manage.seikaisha.blue/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7068