Category: 東京都

第3回 リハビリ・介護 モノづくり成果発表会

名称 第3回 リハビリ・介護 モノづくり成果発表会
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 2019年2月16日(土)14時00分から16時00分
場所 Socionet, Inc.(ソシオネット株式会社)  
東京都千代田区九段北一丁目14番12号 郵船九段ビル
https://goo.gl/QwzYDW
内容 ICTリハビリテーション研究会では、自助具・装具など、リハビリや介護の現場に関わる方や当事者の方が自作されたモノを発表し合う『第3回 リハビリ・介護 モノづくり成果発表会』を開催致します。
3Dプリンター・レーザー加工機などのデジタル工作機器やICTを活用したモノづくりから完全お手製のモノづくりまで、身近な小さな道具も含め、お互いの工夫や思いを共有する場にしたいと思います。
自分が作ったモノをご披露いただける方、ぜひあなたのモノとそれにまつわるストーリーをお聞かせください。また、他の方のモノづくりについて知りたい、聞きたいという方のご参加も大歓迎です。
ぜひ、お誘いあわせの上、ご参加ください。

▼ファシリテーター:
原 亮(ICTリハビリテーション研究会 理事)
山下 聖(ICTリハビリテーション研究会 理事)

▼内容:
(1) モノづくり成果発表
 お一人5分程度で、自分の作品の紹介を行います。
 ・ハンドメイドの部(100均アイテムなどの改造なども歓迎!)
 ・デジタル工作の部(デジタルファブリケーションやICTを活用したモノ)

(2) ステキなストーリーを語り合おう
 それぞれの作品の工夫点や生まれた経緯などを、参加者の対話からシェアします。

(3) トークセッション「オープンとシェアで広がるデジタル工作の可能性」

ICTリハビリテーション研究会の理事から、デジタル化がもたらすモノづくりや世界中の人たちと知見をシェアできる魅力について、お話をします。
※会の終了後に個別相談なども承ります。

▼注意事項
・どなたでも参加できますが、それぞれの立場や思いの違いなどを受け入れることを旨とし、他者へ持論を強く押し付けるような議論はご遠慮ください。
・メーカー等の既製商品の宣伝の場ではないので、予めご了承ください。
詳細URL https://www.ictrehab.com/
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 20名(オンライン参加も可能)
申込み方法 https://goo.gl/forms/zm8YYXuqXCrXPD3w1
(満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7110

実践!認知症ケア研修会2019(東京会場)

名称 実践!認知症ケア研修会2019(東京会場)
主催 日本通所ケア研究会
日時 2019年3月10日(日) 10:00~16:30
場所 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-1-6クアトロ室町ビル
CIVI研修センター日本橋
※JR総武線「新日本橋駅」徒歩約2分
内容 【タイムスケジュールと内容】
第1講座 10:00~11:30
「ケアを拒否?こんな時どうする?認知症の人の理解と適切な関わり方」
講師:渡辺 哲弘氏(株式会社きらめき介護塾)

第2講座 11:40~13:00
「認知症ケアの現場で介護拒否・バーンアウトを起こすスタッフへ~対人関係における不安・怒り・イライラのメカニズムの理解と打ち手~」
講師:高原 達也氏(一般社団法人リンクコントリビューション アドラー心理学講師)

第3講座 14:00~15:20
「事業所と地域で支える認知症の方への支援~「生きがい」「人間らしさ」を引き出しQOLを高める具体策~」
講師:直井 誠氏(和が家の古民家デイいぶき 代表)

第4講座 15:30~16:30
「認知症の方のその人らしさを最期まで実現する環境づくり~活動の工夫から看取りケアの実践まで~」
講師:今川 由美子氏(多機能地域ケアホームありがとうグループホーム 社会福祉士/介護福祉士)

※本研修会は日本認知症ケア学会単位認定講座です(認知症ケア専門士単位:3単位)
詳細URL https://www.tsuusho.com/ninchisyokea/
対象 ・介護・医療・福祉業界に携わる方
・認知症ケアに携わる方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 <1講座>3,000円(税・資料代込)
<全4講座>10,000円(税・資料代込)
定員 150名
申込み方法 公式ホームページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【公式ホームページ】
https://www.tsuusho.com/ninchisyokea/

【資料請求・お問い合わせ】
日本通所ケア研究会
NPO法人日本介護福祉教育研修機構
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com
申込み締切 当日受付可
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本通所ケア研究会
NPO法人日本介護福祉教育研修機構
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7095

[生活機能再創造参加体験型プログラム] ケアレク100連発セミナー(東京会場)

名称 【生活機能再創造参加体験型プログラム】ケアレク100連発セミナー(東京会場)
主催 日本通所ケア研究会
日時 2019年3月9日(土) 10:00~16:00
場所 CIVI研修センター日本橋
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-1-6クアトロ室町ビル
※JR総武線「新日本橋駅」徒歩約2分
内容 【参加のポイント】
(1)レクを目標達成型プログラムのツールにする
(2)「レク当番だから…」「とりあえずレク…」という意識を変える!
(3)レクのマンネリって悪いこと!?効果が出せるマンネリは悪くない!
(4)日常の生活やケアにレクの視点が入るとQOLが向上する
(5)レクは単なる楽しみ目的の集団活動ではない!

【タイムスケジュールと内容】

講師:山口 健一氏(株式会社バイタル エフステージ白木せいかつのデイ 作業療法士)
・上手なレクの案内と心理的アプローチ
・「伝える」「思考する」「 実行する」
・楽しい!すぐに取り組める!ADL・IADLの維持向上につながる一石三鳥レクほか

講師:石田 竜生氏(一般社団法人介護エンターテイメント協会 代表/作業療法士)
・マンネリネタ切れさようなら今日一日でオリジナルレク100個作ります
・ネタがつきないオリジナル体操の作り方
・食事を楽しくさせる口腔体操ほか
詳細URL https://www.tsuusho.com/rec100/
対象 ・ご利用者の生活に創意工夫をプラスしたい方
・「やり方」ではなく「あり方」を身に付けたい方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 10,000円(税・資料代込み)
定員 60名
申込み方法 公式ホームページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【公式ホームページ】
https://www.tsuusho.com/rec100/

【資料請求・お問い合わせ】
日本通所ケア研究会
NPO法人日本介護福祉教育研修機構
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com
申込み締切 当日受付可
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本通所ケア研究会
NPO法人日本介護福祉教育研修機構
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7094

デイがすべき本来の役割と「活動」と「参加」充実化セミナー(東京会場)

名称 デイがすべき本来の役割と「活動」と「参加」充実化セミナー(東京会場)
主催 日本通所ケア研究会
日時 2019年4月27日(土)10:00~15:00
場所 国際ファッションセンター
〒130-0015 東京都墨田区横網1丁目6-1
※JR中央・総武線「両国駅」東口より徒歩約6分
内容 【参加のポイント】
(1)自立・自律支援型ケアの実践でご利用者・スタッフのやる気が変わる!
(2)ADL向上だけでなく、「活動」と「参加」の成果が上がる評価方法が分かる!
(3)多職種連携で効果的・実践的な機能訓練の具体的アプローチを知る!

【内容】
身体機能・生活機能のそれぞれを評価し、考え行動できるスタッフになる

・介護サービスが目指すべき自立支援とは
・身体的自立支援に偏っているだけでは、高齢者のQOLは維持できない
・ICFの生活機能分類の活用で多岐にわたる高齢者の「活動」と「参加」を網羅
・これまでになかった「社会的自立を支援する介護サービス」の運営手法
・デイにおける適切な自立支援ケア
・スタッフはご利用者の何を目指して「サービス計画」を立案するか
・他事業所との「差別化」をはるかに凌駕する本質的な自立支援ケアの実践
・目標に働きかける「目的別グループ」
・高齢者本人の意思に基づいた地域社会の様々な活動への参加を誘導するケア
・自立支援ケアの志向→チームの活性化→スタッフの効力感向上→定着率アップにつながる
・それぞれの職種が高い専門性を発揮するということ ほか

【講師】
小室 貴之氏(在宅療養支援楓の風グループ 代表)
詳細URL https://www.tsuusho.com/active……icipation/
対象 介護・医療・福祉分野での自立支援に携わる方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 12,000円(税・資料代込)
定員 50名
申込み方法 公式ホームページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【公式ホームページ】
https://www.tsuusho.com/active……icipation/

【資料請求・お問い合わせ】
日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com
申込み締切 当日受付可
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7093

発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ

名称 発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ
主催 ジャパンライム株式会社
日時 2019年 2月23日(土)18:20~20:20 (開場 17:50)
場所 ワイム貸会議室 四谷三丁目
東京都新宿区四谷3-12 丸正総本店ビル6F
(東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅 1番出口 徒歩1分)
内容 発達が気になる子への読み書き指導には、確立された方法がありません。その理由としては、読み書きに困難さが起こる原因の多様さが考えられます。
発達が気になる子への「書きの指導」に関しては、点結びや線なぞり、平仮名のなぞり書き、自分の名前を繰り返し書き続ける。
「読み指導」に関しては、友達の名前と写真や、文字カード同士を合わせる取り組みで留まっていることが見受けられます。

読み書き指導には、文字がどのように読めるようになり、書けるようになっていくのかといった発達段階を理解し、さらには、困難さの原因分析とそれにむけた支援の必要があります。また、読める・書けるだけでなく、読んで理解する、意味のある文章を書ける、人に伝えられるといった、「意味のある読み書きの力」を育てていく必要があります。 今回のセミナーでは、「発達が気になる子への読み書き指導ことはじめ(中央法規出版)」の「読みと書きを連動した指導」を紹介し、読み書き指導と併せて促す、認知・言語・コミュニケーション、上肢機能発達支援についてもお伝えしたいと思います。
詳細URL https://www.event-form.jp/even……298/iZ29Fe
対象 障害児施設職員,保育士,学校教員,保護者,作業療法士,理学療法士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 3,500円(税込)
定員 70名
申込み方法 WEB(URLから)
申込み締切 2019/02/22 14:00まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 主催者

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7087

東京ハンドセラピィ研究会主催 第12回T-HANDsセミナー

名称 東京ハンドセラピィ研究会主催 第12回T-HANDsセミナー
主催 東京ハンドセラピィ研究会
日時 開催日:2019年3月3日(日)
開催時間:午前9時~午後5時
場所 会場:杏林大学 井の頭キャンパス
   東京都三鷹市下連雀5-4-1
アクセス:JR吉祥寺駅からバス20分,京王線調布駅からバス20分
内容 ・ダイナミックスプリントの作製に関わる講義,作製実習
・PIP伸展スプリント,アウトリガー付きコックアップスプリントの作製予定

動的スプリント作製に関わる基礎知識と作製スキルを学ぶことを目的として,座学での講義と 症例実践の報告,実習を通して,セラピィの中で何を目的に,どこを固定し,どのような形のスプリントを選択するのか,根拠に基づいて選択し,作製できるよう,用途や使い方,注意点について学習できる内容となっています。
詳細URL http://tokyo-hands.com
対象 作業療法士・理学療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 12000円
定員 40名
申込み方法 当会ホームページにあるPDFを参照し,メールにて応募.
申込み締切 2019年2月18日(月)
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ メールアドレス:thands.splint@gmail.com
実行責任者:JCHO東京高輪病院リハビリテーション室 作業療法士 成田大地

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7085

リハビリに活用しよう!今話題の3Dプリンター体験会(初めての方向け)

名称 リハビリに活用しよう!今話題の3Dプリンター体験会(初めての方向け)
主催 ICTリハビリテーション研究会
日時 2019年1月19日(土)10時00分から12時00分
場所 Socionet, Inc.(ソシオネット株式会社)  
東京都千代田区九段北一丁目14番12号 郵船九段ビル
https://goo.gl/QwzYDW
内容 「Thingivers」などの3Dモデルシェアサイトを活用し、今話題の3Dプリンターからお好きなものをダウンロード・出力する体験を一緒にしてみませんか?
ドリンクホルダーや食事補助具などの介護・援助グッズはもちろん、アクセサリーやスマホケースなどご興味のあるものなら何でもOKです。ぜひ、この機会に3Dプリンターを体験してみましょう!

講師:濱中 直樹(当研究会理事 一級建築士 ファブリケーター)
    林 園子(当研究会代表理事 作業療法士)

内容:
・3Dプリンターの説明
・「Thingivers」などの3Dモデルのシェアサイトご紹介
・上記の使い方のご紹介
・出力体験

注意事項
・お時間の関係で、出力サイズは4センチ立方までとさせて頂きます。
・出力が間に合わなければ、後日受け渡しとなります。
・ご自身のノートPCをお持ち込み頂いても結構です。
詳細URL https://www.ictrehab.com/
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 2000円(PCレンタル・材料費込み)
お支払い方法:当日現金払い
定員 10名
(満席の場合は別の会へご案内させて頂く場合があることをご了承ください。)
申込み方法 下記フォームよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/sSwy01jCrqKKy0Qf1
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7079

新しい支援技術(情報通信技術)を活かした作業療法のアクティビティ(作業活動)展開のとらえ方

名称 新しい支援技術(情報通信技術)を活かした作業療法のアクティビティ(作業活動)展開のとらえ方
主催 アクティビティ研究会
日時 2019年2月3日(日曜日) 10:00~11:30(受付9:45開始)
場所 東京大学医学部附属病院 レセプションルーム 入院棟A 1階
(東京都文京区本郷7-3-1)
内容 ●講 師:千島 亮 先生(名古屋大学大学院医学系研究科 教授・作業療法士)
●主催 アクティビティ研究会 (ブログ http://actken.blog.fc2.com/
アクティビティ研究会では毎年外来講師をお呼びして講演をお願いしております。今年は情報通信技術とアクティビティついての講演です。また当研究会スタッフも参加しますので、アクティビティに関する疑問などもありましたら、ぜひご質問ください。
詳細URL http://actken.blog.fc2.com/
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1000円
定員 30名
申込み方法 アクティビティ研究会事務局 奈良 まで下記メールアドレスにお申し込みください。
メールアドレス activity.ken@gmail.com
 連絡事項:1氏名2所属3連絡先(携帯電話番号等)4懇親会の参加有無(会費4500円程度を予定)
 ★当日は講演会終了後、懇親会を近場で予定(12:00-14:00)しております。
  千島先生も参加してくださいます。皆様の参加を是非お待ちしています。
申込み締切 ●申し込み締切:2019年1月25日(ただし先着30名で締め切り)
生涯教育
ポイント
作業療法士協会の基礎研修1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ アクティビティ研究会事務局 奈良
メールアドレス activity.ken@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7078

第4回 作業療法士のための組織マネジメントセミナー 基礎コースでマネジメントを学ぼう!

名称 第4回 作業療法士のための組織マネジメントセミナー 基礎コースでマネジメントを学ぼう!
主催 OT組織マネジメント・ネットワーク
日時 2019年6月1日 11:00~17:00(開場10:30)
2019年6月2日 9:30~15:00(開場09:00)
場所 全水道会館  4F大会議室
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷1-4-1
電話番号:03-3816-4196
行き方:JR「水道橋駅」東口2分、都営地下鉄三田線「水道橋駅」A1出口1分
URL: http://www.mizujoho.com/zensui……fault.aspx
内容 組織マネジメントは作業療法そのものです。作業療法士で、今、中間管理職で悩んでいる方、これからリーダーになろうとしている方が、マネジメントをどう考え、どのように展開すればよいのか、具体的に学べるセミナーです。作業療法のバックボーンがあるからこそ、医療スタッフにも作業療法でより良い環境を提供する事が出来ます。組織マネジメントを実際の経験に沿ってより深め、実践力に結びつける内容です。一流の講師陣が組織マネジメントをわかり易く説明し、現場の疑問点に応えるプログラムを用意してます。多くの人と交流し、疑問点や悩みを解決できる場を提供します。頭で考えるよりまず行動を、広がりの輪が新しい世界を創出するように。
詳細URL https://www.meducation.jp/semi……p?id=22061
対象 作業療法士でリーダーを目指す方、中間管理職にいる方
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 1)1日目のみ8,000円(税込)
2)2日目のみ8,000円(税込)
3)2日間両日15,000円(税込)
*1~3ともに昼食代・資料代込み。
*参加希望日を申し込み時にご記入ください。
定員 120名(定員になりましたら締め切らせていただきます)
申込み方法 メデュケーションの本セミナーページ(下記URL)よりお願いします。
https://www.meducation.jp/semi……p?id=22061
申込み締切 2019年5月17日(金)
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ OT組織マネジメントネットワーク
株式会社青海社内
〒113-0031
東京都文京区根津1-4-4 河内ビル
電話番号:03-5832-6171
E-mail:seminar@seikaisha.blue
URL: http://ot-manage.seikaisha.blue/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7068

第4回クリニカル・クラークシップに基づく 作業療法臨床教育研究会

名称 第4回クリニカル・クラークシップに基づく 作業療法臨床教育研究会
主催 クリニカル ・クラーシップに基づく作業療法臨床教育研究会
日時 2019年2月17 日(日)13:00~17:00(受付12:30)
場所 目白大学新宿キャンパス 10 号館 9 階講義室(東京都新宿区中落合4丁目31-1)西武新宿線・都営地下鉄大江戸線「中井」駅より 徒歩 8 分
内容 大会テーマ :臨床実習の到達目標はどこを指すべきか
・基調講演:鈴木 憲雄 昭和大学保健医療学部作業療法学科「クリニカル・クラークシップ型臨床実習の導入と作業療法士養成教育の将来」
・教育講演:陣内 大輔国際医療福祉大学・一般社団法人日本作業療法士協会教育部長「これからの作業療法士養成教育・卒後教育のあり方」
・シンポジウム:クリニカル・クラークシップ型臨床実習を導入・実践している臨床実習施設から実践報告を行い,議論します。
詳細URL http://ccs-ot-education.jimdo.com/
対象 作業療法教育に関心のある方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員 2,000 円 非会員 3,000 円(当日に会員申し込み可)
定員 100名
申込み方法 件名に「「第 4 回 CCS 研究大会申し込み」、本文に1氏名2所属3メールアドレス4経験年数(OTの方のみ)5主な領域(身体、精神、発達、高齢、養成校など)6臨床実習指導経験の有無7懇親会(参加・不参加)を記載の上、下記のアドレスにメールをお願いいたします。またはホームページのフォームからのお申込みも可能です。
ccs_ot_education@yahoo.co.jp 担当:野村
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ ccs_ot_education@yahoo.co.jp 担当:野村

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7053