Tag: 2019/2

発達協会 2019年「春のセミナー」

名称 発達協会 2019年「春のセミナー」
主催 公益社団法人 発達協会
日時 平成31年2月2日、3日、16日、17日、24日
《時間》各日10:15~16:20
場所 東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室 
東京都江東区有明3-6-11
内容 2月2日(土)
 B あそびを通した発達支援-ソーシャル・スキルと感覚を中心に
2月17日(日)
 H 不注意な子への理解と支援-「集中困難・忘れっぽさ・過集中」のメカニズム

その他にも様々なテーマで講座を行っております。詳しくはHPをご覧ください。
詳細URL http://www.hattatsu.or.jp/
学生の
参加可否
参加可 
参加費 各9,050円(税込)(正会員、賛助会員は各8,220円(税込))
定員 各80名~250名(定員になり次第、随時締め切ります)
申込み方法 お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。
      ・電話:03-3903-3800
      ・Fax :03-3903-3836
   ・HP : http://www.hattatsu.or.jp/
申込み締切 定員になり次第締め切り
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ ・電話:03-3903-3800
・Fax :03-3903-3836
・HP : http://www.hattatsu.or.jp/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7012

難病リハビリテーション講習会2018

名称 難病リハビリテーション講習会2018
主催 神奈川県作業療法士会地域リハビリテーション部
日時 平成31年2月10日 日曜日
10時~16時半
受付開始 9時半
場所 ウィリング上大岡 5階 502会議室
京浜急行/横浜市営地下鉄 上大岡駅下車徒歩5分ほど
内容 難病疾患の基礎
えびな脳神経外科   脳神経外科医師 尾崎聡氏

難病疾患に対する生活支援のアセスメント
川崎医療生活協同組合 作業療法士   村越妙美氏

難病疾患への作業療法介入 
れいんぼう川崎    作業療法士   岸本貴子氏
 
対象 神奈川県作業療法士会会員(今年度の会費を納入済みの方・非会員の方は非会員料金での受講となります)
難病支援に興味のあるかた(作業療法士以外の方でも大歓迎です!)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 神奈川県作業療法士会会員の方 1000円
それ以外の方         3000円
申込み方法 以下のフォームよりお申し込みください。

https://fs223.formasp.jp/n699/form12/

県士会宛メールからのお申し込みの場合は、すべての事項をご記入の上、以下の宛先へお願いいたします。

ken-otあっとまーくkana-ot.jp

1氏名
2フリガナ
3職種
4日本作業療法士協会の会員番号(非会員の場合は未記入でお願いいたします)
5所属先
6所属先住所
7連絡先メールアドレス
8懇親会の出欠
申込み締切 平成31年2月3日 日曜日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 神奈川県作業療法士会 地域リハビリテーション部 湯沢大輔
chiikirehaあっとまーくkana-ot.jp
備考 神奈川県作業療法士会会員の皆様へ郵送させていただきました講習会のチラシに不備がありました。
県士会宛のアドレスが間違った状態で掲載されています。
正しくは下記の通りとなりますのでご確認ください。大変申し訳ございませんでした。

(誤) kan-ot あっとまーくkana-ot.jp
(正) ken-otあっとまーくkana-ot.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7011

明日から実践できる!!手指・手関節の評価と治療

名称 明日から実践できる!!手指・手関節の評価と治療
主催 進リハの集い
日時 2019/2/10(日)
受付9時30分
セミナー時間10時00分~16時00分
場所 ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
9階研修室901
内容 1手指、手関節、前腕(一部)の機能解剖について
評価に入る前に機能解剖を理解する必要があります。各関節、手根骨の動きの特徴などについて説明していきます。
2評価
浮腫、血行、瘢痕、末梢神経、筋力、握力、ピンチ、知覚、疼痛、関節可動域、拘縮、骨のアライメント
*それぞれの項目についてポイントを説明していきます。
3日常生活における手の使い方
摘み(つまみ)などの手の使い方を学んでいきます。
4治療modality&procedure
既存のリハビリテーションで行われている治療の紹介説明をします。
5徒手テクニック&自主訓練テクニック(実技)
・各関節モビライゼーション
・各筋・筋膜リリース
・腱グライティングエクササイズ
・ペアへの治療(箸動作実施)
*進行状況によってセミナー内容が前後することがあります。その点、ご理解頂ければと思います。
詳細URL https://www.shinreha.com/in-3
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 9000
定員 40
申込み方法 HPより
申込み締切 開催前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HPより

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7009

杉山孝博Dr.の「認知症の理解と援助研修講座」

名称 杉山孝博Dr.の「認知症の理解と援助研修講座」
主催 公益社団法人 認知症の人と家族の会
日時 2019年2月17日(日)
午前10時~午後4時
場所 大和市渋谷学習センター
2F多目的ホール
(神奈川県大和市IKOZA内)
内容 認知症の理解と援助について、専門職の方を中心に介護家族の方、地域、学生向けの、杉山孝博Dr.(本部副代表理事、神奈川県支部代表、川崎幸クリニック院長)による研修講座です。
認知症の特徴、家族の気持ちの変化、初期段階のとらえ方、認知症を良く理解するための9大法則・1原則、対応の困難な症状と対策、施設での対応等を詳しくわかりやすく講演します。
認知症ケア専門士の3単位が取得できます。
詳細URL https://sites.google.com/site/……agawa/home
(お知らせをご覧ください)
対象 医療・福祉・介護の専門職、介護家族、学生、認知症について学びたい方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 一般 5000円
家族の会会員 4000円
学生 2000円
定員 150名
申込み方法 チラシの申込書、または「認知症の人と家族の会神奈川県支部」のホームページから、お知らせに進み、申込書をダウンロードしていただき、FAXまたは郵送にてお申し込みください。
FAX 044-522-6801
申込み締切 2019年2月8日(金)
生涯教育
ポイント
なし
認知症ケア専門士3単位が取得できます。
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 公益社団法人 認知症の人と家族の会 神奈川県支部
044‐522‐6801(月・水・金 10時~16時)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7001

基礎ポイント研修:精神科病院における身体リハの実技研修 ~ベッドサイドでの起居から歩行まで~

名称 基礎ポイント研修:精神科病院における身体リハの実技研修 ~ベッドサイドでの起居から歩行まで~
主催 東京都作業療法士会教育部
日時 平成31年2月16日(土) 13時~16時15分(12時30分受付開始)
場所 東京 YMCA 医療福祉専門学校
http://tokyo.ymca.ac.jp/ifs/ab……t/map.html
*必ず公共の交通機関にてご来場ください。
内容 入院患者の高齢化により、精神科病院においても身体的支援が求められる場面が増えてきてい ます。しかし精神科病院ではプラットホームやリハ室といった設備を備えている施設は少なく、機能 訓練を実施するには工夫が必要です。また、精神科作業療法に従事する臨床家からは、個別訓 練や徒手療法といったノウハウに関する不安の声も聞かれます。
本研修は精神障害領域に従事する作業療法士を対象に、精神科病院における身体リハの実践 報告及び基礎知識の講義を行うと共に、精神科病院の環境を考慮した徒手訓練の実技研修を実 施します。本研修の受講を通して、参加者が今後も他の実技研修に躊躇せずに参加することがで き、継続した研鑽を重ねることができるようになることを目的としております。
講師は身体障害領域でキャリアを積んだ菊池大典氏(認定作業療法士/さわやか訪問看護リハビ リステーション)、松原忠之氏(青木病院)です。今年度はアシスタントとして回復期での勤務経験を もつ、本田志郎氏(青梅成木台病院)を加え、より丁寧な実技指導を提供します。
対象 精神障害領域に従事する作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 2000 円(非会員:3000 円)
定員 20 名
申込み方法 下記 URL にアクセスの上、必要事項をご記入下さい。受講票が自動返信されます。尚、ドメイン 指定をされている方は@gmail.com の受信設定をお願い致します。また、お申し込み頂いたにも関 わらずメールが来ない場合、必ず下記アドレスまでご一報をお願い致します。
https://ssl.form-mailer.jp/fms……38cf201459
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ kyouiku.seishin@gmail.com(加藤駿一:成増厚生病院)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6994

グローバル活動セミナー 海外で働く、学ぶ、生活する

名称 グローバル活動セミナー 海外で働く、学ぶ、生活する
主催 日本OT協会 国際部
日時 平成31年2月3日(日)10:00~16:00
場所 東京工科大学 蒲田キャンパス
(東京都大田区西蒲田5-23-22)
内容 海外での留学・就労経験のあるOTによる活動報告をメインに、これから海外に出てみたいと思っているOTを対象に、経験談の共有やアドバイスを行います。
・基調講演「OTが国際協力に参加し、継続していくキャリアパス」
・「在日外国人患者を対象として外来リハビリテーションの実践」
・「イギリス大学院へ 英語のできない人の留学準備とイギリスでの修士課程」
・「海外で学ぶことの意義と難しさ ~オーストラリア大学留学経験から~」
詳細URL http://www.jaot.or.jp/
学生の
参加可否
参加可 
参加費 OT協会 会員 4000円
学生は1000円
定員 30名
申込み方法 日本作業療法協会ホームページの研修申込ページからお申込み下さい。
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本OT協会 国際部(yurie315j@gmail.com)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6993

精神障害者の回復に必要なトータルリハビリテーションの視点を学ぶ~臨床で生かせる実践的評価法~

名称 精神障害者の回復に必要なトータルリハビリテーションの視点を学ぶ~臨床で生かせる実践的評価法~
主催 神奈川県臨床精神科作業療法研究会(かなりけん)
日時 平成31年2月2日(土)13:10~17:00 
場所 ウィリング横浜  12階
内容 作業療法の勉強はたくさんしているけれど、なかなか対象者に還元されなかったり他職種から理解されずに困っている方は多いのではないでしょうか?
本研修会では、講義と事例検討を通して、対象者を生育歴や行動からどのように評価し、どのように自己を生かして対象者やチームに関わっていくのかを学びます。今回も講師兼スーパーバイザーとして、鶴見隆彦先生(所属:湘南医療大学)を招いて実施します。皆様の参加をお待ちしております。
鶴見隆彦:
川崎市リハビリテーション医療センターにおいて精神障害者へのアウトリーチ型支援の実践を我が国において早期から取り組む。
その後、法務省に入局し社会復帰調整官として医療観察法対象者への社会復帰支援を実践。現在は教育分野に身を置きながら、作業療法士や社会復帰調整官へのスーパーバイズを全国的に実施している。精神障害者リハビリテーション関連の著書は多数。
対象 専門分野に限らず興味のある方ならどなたでも。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2000円
定員 40名
申込み方法 メールでお願いします。
1 氏名 2所属 3相談したい事(自由記載です)
を記載し
igiyomogi@yahoo.co.jpまで申込みお願いします。
申込み締切 当日参加も受け付けますが、なるべく事前にご連絡頂けると助かります。
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 東京保護観察所 立川支部 社会復帰調整官室 佐藤拓也 
 Tel042-521-4240
 mail:igiyomogi@yahoo.co.jp
※なるべくメールでご連絡頂けると助かります。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6991

生活行為向上マネジメント研修会(旧基礎研修)

名称 生活行為向上マネジメント研修会(旧基礎研修)
主催 生活行為向上マネジメント推進委員会
日時 2019年2月2日(土)9:30~17:30(開場9:00)
場所 横浜リハビリテーション専門学校
JR横須賀線「東戸塚駅」徒歩5分
内容 基礎研修 : 概論90分 + 演習330分
対象 日本作業療法士協会会員かつ神奈川県作業療法士会会員(今年度会費納入済みの方)
日本作業療法士協会会員かつ他当道府県士会会員
※応募者多数の場合、神奈川県士会員を優先いたします。
※生涯教育ポイント付与あり
※現職者選択研修対象
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 4,500円
定員 80名
申込み方法 以下のURLをクリックして、リンク先の申込みフォームに必要事項をご記入ください。
送信ボタンを押して申込みを終了してください。申込み終了後、指定のメールアドレスに申込み受付メールが届きます。万が一届いていない場合には、お問い合わせください。

https://fs223.formasp.jp/n699/form14/
申込み締切 2018年11月26日(月)~2019年1月25日(金)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ mtdlp@kana-ot.jp
生活行為向上マネジメント推進委員会 木村
備考 生活行為向上マネジメントの生活行為とは我われ作業療法士が対象としてきた「作業」とほぼ同意語として使用されております。「生活行為を向上するためのマネジメント方法」と簡単にご理解いただいても構いません。
 生活行為向上マネジメントは作業療法士の先人達が作り上げてきた作業療法の思考プロセスを、ツールを通じて追体験するものであり、対象者にも関係者にも見える化された作業療法を提示することができます。
日本作業療法士協会の重点課題であり、当国における作業療法士の生き残りをかけた一大プロジェクトです。
またH27年度の介護報酬改定では、通所リハビリテーションにおいて「生活行為向上リハビリテーション加算」が算定可能になりました。算定要件は「生活行為の内容の充実を図るための専門的な知識や経験を有する作業療法士」となっており、生活行為向上マネジメントの基礎研修修了がこれにあたるとされております。
既に全国では講習会受講者を多く輩出しておりますので、遅ればせながら神奈川県でも精力的に推進していく所存です。多くの会員の受講を心よりお待ちしております

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6990

脳卒中片麻痺の促通と分離法

名称 脳卒中片麻痺の促通と分離法
主催 療法士活性化委員会
日時 平成31年2月17日(日)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 ・脳卒中の疫学
・促通と分離について
・麻痺の促通法
・麻痺の分離法
・ブルンストロームステージの確認
・関節モビライゼーション
・筋膜リリース
・ハンドリング法
詳細URL https://lts-seminar.jp/paralys……eparation/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 受講料が4,000円になります。
参加費 7,900円(税込)
定員 24名
申込み方法 HPよりお申し込み https://lts-seminar.jp/paralys……eparation/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会:大塚 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6976

発達から見る動作の回復過程

名称 発達から見る動作の回復過程
主催 療法士活性化委員会
日時 平成31年2月16日(土)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 発達の段階に必要な機能について
・発達の段階が必要な理由(発達段階を飛ばしての発達はない)
・動作の獲得の過程と発達の共通点
・発達段階とその時に必要な機能
背臥位(頭頚部の安定性など)
腹臥位(頭部の立ち直り反応、脊柱・肩甲帯・体幹筋の協調的な活動など)
側臥位(荷重側の体幹の伸展など)
寝返り(頭部のコントロール、上肢の運動など)
坐位(正中位指向、骨盤での支持基底面など)
立位
・必要な評価とアプローチ方法
詳細URL https://lts-seminar.jp/development-2/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 受講料が4,000円になります
参加費 7,900円(税込)
定員 24名
申込み方法 HPよりお申し込みください https://lts-seminar.jp/development-2/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会:大塚 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6975