: 県士会認定SIG団体主催

第55回三浦半島作業療法研究会

名称 第55回三浦半島作業療法研究会
主催 三浦半島作業療法研究会
日時 2020年2月28日(金) 19:00~21:00
場所 神奈川県立保健福祉大学 大講義室6(A445)
内容 内容:講習会「認知症関係の講演(予定)」
講師:未定
参加費:200円
2019年度総会
詳細URL http://miuraot.kenkyuukai.jp/event/
対象 作業療法士、理学療法士など職種問わず
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 200
定員 100
申込み方法 三浦半島作業療法研究会ホームページから申し込み
http://miuraot.kenkyuukai.jp/event/
申込み締切 2020/02/28 00:00
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ E-mail; shirahama-k@kuhs.ac.jp
事務局(白濱)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7222

第54回三浦半島作業療法研究会

名称 第54回三浦半島作業療法研究会
主催 三浦半島作業療法研究会
日時 2019年11月15日(金) 19:00~21:00
場所 神奈川県立保健福祉大学 大講義室6(A445)
横須賀市平成町1-10-1 京浜急行線 県立大学から徒歩5分
内容 内容:実技研修会 中枢神経系の評価と治療vol.12
講師:安部剛央(津久井浜整形外科クリニック&ケアセンター 本研究会会長)
参加費:200円
詳細URL http://miuraot.kenkyuukai.jp/event/
対象 作業療法士、理学療法士など職種問わず
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 200
定員 30
申込み方法 三浦半島作業療法研究会ホームページから申し込み
http://miuraot.kenkyuukai.jp/event/
申込み締切 2019/11/08 15:00
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ E-mail; shirahama-k@kuhs.ac.jp
事務局(白濱)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7221

第53回三浦半島作業療法研究会

名称 第53回三浦半島作業療法研究会
主催 三浦半島作業療法研究会
日時 2019年8月23日(金) 19:00~21:00
場所 神奈川県立保健福祉大学 大講義室6(A445)
横須賀市平成町1-10-1 京浜急行線 県立大学から徒歩5分
内容 内容:「第2回 はじめての学会発表(臨床研究)」
講師:白濱勲二(神奈川県立保健福祉大学 本研究会理事)
参加費:100円
詳細URL http://miuraot.kenkyuukai.jp/event/
対象 作業療法士、理学療法士など職種問わず
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 100
定員 100
申込み方法 三浦半島作業療法研究会ホームページから申し込み
http://miuraot.kenkyuukai.jp/event/
申込み締切 2019/08/23 00:00
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ E-mail; shirahama-k@kuhs.ac.jp
事務局(白濱)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7220

第52回三浦半島作業療法研究会

名称 第52回三浦半島作業療法研究会
主催 三浦半島作業療法研究会
日時 2019年5月24日(金) 19:00~21:00
場所 神奈川県立保健福祉大学 
横須賀市平成町1-10-1 京浜急行線 県立大学から徒歩5分
内容 内容:実技研修会「第2回はじめての担当患者さんの評価と治療」
講師:安部剛央(津久井浜整形外科クリニック&ケアセンター 本研究会会長)
参加費:200円
詳細URL http://miuraot.kenkyuukai.jp/event/
対象 OT,PTなど
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 200
定員 30
申込み方法 三浦半島作業療法研究会ホームページから申し込み
http://miuraot.kenkyuukai.jp/event/
申込み締切 2019/05/22 00:00
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ E-mail; shirahama-k@kuhs.ac.jp
事務局(白濱)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7219

第96回横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会

名称 第96回 横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会
主催 横浜脳血管障害リハビリテーション症例検討会
日時 2019年3月30日(土)9:30~12:00
場所 大倉山記念館 第3集会室
http://o-kurayama.com/access/
内容 『重度の失語症を有する右片麻痺者 復職がかなわず社会参加を探った道のり』
回復期病院、施設入所を経た脳血管障害の症例について、それぞれの期を担当したOTのプレゼンテーションをもとに症例検討を行います。
対象 OT, PT, ST, 心理など.OTS参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 参加は無料ですが、会場費として50円程度の実費を徴収します。
定員 10名
申込み方法 メールでお願いいたします
ykhm-cvariha@hotmail.co.jp
申込み締切 定員になりしだい
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ メールでお願いいたします
ykhm-cvariha@hotmail.co.jp
備考 脳血管障害ケースの急性期・回復期・社会復帰にわたる一連の経過の理解、それぞれの期間で関わるOTの役割の認識、連続的なOTの展開をめざし、年4回、症例検討会を開催しております。是非ご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7215

認知症研修会 ~行動リハビリテーションを活用する~

名称 認知症研修会 ~行動リハビリテーションを活用する~
主催 行動リハビリテーション研究会
日時 平成31年3月9日(土)10:00~16:00
場所 ユニコムプラザさがみはら(セミナールーム1)
小田急線「相模大野駅」より徒歩3分
URL  http://unicom-plaza.jp/access/index.html
内容 「認知症があるから何度注意しても間違う」「認知症があるから覚えさせることは無理」などと考えてはないでしょうか?
本研修会では認知症患者にみられる行動の問題を応用行動分析学の視点から掘り下げ、その具体的な問題解決方法について学びます。
スケジュール:
9:30  開場
9:55  開会式
10:00  応用行動分析学の基礎
    講師:杉村誠一郎先生(聖マリアンナ医科大学東横病院)
11:10  認知症患者の不適切行動の応用行動分析学的な理解と対応
    講師:大森圭貢先生(湘南医療大学)
12:20  昼休み
13:15  認知症患者に対する応用行動分析学的介入
    講師:山﨑裕司先生(高知リハビリテーション学院)
14:45  事例紹介
    講師:松井剛先生(茅ヶ崎リハビリテーション専門学校)
15:50  閉会式
※講義時間は変更となる可能性がございます.予めご了承ください
詳細URL http://koudo-reha.kenkyuukai.jp/event/
対象 理学療法士,作業療法士,言語聴覚士など
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員2,000円 非会員5,000円
定員 80名(先着順)
申込み方法 参加申し込みはkensyu@koudo-reha.comまでE-mailにてお申込みください。申し込みの際は、E-mailのタイトルを「認知症研修会」とし1氏名 2所属 3E-mailアドレス 4当研究会の会員 or 非会員 5職種を明記してください
申込み締切 平成31年3月1日(金)
生涯教育
ポイント
日本作業療法士協会生涯教育基礎ポイントが1ポイント付与されます
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ kensyu@koudo-reha.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7125

クライエントのより良い作業を 引き出す接し方のコツ

名称 クライエントのより良い作業を 引き出す接し方のコツ
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2019年3月21日(木・祝)
10:00~16:00 (途中,昼休憩あり)
場所 横浜市健康福祉総合センター 9 F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 日々の臨床では,クライエントと話をしないことはないでしょう.話をすることは作業療法で作業を用いるためには,不可欠だと言われています.クライエントの変化を引き出すのは,身体的なアプローチだけではありません.話をする,会話するということは,情報収集だけではなく,自分自身の言動を治療的に意図して取り入れることで,治療としても活用することができます.作業を用いることだけでなく,話をすることも,他職種にはない作業療法士としてユニークな点であり,領域関係なく求められているスキルなのではないでしょうか.
作業療法の実践理論である人間作業モデル(MOHO)では,クライアントの作業への取り組みを支援するための作業療法士の言動や振る舞いが示されています.今回は,これらの言動,振る舞いの紹介,解説に加えてクライエントが作業に取り組む側面と変化についても説明致します.

講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院教授)
詳細URL https://www.facebook.com/uottip/
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士 5000円
作業療法学生 2000円
定員 25名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい
「gmail.com」からのメールを 受信できるように設定してください.

メール記載内容
件名:2019年3月21日参加申し込み
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス 
申込み締切 2019年3月18日(月)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7091

セラピストのための生理学-基礎から最新知見の理解まで

名称 セラピストのための生理学-基礎から最新知見の理解まで
主催 作業療法総合研究所 https://ot-lab.org
日時 2019年1月12日(土) 13:00-16:20頃
受付時間 12:20-12:55
場所 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院(東京都港区) 3階・講堂
地下鉄銀座線虎ノ門駅より徒歩5分
詳細: https://www.toranomon.gr.jp/access/
解説PDF: https://ot-lab.org/pdf_box/info/tora.pdf
内容 2014年に「脳科学と作業療法が融合するためのキーワード」、2015年に「神経科学の視点から作業療法を考える」と2度にわたり「脳と作業療法」についてお話をさせていただいた石井と申します。

今回はその第3弾として、運動、感覚、情動、認知機能について生理学の基礎的な説明を交えて紹介いたします。特に作業療法士が臨床場面で扱うことの多い栄養や環境といった因子が生体の機能へ与える影響について説明いたします。

本研修は、作業療法士が知っておくべき知見や作業療法に関連のある研究を可能な限り「ゆっくり丁寧に」紹介させていただきます。生理学などの専門基礎科目は、学生の時(多くは1-2年生の時だと思います)に学びますが、おそらくそれきりです。

現在、学部学生へ生理学を教えておりますが、その時に「臨床現場で働いている方にも聞いてほしいなー」と思うことがあります。臨床で働かれている方々へもう一度生理学の基礎的な知識を復習していただき、日々の臨床へ生かしていただければと思います。

今回の研修会では、前回、前々回に続き作業療法の有効性を示唆する研究を多数紹介させていただきます。皆様が臨床における課題を解決するヒントになれば幸いです。

《講師》
石井 大典 氏(作業療法士,茨城県立医療大学医科学センター)
詳細URL https://ot-lab.org/post/1188
対象 興味のある方であればどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 有資格者:1,000円(クーポン利用の場合は500円),(大学院生を除く)学生:300円
定員 60名(先着順)
申込み方法 ウェブサイトよりお申し込み下さい
https://ot-lab.org/entry-2
申込みから1週間以内にこちらから返信がない場合は,ご面倒ですが下記へお問い合わせください.なお,携帯電話のメールからも申し込み可能ですが,こちらからのメールが受信できるよう設定をお願いいたします.
* 12/27-1/3の間は返信ができません.1/4より順次返信いたします.
申込み締切 2019年1月10日(木)18:00
* 定員(60名)に達した時点で受付を締めきります
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 作業療法総合研究所(OT Lab)事務局
昭和大学保健医療学部作業療法学科 作田浩行
045-985-6537, supportアットマークot-kab.org
URL: https://ot-lab.org
※申込先ではありません.ご注意下さい.

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7015

第51回三浦半島作業療法研究会

名称 第51回三浦半島作業療法研究会
主催 三浦半島作業療法研究会
日時 2019年1月25日(金) 19:00~21:00
場所 神奈川県立保健福祉大学 大講義室6(A445)
横須賀市平成町1-10-1 京浜急行線 県立大学から徒歩5分
内容 第51回 三浦半島作業療法研究会
1. 講習会「第1回 はじめての学会発表(事例報告)」
講師:木村亮太(磯子中央病院 本研究会理事)
2019年1月15日~2月18日は、第53回日本作業療法学会の演題受付期間です。今からでもまだ間に合います。これを機会に全国学会デビュー!今回は事例報告を学会発表するにあたっての実例を学びましょう。ぜひ、はじめての学会発表を体験しましょう。
2. 2018年度総会
詳細URL http://miuraot.kenkyuukai.jp/e……index.asp?
対象 作業療法士、理学療法士など職種問わず
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 100円
定員 100名
申込み方法 三浦半島作業療法研究会ホームページから申し込み
http://miuraot.kenkyuukai.jp/e……index.asp?
申込み締切 2019年1月24日(金)16:00
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 事務局 白濱研究室
shirahama-k@kuhs.ac.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7013

精神障害者の回復に必要なトータルリハビリテーションの視点を学ぶ~臨床で生かせる実践的評価法~

名称 精神障害者の回復に必要なトータルリハビリテーションの視点を学ぶ~臨床で生かせる実践的評価法~
主催 神奈川県臨床精神科作業療法研究会(かなりけん)
日時 平成31年2月2日(土)13:10~17:00 
場所 ウィリング横浜  12階
内容 作業療法の勉強はたくさんしているけれど、なかなか対象者に還元されなかったり他職種から理解されずに困っている方は多いのではないでしょうか?
本研修会では、講義と事例検討を通して、対象者を生育歴や行動からどのように評価し、どのように自己を生かして対象者やチームに関わっていくのかを学びます。今回も講師兼スーパーバイザーとして、鶴見隆彦先生(所属:湘南医療大学)を招いて実施します。皆様の参加をお待ちしております。
鶴見隆彦:
川崎市リハビリテーション医療センターにおいて精神障害者へのアウトリーチ型支援の実践を我が国において早期から取り組む。
その後、法務省に入局し社会復帰調整官として医療観察法対象者への社会復帰支援を実践。現在は教育分野に身を置きながら、作業療法士や社会復帰調整官へのスーパーバイズを全国的に実施している。精神障害者リハビリテーション関連の著書は多数。
対象 専門分野に限らず興味のある方ならどなたでも。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2000円
定員 40名
申込み方法 メールでお願いします。
1 氏名 2所属 3相談したい事(自由記載です)
を記載し
igiyomogi@yahoo.co.jpまで申込みお願いします。
申込み締切 当日参加も受け付けますが、なるべく事前にご連絡頂けると助かります。
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 東京保護観察所 立川支部 社会復帰調整官室 佐藤拓也 
 Tel042-521-4240
 mail:igiyomogi@yahoo.co.jp
※なるべくメールでご連絡頂けると助かります。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6991