Archive: 県士会認定SIG団体主催

第13回横浜臨床病態栄養リハビリテーション研究会~臨床と研究が融合していくために必要なクロスオーバーラップ~ New!!

名称 第13回 横浜臨床病態栄養リハビリテーション研究会 ~臨床と研究が融合していくために必要なクロスオーバーラップ~
主催 横浜臨床病態栄養リハビリテーション研究会
日時 平成30年3月17日 土曜日  14時30分~18時00分
場所 医療法人 光陽会 関東病院  8階 談話室(エレベーターにて8階へ)
地図: http://loco.yahoo.co.jp/place/……ax2ILBaA6M
※横浜市磯子区森1-16-26
1.JR京浜東北・根岸線 磯子駅下車徒歩9分
2.京浜急行線・屏風浦駅下車徒歩6分
内容 内  容:
14:10~      受付開始
14:20~14:30  当研究会 趣旨説明、開会挨拶

14:30~15:15 【特別講演】 45分間
座長:関東病院 リハビリテーション科 成田 雄一先生
≪講演テーマ≫
糖尿病治療継続における現実 ~I型糖尿病23年目、作業療法士(OT)7年目が思うこと~
講師:作業療法士 谷津田 尊寛先生

15:15~15:25  休憩

15:25~17:50  【ワークショップ】 135分
座長:関東病院 糖尿病内科医  藤崎 公達先生
≪ワークショップテーマ≫
臨床研究を行うための研究デザイン ~ 糖尿病療養指導・健康増進分野を中心に ~
(全3回 3回目 統計手法はなぜ必要か)
講師:もろおかクリニック リハビリテーション科
慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科 理学療法士 田島 敬之先生

17:50~18:00  閉会の挨拶、次回開催案内
詳細URL https://sites.google.com/site/……youeiriha/
対象 多職種連携に関心のある方(先着 50名)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1,000円
定員 先着 50名
申込み方法 お申し込み方法:下記URLの申し込みフォームよりお願いします。
https://goo.gl/soA5ia
申込み締切 平成30年 3月 10日 土曜日
※定員を超えた場合には、申し込みを締め切る場合があります。
生涯教育
ポイント
日本作業療法士協会 生涯教育基礎ポイント 1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜臨床病態栄養リハビリテーション研究会 事務局
【E-mail】 ycpnra@gmail.com
備考 I型糖尿病を有して作業療法士として従事して経験してきたこと、患者としての出来事や思いや行動の振り返り、それぞれの出来事を第三者的に作業療法士として振り返る。また現在の状況等も踏まえて今後の提言をする。

統計手法の必要性:講義・ディスカッション(アイスブレイク)
データの整理(記述統計):講義と個人ワーク
記述統計の意味と必要性について具体例を挙げて説明する
データの型,代表値,バラツキ,データの正規性,それらのグラフ作成について実際に計算をする
推測統計の基礎:講義
推定するとは何か,記述統計との違いを説明する(母集団と標本)
推測統計の基礎の用語について具体例を示して説明する
統計検定の各手法よりもこれらの基礎の理解のほうが重要であることを具体的に説明する
統計検定(解析手法)の基礎:講義
統計検定とはどのようなものがあるのか概要について簡単に説明する
これらをどのように選択すればよいのか,研究デザインとの関連について説明する
実際に幾つかの論文を紹介し,研究デザインと統計検定について具体的に説明する
実際の研究における研究デザインと統計検定:グループワーク
論文や学会発表の研究デザインと統計検定についてグループワークで討議を行う
研究デザインと統計検定について批判的吟味を行い,改善点があればお互いに意見を出し合う

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5963

2017年度脳損傷による高次脳機能障害に対する作業療法講習会 New!!

名称 2017年度 脳損傷による高次脳機能障害に対する作業療法講習会
主催 脳外傷の作業療法研究会
日時 2018年2月25日
場所 神奈川リハビリテーション病院  3階研修室
〒243-0121 神奈川県厚木市七沢516
内容 『OTによる医学的リハビリテーション期から始める職業準備性支援~移動、生活リズム、対人技能に着目して~』
詳細URL https://tbiot.wordpress.com
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 5,000円
定員 30名程度
申込み方法 HPに掲載
申込み締切 2018年2月18日
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 事務局 廣田

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5952

精神障害者の回復に必要なトータルリハビリテーションの視点を学ぶ~臨床で生かせる実践的評価法~

名称 精神障害者の回復に必要なトータルリハビリテーションの視点を学ぶ~臨床で生かせる実践的評価法~
主催 神奈川県臨床精神科作業療法研究会(かなりけん)
日時 平成30年1月27日(土)13:10~17:00 
場所 ウィリング横浜  5階
内容 作業療法の勉強はたくさんしているけれど、なかなか対象者に還元されなかったり他職種から理解されずに困っている方は多いのではないでしょうか?
本研修会では、講義と事例検討を通して、対象者を生育歴や行動からどのように評価し、どのように自己を生かして対象者やチームに関わっていくのかを学びます。今回も講師兼スーパーバイザーとして、鶴見隆彦先生(所属:湘南医療大学)を招いて実施します。皆様の参加をお待ちしております。
鶴見隆彦:
川崎市リハビリテーション医療センターにおいて精神障害者へのアウトリーチ型支援の実践を我が国において早期から取り組む。
その後、法務省に入局し社会復帰調整官として医療観察法対象者への社会復帰支援を実践。現在は教育分野に身を置きながら、作業療法士や社会復帰調整官へのスーパーバイズを全国的に実施している。精神障害者リハビリテーション関連の著書は多数。
対象 専門分野に限らず興味のある方ならどなたでも。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2000円
定員 40名
申込み方法 メールでお願いします。
1氏名 2所属 3相談したい事(自由記載です)
を記載し
igiyomogi@yahoo.co.jpまで申込みお願いします。
申込み締切 当日参加も受け付けますが、なるべく事前にご連絡頂けると助かります。
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 東京保護観察所 立川支部 社会復帰調整官室 佐藤拓也 
 Tel042-521-4240
 mail:igiyomogi@yahoo.co.jp
※なるべくメールでご連絡頂けると助かります。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5905

小田原OT勉強会「作業療法のリーズニングとリフレクション:入門編」

名称 小田原OT勉強会「作業療法のリーズニングとリフレクション:入門編」
主催 小田原OT勉強会
日時 平成30年1月10日(水)19:00~20:30
場所 国際医療福祉大学小田原キャンパス5階義肢装具室
内容 担当:丸山祥(認定作業療法士,修士)湘南慶育病院
私は11年目の臨床家です.私は,どうやったら自分のセラピーがもっとうまくできるのか?勉強会や文献で知った新しい知識をどうやって自分のセラピーに取り入れるのか?どうやって自分のセラピーを反省したり,修正するのか?といった臨床の思考過程に興味があります.そこで出会ったコトバが「クリニカルリーズニング」と「リフレクション」でした.これらは,作業療法における臨床教育のキーワードとして近年注目されています.この勉強会では,1)これらのコトバの解説,2)自分のセラピーを考えるための「リーズニングとリフレクション」演習を予定しています.よろしくお願いします.
対象 小田原市外の方でも、OT以外の職種の方でも、もちろん学生でも、どなたでも参加できます。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
申込み方法 事前申し込み不要。直接会場へお越しください。
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 認知症疾患医療センター曽我病院 佐藤良枝
電話:0465-42-1630(内線829)平日16時以降
メール:yoshiemon.atあっとgmail.com(あっとを変換してください)
備考 会場には駐車場はありません。
公共交通機関か駅周辺の駐車場をご利用ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5894

事例を通して学ぶ回復期病棟における人間作業モデルの実践

名称 事例を通して学ぶ回復期病棟における人間作業モデルの実践
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2018年2月12日(月・祝)
10:00~16:00  (途中,昼休み1時間)
場所 横浜市健康福祉総合センター 9階  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 当研究会では,様々な作業療法に関連する理論を紹介していますが今回のテーマは,回復期病棟での人間作業モデル(MOHO)での実践です.
普段の実践にMOHOの考え方をプラスしてみませんか?
複数の事例を通して評価から介入まで学んでいきます.馴染みのあるICFも用いながら,MOHOへと発展させていきますので,MOHOを全く知らない方でも大丈夫です.
「理学療法士との違いが出せない」「クライエントが機能訓練に固執して,生活や作業に目を向けられない」等の悩みを抱える回復期病棟に勤務する作業療法士の皆様の解決のヒントになるはずです!

講師は,笹田哲先生(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)です.
対象 作業療法士,作業療法学生(領域,学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士 4000円
作業療法学生 2000円
定員 30名

定員に達した場合は、キャンセル待ちをお願いすることがございます.希望される方に少しでも多くご参加頂けるようキャンセルの際は必ずご連絡お願い致します.
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい

メール記載内容
件名 2018年2月12日 参加申し込み
本文
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス 
申込み締切 2018年2月7日(水)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5879

1 / 101234...最後 »