Tag: 2018/12

事例報告登録制度に関する研修会

名称 事例報告登録制度に関する研修会
主催 神奈川県作業療法士会 教育部
日時 12月23日(日)15時~16時30分
13時からの現職者共通研修「事例報告と事例研究」終了後開催します。
場所 ウイリング横浜
内容 神奈川県士会が独自に開催する研修会で、事例報告登録制度の概要、登録方法とコツ等を解説する研修会です。
同日の現職者共通研修の後に同会場にて開催しますので合わせてご参加ください。また2つの研修会は別の研修会となり、受付も別に致しますのでご了承ください。なお、認定作業療法士申請には3事例の事例報告登録が必要です。登録はOT経験1年目から可能です。生涯教育基礎ポイントを2ポイント配布します。

講師 奥原孝幸 氏(OT協会教育部生涯教育委員会生涯教育制度推進担当・県士会 教育部理事・神奈川県立保健福祉大学)
詳細URL 神奈川県作業療法士会ウェブサイトURL: http://kana-ot.jp/
対象 作業療法士のみ
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 神奈川県作業療法士会員:無料
他県士会員:1000円
定員 80名
申込み方法 ★申し込み資格:OT協会及び神奈川県士会員であり会費納入者であることが原則です。他県士会員の方はOT協会員かつ所属士会があることが必要です。なお、他県士会の方も申し込めますが本県士会員を優先する場合があります。OT協会に未入会で受講しても生涯教育制度の必須研修である研修を受講したことにはなりません。OT協会会員証を持参できるように入会手続きをお済ませください。会員番号と生涯教育手帳が届いていない場合には会費払い込み証を入会済み証明としますので必ず持参ください。
★申し込み方法:<電子メールのみ>  *申し込み先と以下の問い合わせ先は異なります。ご注意を!
申し込み先アドレス;<ken-ot@kana-ot.jp>
件名に「○○研修申し込み」とし、1.氏名、2.研修会名と受講テーマ、3.所属、連絡先、4.OT協会会員番号(OT協会会員証がまだ届いていない方は「入会手続き中」と記入し当日会費払い込み証持参)、5.所属士会を送信
★申込期間:8月1日~研修会当日1週間前
申込み締切 研修会当日1週間前
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 神奈川県作業療法士会 教育部 奥原孝幸(神奈川県立保健福祉大学)
 電話:046-828-2738(直) 電子メール:kyoiku@kana-ot.jp
備考 ★注意事項:
1.受付業務の都合上、各回、研修会ごとに、また会員各個人にて申し込み下さい。研修会一括や職場でまとめての申し込みは受け付けません。
2.申し込み受付者には受付番号を返信します。しばらくして返信がない場合申し込み先までご確認ください。
3.当日はOT協会の会員証(届いていない場合会費払い込み証)と生涯教育手帳をご持参ください。会員番号を確認し、手帳内受講記録に受講印を押印します。手続き上手帳がまだ届いていない方は領収書をお渡ししますので、届きましたら押印手続きをお願いします。
4.申し込みのない当日直接の参加はできません。また遅刻・早退の場合受講修了印は押せません。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6695

ILPT腰痛治療セミナー「腰に触れる前に知っておきたい!腰痛改善法の大原則」(横浜)

名称 【複合的腰痛アプローチ】ILPT腰痛治療セミナー「腰に触れる前に知っておきたい!腰痛改善法の大原則」
主催 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
日時 2018年12月02日(日)9時50分から16時50分
場所 横浜市金沢産業振興センター
http://www.idec.or.jp/shisetsu……access.php
内容 ~腰に触れる前に知っておきたい!腰痛改善法の大原則~
講師:赤羽秀徳((社)国際統合リハビリテーション協会理事、理学療法士、選択理論心理士)
内容:「心身の健康」につながる行動を「自ら選択」できることを援助する対話的アプローチ技法の講義、治療デモ、および実技を実施。その技法は、子育て、夫婦関係など、大切な人との関わり方をより良くするためにも幅広く活用可能。
【参加者の声】「翌日から、臨床が激変しました!患者さんと向き合えている感じがします」「私の関わり方が、腰痛をつくりあげていたかも?と気づきました」「腰痛の見方が180度変わりました」「即効性に驚きました」「今回の内容は目から鱗でした!」など。
詳細URL https://iairjapan.jp/backpain
対象 医師、PT,OT、ST
学生の
参加可否
参加可 
参加費 12,852円(税込み)
定員 30名(先着順)
申込み方法 こちらのリンクよりお願いします。 https://1lejend.com/stepmail/k……RnMylTcawy
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人 赤羽総合腰痛研究所 office@akahalabo.com  までメールでご連絡ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6639

2018年度 神奈川活動分析研究大会 演題募集

名称 2018年度 神奈川活動分析研究大会 演題募集
主催 神奈川活動分析研究会
日時 大会日時:2018年12月2日(日)
応募締め切り:2018年7月末
場所 詳細が決定次第、ホームページにて情報を更新します。
詳細URL https://kanagawakatubun-home.j……udy-group/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6560

第8期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース【触診が苦手な方限定】

名称 【触診が苦手な方限定】第8期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース
主催 療法士活性化委員会
日時 第8期 10月6,7日 11月3,4日 12月1,2日
9:30~16:30
場所 ウィリング横浜 ゆめおおおかオフィスタワー
〒233-0002 横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内
内容 3ヶ月で触診とアプローチ法を習得。信頼される療法士の土台を作る。
【テーマ】 触診を通して患者様・利用者様のリハビリをデザインできるようになる。
【内容】 
1か月目 体幹編
2か月目 上下肢編1
3か月目 上下肢編2
それぞれ触診・関節モビライゼーション・筋膜リリース・症例検討等を行います。
*詳しい内容はHPよりご確認ください。 http://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
詳細URL http://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 受講料が36,000円になります。
参加費 6日間で59,800円(税込)
*テキスト代含む
*分割でのお支払いも可能です。
定員 24名(先着締め切り)
(講師・スタッフが一人ひとり触診部位を確認し、修得することを第一とするため少人数にさせていただきます。 )
申込み方法 お申込みは セミナーHPよりお願いします。
http://lts-seminar.jp/syokushinbasic/
申込み締切 前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 療法士活性化委員会 事務局加藤まで
lts-info@lts-seminar.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6406

<2018年度>よこすかOT勉強会 年間スケジュール

名称 <2018年度>よこすかOT勉強会 年間スケジュール
主催 よこすかOT勉強会
日時 毎月1回、第2火曜日19時~21時半(※3月は別日程)
場所 横須賀の京急線「県立大学」駅から徒歩5分、神奈川県立保健福祉大学の研究棟2階 A221教室
内容 神奈川県立保健福祉大学の玉垣努先生を講師に、実技中心にセラピストの技術向上を目的として活動を続けています。
内容は以下の年間予定をもとに、現場で困ったことを講師とともに検討する形で行っています。年度の途中からの参加も問題ありません。
4月10日:基礎I(クラインフォーゲルバッハの運動学,ハンドリング)
5月8日:基礎II
6月12日:臥位I(寝返り含む)
7月10日:臥位II
8月14日:座位I(リーチ含む)
9月11日:座位II
10月9日:立位
11月13日:歩行
12月11日:活動分析アプローチI
1月8日:活動分析アプローチII
2月12日:統合アプローチI
3月21日(祝日・木):まとめ・復習(10:00~16:00)

プレーシング,マニピュレーション,治療的誘導,介助誘導,クリニカルリーズニング等のレクチャーを交えながら行います。
対象 OT, PT
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 30名
申込み方法 申し込み不要
申込み締切 なし
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ thewildflowers83アットマークgmail.com アットマークを@に変換してください!

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6265