Tag: 2018/9

第48回日本リハビリテーション工学協会 車いすSIG講習会 in 厚木

名称 第48回日本リハビリテーション工学協会 車いすSIG講習会 in 厚木
主催 日本リハビリテーション工学協会 車いすSIG
日時 2018年9月1日(土)・2日(日)
場所 アミューあつぎ
〒243-0018 神奈川県厚木市中町2丁目12-15
TEL:046-296-8000
www.amyu-atsugi.jp/
内容 車いすSIGでは年2回講習会を開催しており、冬は基礎編(共通講義・座学)、夏は実践編(選択コース制)を行ってきました。今年度、講習会の見直しを行い、今回は実技を含めた講習内容で、1日単位で2つのコースを設け、お好きなコースを選んでいただけるようにご用意しました。
日頃車椅子に興味をお持ちの方、車椅子についてもっと深めたい方、受講者のみなさまの多様なニーズにお応えできるように精一杯準備してお待ちいたします。
詳細URL http://www.wheelchair-sig.jp
対象 どなたでもご参加いただけます。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1日毎(テキスト代金を含みます) 4,000円~8,000円(加盟団体等により異なります。)
定員 各日定員30名
申込み方法 講習会情報詳細を6月中旬頃、下記ホームページに掲載後、受付開始予定です(車いすSIGメンバー(会員)の優先受付期間あり)。申込書をホームページよりプリントアウトの上、FAXにてお申し込みください。なお参加費は事前振込制とさせていただいております。申込書受理後参加費請求書をお送りいたします。
申込み締切 2018年7月31日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 車いすSIG講習会事務局
〒235-0033 神奈川県横浜市磯子区杉田2-7-20
担当:深野栄子
wc-sig@resja.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6408

触診から紐解く大腿骨頚部骨折の評価とアプローチ法

名称 触診から紐解く大腿骨頚部骨折の評価とアプローチ法
主催 療法士活性化委員会
日時 平成30年9月16日(日)10時~16時
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 1、大腿骨頸部骨折の病態について
2、介入の際の注意点・リスク管理
3、手術の目的
4、評価
・目的 痛みがあることで困っていることがあるか、痛くなければどうしたいか
・問診 疼痛の範囲、程度(VRS、NRS、FS)
・触診 筋緊張(腹部、背面、側面)
・姿勢観察 座位、立位での観察のポイント
・動作観察 立位の片脚立位
・整形外科テスト
5、評価から抽出された問題点に対する介入法
関節モビライーゼーション、筋膜リリース、DS法
詳細URL http://lts-seminar.jp/neckfracture/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 受講料が半額になります
参加費 7,900円(税込)
定員 24名(先着締め切り)
(講師・スタッフが一人ひとり触診部位を確認し、修得することを第一とするため少人数にさせていただきます。 )
申込み方法 お申込みは セミナーHP( http://lts-seminar.jp/neckfracture/ よりお願いします。
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会 lts-info@lts-seminar.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6405

評価の抽出とスクリーニング検査法

名称 評価の抽出とスクリーニング検査法
主催 療法士活性化委員会
日時 平成30年9月15日(土)10時~16時
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 対象の動作の問題点を明確にし、適切なアプローチを選択できる様になる
【内容】 ・評価の抽出方法
 (動作・歩行の行程分析表を用いて抽出を行います)
・5分で終わるスクリーニング検査
 (BRS・ROM・MMT・バレー兆候・協調性・高次脳検査・認知面を含めたスクリーニング検査を5分でできるように練習します。)
詳細URL http://lts-seminar.jp/assessment/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 受講料が半額になります
参加費 15,000円(税込)
定員 24名(先着締め切り)
(講師・スタッフが一人ひとり触診部位を確認し、修得することを第一とするため少人数にさせていただきます。 )
申込み方法 お申込みは セミナーHP( http://lts-seminar.jp/assessment/) よりお願いします。
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会 lts-info@lts-seminar.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6404

PT・OTのための土曜教室

名称 PT・OTのための土曜教室
主催 (福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
日時 平成30年7月7日(土)、8月11日(土)、9月15日(土)、10月13日(土)、11月3日(土) 全5日間
各回9:30~16:30
場所 神奈川リハビリテーション病院 3階研修室 (厚木市七沢516)
内容 この研修は、臨床場面で実践的教育を受ける機会の少ない若手PT・OTが対象です。少人数編成のクラスで7月から11月まで毎月一回開催します。初回は移動の援助を通じてセラピスト自身のからだの動きについて理解を深めます。2回目以降は「姿勢と動作」の評価と治療について各会テーマを決めて取り組みます。全5回を通じて臨床上の実践力を高めることを目指します。
詳細URL http://www.chiiki-shien-hp.kan……hab.or.jp/
対象 作業療法士、理学療法士 (5日間通して受講可能な方)
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 20,000円
定員 24名
申込み方法 地域リハビリテーション支援センター ホームページよりお申込みください。
申込み締切 定員になり次第締め切ります。
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ (福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
地域リハビリテーション支援センター
小泉・一木・砂川
TEL:046-249-2602
MAIL:chiiki-shien.kensyu@kanagawa-rehab.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6399

A-ONE認定評価者講習会(2018)

名称 A-ONE認定評価者講習会(2018)
主催 日本A-ONE研究会
日時 2018年9月11日(火)~16日(日)6日間(受付8時~)
場所 広島大学医学部保健学科棟 802教室(広島市南区霞1-2-3)
内容 A-ONEは,アイスランドのOTであるGudrun Arnadottir氏によって開発された,観察型の脳の責任病巣と機能障害を系統的に関係づけるADL機能評価法です.近年では,The ADL-focused Occupation-based Neurobehavioral Evaluation (ADLに焦点を当てた作業に基づく神経行動学的評価法; A-ONE)とも呼ばれています.A-ONEは特に認知-知覚の障害のある患者に対し,ADLを妨げている原因に焦点を当てて評価を行います.本講習会では,脳の機能解剖について学んだ上で,A-ONEの使用方法について学習し,事例を通じた討論によって神経行動学的評価法を習得します.
詳細URL http://island.geocities.jp/aoneasacom/#
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 7万円
定員 40名(先着順)
申込み方法 以下の内容をご記載のうえ,E-mailにてaoneasacom@yahoo.co.jpへ「A-ONE認定評価者講習会」の件名でお申込みください.
1氏名(ふりがな),2所属,3経験年数(年),4主に対象とする分野,5主に対象とする疾患,6連絡先住所・郵便番号(事前資料などの送り先となります.ご自宅かお勤め先かを明記してください), 7E-mail(携帯メール,hotmail,outlookは不可),8電話番号
申込み締切 定員になり次第締め切り
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 研究会事務局 松原麻子(広島市立リハビリテーション病院)電話082-849-2866,Email:aoneasacom@yahoo.co.jp 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6359

第45回理学療法士・作業療法士・言語聴覚士養成施設教員等講習会

名称 第45回理学療法士・作業療法士・言語聴覚士養成施設教員等講習会
主催 厚生労働省・(公財)医療研修推進財団
日時 東京地区: 平成30年8月20日(月) ~平成30年9月7日(金)
大阪地区: 平成30年8月20日(月) ~平成30年9月8日(土)
場所 東京地区:国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス(東京都港区赤坂4-1-26)
大阪地区:大阪行岡医療大学(大阪府茨木市総持寺1丁目1-41)
内容 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士養成施設の教員ならびに臨床実習施設における指導者の養成・確保を図る為、現在養成施設の教員等として勤務している者及び今後養成施設の教員等となることを希望する者に対し、より高度な知識及び技能を修得させ、併せてリハビリテーションの質の向上に資することを目的とする。
カリキュラムについては詳細URL「講習会情報」より募集要綱を確認のこと。
詳細URL http://www.pmet.or.jp/
対象 次のいずれにも該当する者とする。
(1)理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士の免許を有する者
(2)免許取得後、原則として教員は5年以上、臨床実習指導者は3年以上 (言語聴覚士は5年以上) の実務経験を有する者
(3)本講習会修了後において理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士の養成施設の教員等に従事する者及び将来従事しようとする者
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 50,000円(但し宿泊費、食費、交通費等は含まない)
定員 東京地区:理学療法士30名、作業療法士30名、言語聴覚士10名
大阪地区:理学療法士30名、作業療法士30名、言語聴覚士10名
申込み方法 受講申込みを行う施設は、 申込期限までに必要書類を用意の上、 下記U R Lより申込むこと。
http://www.pmet.or.jp/
「講習会情報」メニューより

必要書類 :施設長の推薦書(任意様式)1部、受講者履歴書 (写真不要)1部
申込み締切 平成30年5月31日(木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ (公財)医療研修推進財団PT・OT・ST事務局
〒105-0001東京都港区虎ノ門1-22-14ミツヤ虎ノ門ビル4階
T E L:03(3501)6592
備考 ・過去に本講習会を受溝した職員がいない施設にあっては、申込みに際しその旨を付記すること。
・一つの施設が、同地区かつ同職種の講習会に2名以上申し込む場合は、優先順位を付記すること。
・受講決定後の取消し等は原則認めないので、勤務割等につき十分調整の上申し込むこと。 (2名以上の申込みを行う施設は、特に留意すること)
・やむを得ず取り消す場合は、施設長の理由書を添えて書類送付先に申し出ること。
・国立ハンセン病療養所に所属する職員にあっては厚生労働省医政局医療経営支援課を経由して厚生労働省医政局医事課あてに申し込むものとする。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6336

第22回 運動器系体表解剖セミナー ~頸部・胸部・上肢の評価と治療に必要な触察法~

名称 第22回 運動器系体表解剖セミナー ~頸部・胸部・上肢の評価と治療に必要な触察法~
主催 体表解剖学研究会
日時 平成30年6月2日(土)-3日(日),7月7日(土)-8日(日),9月1日(土)-2日(日)  
※土曜日 14:00~19:00 日曜日 9:00~16:00
場所 東京工科大学 蒲田キャンパス
内容 【内容】筋・骨・神経を中心とした解剖学的特徴の講義・触察デモンストレーション・触察実習 Aコース: 頸部、胸部、上肢の評価と治療に必要な筋を対象
【講師】磯貝香(常葉大学 保健医療学部)、河上敬介(大分大学 福祉健康科学部)、菅原 仁(東京工科大学 医療保健学部)、一條 幹史(湘南鎌倉総合病院 リハビリテーション科/呼吸療法部) 他
詳細URL http://surface-anat.com/
対象 PT・OT・ST・医師 等
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 44,000円(全6日間 税込)
定員 50名(※定員になり次第、受付を終了いたします) 
申込み方法 http://surface-anat.com/ からお申込みください
生涯教育
ポイント
1回2ポイント(全3回出席で6ポイント)
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 東京会場:体表解剖学研究会  担当)一條 幹史 
E-mail:taihyoukaibou_tokyo★hotmail.co.jp(★を@に入れ替えて送信ください)
※問い合わせはE-mailでお願い致します.また,件名は以下のようにお願い致します.第22回運動器系体表解剖セミナー 東京会場 問い合わせ」

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6335

首都圏精神科作業療法連絡協議会 平成30年度 上半期予定

名称 首都圏精神科作業療法連絡協議会 平成30年度 上半期予定
主催 首都圏精神科作業療法連絡協議会
日時 4月28日、5月26日、6月23日 、7月28日 、8月25日、9月22日
※原則毎月第4土曜日

13:00~ レクチャー
15:00~ 事例報告・検討
場所 竹之丸地区センター (JR山手駅からすぐ)
内容 首都圏精神科作業療法連絡協議会は,精神科作業療法士の知識・技術の向上とネットワーク作りを目指して活動している30年以上続く勉強会です.様々な経験年数,地域,施設の作業療法士が参加しています。
内容は,主に講義形式のレクチャーと事例報告・検討の2本立てで,知識と実践を結び付けられるような構成となっています.その他にも,業務や職場での悩みごと解決のためのグループワークやディスカッションも行っています.

4月28日 精神科デイケア
5月26日 障害者スポーツについて
6月23日 認知矯正療法について(NEAR)
7月28日 障害受容について
8月25日 OT学会予演
9月22日 gambling disorderについて

各月,レクチャーに加え事例報告・検討もあります.

また10月には1泊2日で宿泊での会も実施致します.
詳細URL https://www.facebook.com/syutokenjp/
学生の
参加可否
条件付きで参加可 実習指導者又は養成校教員と一緒に参加
参加費 500円
定員 25名
申込み方法 申込み不要
当日、会場へ直接お越しください
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ syutokenjp@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6303

<2018年度>よこすかOT勉強会 年間スケジュール

名称 <2018年度>よこすかOT勉強会 年間スケジュール
主催 よこすかOT勉強会
日時 毎月1回、第2火曜日19時~21時半(※3月は別日程)
場所 横須賀の京急線「県立大学」駅から徒歩5分、神奈川県立保健福祉大学の研究棟2階 A221教室
内容 神奈川県立保健福祉大学の玉垣努先生を講師に、実技中心にセラピストの技術向上を目的として活動を続けています。
内容は以下の年間予定をもとに、現場で困ったことを講師とともに検討する形で行っています。年度の途中からの参加も問題ありません。
4月10日:基礎I(クラインフォーゲルバッハの運動学,ハンドリング)
5月8日:基礎II
6月12日:臥位I(寝返り含む)
7月10日:臥位II
8月14日:座位I(リーチ含む)
9月11日:座位II
10月9日:立位
11月13日:歩行
12月11日:活動分析アプローチI
1月8日:活動分析アプローチII
2月12日:統合アプローチI
3月21日(祝日・木):まとめ・復習(10:00~16:00)

プレーシング,マニピュレーション,治療的誘導,介助誘導,クリニカルリーズニング等のレクチャーを交えながら行います。
対象 OT, PT
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 30名
申込み方法 申し込み不要
申込み締切 なし
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ thewildflowers83アットマークgmail.com アットマークを@に変換してください!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6265

動作時に体幹を使えるようになるための徒手アプローチ研修会

名称 動作時に体幹を使えるようになるための徒手アプローチ研修会
主催 国際統合リハビリテーション協会
日時 平成30年9月8日(土)10:00~16:00
場所 東京都内で調整中
内容 ・体幹機能の不活性因子を改善する ○肋間リリーステクニック ○腹部ポンピングテクニック ○大腰筋~腸骨筋間リリーステクニック
・体幹機能を活性化する ○Transversusabdominismuscle(TAM)促通テクニック
・活性化した動作時に使えるようにする
詳細URL https://iairjapan.jp/events/ev……core_tokyo
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 10,000円(税抜き)
定員 40名
申込み方法 下記よりお申し込みください
https://iairjapan.jp/events/ev……core_tokyo
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ kanto@iairjapan.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6216