Tag: 2018/11

第109回横浜CBTに集う会 11月例会中止のお知らせ

名称 第109回横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)11月例会中止のお知らせ
主催 横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)
日時 11月22日(木)19時開始予定(中止となります)
場所 ウイリング横浜(予定)
詳細URL 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
11月例会の中止のお知らせ 11月の例会は主催者側の都合により中止となります。
申し訳ございませんが、お間違えのないようにお願い申し上げます。
12月例会は12月20日(木)開催の予定です。今後の本会ホームページをご参照ください。  

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6956

3D自助具 Re-design Cafe

名称 3D自助具 Re-design Cafe
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 2018年11月24日(土)11時00分から15時00分
場所 東京工科大学 蒲田キャンパス 医療保健学部 作業療法学科 ADL室
東京都大田区西蒲田5-23-22
https://www.teu.ac.jp/campus/a……06644.html
内容 3Dプリンタで作った「生活に役立つ道具」を料理に関するもの中心に、実際に使ってみましょう。
使いながら、改善できる点がありそうなら、その場でデザインしてみたり出力してみたり。
「アイディアが、すぐに形になって、使える」を体感しながら語りあうカフェです。

サポート:濱中 直樹(当研究会理事 一級建築士 ファブリケーター)
    林 園子(当研究会代表理事 作業療法士)

内容:
・3Dプリント自助具の説明
・使ってみよう(お好み焼きを作ってみましょう・試食あり)
・試食
・モデリング・出力体験

注意事項
・3Dモデリングしてみたい方は、ノートPCをお持ちください。
詳細URL https://www.ictrehab.com/
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2000円 (材料費込み)
お支払い方法:当日現金払い
定員 20名
申込み方法 下記フォームよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/ULLGynJu7X75p6bI3
(満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。)
生涯教育
ポイント
日本作業療法士協会 生涯教育ポイント対象研修(1pt)
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6929

作業と姿勢と人間工学 基礎編×応用編 ~車椅子を卒業する~

名称 作業と姿勢と人間工学 基礎編×応用編 ~車椅子を卒業する~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2018年11月24日 (土) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 府中市生涯学習センター
(東京都府中市浅間町1-7)
内容 ポジショニングやシーティング、フィッティング等の姿勢制御技術のエビデンスである、人間工学という基礎を学び、治療への応用にまでボトムアップする事が本セミナーの目的です。
■車椅子を卒業する
私たち誰もが工学がもたらしたインテリアを利用しています。
それならば、車椅子を卒業し、もう一度椅子に座る、もう一度机に向かって仕事をする、もう一度インテリアを使った生活をするという当たり前の生活スタイルに帰っていただく。健常者と同じ生活環境へ戻すという役割として医療はその一端を担っているのではないでしょうか。
いつまでも車椅子に座る事を考えずに、原点や出発点である人間工学という基礎を振り返ることで、治療に応用し、再び馴染みのある道具やインテリアの利用を考える事が本セミナーの目標です。

人間工学の開発は、日本人成人男女の身長体重から、手や足の長さ、身体重心等の平均を徹底的に調査し、身体機能面のエビデンスを人間の精神や心理と行動特性に照らし合わせ、デザインされてきたものです。インテリアは人間工学から生まれました。患者様が使う車椅子を知る、椅子を知る、ベッドとは何かを知るために、まずはインテリアの基礎である人間工学を学びませんか。人間工学を我々医療従事者が知っておく事は重要な要素なのかもしれません。
そこで、作業と社会活動に伴う姿勢制御をどのように捉え、ユニバーサルデザインを確立してきたのか、更に私たちが日々の日常で何気なく使っているインテリアや作業椅子、作業台に隠された原理を解き明かすことで、作業療法や作業療法士の臨床に生かしていく技術や方法論と心理精神活動に影響する事実をご紹介します。
人間工学を知ることで、インテリアと椅子の関係性から座る技術やシーティングについても理解が深まり、身体、心理、認知科学等たくさんの分野の考え方が身に付き、人間工学を施設や病院内で応用していくことが出来ます。
『作業と姿勢と人間工学』・・・何気なく使っている道具は、治療機器に見えてくるかもしれません。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職
学生の
参加可否
参加可 
参加費 14000円
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください。 http://universalreha.com/
申込み締切 2018年11月21日 (水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6901

上肢機能,更衣動作,書字・箸操作に対する認知神経リハビリテーション(初学者歓迎,実技あり)

名称 上肢機能,更衣動作,書字・箸操作に対する認知神経リハビリテーション(初学者歓迎,実技あり)
主催 神奈川県認知神経リハビリテーション研究会
日時 11月11日(日)10時~16時
受付:9時30分~
場所 登戸内科・脳神経クリニック 2階リハビリテーション室
(登戸駅徒歩2分)
内容 今年度のテーマは『病態解釈』です。普段の臨床思考を高め、病態解釈を明確にできるための勉強会にしていきます。
今回は10/20、21に行われる東京ベーシックコースの内容の一部を復習できる会としました。参加されていない方でもわかるように進める予定です。奮って参加をよろしくお願いします

内容:
1.認知神経リハビリテーションの基礎
2.「上肢機能」の講義と実技
3.「更衣トイレ」の講義と実技
4.「家事書字」の講義と実技
詳細URL https://ctejapan.com/topics/topics.cgi
対象 理学療法士,作業療法士,言語聴覚士
認知神経リハビリテーションん初学者も歓迎
学生の
参加可否
参加可 
参加費 300円
定員 20名
申込み方法 kanagawaetc☆yahoo.co.jpに下記の事項を記入の上メールください(☆は@に変更してください)
1氏名 2所属 3職種 4会員or非会員 5修了コース(or 未修了)
申込み締切 11月9日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ kanagawaetc@yahoo.co.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6899

第5回 運転と作業療法研究会

名称 第5回 運転と作業療法研究会
主催 運転と作業療法研究会
日時 日時:2018年11月24日-11月25日
場所 千葉県立保健医療大学 幕張キャンパス
〒261-0014
千葉県千葉市美浜区若葉2丁目10番1号
内容 ●講 演 :建木 健 先生
~ 産官学連携を活用した高次脳機能障害者の自動車運転再開支援 ~ 実践から研究まで
●シンポジウム「自動車運転評価における神経心理学的検査・認知機能検査」
座長 : 外川 佑 先生
神経心理学的検査の実際
: 加藤 貴志 先生 / 山田 恭平 先生 / 田中 創 先生
●薬剤と交通安全
: 岡村 和子 先生(科警研)
●急性期の自動車運転の問題について
: 大竹 弘哲 先生 / 原 大地 先生
●シンポジウム「教習指導員からみた自動車運転評価」
座長 : 蓮花 一己 先生 / 藤田 佳男 先生
シンポジスト: 岩城 直幸 先生 / 横山 喜孝 先生 / 谷口 嘉男 先生 / 森 早穂 先生
●一般演題(ポスターセッション)
●機器展示

●懇親会:24日19時より海浜幕張駅周辺にて(予定)
●申込み:事前予約制。
詳細URL https://otdriving-support.jimdo.com/ 
対象 医療関係者
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 参加費:8000円
定員 200名
申込み方法 ホームページから
https://otdriving-support.jimd……%E3%83%A0/
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 第5回運転と作業療法研究会 事務局
E-mail:driveoccupationaltherapy@yahoo.co.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6898

車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー~医療従事者でありながらエンジニア

名称 車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー~医療従事者でありながらエンジニア
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2018年11月23日 (金祝) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール 
(東京都八王子市本町24番1号)
内容 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線から採寸、適合、選定そしてメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで丁寧にお教えします。

『車椅子設計身体採寸と適合選定セミナー』
車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、自らの目線から車椅子を選定できます。その瞬間、タイヤの付いたただの椅子は、治療技術や治療器具となるでしょう。「そのときはできても、忘れてしまいそう」「臨床で忙しくてそこまでは…」と考える方もいるでしょう。でも、ポイントを絞れば短時間で出来ます。
工学、人間工学のエビデンスから、対象者に合った車椅子を選べるようになり、 正確な測定技術が身に付きます。
●車椅子の構造やメカニズムを徹底的にお見せします。動画やイラスト、DVDを用いて、わかりやすく注釈を講師が説明しながら行います。
●車椅子の測り方。車椅子に座るための身体寸法の測り方。
●処方箋の書き方。図面の書き方。
●車椅子の適合。車椅子の選定。(症例を交えて実践的にやりましょう)

『車椅子メンテナンスセミナー』
車椅子のメンテナンスを怠る事で、ブレーキが効かず、後方へ転倒したり、車椅子上から滑落する事故が依然聞かれています。臨床での、このような事故を回避するため、車椅子の調整は各病院や施設で取り組まれているかと思います。そのために必要な的確で効率のよいメンテナンス方法と調整のポイントをわかりやすく簡単にご説明します。
メンテナンスは車椅子の能力を最大限に引き出す方法です。このため、ADLや日常の姿勢、車椅子シーティングにも大きく関ってきます。車椅子メンテナンスを通じて、最低ここだけ調整すれば、日常で快適に座れてしまうシーティング技術も合わせてご紹介します。
●車椅子の構造からメンテナンスのポイント
●タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応、時間があればパンク修理もやってみましょう。
●メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関わりを説明し、簡単なADLシーティングのポイントの実演、実技をします。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、 看護師、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円(採寸技術7000円、メンテナンス8000円)
定員 5名
申込み方法 ホームページまたは右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……p?id=22169
申込み締切 2018年11月20日 (火)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6897

食事動作に必要な肩の評価とアプローチ法(OT限定)

名称 【OT限定】食事動作に必要な肩の評価とアプローチ法
主催 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
日時 2018年11月11日 (日)
場所 砂町文化センター第6会議室 (東京都江東区北砂5-1-7)
内容 『OTさん、ちょっと食事見てよ! あの人よく食べこぼしがあるんだよね…』
作業療法士の皆さん、 こんな問い合わせを看護師、介護士から聞かれたことはないでしょうか? そこでいざ現場に行くと…
・食事で何みればいいのか?
・動作分析ってどうやるの?
・多分あそこが原因だけど、 どうしたらいいの?
と悩みを抱えていませんか?

特に作業療法士は、 学校で食事動作訓練をしっかりやってきているプロだと考えられやすいです。
でも実は学校でそこまでやってません・・・ むしろ動作分析の方法も・・・・

問題点を整理すると
・動作分析ができない
・食事動作を見る時にどこから見ていいのかわからない
・仮説が仮説で終わり、実証できない
となります。

この作業療法士のコンプレックスを解消してみませんか?
詳細URL https://iairjapan.jp/events/ev……houlder_ot
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 8,640円(税込)
定員 30名
申込み方法 こちらよりお申し込みください: https://www.0553.jp/eventpay/e……3278628396
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ お問い合わせ:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会(kanto@iairjapan.jp)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6869

作業療法士をいきる

名称 作業療法士をいきる
主催 昭和作業療法卒後教育セミナー ※本セミナーは卒業生に限らず広く開かれた学術団体です。
日時 平成30年11月24日(土) 13時30分受付開始 14時00分~16時30分を予定
場所 昭和大学保健医療学部(横浜キャンパス) JR横浜線十日市場駅(徒歩20分/バス10分)・東急田園都市線青葉台駅(バス20分)
地図・交通アクセス: http://www.showa-u.ac.jp/about……ohama.html
内容 現在、作業療法士は医療、保健、福祉、教育、職業などの様々な領域で活躍しています。しかし職域の幅が広がる中、作業療法士はいったい何をする仕事なのか他者にしっかりと説明ができるでしょうか。作業療法士という仕事は自我同一性(アイデンティティ)を保つのが難しい仕事だと感じている人は少なくありません。自我同一性がうまく形成されないと、「自分が何者なのか、何をしたいのかわからない」という同一性拡散の危機に陥ります。「自分が名乗っている作業療法士とは何者なのか、何をしたいのかわからない」という悩みを解決するためには「何故、【作業療法士】を志したのか?」を振り返り、自分の大切にしている価値を再確認し、「どのように【作業療法士】としていき、今後はどのようにいきていくか?」という問いかけに答えられるようになることが大切です。
今回は身体・老年期障害領域に加え発達・小児、教育と様々な領域・環境で作業療法士としていき抜いて臨床を実践されている講師の方々をお招きし、自身の【作業療法士(史)】のお話から“ セルフマネジメント”をテーマに作業療法の可能性・面白さ・視点の拡大を探求できる内容を企画しています。今一度「どのように【作業療法士】としていきていくか?」を考える機会にしてみませんか?今後の人生設計や新たな挑戦を考えている方は必聴です!!多くの皆様のご参加をお待ちしております。

講師

教育・研究領域:鈴木 久義 氏 (昭和大学 保健医療学部 作業療法学科)
身体障害領域:青木 啓一郎 氏 (昭和大学 江東豊洲病院)
老年期障害領域:嘉部 匡朗 氏 (昭和大学 横浜市北部病院)
発達・小児領域:田中 碧 氏 (非常勤勤務)
詳細URL https://www.showa-ot-education……催情報/
対象 作業療法士、作業療法学生、大学生、高校生、学生のご家族
※なお、本セミナーは卒業生に限らず広く開かれた学術団体です。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員 1000円、非会員 1500円、学生・ご家族 無料
定員 50名
申込み方法 当セミナーホームページの申し込みフォームからお申込みいただくか、以下の内容をメールに記入し、件名「セミナー参加希望」 としotd@nr.showa-u.ac.jp に送信してください。(携帯メール可)
1.参加者氏名 2.所属 3.返信先アドレス・電話番号

申込みから1週間以内にこちらから返信がない場合は、事務局まで「必ず」お問い合わせください。携帯メールから申し込みいただいて構いませんが、こちらからのメールを受信できるよう設定をお願い致します。
申込み締切 平成30年11月23日(金)
生涯教育
ポイント
OT協会生涯教育 制度・基礎コース1ポイントの付与対象です。
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 昭和作業療法卒後教育セミナー事務局 横浜市緑区十日市場町 1865 昭和大学保健医療学部作業療法学科内
<E-mail:otd@nr.showa-u.ac.jp>

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6867

クライエントのより良い作業を引き出す接し方のコツ

名称 クライエントのより良い作業を引き出す接し方のコツ
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2018年11月11日(日)
10:00~16:00 (途中,昼休憩あり)
場所 横浜市健康福祉総合センター 9 F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

日々の臨床では,クライエントと話をしないことはないでしょう.話をすることは作業療法で作業を用いるためには,不可欠だと言われています.クライエントの変化を引き出すのは,身体的なアプローチだけではありません.話をする,会話するということは,情報収集だけではなく,自分自身の言動を治療的に意図して取り入れることで,治療としても活用することができます.作業を用いることだけでなく,話をすることも,他職種にはない作業療法士としてユニークな点であり,領域関係なく求められているスキルなのではないでしょうか.
作業療法の実践理論である人間作業モデル(MOHO)では,クライアントの作業への取り組みを支援するための作業療法士の言動や振る舞いが示されています.今回は,これらの言動,振る舞いの紹介,解説に加えてクライエントが作業に取り組む側面と変化についても説明致します.
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士 5000円
作業療法学生 2000円
定員 25 名
申込み方法 申し込方法:uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい

メール記載内容
件名:2018年11月11日参加申し込み
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス 
申込み締切 2018年11月7日(水)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6863

プール活動レベルとその実践例:認知症をもつ人の活動評価から個別支援まで

名称 プール活動レベルとその実践例:認知症をもつ人の活動評価から個別支援まで
主催 パーソン・センタード作業療法研究会 NPOパーソン・センタード・ケアを考える会
日時 2018年11月17日(土) 13:30~16:30 (受付13:00~)
場所 ソフィアメディ(株)三軒茶屋多目的ホール
東京都世田谷区太子堂4-30-22 K’sアパートメント202
内容 認知症をもつ人への活動能力の評価から個別の支援を考えるツールである,プール活動レベルに関する研修会です.在宅,施設,病院等で認知症をもつ人が増加している中,ケアの中で,身の回りのこと・家事・仕事・体操・手工芸等,様々な活動を支援する機会があります.プール活動レベルは,認知症をもつ人に対してそれらの活動のケアの支援方法を考えるツールです.この機会にぜひご参加ください.
内容:プール活動レベルの紹介と使用方法
講師:小川真寛(京都大学)
   内田達二(東京医療学院大学)
   野本潤矢(台東区立台東病院)
詳細URL http://www.pcdc.or.jp/
対象 対象:認知症に関わる医療・福祉専門職,認知症ケアに携わる方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 参加費:一般 3000円(テキスト持参) 6500円(テキスト代含む)
会員 2000円(テキスト持参) 5500円(テキスト代含む)
*テキスト『プール活動レベル 認知症をもつ人の活動評価から個別支援まで(医歯薬出版)』です.本書をテキストとして使用いたしますので,お持ちの方はご持参下さい.お持ちの方は,申込み時にテキストの有無の「有」にチェツクを,お持ちでない方は「無」にチェックをしてください.「無」にチェックをされた方にはテキストを研修当日に有償にて配布いたします.
定員 定員:20名(定員になり次第受付を終了いたします)
申込み方法 申込み:当HP研修会情報,申込みフォームより,お申込み下さい.
http://www.pcdc.or.jp/
申込み締切 11月10日(土)
生涯教育
ポイント
*OT協会生涯教育制度1ポイント,取得ができます
*認知症ケア専門士2単位,取得ができます
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ お問合せ: Kensyu2pcot@pcdc.or.jp 事務局まで,お問い合わせください.

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6861