: 参加可

<Season II> 1DAY Mini Make-A-Thon

名称 <Season II> 1DAY Mini Make-A-Thon
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 12月22日(土) 9時00分から17時30分
※終了後、会場で懇親会を行います(参加任意/参加費別途)
場所 おおたFab
(大田区西蒲田7-4-4-6F JR蒲田駅西口徒歩2分)
※アクセス https://www.ota-fab.com/access/
内容 メイカソンの1日版 第2回目をやります!
(※メイカソン(Make-a-thon)とは・・・・MakeとMarathonの造語。新たなアイデアを制限時間以内にとにかく作り上げて、作品のコンセプトや完成度、アイデア性など順位を競うイベント)

>>>>>>>>速報>>>>>>>>
前回のMini MAKE-A-THON で作製した『肉球スイッチ』が“FAB 3D CONTEST 2018”で特別賞を受賞しました!!!
詳細はこちら↓
https://www.fab3d.org/?fbclid=……pMYkLN-eDI

>>>>>>>1回目の様子はこちら>>>>>>>
http://u0u1.net/Njbm

障害のある当事者の方やニードのある方をチームメンバーに迎えて、生活を楽しく便利にするものづくりのアイデア出し~製作までを1日でやりとげるイベントです!
みんなでアイデアを出し合って、いま話題の『3Dプリンター』『レーザーカッター』などを使って作ってみませんか?
詳細URL https://www.ictrehab.com/
対象 障害やニードのある当事者の方(ケアに関わる方でもOKです)
リハビテーション職 (PT/OT/ST)、デザイナー、ものづくりに携わる方 、ものづくりが好きな方 など
学生の
参加可否
参加可 
参加費 ¥1000(懇親会費別途)
申込み方法 下記リンク先よりお申し込みください。
https://goo.gl/forms/SMz2q7dhp6hpecos1
※定員に達した場合お断りさせていただくこともございます。あらかじめご了承ください。
生涯教育
ポイント
※日本作業療法士協会生涯学習ポイント対象(1pt)
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/
備考 主催:一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
共催:おおたfab https://www.ota-fab.com/
 FabLab Shinagawa https://fablab-shinagawa.org/
後援:Tikkun Olam Makers: TOM http://tomglobal.org/
 紹介動画→  https://www.youtube.com/watch?……zoNEOBzC1U
その他留意事項
 ご自分のPCや使いたい材料や工具がある方はご持参いただければと思います。

【ICTリハビリテーション研究会について】
2017年6月設立。リハビリ領域におけるICT利活用のコーディネートを通じ、障害のある人を含むあらゆる人々の豊かな生活を実現することを目的に活動を展開。
リハビリ職(セラピスト)やデジタルファブリケーション、ICT関連に従事する人々が参画し、プログラミングや3Dプリンタ、レーザーカッターなどのデジタルファブリケーション、ロボット制御などの体験講座などを実施。セラピスト及び対象者を取り巻く人々のITリテラシー向上にも貢献をしながら、ICT利活用の実践で生じる様々な困難に対し、解決策を共創する場づくりに挑んでいる。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6955

ものづくりシーティングセミナー 原理編×工房実技編~シートクッションをつくろう~

名称 ものづくりシーティングセミナー 原理編×工房実技編~シートクッションをつくろう~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2018年12月14日 (金) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール 
(東京都八王子市本町24番1号)
内容 【 クッションの素材に触れて、構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、業者やメーカーのクッションのつくり方を学ぶ 】
シートクッションのカバーを外した事はありますか?中には何層にもなった様々な構造体が目に入ります。「最も徐圧効果があるのは、AのウレタンとBのウレタンを組み合わせだった。」「骨盤の固定や体感保持に必要な形状は!」「姿勢のこのポイントに補助支持物を入れるともっと座位が安定する」等、カスタマイズやオーダーメイドの目線を入れると、様々に座位保持のイメージが変わり、介入プログラムの輪が広がっていきます。

普段何気なく使っているクッションの構造を知り、素材に触れて感じながらシーティング・フィッティングの理論構築を考えていきましょう。
人の姿勢は運動の連続です。生活シーンに合わせて姿勢を変化させています。回復段階もそのひとつです。急性期、回復期、維持期で訓練効果により収縮筋が変わったり、廃用が進むと拘縮のある関節も出てきます。このようなひとつではない身体状況に対応する、世界中のシーティング・フィッティングを用いた技術を身につけましょう。
シートクッションのつくり方は大きく分けて二つあります。採寸式と採型式です。採寸は身体の寸法からクッションをつくり上げます。採型は採型機と呼ばれる身体全体の型を取ることで成形する方法です。本セミナーでは、寸法の取り方さえ身につければどこでも行なえる採寸式でクッションをつくっていきます。クッションをつくるにはポイントがあり、徐圧、免荷、支持性、安定性、バランス、重心の位置など、各カテゴリーを自分自身の身体から見つけ、体感していきます。
このような自分自身の身体が教えてくれる情報は、座位の本質や身体の構造の理解に繋がり、その気づきが『対象者の姿勢へのケア』を導きます。

【 原理編を経てシートクッションをつくることで本当のシーティング技術に変える 】
もうすでに頭の中に「姿勢とは何か」のイメージ、さらに体感で得られた「自分自身の重心の位置」があるはずです。
この気づきがあれば、もう迷うことなくシーティング・フィッティングクッションの作製が出来るはずです。更につくり方、構造、原理も手の中にあります。あとは、道具、器材、クッション素材を使って形にするだけです。

自分自身のシーティング、フィッティングを考え、道具や材料を自由に使ってご自分のクッションを作製し持ち帰ってみてください。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円
定員 5名
申込み方法 HPまたは右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……p?id=22625
申込み締切 2018年12月12日 (水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6954

車椅子メンテナンスセミナー ~医療従事者でありながらエンジニア~

名称 車椅子メンテナンスセミナー ~医療従事者でありながらエンジニア~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2018年12月1日 (土) 18:45~21:30(受付開始18:30)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール 
(東京都八王子市本町24番1号)
内容 車椅子のメンテナンスを怠る事で、ブレーキが効かず、後方へ転倒したり、車椅子上から滑落する事故が依然聞かれています。臨床での、このような事故を回避するため、車椅子の調整は各病院や施設で取り組まれているかと思います。そのために必要な的確で効率のよいメンテナンス方法と調整のポイントをわかりやすく簡単にご説明します。
メンテナンスは車椅子の能力を最大限に引き出す方法です。このため、ADLや日常の姿勢、車椅子シーティングにも大きく関ってきます。車椅子メンテナンスを通じて、最低ここだけ調整すれば、日常で快適に座れてしまうシーティング技術も合わせてご紹介します。

●車椅子の構造からメンテナンスのポイント
●タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応、時間があればパンク修理もやってみましょう。
●メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関わりを説明し、簡単なADLシーティングのポイントの実演、実技をします。

講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで丁寧にお教えします。
車椅子のメンテナンスが出来るようになることで、車椅子住環境の事故をあなた自身の手で予防できます。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、 看護師、介護福祉士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 8000円(メンテナンス用工具セット付属)
定員 5名
申込み方法 ホームページまたは右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……p?id=22632
申込み締切 2018年11月29日 (木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6944

横浜市地域リハビリテーション活動支援事業報告会

名称 横浜市地域リハビリテーション活動支援事業報告会
主催 横浜市健康福祉局地域包括ケア推進課(地域包括ケアシステム推進委員会共催)
日時 平成30年12月13日(木) 18:30~20:30(受付18:10)
場所 横浜市健康福祉総合センター 4階ホール
(JR・市営地下鉄 桜木町駅より徒歩すぐ)
http://bb-building.net/tokyo/d……y/202.html
内容 横浜市では、介護予防の取組を強化するため、地域リハビリテーション活動支援事業を実施し、事業を開始してから4年目を迎えております。
 つきましては、リハビリテーション専門職の方々と連携しながら進めてきました当事業の実績、効果、今後の展望について共有するため報告会を開催いたします。
ご多忙かと存じますが、リハビリテーション専門職の皆様にご参加いただけますようお願いいたします。

内容(予定)
 (1) 地域リハビリテーション活動支援事業の概要と実績
 (2) 各県士会からの派遣事例の紹介
 (3) 地域ケア会議への派遣事例の紹介
対象 神奈川県士会所属の作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
申込み方法 申込フォームよりご入力ください。
https://goo.gl/forms/qlFloV8VVOxCa7df2
申込み締切 12月6日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ ot.chiikicareあっとまーくgmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6943

高次脳機能障害の評価とアプローチ ~ 脱『高次脳は難しい』を目指して ~(横浜会場)

名称 【高次脳機能障害の評価とアプローチ ~ 脱『高次脳は難しい』を目指して ~】(横浜会場)
主催 Medical MARKSTAR
日時 2019年1月13日(日)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜
内容 ・「高次脳はなんとなく苦手」
・「高次脳機能障害について基礎から学びたい」
・「実際の対象者に行なっている評価を聞きたい」
・「アプローチ方法について学びたい」
・「実際の症例提示から、どう評価してアプローチに繋げたのか聞いてみたい」

今回の講習会では、高次脳機能障害の基礎知識を学ぶとともに、より臨床的な解釈やアプローチのポイントなどを中心にご講演いただきます。「高次脳は難しい」と感じているセラピストにとって、苦手意識を克服できる貴重な機会になると思います。

【講習会の概要】
・脳の基礎知識
・高次脳機能障害の基礎知識
・高次脳機能障害の評価と、臨床的に考えるポイント
・高次脳機能障害に対するアプローチ
・早川先生が実際に評価・アプローチした症例の提示と解説
 
ぜひ、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
詳細URL https://www.markstar.net/higherbrain3/
対象 PT.OT.STなど、どなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7800円
定員 先着50名
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ MARKSTAR事務局へのお問い合わせ
https://www.markstar.net/contact/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6942

股関節疾患に対するリハビリテーション~バイオメカニクスと臨床的評価・治療方法~(横浜会場)

名称 【股関節疾患に対するリハビリテーション~バイオメカニクスと臨床的評価・治療方法~】(横浜会場)
主催 Medical MARKSTAR
日時 2019年1月20日(日)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜
内容 ・「股関節に対する基礎知識から学びたい」
・「股関節に関連したバイオメカニクスを教えてほしい」
・「股関節疾患に関連した姿勢・動作分析を学びたい」
・「股関節疾患に対する治療方法を聞きたい」
・「実際の評価・治療を、実技を通して学びたい」

この講習会では、股関節疾患に対する基礎知識~評価方法~治療方法まで、若手の方でも理解しやすい講義・実技を意識した構成となっております。また、より実践的な内容となっており、実技も充実しております。リスク管理やその他臨床上でのポイントなども解説いただけます。

【講習会の概要】
・股関節の基礎知識 ~解剖学・バイオメカニクス~
・股関節疾患に関連した姿勢や歩行の動作分析
・股関節疾患における臨床像と評価のポイント
・股関節疾患に対する実際のリハビリテーションプログラム
詳細URL https://www.markstar.net/hipjoint2/
対象 PT.OT.STなど、どなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 8800円
定員 先着50名
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ MARKSTAR事務局へのお問い合わせ
https://www.markstar.net/contact/
備考 実技を行いますので、動きやすい服装のご用意をお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6941

すっっっごい分かりやすく、ハンドリングの基礎を学ぼう!寝返り、起き上がり、立ち上がりのハンドリングが明日から出来るようになる!

名称 すっっっごい分かりやすく、ハンドリングの基礎を学ぼう!寝返り、起き上がり、立ち上がりのハンドリングが明日から出来るようになる!
主催 MediArt(メディアート)
日時 平成31年2月4日(月)9時30受付
10時00分開始 終了時間は17時30分頃。
講習会終了後、希望者は講義後に実技練習や、講義以外の内容でも質問が行えます!
お時間の余裕のある方は是非どうぞ!
場所 横浜市営地下鉄ブルーライン センター南駅 徒歩6分 総合施設 会議室
詳細の行き方につきましては、お部屋までのご案内順路なども含めて受講者へご連絡いたします。
内容 臨床現場で、ハンドリングって何なんだろう?どうすれば良いのか?分からない方も多いと思います。

実際に、講義を受けると『ハンドリングって、こういうコツで、行なえば良いんだ!』と、ガッテン!して帰ってもらえます!

セラピストの中には、
『ハンドリングについて、知りたいけれど、なかなかコツとかが上手く分からなくて難しい!でも、上手くなりたい!』という方もいれば、

『OTなので、あまり興味がないです。』という方など、
ハンドリングに興味をお持ちでない方もいます。

でも、知らないって、すっごくもったいない!
患者さんに触れて介入する事をしていて、
ちょっとでも興味があれば、是非ホームページに詳細がありますのでご覧下さい!
詳細URL https://mediart2016.jimdo.com/
対象 作業療法士、理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、トレーナーなど。学生可能。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 10000円 無料会員登録をしていただくと1000円引きとなります。9000円*当日支払いになります。
定員 8名前後
申込み方法 ホームページより、『お申し込み欄』からお申し込みを、お願いいたします。
申込み締切 平成31年2月3日(日) 満席になり次第、受付を締め切ります。ご了承下さい。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 申し込み・お問い合わせを行って3日経過しても返信がない場合は、mediartdaisuki@gmail.com までご連絡ください。
携帯電話各社のメールでのお問い合わせの場合、当方がメールをお送りしても拒否されて戻ってきてしまう事が何件かありました。また、メールの誤送信などやエラーなどが増えております。よろしくお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6939

良い作業療法士になるために - 目標を目標として設定できる

名称 良い作業療法士になるために - 目標を目標として設定できる
主催 作業療法総合研究所 https://ot-lab.org
日時 2018年12月22日(土)13:30-16:20
受付時間 13:10-13:25
場所 東海道かわさき宿交流館 4F集会室
JR川崎駅徒歩10分・京急川崎駅徒歩6分
http://kawasakishuku.jp/02_gui……index.html
内容 <内容>
1.目標設定の重要性
2.目標とは何か
3.体験学習
 目標と目標ではないものの見分け方
 目標でないものを目標に直す
 良い目標を設定する

<講師からのメッセージ>

私たちが作業療法士を目指した時,国家試験に合格した時,たぶん誰もが良い作業療法士になろうと心に誓ったことと思います.
切磋琢磨できる同僚や励まし合える仲間がいたとしても,職場で良き先輩に恵まれたとしても,尊敬できる作業療法士に出会ったとしても,「作業療法士」として名乗った時に「良い作業療法士」になるために自分で自分を育てていくという選択をしたことを意味しています.
では,その選択をどのようにして引き受けますか?
どうしたら,その志を具現化できるのでしょうか?

勉強会や研修会で学ぶ,本や論文を読む,研究発表する,どれもこれも必要でしょう.
でも最も重要なことは,目の前にいる対象者から学ぶことです.
目の前の対象者こそ最前線.

先人たちが蓄積してきた知識と技術は貴重な宝庫です.
そこから学べることは計り知れません.
けれど,同時に科学は過去の知識の修正の上に成り立つ学問であり,作業療法は実践の科学であるということを忘れてはいけないと考えています.
知識と技術は目の前にいる対象者の利益になるように役立てられるものであり,それらに対象者を当てはめてはいけない.
対象者に寄与できるのが,良い作業療法士です.
実践者として,対象者に対して結果を出せることが最優先です.
結果を出せたかどうかの判断基準は,目標達成の可否にあたります.
適切に目標を設定できるということは,非常に重要なことなのです.

ところが,目標を目標のカタチで設定できる作業療法士は多くはないという現実があります.
目標と目的,目標と治療内容の混同・すり替えは,あちらこちらで散見されています.
実習で目標設定の段階で難しくて頭を抱え込んでしまい,指導者に相談したけれど明確な答えがもらえなかった,という体験をした人は少なくありません.
また,実習指導者の立場で,学生に目標設定を指導しようとして明確に言語化できず「そのうちわかるよ」「だいたいいいんじゃない」等とごまかしてしまい,自己嫌悪に陥ったことはありませんか?

目標を目標というカタチで設定できるから,PDCAサイクルを回すことが可能となり,自己修正が可能となります.
自己修正の蓄積の過程が,「良い作業療法士」への過程でもあります.
できれば,学生のうちにこのお話を聞いていただきたいと思います.
モチロン,何事も遅くはなし.
学生や後輩を指導する立場にある作業療法士も,自分自身のために再学習したいと志す方も,作業療法士以外の方でも,興味のある方ならどなたでもご参加いただけます.

ご参加をお待ちしております.

講師:佐藤 良枝 氏 (作業療法士,曽我病院)
詳細URL https://ot-lab.org/post/1141
対象 興味のある方であればどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 有資格者・一般:1,000円,(大学院生を除く)学生:無料,割引クーポン対象研修会(500円)
定員 55名(先着順)
申込み方法 ウェブサイトよりお申し込み下さい
https://ot-lab.org/entry
申込みから1週間以内にこちらから返信がない場合は,ご面倒ですが下記へお問い合わせください.なお,携帯電話のメールからも申し込み可能ですが,こちらからのメールが受信できるよう設定をお願いいたします.
* 11/9-11,11/23-26の間は返信できません.それぞれ11/12,11/27から順次返信します.
申込み締切 12月20日(木)17:00
* 定員に達した時点で受付を締め切ります
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 作業療法総合研究所(OT Lab)事務局
昭和大学保健医療学部作業療法学科 作田浩行
045-985-6537, supportアットマークot-lab.org
URL: https://ot-lab.org
※申込先ではありません.ご注意下さい.

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6933

ハンドリング研究会主催:「CVAの症例検討と臨床に活かせる実技」

名称 ハンドリング研究会主催:「CVAの症例検討と臨床に活かせる実技」
主催 臨床ハンドリング研究会
日時 2018年12月5日(水)19:00~20:40
場所 ウィリング横浜 5階研修室 502~503
内容 脳卒中片麻痺者へのリハビリテーションには、様々な評価・アプローチ方法がありますが、難しい内容も多く若手セラピストにはなかなか臨床で活かせないこともよくある悩みだと思います。

今回の講習会では、実際の患者様の動画を中心に進行し、どう評価してアプローチに繋げたのかをわかりやすくご解説できるかと思います。特定のアプローチ方法をお伝えするのではなく、臨床的にどう考え、どうアプローチしたのかをしっかりとお伝えできればと思います。

短い時間ではありますが、即臨床に活かせる内容となっております。
皆さまのお申込みをお待ちしております。
詳細URL https://r-handling.jimdo.com
対象 理学療法士、作業療法士等、どなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 500円
定員 50名程度
申込み方法 臨床ハンドリング研究会ホームページよりお申し込み下さい。
https://r-handling.jimdo.com
申込み締切 11月4日~12月4日
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 臨床ハンドリング研究会 事務局
理学療法士 小知和 衿花
handling.k@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6932

第49回日本リハビリテーション工学協会 車いすSIG講習会 in 横浜

名称 第49回日本リハビリテーション工学協会 車いすSIG講習会 in 横浜
主催 日本リハビリテーション工学協会 車いすSIG
日時 2019年2月16日(土)・17日(日) (1日間×2コース)
場所 横浜市スポーツ医科学センター
〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町3302-5(日産スタジアム内)
内容 車いすSIGでは年2回講習会を開催しており、冬は基礎編(共通講義・座学)、夏は実践編(選択コース制)を行ってきました。今年度、講習会の見直しを行い、今回は実技を含めた講習内容で、1日単位で2つのコースを設け、お好きなコースを選んでいただけるようにご用意しました。
日頃車椅子に興味をお持ちの方、車椅子についてもっと深めたい方、受講者のみなさまの多様なニーズにお応えできるように精一杯準備してお待ちいたします。
詳細URL https://www.wheelchair-sig.jp
対象 どなたでもご参加いただけます。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1日毎(テキスト代金を含みます) 4,000円~8,000円(加盟団体等により異なります。)
定員 各日定員30名
申込み方法 講習会情報詳細を11月中旬以降、下記ホームページに掲載後、受付開始予定です(車いすSIGメンバー(会員)の優先受付期間あり)。申込書をホームページよりプリントアウトの上、FAXにてお申し込みください。なお参加費は事前振込制とさせていただいております。申込書受理後2~3週間程で参加費請求書をお送りいたします。
申込み締切 2019年1月7日(月)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 車いすSIG講習会事務局
〒235-0033 神奈川県横浜市磯子区杉田2-7-20
担当:深野栄子
wc-sig@resja.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6931