Tag: 2018/11

食事動作に必要な肩の評価とアプローチ法(OT限定)

名称 【OT限定】食事動作に必要な肩の評価とアプローチ法
主催 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
日時 2018年11月11日 (日)
場所 砂町文化センター第6会議室 (東京都江東区北砂5-1-7)
内容 『OTさん、ちょっと食事見てよ! あの人よく食べこぼしがあるんだよね…』
作業療法士の皆さん、 こんな問い合わせを看護師、介護士から聞かれたことはないでしょうか? そこでいざ現場に行くと…
・食事で何みればいいのか?
・動作分析ってどうやるの?
・多分あそこが原因だけど、 どうしたらいいの?
と悩みを抱えていませんか?

特に作業療法士は、 学校で食事動作訓練をしっかりやってきているプロだと考えられやすいです。
でも実は学校でそこまでやってません・・・ むしろ動作分析の方法も・・・・

問題点を整理すると
・動作分析ができない
・食事動作を見る時にどこから見ていいのかわからない
・仮説が仮説で終わり、実証できない
となります。

この作業療法士のコンプレックスを解消してみませんか?
詳細URL https://iairjapan.jp/events/ev……houlder_ot
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 8,640円(税込)
定員 30名
申込み方法 こちらよりお申し込みください: https://www.0553.jp/eventpay/e……3278628396
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ お問い合わせ:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会(kanto@iairjapan.jp)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6869

作業療法士をいきる

名称 作業療法士をいきる
主催 昭和作業療法卒後教育セミナー ※本セミナーは卒業生に限らず広く開かれた学術団体です。
日時 平成30年11月24日(土) 13時30分受付開始 14時00分~16時30分を予定
場所 昭和大学保健医療学部(横浜キャンパス) JR横浜線十日市場駅(徒歩20分/バス10分)・東急田園都市線青葉台駅(バス20分)
地図・交通アクセス: http://www.showa-u.ac.jp/about……ohama.html
内容 今回は身体・老年期障害に加え発達・小児、教育と様々な領域や環境で働き、作業療法士としていき抜いて実践されている講師の方々をお招きしました。
それぞれの方の過去・現在・未来の【作業療法士(史)】のお話から“セルフマネジメント”をテーマに作業療法の可能性・面白さ・視点の拡大を探求できる内容を企画しております。
今一度「どのように【作業療法士】としていきていくか?」を考える機会にしてみませんか?
今後の人生設計や新たな挑戦を考えている方は必聴です!!

講師

教育・研究領域:鈴木 久義 氏 (昭和大学 保健医療学部 作業療法学科)
身体障害領域:青木 啓一郎 氏 (昭和大学 江東豊洲病院)
老年期障害領域:嘉部 匡朗 氏 (昭和大学 横浜市北部病院)
発達・小児領域:田中 碧 氏 (非常勤勤務)
詳細URL https://www.showa-ot-education……催情報/
対象 作業療法士、作業療法学生、大学生、高校生、学生のご家族
※なお、本セミナーは卒業生に限らず広く開かれた学術団体です。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員 1000円、非会員 1500円、学生・ご家族 無料
定員 50名
申込み方法 当セミナーホームページの申し込みフォームからお申込みいただくか、以下の内容をメールに記入し、件名「セミナー参加希望」 としotd@nr.showa-u.ac.jp に送信してください。(携帯メール可)
1.参加者氏名 2.所属 3.返信先アドレス・電話番号

申込みから1週間以内にこちらから返信がない場合は、事務局まで「必ず」お問い合わせください。携帯メールから申し込みいただいて構いませんが、こちらからのメールを受信できるよう設定をお願い致します。
申込み締切 平成30年11月23日(金)
生涯教育
ポイント
OT協会生涯教育 制度・基礎コース1ポイントの付与対象です。
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 昭和作業療法卒後教育セミナー事務局 横浜市緑区十日市場町 1865 昭和大学保健医療学部作業療法学科内
<E-mail:otd@nr.showa-u.ac.jp>

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6867

クライエントのより良い作業を引き出す接し方のコツ

名称 クライエントのより良い作業を引き出す接し方のコツ
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2018年11月11日(日)
10:00~16:00 (途中,昼休憩あり)
場所 横浜市健康福祉総合センター 9 F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

日々の臨床では,クライエントと話をしないことはないでしょう.話をすることは作業療法で作業を用いるためには,不可欠だと言われています.クライエントの変化を引き出すのは,身体的なアプローチだけではありません.話をする,会話するということは,情報収集だけではなく,自分自身の言動を治療的に意図して取り入れることで,治療としても活用することができます.作業を用いることだけでなく,話をすることも,他職種にはない作業療法士としてユニークな点であり,領域関係なく求められているスキルなのではないでしょうか.
作業療法の実践理論である人間作業モデル(MOHO)では,クライアントの作業への取り組みを支援するための作業療法士の言動や振る舞いが示されています.今回は,これらの言動,振る舞いの紹介,解説に加えてクライエントが作業に取り組む側面と変化についても説明致します.
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士 5000円
作業療法学生 2000円
定員 25 名
申込み方法 申し込方法:uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい

メール記載内容
件名:2018年11月11日参加申し込み
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス 
申込み締切 2018年11月7日(水)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6863

プール活動レベルとその実践例:認知症をもつ人の活動評価から個別支援まで

名称 プール活動レベルとその実践例:認知症をもつ人の活動評価から個別支援まで
主催 パーソン・センタード作業療法研究会 NPOパーソン・センタード・ケアを考える会
日時 2018年11月17日(土) 13:30~16:30 (受付13:00~)
場所 ソフィアメディ(株)三軒茶屋多目的ホール
東京都世田谷区太子堂4-30-22 K’sアパートメント202
内容 認知症をもつ人への活動能力の評価から個別の支援を考えるツールである,プール活動レベルに関する研修会です.在宅,施設,病院等で認知症をもつ人が増加している中,ケアの中で,身の回りのこと・家事・仕事・体操・手工芸等,様々な活動を支援する機会があります.プール活動レベルは,認知症をもつ人に対してそれらの活動のケアの支援方法を考えるツールです.この機会にぜひご参加ください.
内容:プール活動レベルの紹介と使用方法
講師:小川真寛(京都大学)
   内田達二(東京医療学院大学)
   野本潤矢(台東区立台東病院)
詳細URL http://www.pcdc.or.jp/
対象 対象:認知症に関わる医療・福祉専門職,認知症ケアに携わる方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 参加費:一般 3000円(テキスト持参) 6500円(テキスト代含む)
会員 2000円(テキスト持参) 5500円(テキスト代含む)
*テキスト『プール活動レベル 認知症をもつ人の活動評価から個別支援まで(医歯薬出版)』です.本書をテキストとして使用いたしますので,お持ちの方はご持参下さい.お持ちの方は,申込み時にテキストの有無の「有」にチェツクを,お持ちでない方は「無」にチェックをしてください.「無」にチェックをされた方にはテキストを研修当日に有償にて配布いたします.
定員 定員:20名(定員になり次第受付を終了いたします)
申込み方法 申込み:当HP研修会情報,申込みフォームより,お申込み下さい.
http://www.pcdc.or.jp/
申込み締切 11月10日(土)
生涯教育
ポイント
*OT協会生涯教育制度1ポイント,取得ができます
*認知症ケア専門士2単位,取得ができます
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ お問合せ: Kensyu2pcot@pcdc.or.jp 事務局まで,お問い合わせください.

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6861

SST初級研修 「SSTファーストレベルセミナー」

名称 SST初級研修 「SSTファーストレベルセミナー」
主催 アームズラボ
日時 平成30年
11月24日(土)9:30~17:30
11月25日(日)9:30~12:30
場所 医療法人社団柏水会三軒茶屋診療所 東京リワークセンター
東京都世田谷区三軒茶屋2-19-16
東急田園都市線 三軒茶屋駅から徒歩4分
内容 概要
SST普及協会のガイドラインに沿った初級10時間研修となります。
SST(ソーシャルスキルトレーニング・生活技能訓練)を
はじめたい、学びたいと思っている方向けの「初級セミナー」です。

看護師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理士、
ピアスタッフなど参加者の方はさまざまです。

◆講師
SST普及協会認定講師NO.97
佐藤 俊之(さとう としゆき)作業療法士・精神保健福祉士
医療法人社団柏水会三軒茶屋診療所 東京リワークセンター
詳細URL http://www.arms-lab.com/traini……g-info/659
対象 2日間(10時間)受講できる方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 18,000円
※飲み物、昼食付です。(初日のみ)
定員 20名
申込み方法 1お問い合わせフォーム
http://www.arms-lab.com/inquiry

2メール
必要事項をご記入の上、下記のメールアドレスへご連絡ください。(名前・生年月日・住所・携帯番号・勤務先)
info@arms-lab.com

3電話
08033487575

4ファックス
必要事項をご記入の上、下記のFAXを送信ください(名前・生年月日・住所・携帯番号・勤務先)
0367453379
申込み締切 2018年11月5日迄
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ メール
info@arms-lab.com

電話
08033487575

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6847

発達障害の女性支援の課題を考える講習会 ~今だから知りたい!発達障害の女性支援と性教育~

名称 発達障害の女性支援の課題を考える講習会 ~今だから知りたい!発達障害の女性支援と性教育~
主催 SDD研究会
日時 平成30年11月17日(土) 9:30~16:00
場所 帝京平成大学池袋キャンパス
内容 発達障害の女性がなぜ性被害者になりやすいのか?どんな事が苦手なのか?どんなサポートが必要なのか?彼女達の特性を理解し支援につなげる為の企画

当日スケジュール
AM9:30~10:00発達障害の基礎:八重樫貴之(帝京平成大学 助教)
AM10:00~11:15発達障害女性の性教育の現場:藤原美保
            
           休憩

PM12:00~13:30身だしなみと感覚統合不全の関係:伊藤祐子(首都大学東京 准教授)
PM13:30~15:00発達障害の女性の性:堀江まゆみ(白梅学園大学 教授)
PM15:15~16:00性教育パネルディスカッション

参加費 5000円

お申込みはこちらからお願い致します
        ↓↓↓
https://goo.gl/forms/toLFwGh41uCBbMTo1


銀行振り込みでお願い致します。申し込まれた方に確認メールを差し上げます。そのメールに振込先を記載しております。振り込み頂いた方から順にお席確保とさせていただきます。もし申し込みされていてメールが届かない場合はお手数をおかけして申し訳ないのですが、お問い合わせ下さいませ。
※振込手数料はご負担を願います
詳細URL https://www.facebook.com/event……003118952/
対象 保護者、支援者、教員(発達障害に携わる方)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 参加費 5000円

銀行振り込みでお願い致します。申し込まれた方に確認メールを差し上げます。そのメールに振込先を記載しております。振り込み頂いた方から順にお席確保とさせていただきます。もし申し込みされていてメールが届かない場合はお手数をおかけして申し訳ないのですが、お問い合わせ下さいませ。
※振込手数料はご負担を願います
定員 270名
申込み方法 お申込みはこちらからお願い致します
        ↓↓↓
https://goo.gl/forms/toLFwGh41uCBbMTo1
申込み締切 平成30年11月15日(土)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ SDD研究会(株式会社splendor内)
TEL:052-364-9008

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6846

地域リハビリテーション人材育成研修会 地域包括ケアシステム・地域ケア会議編 11月25日

名称 地域リハビリテーション人材育成研修会 地域包括ケアシステム・地域ケア会議編 11月25日
主催 神奈川県作業療法士会 地域リハビリテーション部
日時 平成30年11月25日 日曜日
10時00分~16時30分
場所 横浜YMCA専門学校
JR・横浜市営地下鉄 関内駅より徒歩3分
みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩6分
内容 作業療法士の定義が変わりました。地域に住むすべての人々が私たち作業療法士の対象です。
今担当している患者様、利用者様が生活する場所となる地域では、介護予防や地域包括ケアシステム、地域ケア会議に注目が集まっています。その人らしい生活を自立支援できるような地域づくりが私たち作業療法士に期待されています。今回は地域が連携して患者様や利用者様の生活を支えていくための地域包括ケアシステム、地域ケア会議に目を向けていきます。本研修会は神奈川県の生涯教育推進事業の委託を受けて開催しております。多くの方のご参加を心よりお待ちしています。

地域包括ケアシステムの概要、地域ケア会議とは
行政の立場から考える地域包括ケアのあり方について
各市区町村における地域ケア会議の実際
対象 神奈川県作業療法士会会員(今年度会費納入者)
他都道府県作業療法士会会員
養成校在学中の学生
医療・福祉関連職種
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料(神奈川県委託事業のため)
定員 50名
申込み方法 以下のフォームにアクセスし、必要事項をご入力ください。

https://fs223.formasp.jp/n699/form13/
申込み締切 平成30年11月18日
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 地域リハビリテーション部担当理事
遠藤陵晃
chiikireha@kana-ot.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6845

臨床シーティングセミナー 理論編×実技編~身近なものを利用してクッションを作ろう~

名称 臨床シーティングセミナー 理論編×実技編~身近なものを利用してクッションを作ろう~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2018年11月2日 (金) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号) 
内容 施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していくためのセミナーです。全てのシーティング理論をまとめ、臨床で生かしていくための技術を習得し、臨床にあるものだけでの座位保持の方法を学び、身近なものを利用した徐圧効果のあるクッションをつくっていきます。
■理論編
世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期それぞれの回復段階や状態に合わせた姿勢保持を考えます。
 姿勢とは運動であり日常様々な姿勢を作るため、ひとつの概念や技術だけでは、運動を切り取った姿勢という画像を見ているようなもので応用できません。
 運動や日常生活動作に合わせるためには画像ではなく、動画として姿勢を捉え、その障害回復段階やADL(日常生活活動)に合わせたシーティング、フィッティングの技術が必要となります。
 これを踏まえて臨床に生かしていくための技術を習得します。
■実技編
理論編の知識を技術に変えていきます。臨床で、臨床にあるものだけで、座位保持クッションを作ります。使うものはタオル、バスタオル、段ボール等身近にある物や病院、施設ですぐ準備出来る物です。これらの物品の利用と物理学や当協会の研究知見をプラスし、『エアフォースクッション』と『ゲルフォースクッション』など徐圧効果のあるクッションを作って持ち帰っていただきます。

参加することで、身近なものを利用したシーティングが出来るようになります。
自分自身の身体の力を抜く感覚を体感できます。その身体の力を抜く(コントロールする)体感はそのままシーティングの理解に繋がります。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円 (クッション作製材料込)
定員 5名
申込み方法 ホームページからお申し込みください  http://universalreha.com/
申込み締切 2018年10月30日 (火)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6844

第8回静岡ACTIVE研修会

名称 第8回静岡ACTIVE研修会 
主催 静岡ACTIVE研修会
日時 平成30年11月11日(日)
受付  8:30~
講義  9:00~15:00
場所 会場:リハビリテーションセンター駿府の杜 9F
内容 テーマ:「3職種が関わる食事」~口腔・顔面・咀嚼・嚥下~
講師:河野 千穂  氏 (長町病院 言語聴覚士)
   早川 美乃里 氏 (イムス太田中央総合病院 言語聴覚士)
詳細URL http://shizuokakatsubun.wixsit……com/bunbun
対象 作業療法士・言語聴覚療法士・理学療法士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 参加費:5,000円(領収書の必要な方はメールにてご連絡下さい)
定員 定員:60名(会場に制限がありますので先着順とさせて頂きます)
申込み方法 申し込み:下記の項目をご記入の上,shizuoka.jimukyoku@gmail.comまでご連絡下さい.
1所属先郵便番号 2所属先住所 3所属施設名 4所属先電話番号
5氏名 6職種 7経験年数(年目) 8メールアドレス
申込み締切 締め切り:平成30年10月31日(水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 静岡ACTIVE研修会 事務局長 三須輝
〒420-0823
静岡市葵区春日2丁目12-25
Email:shizuoka.jimukyoku@gmail.com
備考 参加可否の連絡は申し込み後1週間以内とさせて頂きます.1週間過ぎても連絡がない場合は再度ご連絡下さい.実技を行いますので動きやすい服装(Tシャツ,短パン,ジャージ,羽織やすい物等)をご準備下さい.昼食はご持参下さい.参加者専用の駐車場がありませんので,公共交通機関をご利用下さい.車でお越しの方は会場近くの有料駐車場をご利用下さい.

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6833

特別支援教育と地域作業療法2018 地域で支える子どものミライ

名称 特別支援教育と地域作業療法2018 地域で支える子どものミライ
主催 神奈川県作業療法士会 地域リハビリテーション部
日時 2018年11月4日(日)10:00~16:30 (9:30受付開始)
場所 横浜リハビリテーション専門学校 8階講堂
〒244-0801 神奈川県横浜市戸塚区品濃町550-1
内容 近年、発達障害分野に携わる作業療法士は年々増えてきており、療育センターや病院だけでなく、特別支援学校や放課後等デイサービスなど地域での関わりが期待されています。
 今回は、米国における小児分野の作業療法士の取り組みや、日本における今後の小児分野の作業療法の可能性について高橋先生から、また、これまでの自身の取り組みをふまえた地域支援の重要性について大郷先生からお話いただきます。子どもたちの未来を地域で支えるために、ご興味のある方はどなたでもご参加ください!

1「子どもと療育者に対するエンパワメント」
   ~米国OTの取り組みと日本における可能性~
         髙橋 香代子 氏(北里大学)

2「スペシャルニーズのある子どもたちの地域支援」
   ~もっと遊ぼう!作業療法士たち~
       大郷 和成 氏(NPO法人laule’a)

3 地域リハビリテーションを皆で考える会
  神奈川県作業療法士会 地域リハビリテーション部
対象 神奈川県作業療法士協会会員(今年度会費納入者)
他都道府県作業療法士会会員、医療・福祉関連職種
学生の
参加可否
参加可 
参加費 神奈川県作業療法士会員 1,000円
県士会非会員      3,000円
定員 50名
申込み方法 以下の1または2の方法で申し込みをしてください。
1フォーム入力による申し込み
  https://fs223.formasp.jp/n699/form12/

2メールによる申し込み
宛先:ken-ot@kana-ot.jp      
件名
「11月4日特別支援教育と
        地域作業療法2018参加申込」
内容1参加者氏名  2フリガナ
3所属先(常勤・非常勤)4所属先住所
5協会会員番号 非会員の場合は「非会員」と記載
6受講可否通知の連絡先E-mailアドレス
7懇親会への参加有無
申込み締切 2018年10月28日(日)
生涯教育
ポイント
2ポイント付与
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 地域リハビリテーション部
増子 E-mail:chiikiriha@kana-ot.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6829