Tag: 2018/7

ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編~微小重力環境でおこなう筋緊張制御~

名称 ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編~微小重力環境でおこなう筋緊張制御~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年7月26日 (木) 18:45~21:30(受付開始18:30)
場所 府中市立教育センター(東京都府中市 府中町1丁目32番地)
内容 リハビリ訓練室で行うポジショニングアプローチ、微小重力環境で段階的に筋緊張制御をおこなう治療概念です。

身体質量と重力を拮抗させた環境でポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。低反撥マットレスを数枚重ねてポジショニングを行うこの環境をRehabilitation & Engineering Design -R.E.D.-とし、2010年より研究が開始されました。

身体にかかる重力が小さくなり、収縮の必然性がなくなる筋、腱は、柔軟性を取り戻し、神経や感覚入力と相互作用していきます。変化した身体状況は自律神経系の安定(副交感神経優位)や呼吸、循環へと波及し、過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定に結びついていきます。

長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。

◆理論編  症例結果、研究報告
重力をコントロールしたポジショニングを行うことで、異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果と具体的な症例と共にご紹介します。
○長期療養生活者の筋緊張の緩和と関節拘縮の変化
○慢性閉塞性肺疾患患者の身体機能変化とバイタルの安定
○起居動作全介助の状態から短期間で移動、移乗、ADLを獲得した症例群
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、 看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7000円(税込)
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……p?id=16690
申込み締切 2018年7月24日 (金)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6623

第105回横浜CBTに集う会「ひとりでできる、リラクセーションのわかちあい」

名称 第105回横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)「ひとりでできる、リラクセーションのわかちあい」
主催 横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)
日時 平成30年7月26日(木)19時~21時
場所 ウイリング横浜 11階会議室2
京急線、横浜地下鉄線上大岡駅徒歩数分
内容 テーマ:「ひとりでできる、リラクセーションのわかちあい」
話題提供者: 向井清二さん(産業カウンセラー)
ひとこと:話題提供者が公開講座で行っている、リラクセーションワークを体験していただきながら、気づきを分かち合っていただけたらと思っています。
 簡単なアンケートを取りながら進める予定です。

 ワークの内容
  1)「体重を考えます」
  2)「鼓膜に届いている最も小さな音を確認します」
  3)「呼吸、鼓動によって体は揺れています。体の揺れを確認する時間をしばらくとります」
  4)約3分後、「ゆっくりと意識を外に戻していきますできるだけ体の端の方から、指先やまぶたの端からゆっくりと動かしていきます」
詳細URL 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
対象 認知行動療法に興味や関心がある人ならどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 500円(会場費・資料代、学生は無料)
定員 なし
申込み方法 申し込みは不要ですが、ホームページよりメールをいただけるとありがたいです。
申込み締切 なし。当日お越しください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
備考 本会の詳細や年間予定等が本会ホームページにあります。
サンドウィッチやおにぎりを食べながらご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6616

「ADLシーン別研修研修『排泄編』」~福祉用具の使用方法・住宅改修~

名称 「ADLシーン別研修研修『排泄編』」~福祉用具の使用方法・住宅改修~
主催 東京都作業療法士会 福祉用具部
日時 平成30年7月28日 9:30~16:00(受付開始9:15)
場所 首都大学東京 荒川キャンパス 校舎棟3F看護実習室1(東京都荒川区東尾久7-2-10)
内容 昨年の研修「居室・寝室編」の第2弾として「ADLシーン別研修 『排泄編』」~福祉用具の使用方法・住宅改修~」と題し、生活シーンの中で、排泄にまつわる一連の行為にスポットをあてます。具体的には「排泄の概論の講義」の後、トイレに関するリフト、スリングシートの使用方法、選定方法などの実技、排泄に関する最新の福祉用具の紹介、疾病別住宅改修事例の紹介など臨床に役立つ実践的な内容になっています。
詳細URL http://tokyo-ot.com/
対象 東京都作業療法士会員、他県士会員、他職種など
学生の
参加可否
参加可 
参加費 神奈川県作業療法士会員は500円(他職種、会員以外は1,000円)
定員 30名(先着順とさせて頂きます)
申込み方法 Mail:tokyo.ot.yougu*gmail.com              
(*を@に変えて送信してください)
申込み締切 平成30年7月24日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ パナソニック エイジフリー株式会社 船谷(フナタニ) 090-5456-8401
備考 動きやすい服装でお越しください

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6594

リハビリや介護に活用! モノづくり成果発表会

名称 リハビリや介護に活用! モノづくり成果発表会
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 開催日時
2018年7月21日(土)13時30分から15時30分
場所 場所: Socionet, Inc.(ソシオネット株式会社)  
   東京都千代田区九段北一丁目14番12号 郵船九段ビル
    https://goo.gl/QwzYDW
内容 今回は、リハビリや介護の現場に関わる方や当事者の方が自作した自助具・装具などのモノづくり成果発表会を開催してまいります。
3Dプリンタやレーザー加工機などデジタル工作機器やICTを活用したモノづくりから、完全お手製のモノづくりまで、身近な小さな道具も含めてお互いの工夫や思いを共有する場にしたいと考えています。
ぜひ、ご自身で作成したモノとそれにまつわるストーリをお聞かせください。
また、自作はしていないがモノづくりについて知りたいという方もぜひご参加ください。

ファシリテーター:原 亮(当研究会理事)

内容:
(1) モノづくり成果発表
 お一人5分程度で、自分の作品の紹介を行います。
 ・ハンドメイドの部(100均アイテムなどの改造なども歓迎!)
 ・デジタル工作の部(デジタルファブリケーションやICTを活用したモノ)

(2) ステキなストーリーを語り合おう
 作品の工夫点や生まれた経緯など、参加者とシェアします。

(3) トークセッション「オープンとシェアで広がるデジタル工作の可能性」
 当研究会理事から、デジタル化がもたらすモノづくりや世界中の人たちと知見をシェアできる
 魅力について、お話をします。
※会の終了後に個別相談なども承ります。

注意事項
・どなたでも参加できますが、それぞれの立場や思いの違いなどを受け入れることを旨とし、
 他者へ持論を強く押し付けるような議論はご遠慮ください。
・メーカー等の既製商品の宣伝の場ではないので、予めご了承ください。
詳細URL https://www.ictrehab.com/
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 参加費:無料
定員 定員:20名(オンライン参加も可能)
申込み方法 お申込み:下記フォームよりお申込みください。
  https://goo.gl/forms/n9ZyVvqnFSIr6Mrm1
(満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6585

リハビリに活用しよう!今話題の3D プリンター体験会(初めての方向け)

名称 リハビリに活用しよう!今話題の3D プリンター体験会(初めての方向け)
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 開催日時
2018年7月21日(土)10時00分から12時00分
場所 場所: Socionet, Inc.(ソシオネット株式会社)  
   東京都千代田区九段北一丁目14番12号 郵船九段ビル
    https://goo.gl/QwzYDW
内容 「Thingivers」などの3Dモデルシェアサイトを活用し、今話題の3Dプリンターからお好きなものをダウンロード・出力する体験を一緒にしてみませんか?
ドリンクホルダーや食事補助具などの介護・援助グッズはもちろん、アクセサリーやスマホケースなどご興味のあるものなら何でもOKです。
ぜひ、この機会に3Dプリンターを体験してみましょう!

講師:濱中 直樹(当研究会理事 一級建築士 ファブリケーター)
    山下 聖(当研究会理事)

内容:
・3Dプリンターの説明
・「Thingivers」などの3Dモデルのシェアサイトご紹介
・上記の使い方のご紹介
・出力体験

注意事項
・お時間の関係で、出力サイズは4センチ立方までとさせて頂きます。
・出力が間に合わなければ、後日受け渡しとなります。
・ご自身のノートPCをお持ち込み頂いても結構です。
詳細URL https://www.ictrehab.com/
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 参加費:2000円(PCレンタル・材料費込み)
?お支払い方法:当日現金払い
定員 定員:10名
申込み方法 下記フォームよりお申込みください。
  https://goo.gl/forms/SZFEIn4L0g3sXGQG3
(満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6584

車椅子住環境リスクマネジメントセミナー  ~車椅子管理とリスクの視点~

名称 車椅子住環境リスクマネジメントセミナー  ~車椅子管理とリスクの視点~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年7月13日 (金) 18:45~21:30(受付開始18:30)
場所 府中市立教育センター(東京都府中市府中町1丁目32番地)
内容 車椅子の点検不良による事故、職員の意識、身体拘束、姿勢不良からの褥瘡問題にまで発展する車椅子関係因子。このような物理的リスク因子を取り巻くリスクマネジメントを工学技術者の立場から解説・説明、解消します。

リスクの把握 ⇒ 技術の習得(整備、点検技術)⇒ 車椅子の管理と継続 ⇒ このすべてがマネジメント
リスクの因子が出せない様では、問題は見つけられず、当然意識も上がらず、解決ができないという図式になってしまいます。そこで、始めにみなさんとリスクを確認共有し、リスク因子を定義します。この定義から必要な技術、知識を説明し、姿勢管理や姿勢保持、シーティング、フィッティング、褥瘡にまで関係する事を確認しましょう。
定義と技術が習得されれば、そのあとは同じ水準で行えるようにする「管理」と、誰もが再現性ある行動ができるようにする「持続」を考えます。

当セミナーの講師は、車椅子メーカーの技術者として全国を飛び回り、問題と向き合い、解決してきた工学のスペシャリストです。しかも皆さんと同じ、作業療法士。医学の目線からもリスク管理を考え、解決策を研究しました。そのノウハウをたくさんの皆さんと共有し、患者様の明日の安全な生活に生かしてみませんか。
より具体的な行動レベルにまで落とし込むので、「本当にできるのか」という不安がよぎるかもしれません。そのために全国の病院や施設はどうやっているのか、どのようにリスクマネジメントを行い、問題を解決しているのかを提示します。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、 看護師 、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7000円
定員 5名
申込み方法 当協会HPよりお申し込みください http://universalreha.com/
申込み締切 2018年7月11日 (水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6553

神奈川県訪問リハビリテーション実務者研修会2018

名称 神奈川県訪問リハビリテーション実務者研修会2018
主催 神奈川県地域リハビリテーション三団体協議会
日時 平成30年 7月7日(土) 10:00~17:00
      8日(日) 10:00~15:30
場所 横浜リハビリテーション専門学校
内容 1 訪問リハ関連制度改定の概要
2 主体性のあるリハビリテーションについて(インフォーマルサービスの理解)
詳細URL https://kanagawa-houmon.jimdo.com/
対象 1現在訪問リハに従事している方、経験のある方および今後従事する予定のある方
2参加者名簿を各協会(PT、OT、ST)で保管することに了承いただける方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 PT,OT,ST県士会員:4,000円
士会員以外(関連職種を含む):8,000円
定員 100名
申込み方法 神奈川県地域リハビリテーション三団体協議会のウェブサイトからお申し込みください。
https://kanagawa-houmon.jimdo.com/
申込み締切 平成30年6月4日(月)~ 6月 30日(土)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 神奈川県地域リハビリテーション三団体協議会 教育研修局
https://kanagawa-houmon.jimdo.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6544

第15回東京都作業療法学会

名称 第15回東京都作業療法学会
主催 東京都作業療法士会
日時 平成30年7月1日(日)9:30~17:30
場所 首都大学東京 荒川キャンパス(〒116-8551 東京都荒川区東尾久7-2-10)
内容 【テーマ 】「強みを活かす ~作業療法だからできること~」
学会長:齋藤 正洋(東京都リハビリテーション病院)
実行委員長:大場 秀樹(東京都リハビリテーション病院)、大西 健太郎(高齢者在宅サービスセンター西新井)
詳細URL http://tokyo-ot.com/pdf_file/2……102669.pdf
対象 一般社団法人 東京都作業療法士会員、他県作業療法士会員、作業療法士、他職種、作業療法学生、作業療法関連分野の学生
学生の
参加可否
参加可 
参加費 東京都作業療法士会員:2,000円
東京都作業療法士会員以外の作業療法士・他職種:3,000円
2017年以降に免許を取得した東京都作業療法士会員、学部生・専門学生:無料
申込み方法 事前申し込み不要
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ ご不明な点は下記までご連絡ください。
メールアドレス:tokyo.ot2018@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6535

全身の筋緊張制御を行うポジショニングからの 摂食嚥下リハビリテーション理論編 ×実技体感編<

名称 全身の筋緊張制御を行うポジショニングからの 摂食嚥下リハビリテーション理論編 ×実技体感編
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年7月6日 (金) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号) 
内容 【長期療養生活6年、ADL全介助の症例に、局所的ではなく全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。】この内容で、岡山開催の第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表する。

摂食嚥下リハビリテーションの新たな視点と介入手段として、嚥下機能に働きかける直接的なアプローチではなく、ポジショニングによって間接的に過緊張を緩和したことで、長期療養生活から嚥下訓練に移行した症例がありました。
局所的ではなく全身的な筋緊張制御や過緊張の緩和が摂食嚥下機能に及ぼす影響を提案し、その技術論を学んでいただきます。
【プログラム】
■長期療養生活者の過緊張、関節拘縮の変化から関節可動域が改善した症例を提示し、重力をコントロールしたポジショニングを行うことでの様々な効果を報告します。
●誤嚥性肺炎を繰り返し全身関節拘縮、長期療養生活から2カ月後嚥下訓練導入開始。上記の筋緊張のコントロールが誤嚥性肺炎を繰り返す長期療養生活を送る症例に変化をもたらした。局所的ではなく全身的な過緊張の緩和が摂食嚥下に影響する事実を提案します。
●頸髄不全損傷、長期療養、全身関節拘縮、起居動作全介助の状態から介入4回目で端座位、24日目で車いす自操、32日目でADLを獲得した症例。この症例のポジショニングR.E.D.方法と技術伝達。
●実際の介入方法や技術論、ポジショニングR.E.D.の具体的内容を伝達、また技術指導。

■臨床への応用
●(医学相対性理論、R.E.D.環境の解説)
訓練場面で低反撥マットレスを重ねてポジショニングをとるだけで、筋緊張の変化から関節拘縮の改善が起こります。この原理、理論を紐解きます。
●(R.E.D.環境を使った訓練場面でのポジショニング実技)
安定した筋緊張は持続します。再び亢進しても適宜継続して介入することで、姿勢の変化や全介助から自立する症例がみられてきます。この事例を交えながら実践していただきます。
●(R.E.D.を生かした各症例に対してのポジショニング実技)
R.E.D.環境で簡単に過緊張の筋は緩み、姿勢及び嚥下機能は変化します。これを疾患別に説明します。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、言語聴覚士、理学療法士、看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=61927
申込み締切 2018年7月3日 (火)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6532

認知症アップデート研修

名称 認知症アップデート研修
主催 神奈川県作業療法士会 認知症対策委員会
日時 平成30年7月1日(日)10時00分~16時35分(受付9時30分~)
場所 横浜リハビリテーション専門学校8階講堂(JR横須賀線「東戸塚駅」東口より徒歩3分 http://ycr.iwasaki.ac.jp/access.html
内容 日本作業療法士協会からの委託業務として、神奈川県作業療法士会認知症対策委員会は地域・介護・医療のどの領域においても認知症に対応できる作業療法士を確保するために、全国共通して認知症に関する最新かつ最低限の知識を修得していただくことを目的に研修会を開催します。受講された方には「修了証」が発行されます。
講義I「認知症の障害の本質と認知症原因疾患への理解」
講義II「行動・心理症状の原因・背景および障害構造の理解」
講義III「世代を超えた認知症介護」
講義IV「世界および日本における認知症の課題」
講義V「認知症作業療法におけるアセスメントとマネジメント」
対象 神奈川県作業療法士会の会員で今年度会費納入済みの方
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 3000円(当日、会場にて現金でお支払い下さい)
定員 80名(事前申込制・先着順)
申込み方法 申込用アドレスに下記内容を記入してお申込み下さい。

件名「認知症アップデート研修参加申込」
1:氏名
2:会員番号
3:所属先(病院・施設名)
4:連絡先(電話番号)

申込アドレス
ken-ot@kana-ot.jp
申込み締切 平成30年5月28日(月)~6月9日(土)まで
生涯教育
ポイント
日本作業療法士協会生涯教育ポイント付与2ポイント対象です
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 神奈川県作業療法士会 認知症対策委員会 担当:杉本・椎野
orange.ninchishoutaisakuiinkai@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6523