Tag: 2018/12

初心者でもわかる!!足部の評価と治療

名称 初心者でもわかる!!足部の評価と治療
主催 進リハの集い
日時 2018/12/16(日)
受付9時30分
セミナー時間:10時00分~16時00分
場所 ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
10階介護実習室2
内容 評価(10:00~12:00)
足部の背臥位及び立位での全体的評価
・足部の骨触診
・靭帯の触診
・距腿関節、距骨下関節の評価
・足部の運動解剖学(背屈と底屈時の足関節の状態とその関節運動)
・足底圧重心の変化と筋活動
・解剖生理学に基づいた足関節周囲筋群の触診と評価
・足部周辺の筋とアーチに対する評価

実技(13:00~16:00)
・触診に必要な触り方とセラピストのポジショニング
・靭帯ストレステストの掛け方
・足部から見る運動連鎖
・筋に対するリリース法
・足関節戦略に対する評価
・足部に対する運動療法
詳細URL https://www.shinreha.com/blank-41
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 9000
定員 40
申込み方法 HPより
申込み締切 開催前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HPより

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6888

デイで効果を上げるためのリハ・プログラムセミナー(東京会場)

名称 デイで効果を上げるためのリハ・プログラムセミナー(東京会場)
主催 日本通所ケア研究会
日時 2018年12月15日(土)10:00~15:30
場所 国際ファッションセンター
(東京都墨田区横網1丁目6-1)
内容 【参加のポイント】
・学ぶべき運動の正しい理解
・効果的なリハビリテーション推進するための指導方法
・運動学と老年医学を踏まえた効果的アプローチの実践

【セミナー内容】
(1)ご利用者が改善を実感できるリハビリテーションとは
(2)効果的なリハビリテーションを提供することが困難な場合とは
(3)集団活動が適応ではないご利用者へのアプローチ
(4)効果を出すための正しいアセスメントと正しいトレーニングの提示
(5)ケアマネ、本人、家族へ説明すべき「資料」
(6)やる気アップにつながる即時効果が出る運動プログラムの紹介
(7)機能訓練、リハ担当以外も目標が分かり、自分の役割が明確になるフローチャート
(8)ご利用者の奥に潜む課題の本質を理解する
(9)マズローの欲求5段階説を応用した心身の評価方法とその活用方法
(10)ご自宅でも継続的に自主トレーニングができる運動方法
(11)痛みの部位別・タイプ別運動方法
(12)これは使える!老年医学に基づいたプログラム作成の工夫
(13)運動学と老年医学を踏まえた効果的リハビリテーションアプローチ
(14)通所サービスの特徴と心身機能の評価 ほか

【講師】
小幡 匡史氏(合同会社Think Body Japan 代表社員/理学療法士 )
詳細URL https://www.tsuusho.com/skill/……a_program/
学生の
参加可否
参加可 介護・医療・福祉分野に携わる方
参加費 12,000円(税・資料代込)
定員 40名
申込み方法 公式ホームページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【公式ホームページ】
https://www.tsuusho.com/skill/……a_program/

【資料請求・お問い合わせ】
日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com
申込み締切 当日受付可
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6872

摂食・嚥下障害で効果が出せる知識と技術セミナー

名称 摂食・嚥下障害で効果が出せる知識と技術セミナー
主催 日本通所ケア研究会
日時 2018年12月8日(土)10:00~15:30
場所 国際ファッションセンター
(東京都墨田区横網1丁目6-1)
内容 【参加のポイント】
・正しい食事姿勢・食物残留音・呼吸状態の注意点が分かる
・摂食・嚥下へのアプローチに必要な知識と技術の共有の必要性が分かる
・翌日の現場ケア・リハビリテーション場面ですぐに使える実技を体験

【内容】
(1)頭頸部の特徴
(2)機能解剖
(3)運動学
(4)筋収縮の生理学
(5)神経機構とその障害
(6)姿勢と嚥下の関係
(7)くびの角度と嚥下
(8)誤嚥防止機構と姿勢
(9)ポジショニング
(10)治療的誘導と介入
(11)筋の形態と徒手的治療手技
(12)まとめ ほか

【講師】
森 憲一氏(大阪回生病院リハビリテーションセンター 技師長/理学療法士 )
詳細URL https://tsuusho.com/skill/swallowing/
対象 介護・医療・福祉分野に携わる方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 12,000円(税・資料代込)
定員 40名
申込み方法 公式ホームページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【公式ホームページ】
https://tsuusho.com/skill/swallowing/

【資料請求・お問い合わせ】
日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com
申込み締切 当日受付可
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6871

脊髄損傷作業療法研究会

名称 脊髄損傷作業療法研究会
主催 脊髄損傷作業療法研究会
日時 2018年12月1日(土)/2日(日)
場所 神奈川リハビリテーション病院 3F研修室
内容 テーマ:脊髄損傷者へのリハビリテーション(脊髄損傷者の介助法・治療/完全・不全損傷者の理解と介入)

概要:脊髄損傷者の障害像を、クラインフォーゲルバッハの運動学や生態心理学の理論を踏まえ、臨床における脊髄損傷者の生活行為への介入方法を理解する

コースリーダー:一木愛子 講師:玉垣 努 對間 泰雄  高橋 大樹 他
詳細URL https://sciot1994.wordpress.com
対象 OT、PT
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 15,000円
定員 36名
申込み方法 研究会HPの申し込みメールフォームにて受付
https://sciot1994.wordpress.com
申込み締切 2018年10月22日(月)~11月2日(金)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ メール:sciot1994@yahoo.co.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6870

事例を通して学ぶ人間作業モデルにおけるクライアントへの介入

名称 事例を通して学ぶ人間作業モデルにおけるクライアントへの介入
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2018年12月16日(日)
10:00~16:00 (途中,昼休憩あり)
場所 横浜市健康福祉総合センター 8 F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

人間作業モデルの臨床での考え方,実践について,複数の事例を通して学んでいきます.評価から介入までの一連の流れを感じることが出来るような内容となっています.
みなさんにも馴染みのあるICFも用いながら,MOHOへと発展させていきますので,MOHOを知らない方,学び始めた方でも大丈夫です.人間作業モデル(MOHO)を用いた臨床実践を知りたい方,行い方,是非ご参加下さい!
対象 作業療法士,作業療法学生(領域,学年を問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士 5000円
作業療法学生 2000円
定員 40名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい

メール記載内容
件名:2018年12月16日参加申し込み
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス 
申込み締切 2018年12月12日まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6864

第22回作業科学セミナー 参加とコラボレーション -作業について共に学び合う-

名称 第22回作業科学セミナー 参加とコラボレーション -作業について共に学び合う-
主催 日本作業科学研究会
日時 2018.12/8(土)・9(日)
場所 首都大学東京荒川キャンパス
内容 特別講演:ビョーン=オーレカム (京都大学 講師)
佐藤剛記念講演:西野歩 (煌めく返り花プロジェクト)
基調講演:デッビ・ラリベテ=ルドマン (ウェスタン大学 カナダ)
ワークショッフ?
演題発表
詳細URL http://www.jsso.jp/
学生の
参加可否
参加可 
参加費 両日参加 会員(7,000 円),非会員(10,000 円),学生(3,000 円)
1 日参加 会員(5,000 円),非会員(7,000 円),学生(3,000 円)
※昼食用弁当をご希望の方は一つにつき1000円頂きます。
※初日のセミナー終了後に懇親会を企画しております。参加を希望される方は別途5000円の参加費を頂きます。
申込み方法 http://www.jsso.jp/
上記リンクより、お申し込み下さい。
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ osseminarjsso@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6862

脳と神経と運動器、その有機的な連携

名称 脳と神経と運動器、その有機的な連携
主催 第24回 作業療法地域連携会 @Sagamihara
日時 開催日:平成30年12月2日(日)
時間:9:00~16:30(予定)
場所 未定
内容 1)講義:脳神経・循環器系のフィジカルサインとその判断について
2)事例検討:脳神経・循環器疾患の既往を持つ症例へのアセスメント
対象 OT/PT/ST/Ns/Dr/MSW/介護/その他
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1000円(学生:500円)
定員 未定
申込み方法 sgamiharatmrk@yahoo.co.jpに
(1)氏名
(2)所属・施設名称
(3)職種(OT/PT/ST/Ns/Dr/MSW/介護/その他)
(4)経験年数
(5)当日連絡の取れる電話番号またはメールアドレス
(6)懇親会参加 可 or 否(懇親会有無に関しては当日お伝えします)
を記入し送信してください。

事務局にて確認後、登録確認の連絡をいたします。
申込み締切 未定
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 不明な点がございましたら sgamiharatmrk@yahoo.co.jp へご連絡下さい。
備考 備考:今後情報が更新されますので、ご確認ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6860

明日から使える環境スキル 第5回 ~重度障害者の環境調整編~

名称 明日から使える環境スキル 第5回 ~重度障害者の環境調整編~
主催 神奈川県作業療法士会 神奈川県理学療法士会 共催
日時 平成30年12月1日(土)9:30~16:30(受付開始9:10~)
場所 ウィリング横浜 介護実習室1
内容 明日から使える環境調整スキル第5回 ~重度障害者の環境調整編~

シリーズ第5回では、摂食嚥下についてと、肢体不自由者を対象としたコミュニケーションやICT活用の支援について病院・老健・地域と領域を問わず、明日から臨床ですぐに使える環境調整スキルをお話し頂きます。今回はコミュニケーションとICT活用の支援のご講義で、ALS当事者の方にお話しをして頂く予定です。

【講師名】
「摂食嚥下について」
猪川 尚子 氏(言語聴覚士 県西福祉会 足柄療護園)

「肢体不自由者を対象としたコミュニケーションやICT活用の支援」
濱口 陽介 氏(川崎市北部リハビリテーションセンター)


※今回はSTの方の参加募集も行います。職場の方やお知り合いのSTの方をお誘いあわせのうえ、こちらの要綱よりご連絡下さい。
対象 神奈川県OT士会会員
他都道府県OT士会会員
ST
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 神奈川県OT士会会員2000円
非会員4000円
ST4000円
定員 OT 10名
ST 5名
申込み方法 申し込み用アドレスに下記の内容を添えてお申込み下さい。

件名:明日から使える環境調整スキル第5回申し込み

1.氏名(フリガナ)
2.所属
3.経験年数
4.住所
5.電話番号
6.OT協会番号
7.所属士会

申し込みアドレス
hukushiyougu.2018@gmail.com
申込み締切 定員になり次第締め切ります。お早めにお申込み下さい。
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 神奈川県作業療法士会 制度対策部福祉用具関連事業班
hukushiyougu.2018@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6834

明日から臨床で結果の出せる体幹・下肢セミナー

名称 明日から臨床で結果の出せる体幹・下肢セミナー
主催 進リハの集い
日時 2018/12/24(月)
受付9時30分
セミナー時間10時00分~16時00分
場所 ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
12階研修室126
内容 ■実際のアプローチについての考え
・筋硬結(トリガーポイント)に対するリリース
・離開とその動き(モビライゼーション)について

■触診に必要な心得
・相手を緊張させない触り方の実践

■胸部・腹部・腰部のアプローチの実際
・腹直筋リリース
・胸郭リリース
・腹横筋リリース
・腹斜筋リリース
・脊柱起立筋リリース
・腸腰筋リリース
・腰方形筋リリース

■下肢のアプローチの実際
・臀筋リリース
・大腿筋膜張筋リリース
・大腿四頭筋リリース
・ハムストリングスリリース
・膝関節モビライゼーション
・前脛骨筋リリース
・下腿三頭筋リリース
・趾伸筋腱分離運動
・足根骨モビライゼーション
・足底腱膜リリース

*セミナー翌日からの臨床で早速手技を使って頂きたいので、当セミナーは実技中心のセミナーになっております。
詳細URL https://www.shinreha.com/blank-17
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 9000
定員 40
申込み方法 HPより
申込み締切 開催前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HPより

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6817

第2弾 臨床につなげられる身体機能の評価の仕方(動作分析時の6つのみる!クラインフォーゲルバッハの運動学の視点など)

名称 ★第2弾 臨床につなげられる身体機能の評価の仕方★(動作分析時の6つのみる!クラインフォーゲルバッハの運動学の視点など)
主催 MediArt(メディアート)
日時 平成30年12月16日(日)
9時30分受付、10時00分開始 
終了時間は17時30分ごろです。
場合により、多少前後します。
場所 〒224-0032 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央
横浜市営地下鉄ブルーライン センター南駅 徒歩6分 総合施設 会議室
内容 第2弾!動作分析時の『6つのみる』。臨床動作分析や、クラインフォーゲルバッハの運動学の説明を分かりやすく説明します。そして、動作分析の際の臨床展開の考え方である『6つのみる』を、座学と実技を合わせて体験しながら分かりやすく説明します。また、実際の動作分析前に、身体機能評価(全身の筋緊張評価・スクリーニング評価)の仕方をデモンストレーションから学びます。学校の教科書などでは学べない実技を通しての評価方法となります。明日からの臨床で、実際の多くの患者さんに使いやすく、動作分析に繋がる身体機能の評価方法を楽しく学べます!
★★詳細は、ホームページをご覧になってください!★★
詳細URL https://mediart2016.jimdo.com/
対象 作業療法士、理学療法士、柔道整復師、*学生可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 10000円 当日、会員登録(無料をしていただくと1000円引きとなります。)9000円になります。*当日支払いになります。
定員 8~10名
申込み方法 ホームページより、お問い合わせ欄がございます。
また、 申し込み・お問い合わせを行って、3日経過しても返信がない場合は、mediartdaisuki@gmail.com までご連絡ください。
メールの誤送信などやエラーなどが増えております。
申込み締切 2018年12月15日(土)満席となり次第、申込みを締め切ります。詳細は、ホームページをご参照ください
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ ホームページより、お問い合わせ欄がございます。
また、 申し込み・お問い合わせを行って、3日経過しても返信がない場合は、mediartdaisuki@gmail.com までご連絡ください。
メールの誤送信などやエラーなどが増えております

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6798