: 託児サービス・あり

第19回リハビリママ&パパの会勉強会

名称 第19回リハビリママ&パパの会勉強会
主催 リハビリママ&パパの会
日時 開催日:平成30年6月10日  時間:9:30~15:30
場所 開催場所:さいたま赤十字病院7階会議室 住所:埼玉県さいたま市中央区新都心1番地5 
会場アクセス:JR線「さいたま新都心駅」より徒歩4分.「北与野駅」より徒歩6分
内容 NPO法人laule’aの作業療法士、大郷和成先生を講師にお迎えし「自分らしさってなんだろう?自分軸を探そう」をテーマに開催いたします.
◇講師:・大郷和成先生
  (児童発達支援・放課後等デイサービス「遊びリパーク リノア」責任者、作業療法士)
   ・河合麻美先生(リハビリママ&パパの会代表 理学療法士)

◇内容:講義、ワーク、ランチ交流会、バザー
詳細URL https://ptmama2008.jimdo.com/
対象 OT、PT、STのリハビリ専門職
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 参加費:1000円(キッズルーム使用される場合,保険料としてお子様お一人につき100円)
定員 先着30名
申込み方法 リハビリママ&パパの会ホームページ、入力フォームより申込み
申込み締切 平成30年5月31日(木)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6374

人間作業モデルについて知ろう! ~初心者向け~

名称 人間作業モデルについて知ろう! ~初心者向け~
主催 千葉県作業療法士会 学術部 精神障害委員会
日時 平成30年 7月29日(日) 12:00~受付
場所 公益財団法人 復光会 総武病院
内容 人間作業モデルは人間の作業行動と心理的要素の相互影響を理論的に捉え対象者の作業遂行を知るものです。近年、「生活行為マネジメント」や「意味のある作業」というキーワードから「作業」についての捉え方や用い方が改めて重要になっています。作業遂行から対象者を評価し、治療援助を行う作業療法士として、領域に限局せず「対象者の行う作業の捉え方・意味」を理論的に学ぶきっかけとなれば良いな、と考えております。
詳細URL https://www.chiba-ot.ne.jp/eve……vent/1923/
対象 精神科を主としていますが、他領域の方でも大歓迎です!
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 2,000円(非会員は3,000円)
定員 25名
申込み方法 1氏名(ふりがな) 2日本作業療法士協会 会員番号 3経験年数 4所属施設(他県の場合は都道府県名) 5連絡先(電話番号など)を明記して下記申し込み先アドレスまでお送り下さい。

chiba.potgakujutu@gmail.com (担当:岩川)
申込み締切 平成30年7月20日(金)まで
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ chiba.potgakujutu@gmail.com (学術部精神障害委員会 岩川まで)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6305

都士会 子ども委員会カフェ

名称 都士会 子ども委員会カフェ
主催 東京都作業療法士会子ども委員会
日時 2018年4月15日 13時~15時
場所 TRC東京流通センター 第5会議室
内容 子どもの支援をしていく上で、医療、福祉、教育、行政など、他分野・他機関との連携で悩んだことはありませんか?子どもが成長するにつれ、各ライフステージ間のつながりを意識した役割のバトンタッチなども必要になるかもしれませんね。そういった日々の臨床での悩みや思いについて、自分の臨床の話をしたり他の立場・役割を担う人と意見を交わしませんか。お茶やお菓子を召し上がりながら、リラックスしてディスカッションができる雰囲気をご用意しておりますので、気軽にご参加ください
詳細URL http://www.kidsfesta.jp/timetable/
対象 作業療法士のみ
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 500円
定員 40名
申込み方法 東京都作業療法士会ホームページ内の研修案内をご覧ください
申込み締切 定員となり次第終了
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ kodomo@tokyo-ot.com
備考 詳しくは東京都作業療法士会ホームページをご覧下さい

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6221

第7回多職種リハビリ勉強会『患者・利用者の「主体性の再構築」をデザインする!!』

名称 第7回多職種リハビリ勉強会 『患者・利用者の「主体性の再構築」をデザインする!!』
主催 神奈川県回復期リハビリテーションソーシャルワーク-KRSW-研究会
日時 平成30年4月21日(土)12:50~18:00
場所 横浜市開港記念会館 (みなとみらい線 日本大通り駅徒歩1分・JR関内駅徒歩10分)
内容 患者さん、利用者さんの「活動と参加」へ向けた支援にするためには、主体性の再構築のアプローチが必要です。その方の意思を尊重したうえで、依存させない関わり方が大事です。「活動と参加」、「主体性の再構築」は生活期、介護保険の範囲ではありません。急性期・回復期での関わりが地域生活での出発点です。急性期、回復期、包括ケア病棟のリハビリテーションは、訓練に受け身な患者を作らせないアプローチや取り組みが必要であり、どう生活期に繋ぐかがキーワードになると考えます。そこで、急性期~回復期~生活期の連携やチームアプローチの課題・問題等を多職種で共有し、将来を見据える勉強会とします。
詳細URL https://krswreha.jimdo.com/
対象 急性期・回復期・生活期セラピスト、医師、ソーシャルワーカー、看護師、介護士など
学生の
参加可否
参加可 
参加費 3000円
定員 450名
申込み方法 KRSW研究会ホームページまたはメール(krswreha@yahoo.co.jp),FAX(0467-33-1879 聖テレジア病院)にて
申込み締切 勉強会前日まで
生涯教育
ポイント
ポイント付与対象SIG「学会・研究会」1ポイント
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ 鎌倉リハビリテーション聖テレジア病院 地域連携事業部内 KRSW研究会事務局 tel:0467-32-4125 fax:0467-33-1879

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6124

生活行為向上マネジメント事例発表

名称 生活行為向上マネジメント事例発表
主催 生活行為向上マネジメント推進委員会
日時 2018年3月17日(土)10:00~14:00(発表人数により終了時間の変動あり)
場所 横浜YMCA学院専門学校
内容 生活行為向上マネジメントを活用した事例発表です。
発表希望の方は以下をご準備ください。又聴講希望の方もご参加いただけます。
1)生活行為向上マネジメントシート(A4 1枚)
2)生活行為課題分析シート(A4 1枚)
3)抄録(A4 1枚にまとめる)
イ)タイトル
ロ)事例紹介
ハ)作業療法評価
ニ)作業療法計画
ホ)介入経過
ヘ)結果
ト)考察
送付先:mtdlp@kana-ot.jp
送付期限:2018年3月9日(金)
対象 次のすべてが該当する方が発表対象となります。
1)日本作業療法士協会 会員
2)生活行為向上マネジメント基礎研修およびそれに該当する研修を受講済みの方

次のいずれかに該当する方が聴講対象となります。
1)神奈川県作業療法士会 会員
2)神奈川県以外の作業療法士会 会員
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 2,000円
定員 40名
申込み方法 お申込みはEmailで1名につき1通でお申込みください。携帯電話からのお申込みは送受信が出来ないことがありますので極力控えて頂きますようよろしくお願い致します。
送信先:ken-ot@kana-ot.jp
件名:「MTDLP事例発表3月17日 希望」
送信内容:
1)氏名
2)カナ
3)所属先
4)所属先住所
5)所属士会名
6)発表OR聴講
7)参加通知返信先アドレス
申込み締切 2018年3月9日(金)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ 生活行為向上マネジメント推進委員会 木村
mtdlp@kana-ot.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6029

ダイアローグ(対話)に触れてみよう!

名称 ダイアローグ(対話)に触れてみよう!
主催 神奈川県作業療法士会学術部
日時 2月18日(日)13:30~16:30
13:00受付開始
場所 藤沢市民会館 会議室
(JR東海道線、小田急線、江ノ島電鉄線「藤沢」駅下車 徒歩10分
内容 <講師>
相澤和美氏(国際医療福祉大学大学院 医療福祉研究科 精神看護学領域 教授)
孫 大輔氏(東京大学大学院 医学系研究科 医学教育国際研究センター 講師)
<概要>
 近年、フィンランドで開発された精神病的危機状態(クライシス)に対応する「オープンダイアローグ(Open Dialogues)」と、クライエントの支援にあたって多機関・多職種の支援者が抱く“悩み”や“行き詰まり感”を解きほぐしていく「未来語りのダイアローグ(Anticipation Dialogues)」が注目されています。今回の研修会では、対話というシンプルな方法でクライシスに対応するための基礎的な手法について学んでいきたいと思います。また、職種間の関係性が複雑に絡み合い行き詰まった状況において、望ましい未来を語る対話の中で解決に向けた行動プランが導き出される体験をしましょう。
 いま注目される2つのダイアローグを、対話がもつ魅力と可能性とともに体験していただきます。奮ってのご参加をお待ちしています!
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2,000円
定員 30名
申込み方法 1)E-mail(携帯メール不可)にて神奈川県作業療法士会事務局 研修会担当(ken-ot@kana-ot.jp)までお申し込みください。
2)E-mailは題名を「精神分野別2/18受講希望」とし、本文に1受講希望講習会名及び開催日、2氏名、3所属、4都道府県士会名、5日本作業療法士協会会員の場合は会員番号、6連絡先電話番号、7返信用E-mailアドレス(携帯メール不可)を必ずご記載ください。記載内容に不備があった場合、受け付けられません。
3)神奈川県在勤のOTの方は、申込2週間前までに必ず今年度士会費を納入してください。納入確認に
2週間程度必要となります。納入状況をお忘れの場合は(社)日本作業療法士協会「WEB版OT協会 
会員情報システム」にてご確認頂くか、県士会事務局(TEL045-663-5997)にお問い合わせください。
4)申込のE-mailは1人1通までとします。
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ 西前英紀(藤沢病院デイケアセンター)TEL 0466-23-0909
川口敬之(北里大学作業療法学専攻)TEL 042-778-9694

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6006