Tag: 2019/1

第111回横浜CBTに集う会「治療や支援としての集団・グループの用い方 パート2」

名称 第111回横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)「治療や支援としての集団・グループの用い方 パート2」
主催 横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)
日時 平成31年1月24日(木)19時~21時
場所 ウイリング横浜 11階会議室2
京急線、横浜地下鉄線上大岡駅徒歩数分
内容 横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)「治療や支援としての集団・グループの用い方 パート2」
話題提供 奥原孝幸(当会代表、神奈川県立保健福祉大学 OT)
 昨年12月の会でも以下のように集団(療法)を扱いましたが、参加者も少なくもう少し深めたいと思いますのでパート2を開催します。集団は意図して用いると療法としてすごい力を発揮するし、意図しないとグダグダな療法とは言えないようなものとなります。また集団を意図してみることができないと個人の成長があってもその理由が所属集団の影響であると気付きません。
 集団への療法的意識をもって自身の職場を考えてみませんか。

前回の案内
病院、各種施設では、集団療法的な治療的意図の有無にかかわらず、集団を用いてさまざまな場面を運営されていると思います。その場面には、関わりとしての意味があるはずだと思います。ないとおかしいとも思います。
また、集団をどのように作り運営したらよいのかともよく聞きます。治療的な集団の種類は多数ありますし、集団は成長していきます。凝集性の高い集団に成長する過程の中で個人の成長も期待できます。それはよく知られています。
 これまで無意識で集団の運営をしていたところに、意図して集団を用い、集団を動かすことで対象者への働きかけができるとしたら素晴らしいことです。支援者は集団と個人の両方へ働き掛けることが重要となります。それは面白くも難しくもあり、また支援者を成長させてもくれます。
 今回は、集団・グループということを意識した話題としたいと思います。皆さんはどのような集団を用いていますか。どのような集団に所属していますか。
詳細URL 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
対象 認知行動療法に興味や関心がある人ならどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 500円(会場費・資料代、学生は無料)
定員 なし
申込み方法 申し込みは不要ですが、ホームページよりメールをいただけるとありがたいです。
申込み締切 なし。当日お越しください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
備考 本会の詳細や年間予定等が本会ホームページにあります。
サンドウィッチやおにぎりを食べながらご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7092

リハビリに活用しよう!今話題の3Dプリンター体験会(初めての方向け)

名称 リハビリに活用しよう!今話題の3Dプリンター体験会(初めての方向け)
主催 ICTリハビリテーション研究会
日時 2019年1月19日(土)10時00分から12時00分
場所 Socionet, Inc.(ソシオネット株式会社)  
東京都千代田区九段北一丁目14番12号 郵船九段ビル
https://goo.gl/QwzYDW
内容 「Thingivers」などの3Dモデルシェアサイトを活用し、今話題の3Dプリンターからお好きなものをダウンロード・出力する体験を一緒にしてみませんか?
ドリンクホルダーや食事補助具などの介護・援助グッズはもちろん、アクセサリーやスマホケースなどご興味のあるものなら何でもOKです。ぜひ、この機会に3Dプリンターを体験してみましょう!

講師:濱中 直樹(当研究会理事 一級建築士 ファブリケーター)
    林 園子(当研究会代表理事 作業療法士)

内容:
・3Dプリンターの説明
・「Thingivers」などの3Dモデルのシェアサイトご紹介
・上記の使い方のご紹介
・出力体験

注意事項
・お時間の関係で、出力サイズは4センチ立方までとさせて頂きます。
・出力が間に合わなければ、後日受け渡しとなります。
・ご自身のノートPCをお持ち込み頂いても結構です。
詳細URL https://www.ictrehab.com/
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 2000円(PCレンタル・材料費込み)
お支払い方法:当日現金払い
定員 10名
(満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。)
申込み方法 下記フォームよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/sSwy01jCrqKKy0Qf1
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7079

神経科学からみる手の行為に対するリハビリテーション

名称 神経科学からみる手の行為に対するリハビリテーション
主催 神奈川認知神経リハビリテーション研究会
日時 2019年1月27日(日)10~16時(9時半受付開始)
場所 登戸内科・脳神経クリニック2階リハビリテーション室(登戸駅徒歩2分)
内容 神奈川県認知神経リハビリテーション研究会主催定例勉強会

今年度のテーマは『病態解釈』です。普段の臨床思考を高め、病態解釈を明確にできるための勉強会にしていきます。
内容:
1. 認知神経リハビリテーションの基礎 「問いからみる認知神経リハ」
2. 神経科学「手の行為に関わる神経科学」
3. 症例検討「基底核損傷患者の両手動作について」
4. 実技「両手動作」
対象 理学療法士,作業療法士
認知神経リハビリテーション未経験の方も大歓迎です
学生の
参加可否
参加可 
参加費 300円
定員 20名
申込み方法 kanagawaetc☆yahoo.co.jpに下記の事項を記入の上メールください(☆は@に変更してください)
1氏名 2所属 3職種 4会員or非会員 5修了コース(or 未修了)
申込み締切 2019年1月25日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ kanagawaetc☆yahoo.co.jp(☆は@に変更してください)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7050

神奈川脳外傷リハビリテーション講習会

名称 神奈川脳外傷リハビリテーション講習会
主催 神奈川脳外傷リハビリテーション講習会実行委員会
日時 2019年1月13日(日) 13:00~16:30  12:30受付開始
場所 情文センター6階 ホール
みなとみらい線日本大通り駅 情文ホール口 もしくはJR関内駅より徒歩10分
内容 「高次脳機能障害のリハビリテーション ~イギリスの神経心理リハビリテーション・障害者支援から学ぶ~」
基調講演:イギリスOliver Zangwill Centerへの留学での学び 
 神奈川リハビリテーション病院 リハビリテーション医 青木 重陽 氏
シンポジウム
 1.日英の神経心理学リハビリテーションについて
 専修大学人間科学部心理学科 教授 岡村 陽子 氏
 2.英国での障害者支援の今
 関東学院大学社会学部現代社会学科 教授 麦倉 泰子 氏
対象 高次脳機能障害に興味・関心のある方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
申込み方法 申込先:NPO法人脳外傷友の会ナナ 協働事業室 FAX:046-247-2433

FAXにてお申込みください.
件名を「リハ講習会参加申込」 とし,所属,氏名,連絡先電話番号をご記入の上,送付してください.
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ NPO法人脳外傷友の会ナナ 協働事業室 TEL:046-249-2020(火~金曜 11:00~15:00)
Email:npo-nana@amber.plala.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7047

ポジショニング To シーティング 理論編×実技体感編~ポジショニングから行う姿勢制御アプローチ~

名称 ポジショニング To シーティング 理論編×実技体感編~ポジショニングから行う姿勢制御アプローチ~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2019年1月13日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール 
(東京都八王子市本町24番1号)
内容 シーティングをポジショニングから行なう姿勢制御アプローチです。

みなさんは、シーティングやフィッティングを行なっていて、どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害)そんな時、適切な訓練やケアの後に代償手段として、リクライニング車椅子やチルト車椅子を処方したリ、座位保持装置等の代償手段や環境調整を検討するでしょう。
この考えを払拭してください。
ポジショニングから身体の筋緊張のコントロール(リラクゼーションを含む)や身体輪郭や身体の軸意識等の感覚入力、関節可動域の改善を行なってから座位というシーティングに移行する訓練方法があります。
これが「ポジショニング To シーティング」アプローチです。

座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』というアプローチの総称です。
高価な車椅子やシーティングシステムのようなモノに頼るのではく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで全く新しいシーティング技術です。
実技体感編では、疑似的無重力空間を体感しましょう。
<講師>青木將剛(作業療法士)
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円
定員 5名
申込み方法 HPよりお申し込みください http://universalreha.com/
申込み締切 2019年1月10日 (木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7038

ものづくりシーティングセミナー 原理編×工房実技編~シートクッションをつくろう~

名称 ものづくりシーティングセミナー 原理編×工房実技編~シートクッションをつくろう~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2019年1月27日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール 
(東京都八王子市本町24番1号)
内容 【 クッションの素材に触れて、構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、業者やメーカーのクッションのつくり方を学ぶ 】
シートクッションのカバーを外した事はありますか?中には何層にもなった様々な構造体が目に入ります。「最も徐圧効果があるのは、AのウレタンとBのウレタンを組み合わせだった。」「骨盤の固定や体感保持に必要な形状は!」「姿勢のこのポイントに補助支持物を入れるともっと座位が安定する」等、カスタマイズやオーダーメイドの目線を入れると、様々に座位保持のイメージが変わり、介入プログラムの輪が広がっていきます。

普段何気なく使っているクッションの構造を知り、素材に触れて感じながらシーティング・フィッティングの理論構築を考えていきましょう。
人の姿勢は運動の連続です。生活シーンに合わせて姿勢を変化させています。回復段階もそのひとつです。急性期、回復期、維持期で訓練効果により収縮筋が変わったり、廃用が進むと拘縮のある関節も出てきます。このようなひとつではない身体状況に対応する、世界中のシーティング・フィッティングを用いた技術を身につけましょう。
シートクッションのつくり方は大きく分けて二つあります。採寸式と採型式です。採寸は身体の寸法からクッションをつくり上げます。採型は採型機と呼ばれる身体全体の型を取ることで成形する方法です。本セミナーでは、寸法の取り方さえ身につければどこでも行なえる採寸式でクッションをつくっていきます。クッションをつくるにはポイントがあり、徐圧、免荷、支持性、安定性、バランス、重心の位置など、各カテゴリーを自分自身の身体から見つけ、体感していきます。
このような自分自身の身体が教えてくれる情報は、座位の本質や身体の構造の理解に繋がり、その気づきが『対象者の姿勢へのケア』を導きます。

【 原理編を経てシートクッションをつくることで本当のシーティング技術に変える 】
もうすでに頭の中に「姿勢とは何か」のイメージ、さらに体感で得られた「自分自身の重心の位置」があるはずです。
この気づきがあれば、もう迷うことなくシーティング・フィッティングクッションの作製が出来るはずです。更につくり方、構造、原理も手の中にあります。あとは、道具、器材、クッション素材を使って形にするだけです。

自分自身のシーティング、フィッティングを考え、道具や材料を自由に使ってご自分のクッションを作製し持ち帰ってみてください。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円
定員 5名
申込み方法 HPよりお申し込みください http://universalreha.com/
申込み締切 2019年1月24日 (木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7037

車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー~医療従事者でありながらエンジニア

名称 車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー~医療従事者でありながらエンジニア
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2019年1月20日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 多摩平の森ふれあい館
(東京都日野市多摩平2-9)
内容 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリ
テーション医学の目線で採寸や選定、メンテナンスの重要性と技術を、丁寧にお教えします。
<前半の部>車椅子設計採寸技術セミナー
・車椅子の構造やメカニズムを徹底的にお見せします。動画やイラスト、DVDを用いてわかりやすく、注釈を講師が説明しながら行います。
・車椅子の測り方。車椅子に座るための身体寸法の測り方を伝授します。測り方がわかれば、シーティングという設計製図の子供のような技術は簡単に習得できます。まずは製図という幹を学んでいただけたらと思います。
・処方箋の書き方。図面の書き方。自分でイメージした具像を形にします。大丈夫、ポイントを絞るので簡単にできます。
・車椅子の適合。車椅子の選定(症例を交えて実践的にやりましょう)
<後半の部>車椅子メンテナンスセミナー
・車椅子の構造からメンテナンスのポイント
・タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応、時間があればパンク修理もやってみましょう。
・メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関りをご説明し、簡単なADLシーティングのポイントの実演、実技をします。たとえば、フットサポートの調整やメンテナンスと、知名度の高いバックサポートの張調整。この2か所の調整で姿勢は見違えるほど変わります。
<講師>青木將剛(作業療法士、第1級建築・機械CAD利用技術者)
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円(採寸用ツールセット、メンテナンス工具セット付属)
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください。 http://universalreha.com/
申込み締切 2019年1月17日 (木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7036

SST初級研修 「SSTファーストレベルセミナー」

名称 SST初級研修 「SSTファーストレベルセミナー」
主催 アームズラボ
日時 ※2開催分記載アリ

1
2019年
1月26日(土)9:30~17:30
1月27日(日)9:30~12:30

2
2019年
3月9日(土)9:30~17:30
3月10日(日)9:30~12:30
場所 医療法人社団柏水会三軒茶屋診療所 東京リワークセンター
東京都世田谷区三軒茶屋2-19-16
東急田園都市線 三軒茶屋駅から徒歩4分
内容 ◆概要
SST普及協会のガイドラインに沿った初級10時間研修となります。
SST(ソーシャルスキルトレーニング・生活技能訓練)を
はじめたい、学びたいと思っている方向けの「初級セミナー」です。
看護師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理士、
ピアスタッフなど参加者の方はさまざまです。

◆講師
SST普及協会認定講師NO.97
佐藤 俊之(さとう としゆき)作業療法士・精神保健福祉士
医療法人社団柏水会三軒茶屋診療所 東京リワークセンター

◆定員
20名
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

◆昼食
昼食は各自でご用意していただきます
※大変恐縮ですが会場の関係上、ゴミはお持ち帰りいただいております

◆修了証
2日目の終わりに領収書と共に手渡し致します。
詳細URL https://www.arms-lab.com/train……g-info/442
対象 ◆参加資格
2日間(10時間)受講できる方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 18,000円
定員 ◆定員
20名
※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
申込み方法 ◆お申込方法
1
メール
必要事項をご記入の上、下記のメールアドレスへご連絡ください。
(名前・生年月日・住所・携帯番号・勤務先)
info@arms-lab.com
もしくはHPのお問い合わせからご連絡ください
https://www.arms-lab.com/inquiry

2
電話
08033487575

3
ファックス
0367453379
下記のファックス用紙に必要事項
(名前・生年月日・住所・携帯番号・勤務先)を書き込んで、ファックス送信ください。
申込み締切 2019年1月14日(月)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ info@arms-lab.com
08033487575
備考 【ご予約~予約完了までの流れ】
●1●
予約のご連絡をお客様が行う(メール、電話、ファックス)

●2●
弊社からお客様へご連絡致します。その際に、お振込みに関してのご連絡を致します。

●3●
お客様が弊社へお振込みいただきます。

●4●
研修当日までお待ちください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7033

第15回 地域精神OTミーティング

名称 第15回 地域精神OTミーティング
主催 地域精神OTミーティング
日時 平成31年1月19日(土)
9:00~12:00
場所 NPO法人BASE 就労継続支援B型事業所 Base Camp
東京都豊島区要町3-22-10星野館ビル401
(有楽町線・副都心線 千川駅  徒歩1分)
内容 今回は,埼玉県さいたま市にあるNPO法人ゆうの樹で就労移行支援と就労継続支援B型の指導員をしている作業療法士の岩川さんからお話しして頂きます.コスタリカの農家とコーヒーのフェアトレードも事業として行っているそうです.当日は事業内容の詳細や事例を通して支援の様子を紹介して頂きます.
詳細URL https://chiiki-p-ot.wixsite.co……-p-ot-2015
対象 関心のあるOTの方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 500円
定員 25名
申込み方法 ホームページのリンクから必要事項を記入して申し込みをしてください.
申込み締切 1月14日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ ホームページのお問い合わせからお願いします.

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7028

セラピストのための生理学-基礎から最新知見の理解まで

名称 セラピストのための生理学-基礎から最新知見の理解まで
主催 作業療法総合研究所 https://ot-lab.org
日時 2019年1月12日(土) 13:00-16:20頃
受付時間 12:20-12:55
場所 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院(東京都港区) 3階・講堂
地下鉄銀座線虎ノ門駅より徒歩5分
詳細: https://www.toranomon.gr.jp/access/
解説PDF: https://ot-lab.org/pdf_box/info/tora.pdf
内容 2014年に「脳科学と作業療法が融合するためのキーワード」、2015年に「神経科学の視点から作業療法を考える」と2度にわたり「脳と作業療法」についてお話をさせていただいた石井と申します。

今回はその第3弾として、運動、感覚、情動、認知機能について生理学の基礎的な説明を交えて紹介いたします。特に作業療法士が臨床場面で扱うことの多い栄養や環境といった因子が生体の機能へ与える影響について説明いたします。

本研修は、作業療法士が知っておくべき知見や作業療法に関連のある研究を可能な限り「ゆっくり丁寧に」紹介させていただきます。生理学などの専門基礎科目は、学生の時(多くは1-2年生の時だと思います)に学びますが、おそらくそれきりです。

現在、学部学生へ生理学を教えておりますが、その時に「臨床現場で働いている方にも聞いてほしいなー」と思うことがあります。臨床で働かれている方々へもう一度生理学の基礎的な知識を復習していただき、日々の臨床へ生かしていただければと思います。

今回の研修会では、前回、前々回に続き作業療法の有効性を示唆する研究を多数紹介させていただきます。皆様が臨床における課題を解決するヒントになれば幸いです。

《講師》
石井 大典 氏(作業療法士,茨城県立医療大学医科学センター)
詳細URL https://ot-lab.org/post/1188
対象 興味のある方であればどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 有資格者:1,000円(クーポン利用の場合は500円),(大学院生を除く)学生:300円
定員 60名(先着順)
申込み方法 ウェブサイトよりお申し込み下さい
https://ot-lab.org/entry-2
申込みから1週間以内にこちらから返信がない場合は,ご面倒ですが下記へお問い合わせください.なお,携帯電話のメールからも申し込み可能ですが,こちらからのメールが受信できるよう設定をお願いいたします.
* 12/27-1/3の間は返信ができません.1/4より順次返信いたします.
申込み締切 2019年1月10日(木)18:00
* 定員(60名)に達した時点で受付を締めきります
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 作業療法総合研究所(OT Lab)事務局
昭和大学保健医療学部作業療法学科 作田浩行
045-985-6537, supportアットマークot-kab.org
URL: https://ot-lab.org
※申込先ではありません.ご注意下さい.

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7015