Tag: 2018/8

第106回横浜CBTに集う会「マインドフルネスの夏夜 2018」

名称 第106回横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)「マインドフルネスの夏夜 2018」
主催 横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)
日時 平成30年8月23日(木)19時~21時
場所 ウイリング横浜 11階会議室2
京急線、横浜地下鉄線上大岡駅徒歩数分
内容 テーマ:「マインドフルネスの夏夜 2018」
話題提供者:魚岸 実弦 さん (作業療法士 横浜舞岡病院)
ひとこと:昨年に引き続き、真夏の夜をマインドフルに過ごしましょう。今回は、マインドフルネスのルーツである禅についても触れながら、生活に取り入れることができそうなマインドフルネスの技法を紹介します。実践中心の時間となります。お気軽にお越しください。
・セッション1:基本の「マインドフルネス呼吸法」
・セッション2:他人に対する慈しみを育てる「優しさのマインドフルネス」
・セッション3:「食のマインドフルネスエクササイズ」
・おまけ:想いを綴る「マインドフルネ詩」

参加要件:どなたでもご参加できます(当日お気軽にお越しください)
詳細URL 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
対象 認知行動療法に興味や関心がある人ならどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 500円(会場費・資料代、学生は無料)
定員 なし
申込み方法 申し込みは不要ですが、ホームページよりメールをいただけるとありがたいです。
申込み締切 なし。当日お越しください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
備考 本会の詳細や年間予定等が本会ホームページにあります。
サンドウィッチやおにぎりを食べながらご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6671

3 Dプリンタで自助具を作ってみよう!

名称 3 Dプリンタで自助具を作ってみよう!
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 2018年8月18日(土)13時30分から15時30分
場所 Socionet, Inc.(ソシオネット株式会社)  
東京都千代田区九段北一丁目14番12号 郵船九段ビル
https://goo.gl/QwzYDW
内容 3Dプリンタで、自助具を作る際に必要な知識と実際の作り方のレクチャーです。
PCを利用してモデリングにも挑戦してみましょう。
時間が間に合えば、出力してお持ち帰りいただくことも可能です。

講師:濱中 直樹(当研究会理事 一級建築士 ファブリケーター)
    林 園子(当研究会代表理事 作業療法士)

内容:
・3Dプリンターの説明
・シェアサイトやCADソフトのご紹介
・上記の使い方のご紹介
・出力体験

注意事項
・お時間の関係で、出力サイズは4センチ立方までとさせて頂きます。
・出力が間に合わなければ、後日受け渡しとなります。
・ご自身のノートPCをお持ち込み頂いても結構です。

 日本作業療法士協会 生涯教育ポイント対象研修(1pt)

主催:一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
詳細URL https://www.ictrehab.com/
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 3500円
当日現金払い
定員 10名( PC貸出・材料費込み)
申込み方法 下記フォームよりお申込みください。
  https://goo.gl/forms/Q0WDpK71JcSlRqos2
(満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6655

3Dプリンターなどのデジタルファブリケーションについて ~現状と活用~

名称 3Dプリンターなどのデジタルファブリケーションについて ~現状と活用~
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 2018年8月18日(土)10時00分から12時00分
場所 Socionet, Inc.(ソシオネット株式会社)  
東京都千代田区九段北一丁目14番12号 郵船九段ビル
https://goo.gl/QwzYDW
内容 3Dプリンタを含むインターネットに繋げられるデジタル工作機械を利用したモノづくり、
「デジタルファブリケーション 」に関する理解を深め、医療・ケアの現場での活用法と最新動向に触れる機会です。
この機会に是非皆様ご参加ください。

講師:濱中 直樹(当研究会理事 一級建築士 ファブリケーター)
    林 園子(当研究会代表理事 作業療法士)

内容:
・デジタルファブリケーション とは
・デジタルファブリケーションを活用したモノづくり・ことづくり
・リハビリテーションやケアにおける最新の動向
・3Dプリンタや素材・ソフトウェアについて

注意事項
 日本作業療法士協会 生涯教育ポイント対象研修(1pt)
主催:一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
詳細URL https://www.ictrehab.com/
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 2000円
当日現金払い
定員 20名
申込み方法 下記フォームよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/uhmHlUAn6jn58zUe2
(満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6654

ワークショップ「すすむVR for リハビリテーション」(PT,OT,ST向け)

名称 ワークショップ「すすむVR for リハビリテーション」(PT,OT,ST向け)
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 2018年8月12日(日)13:00-17:00
場所 中目黒アロマカフェ
東京都目黒区東山1-3-6 クレール東山2F
※地図 https://goo.gl/FCXCDa
※アクセス 中目黒駅徒歩5分(東京メトロ日比谷線/東急東横線)
内容 ICTリハビリテーション研究会では、ICTを活用した新しいリハビリテーションのあり方を考える場として、
今話題の「VR(Virtual Reailty;仮想現実)」の活用を考えるワークショップを開催します。

VRコンテンツを手がける株式会社DoriRobo(ドリロボ)が開発する「すすむVR」を紹介いただき、
VRの体験を交えながら、リハビリテーションの現場での展開を考えます。
触れることで可能性とワクワクを感じられるVRで、一緒に「新しいリハビリテーション」を考えてみませんか?

▼プログラム(予定)
13:00-13:05 開会メッセージ
13:05-13:15 「すすむVR」紹介プレゼン
       スピーカー:永澤文昭(株式会社DoriRobo代表取締役)
13:15-13:55 「すすむVR」体験タイム
       株式会社DoriRoboの「すすむVR」を体験いただきます。
13:55-15:55 アイデアワークショップ
      「VRで生まれる新しいリハビリテーションとは?」
       アイデアソンの手法でVRをリハビリテーションに活用する方法を考えます。
15:55-16:00 閉会メッセージ/各種ご案内
16:00-17:00 アイデアレビュー/懇親会(自由参加・参加費別途1,000円)

▼ファシリテーター
原 亮(ICTリハビリテーション研究会 理事)
濱中直樹(ICTリハビリテーション研究会 理事)
林 園子(ICTリハビリテーション研究会 理事)
永澤文昭(株式会社DoriRobo代表取締役)

▼主催:一般社団法人ICTリハビリテーション研究会、株式会社DoriRobo
詳細URL https://www.ictrehab.com/
対象 ▼参加対象者:以下のいずれかに関心がある作業療法士・理学療法士・言語聴覚士の方
・VRに興味がある (利用したことの有無に関わらず)
・VRを活用したリハビリテーションを生み出したい
・VRを実装したリハビリテーションの展開を狙っている
※リハビリ領域に関係する医療・介護・福祉関係の方も歓迎です。
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 無料
定員 15名(参加対象者をご確認ください)
申込み方法 下記フォームよりお申し込みください。
  https://goo.gl/forms/S8ez0BX6n4csmUKn2
 ※満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6653

ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編×実技体感編~微小重力環境でおこなう筋緊張制御~

名称 ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編×実技体感編~微小重力環境でおこなう筋緊張制御~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年8月3日 (金) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号) 
内容 リハビリ訓練室で行うポジショニングアプローチ、微小重力環境で段階的に筋緊張制御をおこなう治療概念です。

身体質量と重力を拮抗させた環境でポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。低反撥マットレスを数枚重ねてポジショニングを行うこの環境をRehabilitation & Engineering Design -R.E.D.-とし、2010年より研究が開始されました。

身体にかかる重力が小さくなり、収縮の必然性がなくなる筋、腱は、柔軟性を取り戻し、神経や感覚入力と相互作用していきます。変化した身体状況は自律神経系の安定(副交感神経優位)や呼吸、循環へと波及し、過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定に結びついていきます。
長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。
◆理論編  症例結果、研究報告
重力をコントロールしたポジショニングを行うことで、異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果と具体的な症例と共にご紹介します。
○長期療養生活者の筋緊張の緩和と関節拘縮の変化
○慢性閉塞性肺疾患患者の身体機能変化とバイタルの安定
○起居動作全介助の状態から短期間で移動、移乗、ADLを獲得した症例群

◆実技体感編  臨床への応用
○(医学相対性理論、R.E.D.環境の解説)
 訓練場面で低反撥マットレスを重ねてポジショニングをとるだけで、筋緊張の変化から関節拘縮の改善が起こります。この原理を紐解きます。
○(R.E.D.環境を使った訓練場面でのポジショニング実技)
 安定した筋緊張は持続します。再び亢進しても適宜継続して介入することで、姿勢の変化や全介助から自立する症例がみられてきます。この事例を交えながら実践していただきます。
○(R.E.D.を生かした各症例に対してのポジショニング実技)
 R.E.D.環境で簡単に過緊張の筋は緩み、姿勢は変化します。これを疾患別に説明します。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、 看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円(理論編のみ7000円)
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……p?id=16956
申込み締切 2018年8月1日 (水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6624

第11回タナベセラピー八ヶ岳合宿セミナー開催のご案内 「脳血管疾患に対する生活機能改善へのアプローチ」 ~短時間で促通を行いながら、机上課題や屋外歩行の実践まで~

名称 第11回タナベセラピー八ヶ岳合宿セミナー開催のご案内 「脳血管疾患に対する生活機能改善へのアプローチ」 ~短時間で促通を行いながら、机上課題や屋外歩行の実践まで~
主催 タナベセラピー研究会・日本CIセラピー研究会
日時 平成30年8月31日(金)14:30~9月2日(日)12:00までの2泊3日
場所 八ヶ岳美術館ソサエティ https://www.diamond-s.co.jp/yatsugatake/
〒409-1502 山梨県北杜市大泉町谷戸5771-84
内容 1日目:14:30より受付開始15:00より開会式
タナベセラピーコンセプトについて,机上課題での評価・介入の実施とデモンストレーション
2日目:上肢・下肢・歩行への介入:片麻痺当事者様(サポーター)へ実際に実施しながら習得する
3日目:認定検定,机上課題を用いた実践と再評価12:00終了
◎田邉浩文先生と名古屋工業大学の共同開発をされているロボットを用いた治療の見学もあります.
◎詳細なスケジュールは若干の変更が生じる場合があります.
詳細URL フェイスブック タナベセラピー
対象 作業療法士・理学療法士ほか
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 *受講費:20000円(宿泊費は別途)
*宿泊費:2泊3日(素泊まり料金の目安)◎正式な料金は決まり次第,改めてmailにてご連絡いたします.1人部屋:31000円2人部屋:16000円3人部屋:13000円4人部屋:11000円
各部屋には限りがございます.可能な限りご希望の部屋割りを考慮させて頂きますが,
ご希望に添えない場合もございますので,お早めにお申し込みください.
*食事:周辺にはコンビニやスーパーはございません.車での移動が必要です.
ご希望の方にはお弁当を手配いたします.(パノラマ市場より)
ご希望の方は申し込みフォームよりご注文下さい.
5食(8/31:夕食,9/1:朝・昼・夜,9/2:朝)で約4000円
*会場までの送迎:東京・横浜方面よりマイクロバスの送迎を行う予定です.
9:30東戸塚駅発→10:00南町田駅発→会場
◎利用料金:往復で6500円
最少催行人数:20名様(7/31までのお申し込み受付)
注)7/31に送迎バスの運行を決定し,お申し込みをされた方にご連絡いたします.
定員 *受講定員:30名(AI候補生:7名,その他受講生:23名)
受講内容:◎アシスタントインストラクター(AI)養成コース:タナベセラピー認定セラピスト以上
AIを目指す方,現在AI認定所有者の方もブラッシュアップ参加が可能です.
◎認定検定コース:過去にタナベセラピー研修会受講経験のある方
すでに認定されている方で,再度認定希望のブラッシュアップ参加も可能です.
◎研修会受講のみ:過去にタナベセラピー研修会受講経験のある方
認定検定は希望せず,受講のみ希望される方
申込み方法 *申し込み方法:下記のURL  
申し込みフォームからお申し込みください.
https://goo.gl/forms/sOT4peKtTVqlIUhE2
申込み締切 先着順で締め切ります。
生涯教育
ポイント
なし。
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ *問い合わせ先:tanabe.therapy.camp.training@gmail.com(花山友隆)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6622

第19回運動疫学セミナー

名称 第19回運動疫学セミナー
主催 日本運動疫学会セミナー委員会
日時 平成30年8月31日(金)13:00~9月2日(日)16:00まで(2泊3日)
場所 Active Resorts宮城蔵王
〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字鬼石原1-1
(JR仙台駅より、貸し切りバスで約1時間)
内容 運動疫学セミナーは、「身体運動関連分野における疫学マインドを広めること」を目指し、日本運動疫学会の理事・セミナー委員を中心とした運動疫学研究の第一線で活躍する講師陣による体系的でわかりやすい講義とグループワークによる研究計画立案演習で構成される2泊3日のプログラムです。
今年度は新たな試みとして、論文の読み方や文献検索法やそのまとめ方に関する講義・演習など実践的な内容を多く含め、講義と演習のバランスを意識して時間割を組みました。
また、今年度からは非会員の方もご参加頂けることとなり、会員・非会員問わず、研究者ネットワークを広げる絶好の機会にもなっています。セミナーに一度も参加したことがない方、あるいは再度理解を深めたい方の参加を心よりお待ちいたしております。
詳細URL http://jaee.umin.jp/seminar_19.html
学生の
参加可否
参加可 
参加費 【会 員】一般(有職者)40,000円  学生35,000円
【非会員】一般(有職者)45,000円  学生40,000円
定員 30名
申込み方法 申込み・詳細: http://jaee.umin.jp/seminar_19.html
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 問い合わせ:日本運動疫学会セミナー委員会 jaee.seminar@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6620

生活行為向上マネジメント教員および臨床実習指導者向け研修

名称 生活行為向上マネジメント教員および臨床実習指導者向け研修
主催 一般社団法人日本作業療法士協会
日時 平成30年8月5日(日) 9時30分~17時00分 (受付時間 9時)
場所 首都大学東京 荒川キャンパス
(〒116-8551 東京都荒川区東尾久7-2-10)
内容 昨年度より厚生労働省において、「理学療法士作業療法士学校養成施設指定規則および指導ガイドライン」が改定されたことを踏まえて、当協会としては、養成校のみならず、臨床実習施設での実習指導の方法を検討する際に、生活行為向上マネジメントの考え方を反映した指導を導入する方針でございます。
詳しい研修内容については(一社)日本作業療法協会ホームページをご参照下さい。

・「指定規則改正と協会の対応」についての報告
・「MTDLPを用いた診療参加型実習」についての講演
・「学内で生活行為向上を教える工夫」についての講演
・「学生に実践させる実習の工夫」についての講演
・グループワーク
詳細URL (一社)日本作業療法士協会ホームページ
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 4000円
申込み方法 (一社)日本作業療法協会ホームページをご参照下さい。
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ (一社)日本作業療法協会事務局
TEL:03-5826-7871
FAX:03-5826-7872
E-mail: ot-kenshu@jaot.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6619

横浜市地域リハビリテーション活動支援事業セミナー

名称 横浜市地域リハビリテーション活動支援事業セミナー
主催 地域包括ケアシステム推進委員会
日時 2018年8月22日(水)・29日(水) 19:30~20:30 受付19:15
場所 横浜YMCA学院専門学校 6階教室 (関内駅より徒歩5分) http://www.yokohamaymca.ac.jp/……ts/access/
〒231-8458 神奈川県横浜市中区常盤町1-7
内容 【横浜市地域リハビリテーション活動支援事業セミナー】

「地域リハビリテーション活動支援事業」は、地域における介護予防の取組を機能強化するために、通所・訪問・地域ケア会議・住民運営の通いの場などへのリハビリテーション専門職等の関りを促進することを目的とした事業です。
神奈川県作業療法士会は横浜市と連携して、年間50回近くの活動を展開しています。今回のセミナーでは事業の概要や実際の活動の紹介を行います。また、この事業に関わりたいOTの方も募集しております。
ご興味のある方はぜひご参加ください!

【内容】
・横浜市地域リハビリテーション活動支援事業の概要
・作業療法士による活動の紹介
・地域活動における作業療法士の役割
・活動している作業療法士との交流

【講師】
大郷 和成(神奈川県作業療法士会 地域包括ケアシステム推進委員会 担当理事)

※お子様を連れての参加もOKです!
詳細URL https://goo.gl/forms/jJeREOY8afZOdPaz2
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 50名
申込み方法 登録フォームよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/jJeREOY8afZOdPaz2
申込み締切 開催日の3日前
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ ot.chiikicareあっとまーくgmail.com
備考 直接会場へ問い合わせすることはご遠慮ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6618

SIG姿勢保持講習会2018 in 東洋大学

名称 SIG姿勢保持講習会2018 in 東洋大学
主催 SIG(Special Interest Group)姿勢保持
日時 2018年8月4日(土)~5日(日)
場所 東洋大学 朝霞キャンパス 講義棟(3階の予定)
(埼玉県 朝霞市)
内容 SIG(Special Interest Group)姿勢保持は、1987年からリハビリテーションの現場や大学で研究している専門家を講師とした講演会を開催しています。リハビリテーションや療育の現場における利用者のニーズとスタッフの目標に合わせた姿勢保持の考え方と支援技術について情報提供し、具体的に学ぶ場として、毎回様々な職種の方々に参加していただいています。今年も、みなさまのご参加を心よりお待ちしています。
詳細URL http://www.resja.or.jp/posi-sig/
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 日本リハビリテーション工学協会員9000円、SIG姿勢保持会員10000円、協賛団体会員11000円、一般12000円

※どちらか1日のみ参加の場合は
日本リハビリテーション工学協会員5000円、SIG姿勢保持会員6000円、協賛団体会員7000円、一般8000円

※懇親会参加は3000円(暫定)
定員 80名
申込み方法 参加受付はホームページからのお申込みに限らせて頂きます。
http://www.resja.or.jp/posi-sig/
申込み締切 2018年7月27日(金)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ SIG姿勢保持 代表メールアドレス posi-sig@resja.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6617