Archive: 県士会認定SIG団体主催

呼吸障害に対するリハビリテーション New!!

名称 呼吸障害に対するリハビリテーション
主催 県央地区リハビリテーション連絡会(SIG団体)
日時 平成29年12月10日(日)
9:00~15:00 (8:30受付開始)
場所 東名厚木病院 5階 大ホール
(愛甲石田駅より徒歩約15分) 
※駐車場(料金200円)
※駐車券をセミナー会場までお持ちください
内容 テーマ
「呼吸障害に対するリハビリテーション」

講師
長崎大学大学院 医歯薬総合研究科
医療科学専攻 リハビリテーション科学講座
内部障害系理学療法学分野 教授 
神津 玲先生   
詳細URL http://kenoureharen.wixsite.co……arenn/blog
対象 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 ¥3,000円
定員 100名(先着順)
申込み方法 E-mailにて件名「1 dayセミナー参加希望」と明記し,必要事項(①~④)を記載し、下記までご送信ください。(複数名同時にお申し込み可能です。)

1所属施設
2参加者名(フリガナもお願いします)
3職種
4お弁当有無

E-mail:kanagawa.kenou@gmail.com
申込み締切 平成29年11月15日(水)※定員になり次第締め切り
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Tel: 046-229-1771
東名厚木病院 リハビリテーション科
橋本 健太郎
備考 【昼食について】
昼食はセミナー会場にて飲食可能ですのでご持参ください。なお、会場近隣にはお店が少ないため、希望者にはお弁当(500円税込)をご用意いたします。お弁当希望者はセミナー申し込み時に「弁当希望」とご記入下さい。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5824

他職種へ伝えるOTの魅力-より良い連携を目指して- New!!

名称 他職種へ伝えるOTの魅力-より良い連携を目指して-
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2017年12月17日(日)
10:00~16:00 (途中,昼休憩あり)
場所 横浜市健康福祉総合センター 8 F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 自分の作業療法実践を 他職種にきちんと説明できていますか?

日々の臨床実践の中で「クライエントやご家族、他部門に作業療法士の視点を上手く説明できない・・・・」「職場で理学療法士と同じアプローチをしていると思われている」「手の機能訓練ばかり求められる」このようなことで悩んでいる方は多いのではないでしょうか?これから,どのようなOTをしていくのか一度,自分自身見つめなしたい. OT部門のメンバー同士で,話し合って変えていきたい.方などいらっしゃいませんか?.
作業療法の魅力,ユニークな視点をもう一度見つめなおし,しっかりと伝えられる言葉と視点を手に入れましょう!明日からの他職種連携やチームアプローチを変えていくヒントになるはずです!OTの歴史、作業療法の理論である人間作業モデル(MOHO)の活用方法等についても解説します.

講師は,笹田哲先生(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)
です
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士 4000円
作業療法学生 2000円
定員 40名.
定員に達した場合は、キャンセル待ちをお願いすることがございます。
希望される方に少しでも多くご参加頂けるようキャンセルの際は必ずご連絡お願い致します
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい

記載内容は以下:
件名:2017年12月17日参加申し込み
1.氏名 
2.所属 
3.連絡先メールアドレス 
申込み締切 2017年12月14日(木)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5747

認知症研修会 New!!

名称 認知症研修会
主催 行動リハビリテーション研究会
日時 2017/12/10 10:00 ~ 2017/12/10 16:00
場所 医療法人社団一心会 初富保健病院(ロイヤル館ホール)
千葉県千葉県鎌ケ谷市初富114番地
内容 「認知症があるから何度注意しても間違う」「認知症があるから覚えさせることは無理」などと考えてはないでしょうか?
本研修会では認知症患者にみられる行動の問題を応用行動分析学の視点から掘り下げ、その具体的な問題解決方法について学びます。

・スケジュール:
9:30  開場
9:55  開会式
10:00  ヒトの行動の基本原理  -応用行動分析学から認知症患者の行動を理解する-
    講師:富田駿先生(東船橋病院)
11:15  認知症患者に対する応用行動分析的介入 -適切な動作を学習させるためには-
    講師:加藤宗規先生(了德寺大学)
12:15  昼休み
13:15  認知症患者のBPSDと応用行動分析的介入 -不適切な動作を減少させるためには-
    講師:小滝治美先生(初富保健病院)
14:30  事例紹介
    講師:川口沙織先生(東船橋病院)
15:50  閉会式
※講義時間は変更となる可能性がございます.予めご了承ください
詳細URL http://koudo-reha.kenkyuukai.j……p?id=27134
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 ・参加費:会員2,000円 非会員5,000円
定員 ・定員:35名(先着順)
申込み方法 参加申し込みはkoudo_reha@yahoo.co.jpまでE-mailにてお申込みください。申し込みの際は、E-mailのタイトルを「認知症研修会」とし1.氏名 2.所属 3.E-mailアドレス 4.当研究会の会員 or 非会員 5.職種を明記してください
申込み締切 ・参加登録締め切り:平成29年12月1日(金)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 参加申し込みはkoudo_reha@yahoo.co.jpまでE-mailにてお申込みください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5746

対象者の方と恊働して良い目標が設定できる作業療法士になろう! New!!

名称 対象者の方と恊働して良い目標が設定できる作業療法士になろう!
主催 作業療法総合研究所・昭和大学保健医療学部作業療法学科
日時 平成29年11月12日(日) 13:00-16:20頃(休憩15分)
受付時間 12:20-12:55
場所 昭和大学保健医療学部(横浜キャンパス)
JR横浜線:十日市場駅より徒歩20分・バス5分
東急田園都市線:青葉台駅よりバス20分
※バス:若葉台中央行き(23・55・65系統),中山谷(なかざんや)下車+徒歩5分
詳細: http://www.showa-u.ac.jp/about……ohama.html
内容 案外、理解できていそうで理解できていない。実施できていそうで実現できていないのが「目標設定」です。

実習で学生が「担当ケースの目標設定ができない。」
一方で実習指導者も「言葉にして明確に説明できなくて困る。」

そのような声をよく聞きます。

「目標とは何か」

「目標ではない目的や内容を、目標というカタチに修正するためにはどうしたらよいのか」
実は私たちは明確に言葉で教わることが少ないので、何か変だな?と感じても自己修正できないことが多いように感じています。

また、対象者の方に「希望」や「やりたいこと」を言葉で尋ねることの限界に困惑している作業療法士も少なくないのではないでしょうか。
たとえば、周囲の意向を大切にして暮らしてきたような方や日々暮らすことで精一杯だった方、重度の認知症のある方など、実際の臨床では「希望」「やりたいこと」を聞かれても答えられない方は少なくありません。

本研修会では、目標を目標というカタチで設定できるようになるための方法を中心に、「希望」「やりたいこと」の尋ね方や言葉では答えられない方に対して「恊働」をどのように考えたらよいのか、臨床家としての視点からご提案いたします。

講師:佐藤 良枝 氏 (作業療法士,曽我病院)
詳細URL https://ot-lab.org/post/759
対象 興味のある方であればどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2,000円(新人セラピスト:1,000円,クーポン利用:1,000円)
(有資格者を除く)学生:300円
定員 80名(先着順)
申込み方法 ウェブサイトよりお申し込み下さい
https://ot-lab.org/entry
申込みから1週間以内にこちらから返信がない場合は,ご面倒ですが下記へお問い合わせください.なお,携帯電話のメールからも申し込み可能ですが,こちらからのメールが受信できるよう設定をお願いいたします.
* 10/13~15の間は返信ができません.10/16より順次返信いたします.
申込み締切 11月10日(金)17:00
* 定員に達した時点で受付を締めきります
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 作業療法総合研究所(OT Lab)事務局
昭和大学保健医療学部作業療法学科 作田浩行
045-985-6537, supportアットマークot-kab.org
URL: https://ot-lab.org
※申込先ではありません.ご注意下さい.

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5735

作業療法士をいきる

名称 作業療法士をいきる
主催 昭和作業療法卒後教育セミナー※本セミナーは卒業生に限らず広く開かれた学術団体です。
日時 平成29年11月18日(土) 13時30分受付開始 14時00分~17時00分を予定
セミナー終了後に総会を行います。
場所 昭和大学保健医療学部(横浜キャンパス) JR横浜線十日市場駅(徒歩20分/バス10分)・東急田園都市線青葉台駅(バス20分)
地図・交通アクセス: http://www.showa-u.ac.jp/about……ohama.html
内容 研修会のキーワード 【職業アイデンティティ】【セルフマネジメント】【将来への期待と希望】

作業療法士という仕事は自我同一性(アイデンティティ)を保つのが難しい仕事だと感じている人は少なくありません。自我同一性がうまく形成されないと、「自分が何者なのか、何をしたいのかわからない」という同一性拡散の危機に陥ります。「自分が名乗っている作業療法士とは何者なのか、何をしたいのかわからない」という悩みを解決するためには「何故、【作業療法士】を志したのか?」を振り返り、自分の大切にしている価値を再確認し、「どのように【作業療法士】としていき、今後はどのようにいきていくか?」という問いかけに答えられるようになることが大切です。
 今回は身体・精神障害領域に加え地域・青年海外協力隊と様々な領域・環境で作業療法士としていき抜いて臨床を実践されている講師の方々をお招きし、自身の【作業療法士(史)】のお話から“ セルフマネジメント”をテーマに作業療法の可能性・面白さ・視点の拡大を探求できる内容を企画しています。今後の人生設計や新たな挑戦を考えている方は必聴です。今一度「どのように【作業療法士】としていきていくか?」を考える機会にしてみませんか?多くの皆様のご参加をお待ちしております。

講師
研究・教育領域:三橋 幸聖 氏(昭和大学保健医療学部作業療法学科) (40分)
身体障害領域:駒場 一貴 氏(昭和大学藤が丘病院)  (20分)
精神障害領域:小林 崇志 氏(昭和大学烏山病院)  (20分)
青年海外協力隊:田原 希 氏(ソフィア訪問看護ステーション等々力)  (20分)
地域領域:浦島 亮 氏(足立区地域包括支援センター千寿の郷)  (20分)

研修会後には講師の方々をはじめ、作業療法士間の交流を深める目的で懇親会を計画しており、会費は3000円です。研修会だけでなくお酒の場でざっくばらんに作業療法士を一緒に考えていきませんか?皆様もお忙しいとは思いますが是非ご参加下さい。
詳細URL https://www.showa-ot-education……催情報/
対象 作業療法士(特に1~5年目の方におすすめします)、学生(高校生、大学生)
なお、本セミナーは卒業生に限らず広く開かれた学術団体です。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員 1000円、非会員 1500円、学生 無料
定員 50名
申込み方法 申し込みフォームから申し込み頂くか、以下の内容をメールに記入し、件名「セミナー参加希望」 としotd@nr.showa-u.ac.jp に送信してください。(携帯メール可)
1.参加者氏名 2.所属 3.返信先アドレス・電話番号 4.懇親会の参加可否 1.参加 2.不参加 3.検討中
申込みから1週間以内にこちらから返信がない場合は、事務局まで「必ず」お問い合わせください。携帯メールから申し込みいただいて構いませんが、こちらからのメールを受信できるよう設定をお願い致します。
申込み締切 平成29年11月4日(土)
生涯教育
ポイント
OT協会生涯教育 制度・基礎コース1ポイントの付与対象です。
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 昭和作業療法卒後教育セミナー事務局 横浜市緑区十日市場町 1865 昭和大学保健医療学部作業療法学科内
<E-mail:otd@nr.showa-u.ac.jp>

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5696