Tag: 2018/6

第104回横浜CBTに集う会「YPS横浜ピアスタッフ協会プロデュース  とことん語ろうCBT & YPS!」

名称 第104回横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)「YPS横浜ピアスタッフ協会プロデュース  とことん語ろうCBT & YPS!」
主催 横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)
日時 平成30年6月28日(木)19時~21時
場所 ウイリング横浜 11階会議室2
京急線、横浜地下鉄線上大岡駅徒歩数分
内容 テーマ:「YPS横浜ピアスタッフ協会プロデュース  とことん語ろうCBT & YPS!」
話題提供者:横浜ピアスタッフ協会(YPS)の皆さん
ひとこと:
・YPS最大の主催イベント、6月8日の「第二回神奈川ピアまつり!」を受けて
・まつりの熱気、大騒ぎ、対話、交流…
・まつり参加者一人一人の、思い、考え、気付き…
・CBTに集う会にて、それを踏まえて対話ができたら
・より良い医療・福祉、より良い社会を実現するためにできることは何か
・OTとピアの協働でできることは何か
・対話、対話、対話…
・対話を通じて意識を増やしていく
・そして、歌い、踊り、身体感覚へ意識を向ける…CBTとYPSが共鳴する実践
・今回のCBTでは、ぜひ皆様と本音で対話をしたいです!!

どうぞよろしくお願いします!
詳細URL 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
対象 認知行動療法に興味や関心がある人ならどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 500円(会場費・資料代、学生は無料)
定員 なし
申込み方法 申し込みは不要ですが、ホームページよりメールをいただけるとありがたいです。
申込み締切 なし。当日お越しください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
備考 本会の詳細や年間予定等が本会ホームページにあります。
サンドウィッチやおにぎりを食べながらご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6545

作業療法地域連携会@sagamihara研修会

名称 作業療法地域連携会@sagamihara研修会
主催 作業療法地域連携会@sagamihara
日時 平成30年6月22日(金) 19:00~21:00〔受付18:30〕
場所 ユニコムプラザさがみはら セミナールーム2
内容 【第23回研修会(症例発表会)】
9月に名古屋で開催される第52回日本作業療法学会で演題発表をする6名の方による発表会を行います。
1演題20分のディスカッション時間を設定して、じっくりとざっくばらんに意見交換を行えればと思います。
詳細URL http://sagamiharaot.jimdo.com/
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1,000円(学生500円)
定員 80名
申込み方法 事務局メールに下記事項をご連絡ください。
件名:第23回研修会申込み
1.氏名:
2.所属先:
3.職種:
4.経験年数:○年目

〔事務局メールアドレス〕
sagamiharatmrkあっとまーくyahoo.co.jp
 ※あっとまーくを@(半角)に変換してください。
申込み締切 平成30年6月20日(水)17:00まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 〔事務局〕
さがみリハビリテーション病院
Tel:042-773-2022
メール:sagamiharatmrkあっとまーくyahoo.co.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6543

第93回横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会

名称 第93回横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会
主催 横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会
日時 2018年6月30日(土) 9:30~12:00
場所 横浜市イギリス館(神奈川県横浜市中区山手町115-3)
2階 集会室
内容 テーマ:交通外傷により高次脳機能障害を呈した若年の症例~進路選択に向けて~
1症例について、回復期の担当OT、生活期の担当OTがそれぞれプレゼンテーションをします。その内容にもとづき、ディスカッションを行います。
対象 OT PT ST 心理 生活支援員 など
学生の
参加可否
参加可 
参加費 50円程度(会場費を参加者で折半します)
定員 10名
申込み方法 以下にメールでお申込みください。
ykhm-cvariha@hotmail.co.jp
申込み締切 定員に達し次第
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 以下にメールでお問い合わせください。
ykhm-cvariha@hotmail.co.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6542

ポジショニングToシーティング 理論編×実技体感編~シーティングをポジショニングから行う姿勢制御アプローチ~

名称 ポジショニングToシーティング 理論編×実技体感編~シーティングをポジショニングから行う姿勢制御アプローチ~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年6月17日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号)
内容 ポジショニングから身体の筋緊張のコントロール(リラクゼーションを含む)や身体輪郭、身体の軸意識等の感覚入力や関節可動域の改善を行なってから、座位というシーティングに移行する
訓練方法があります。
これが「ポジショニング To シーティング」アプローチです。

みなさんは、シーティングやフィッティングを行なっていて、どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害)
そんな時、適切な訓練やケアの後に代償手段として、リクライニング車椅子やチルト車椅子を処方したリ、座位保持装置等の代償手段や環境調整を検討するでしょう。
この考えを払拭してください。

座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。
このアプローチは、高価な車椅子やシーティングシステムのようなモノに頼るのではく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで全く新しいシーティング技術です。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=61322
申込み締切 2018年6月15日 (金)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6520

車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー ~医療従事者でありながらエンジニア~

名称 車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー ~医療従事者でありながらエンジニア~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年6月10日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 府中市立教育センター
(東京都府中市府中町1丁目32番地)
内容 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線から実際にできるようになるまで丁寧にお教えします。

<車椅子設計身体採寸と適合選定>
車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなく自身の目線から車椅子を選定できます。その瞬間、タイヤの付いたただの椅子は治療技術や治療器具となるでしょう。
車椅子を自分で採寸し選定できれば、車椅子という治療器具を通じて、在宅でもリハビリの治療効果が持続することになります。「そうはいっても難しいだろう」「そのときは習得できてもすぐに忘れてしまいそう」「忙しくてそこまでは…」と考える方もいるでしょう。でも、ポイントを絞れば実は簡単で短時間にできてしまいます。
●車椅子の構造やメカニズムを徹底的にお見せします。動画やイラスト、DVDを用いてわかりやすく、注釈を講師が説明しながら行います。
●車椅子の測り方。車椅子に座るための身体寸法の測り方を伝授します。測り方がわかれば、シーティングという設計製図の子供のような技術は簡単に習得できます。まずは製図という幹を学んでいただけたらと思います。
●処方箋の書き方。図面の書き方。自分でイメージした具像を形にします。大丈夫、ポイントを絞るので簡単にできます。
●車椅子の適合。車椅子の選定(症例を交えて実践的にやりましょう)

<車椅子メンテナンス>
車椅子のメンテナンスを怠る事で、ブレーキが効かず、後方へ転倒したり、車椅子上から滑落する事故が依然聞かれています。臨床での、このような事故を回避するため、車椅子の調整は各病院や施設で取り組まれているかと思います。しかし、道具は何を使ったらいいのか、どこを調整すればいいのか、やってみたけどわからない。さまざまな問題や早い対応に差し迫り、不必要な道具を買ってしまったり、業者さんを呼んで余計な出費や時間を割いていませんか。
そのような問題を解消するため、的確で効率のよいメンテナンス方法と調整のポイントをわかりやすく簡単にご説明します。
●車椅子の構造からメンテナンスのポイント
●タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応、時間があればパンク修理もやってみましょう。
●メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関りをご説明し、簡単なADLシーティングのポイントの実演、実技をします。たとえば、フットサポートの調整やメンテナンスと、知名度の高いバックサポートの張調整。この2か所の調整で姿勢は見違えるほど変わります。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15,000円 (税込)
車椅子設計採寸技術セミナーのみ:7,000円(採寸用キットセットプレゼント)
車椅子メンテナンスセミナーのみ:8,000円(メンテナンス用工具セットプレゼント)
※当日受付にてお支払いください。
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=61359
申込み締切 2018年6月7日 (木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6511

車椅子の麻痺側ブレーキを、こんな感じで目立たせよう

名称 車椅子の麻痺側ブレーキを、こんな感じで目立たせよう
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 2018年6月22日(金)19:00-21:00 (開場18:45)
場所 Socionet, Inc.(ソシオネット株式会社)  
東京都千代田区九段北一丁目14番12号 郵船九段ビル
https://goo.gl/QwzYDW
内容 麻痺のある側の車椅子のブレーキ、ラップの芯を挿すだけになっていませんか?
楽しく、その方その方の個性に合わせてアレンジすれば、注意が届きやすく、
ブレーキのかけ忘れが防げて、転倒予防につながります。
おしゃれで個性を活かして目立たせる方法のご提案を、3Dプリンタを活用して実施させて頂きます。
皆さんのアレンジアイディアをお待ちしております!

講師:濱中 直樹(当研究会理事 一級建築士 ファブリケーター)
    林 園子(当研究会代表理事 作業療法士)

内容:
・3Dプリンターの説明
・「Thingivers」などの3Dモデルのシェアサイト、「TinkerCad」などのモデリングソフトのご紹介
・上記の使い方のご紹介
・出力体験

注意事項
・出力が間に合わなければ、後日受け渡しとなります。
・ご自身のノートPCをお持ち込み頂いても結構です。
詳細URL https://www.ictrehab.com/
学生の
参加可否
参加可 
参加費 一般会員・初回参加 3500 円 ※2回目以降 3200円
 正会員・初回参加 3000円 ※2回目以降 2900円
 学生 1500円
(材料費込み)
当日現金払い
定員 10名
申込み方法 下記フォームよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/ysD0fIc6s2lVnPwJ3
(満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6507

日本作業行動学会第28回学術集会

名称 日本作業行動学会第28回学術集会
主催 日本作業行動学会
日時 日時:平成30年6月16日(土)~17日(日)
受付開始:16日12:00~(教育セミナー参加者は9:30~10:00受付開始)
     17日8:30~
場所 場所:首都大学東京荒川キャンパス
住所:東京都荒川区東尾久7-2-10
内容 大会テーマ:「再考:理論としてのセラピスト自己活用とは」 
            今再びの自己活用<磨かれるわざ;態度・技術・職業>
特別講演:講師レニー・テイラー(イリノイ大学作業療法学科)
     「A mixed theoretical and practical lecture on what client-centered practice really
is combines IRM and MOHO」
大会長講演:大会長 鎌田樹寛(北海道医療大学大学院)
     「健康増進・予防的観点からのアプローチ~滝川市65歳大学を経験して~」
教育セミナー:講師 山田 孝(日本人間作業モデル研究所)
      「人間作業モデルスクリーニングツール(MOHOST)の活用」
 
詳細URL https://jsob28th.wixsite.com/j……28th-tokyo
対象 ・神奈川県作業療法士会会員 
・他都道府県士会会員
・OT養成校在学の学生(大学院も含む)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 当日参加受付

 会員 8,000円(両日参加) 5,000円(1日参加)
 非会員 9,000円(両日参加) 6,000円(1日参加)
 学生   2,000円

教育セミナー(1日目午前)について
 会員  3,000円 非会員 4,000円 学生 500円
 *教育セミナーへの参加希望の方については、当日受付のみとなります。

事前参加登録で学生を除き一律2000円の割引があります。
申込み方法 事前参加登録は公式HPから受付可能 (締め切り6月2日)
当日参加・教育セミナーの参加は会場での受付となります。
生涯教育
ポイント
1日参加2ポイント 両日参加4ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 北海道中央労災病院 中央リハビリテーション部 三宮孝太 宛
Eメール:jsob28th@gmail.com 

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6506

リハビリに活用しよう!今話題の3Dコラボモデリング体験会

名称 リハビリに活用しよう!今話題の3Dコラボモデリング体験会
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 2018年6月16日(土)13時30分から15時30分
場所 Socionet, Inc.(ソシオネット株式会社)  
東京都千代田区九段北一丁目14番12号 郵船九段ビル
https://goo.gl/QwzYDW
内容 3Dプリンターから出力する前のモデリングを一緒に学んでいきましょう!
今回は、無料で利用できる初心者向け3Dモデリングソフト「TinkerCad」を活用し、複数人で同じ作業画面で製作を行います。
ご自身やチームで考えたものが形になっていく様子は、とても楽しいですよ!
ぜひ、この機会に3Dモデリング体験を一緒にしてみませんか?

講師:
濱中 直樹(当研究会理事 一級建築士 ファブリケーター)
山下 聖(当研究会理事)

内容:
・3D CADソフト「ThinkerCad」の使用法レクチャー
・3Dモデリング
・感想のシェア

注意事項
・ご自身のノートPCをお持ち込み頂いても結構です
・モデリングされたものの出力はご希望により可能です(※別途費用)
詳細URL https://www.ictrehab.com/
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 1000円(PCレンタル代込み)
当日現金払い
定員 10名
申込み方法 下記フォームよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/ZZs1qzoiYvLQq8oF3
(満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6494

リハビリに活用しよう!今話題の3D プリンター体験会(初めての方向け)

名称 リハビリに活用しよう!今話題の3D プリンター体験会(初めての方向け)
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 2018年6月16日(土)10時30分から12時30分
場所 Socionet, Inc.(ソシオネット株式会社)  
東京都千代田区九段北一丁目14番12号 郵船九段ビル
https://goo.gl/QwzYDW
内容 「Thingivers」などの3Dモデルシェアサイトを活用し、今話題の3Dプリンターからお好きなものをダウンロード・出力する体験を一緒にしてみませんか?
ドリンクホルダーや食事補助具などの介護・援助グッズはもちろん、アクセサリーやスマホケースなどご興味のあるものなら何でもOKです。
ぜひ、この機会に3Dプリンターを体験してみましょう!

講師:
濱中 直樹(当研究会理事 一級建築士 ファブリケーター)
山下 聖(当研究会理事)

内容:
・3Dプリンターの説明
・「Thingivers」などの3Dモデルのシェアサイトご紹介
・上記の使い方のご紹介
・出力体験

注意事項
・お時間の関係で、出力サイズは4センチ立方までとさせて頂きます。
・出力が間に合わなければ、後日受け渡しとなります。
・ご自身のノートPCをお持ち込み頂いても結構です。
詳細URL https://www.ictrehab.com/
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 2000円(PCレンタル・材料費込み)
当日現金払い
定員 10名
申込み方法 下記フォームよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/uEWQDWMZvlJ8NowG3
(満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6493

ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編×実技編~微小重力環境でおこなう筋緊張制御~

名称 ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編×実技編~微小重力環境でおこなう筋緊張制御~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年6月30日 (土) 13:30~21:30(受付開始13:15)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号) 
内容 身体質量と重力を拮抗させた環境でポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化が長時間持続するという臨床研究が発表されました。低反撥マットレスを数枚重ねてポジショニングを行うこの環境をRehabilitation & Engineering Design -R.E.D.-とし、2010年より研究が開始されました。
長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張に対する関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。
◆理論編  症例結果、研究報告
重力をコントロールしたポジショニングを行うことで、異常筋緊張に変化が起こり、姿勢、動作、ADLに影響した研究結果と具体的な症例と共にご紹介します。
○長期療養生活者の筋緊張の緩和と関節拘縮の変化
○慢性閉塞性肺疾患患者の身体機能変化とバイタルの安定
○起居動作全介助の状態から短期間で移動、移乗、ADLを獲得した症例群

◆実技編  臨床への応用
○(医学相対性理論、R.E.D.環境の解説)
 訓練場面で低反撥マットレスを重ねてポジショニングをとるだけで、筋緊張の変化から関節拘縮の改善が起こります。この原理を紐解きます。
○(R.E.D.環境を使った訓練場面でのポジショニング実技)
 安定した筋緊張は持続します。再び亢進しても適宜継続して介入することで、姿勢の変化や全介助から自立する症例がみられてきます。この事例を交えながら実践していただきます。
○(R.E.D.を生かした各症例に対してのポジショニング実技)
 R.E.D.環境で簡単に過緊張の筋は緩み、姿勢は変化します。これを疾患別に説明します。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、 看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円(理論編のみ7000円)
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=62542
申込み締切 2018年6月27日 (水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6492