Category Archive: 東京都

第32回パーソン・センタード作業療法研究会「プール活動レベル:認知症をもつ人の活動支援から個別支援まで」 New!!

名称 第32回パーソン・センタード作業療法研究会「プール活動レベル:認知症をもつ人の活動支援から個別支援まで」
主催 パーソン・センタード作業療法研究会 NPOパーソン・センタード・ケアを考える会
日時 2018年3月11日(日) 13:00~16:00 (受付12:30~)
場所 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟511号室
内容 認知症をもつ人への活動能力の評価から個別の支援を考えるツールである,プール活動レベルに関する研修会です.在宅,施設,病院等で認知症をもつ人が増加している中,ケアの中で,身の回りのこと・家事・仕事・体操・手工芸等,様々な活動を支援する機会があります.プール活動レベルは,認知症をもつ人に対してそれらの活動のケアの支援方法を考えるツールです.この機会にぜひご参加ください.
講師:小川真寛(京都大学) 内田達二(東京医療学院大学)
詳細URL http://www.pcdc.or.jp/
対象 作業療法士,認知症にかかわる医療・福祉専門職,認知症ケアに携わる方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 一般 3000円(テキスト持参)6500円(テキスト代含む) NPO会員2000円(テキスト持参)5500円(テキスト代含む) *テキスト「プール活動レベル 認知症をもつ人の活動評価から個別支援まで」(医歯薬出版)を使用します.お持ちの方はご持参ください.お持ちでない方は研修当日有償にて配布いたします.申し込みフォームにテキストの有無のチェックをお願いいたします.
定員 30名
申込み方法 当HP 研修会情報→申し込みフォームよりお申込みください
http://www.pcdc.or.jp/
申込み締切 3月7日
生涯教育
ポイント
1ポイント取得できます
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ kensyu2pcot@pcdc.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6127

ものづくりシーティングセミナー 原理編×工房実技編~シートクッションをつくろう~ New!!

名称 ものづくりシーティングセミナー 原理編×工房実技編~シートクッションをつくろう~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年4月30日 (月祝) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号) 
内容 ~クッションの素材に触れて、構造を知る事から始めて、回復段階やADLに合わせたシーティングを行ない、業者やメーカーのクッションのつくり方を学ぶ~
<原理編>
シートクッションのカバーを外した事はありますか?中には何層にもなった様々な構造体が目に入ります。「最も徐圧効果があるのは、AのウレタンとBのウレタンを組み合わせだった。」「骨盤の固定や体感保持に必要な形状は!」「姿勢のこのポイントに補助支持物を入れるともっと座位が安定する」等、カスタマイズやオーダーメイドの目線を入れると、様々に座位保持のイメージが変わり、介入プログラムの輪が広がっていきます。
普段何気なく使っているクッションの構造を知り、素材に触れて感じながらシーティング・フィッティングの理論構築を考えていきましょう。急性期、回復期、維持期で訓練効果により収縮筋が変わったり、廃用が進むと拘縮のある関節も出てきます。このようなひとつではない身体状況に対応する、世界中のシーティング・フィッティングを用いた技術を身につけましょう。
シートクッションのつくり方は大きく分けて二つあります。採寸式と採型式です。本セミナーでは、寸法の取り方さえ身につければどこでも行なえる採寸式でクッションをつくっていきます。クッションをつくるにはポイントがあり、徐圧、免荷、支持性、安定性、バランス、重心の位置など、各カテゴリーを自分自身の身体から見つけ、体感していきます。このような自分自身の身体が教えてくれる情報は、座位の本質や身体の構造の理解に繋がり、その気づきが『対象者の姿勢へのケア』を導きます。

~原理編を経てシートクッションをつくることで本当のシーティング技術に変える~
<工房実技編>
もうすでに頭の中に「姿勢とは何か」のイメージ、さらに体感で得られた「自分自身の重心の位置」があるはずです。
この気づきがあれば、もう迷うことなくシーティング・フィッティングクッションの作製が出来るはずです。さらにつくり方、構造、原理も手の中にあります。あとは、実際にウレタンを削ってシーティングやフィッティングシートを形にするだけです。
時間内であればいくつ作っても自由ですし、道具、部材、クッションは全て貸し出しています。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、 看護師、 言語聴覚士、 介護職
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=58741
申込み締切 2018年4月27日 (金)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6123

車椅子設計身体採寸と 適合選定セミナー ~セラピストの目線から車椅子を選定する~ New!!

名称 車椅子設計身体採寸と 適合選定セミナー ~セラピストの目線から車椅子を選定する~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年4月18日 (水) 18:45~21:30(受付開始18:30)
場所 調布市文化会館たづくり(東京都調布市小島町2丁目33-1)
内容 車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなくセラピストの目線から車椅子を選定できます。その瞬間、タイヤの付いたただの椅子は、治療技術や治療器具となるでしょう。外科医が自分のメスを業者に作らせ発注するように、車椅子もセラピストが自分で採寸し選定できれば、車椅子という治療器具を通じて、在宅でもリハビリの治療効果が持続することになります。
「そうはいっても難しいだろう」「そのときは習得できても、すぐに忘れてしまいそう」「臨床で忙しくてそこまでは…」と考える方もいるでしょう。でも、ポイントを絞れば簡単で、短時間に出来てしまいます。しかも、セミナーでの技術、知識が消えないように、プロでも使う車椅子身体採寸ツールをプレゼントます。

<プログラム>
・車椅子の構造やメカニズムを徹底的にお見せします。動画やイラスト、DVDを用いて、わかりやすく注釈を講師が説明しながら行います。
・車椅子の測り方。車椅子に座るための身体寸法の測り方。
・処方箋の書き方。図面の書き方。
・車椅子の適合。車椅子の選定。(症例を交えて実践的にやりましょう)

講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線から採寸、適合、選定を実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 8000円(採寸用ツールセット付属)
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=58952
申込み締切 2018年4月15日 (日)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6122

ポジショニングToシーティング 理論編~シーティングをポジショニングから行う姿勢制御アプローチ~ New!!

名称 ポジショニングToシーティング 理論編~シーティングをポジショニングから行う姿勢制御アプローチ~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年3月9日 (金) 18:45~21:30(受付開始18:30)
場所 調布市文化会館たづくり(東京都調布市小島町2丁目33-1)
内容 ポジショニングから身体の筋緊張のコントロール(リラクゼーションを含む)や身体輪郭、身体の軸意識等の感覚入力や関節可動域の改善を行なってから、座位というシーティングに移行する訓練方法があります。
これが「ポジショニング To シーティング」アプローチです。

みなさんは、シーティングやフィッティングを行なっていて、どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害)
そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。
このアプローチは、高価な車椅子やシーティングシステムのようなモノに頼るのではく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで全く新しいシーティング技術です。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7000円
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=58015
申込み締切 2018年3月6日 (火)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6120

SST初級研修「SSTファーストレベルセミナー」 New!!

名称 SST初級研修「SSTファーストレベルセミナー」
主催 Arms-Lab(アームズラボ)
日時 平成30年
3月10日(土) 9:30~17:30

3月11日(日) 9:30~12:30

※2日間10時間研修
場所 医療法人社団柏水会三軒茶屋診療所 東京リワークセンター
東京都世田谷区三軒茶屋2-19-16
内容 【概要】
厚生科学研修での「SST研修会内容の標準化に関する提言」に沿った内容で、SSTリーダー経験がないSST完全初心者で、2日連続して参加できる方のためのクラスです。ご自分の職場で、基本訓練モデルのSSTリーダーを担当できることを目指します。講義は短く実技演習が中心です。※なお2日間の講義演習を受講された方のみ、SST普及協会認定講師より、修了証をお渡しいたします。

【講師】
一般社団法人SST普及協会認定講師
佐藤 俊之(さとう としゆき)/作業療法士・精神保健福祉士
医療法人社団柏水会三軒茶屋診療所 東京リワークセンター

【その他】
◆定員:20名 ※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
◆参加資格:2日間(10時間)受講できる方
◆昼食:研修会場にてご用意致します。
詳細URL http://www.arms-lab.com/all/work/217
対象 作業療法士 看護師 精神保健福祉士 心理士 当事者 支援者
学生の
参加可否
参加可 
参加費 20,000円
定員 20名
申込み方法 HP
http://www.arms-lab.com/
アームズラボで、検索すると、トップに出てきます。
Tel 08033487575
FAX 03-6745-3379
E-mail info@arms-lab.com
上記のいずれかで、3月10、11の「SST初級研修」の件とお伝えください。
申込み締切 定員になり次第
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ アームズラボ事務局              
Tel 08033487575
FAX 03-6745-3379
E-mail info@arms-lab.com
HP http://www.arms-lab.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6119

IT・コミュニケーション支援機器研修会 New!!

名称 IT・コミュニケーション支援機器研修会
主催 東京都作業療法士会福祉用具部
日時 平成30年2月24日(土)10:00~15:30(受付開始9:45)
場所 首都大学東京荒川キャンパス
内容 OT協会「IT機器レンタル事業ミニ説明会」を含みますので
機器のレンタルが可能になります(協会員かつ士会員
)1) ITレンタル事業説明 田中 勇次郎 氏
「レンタル事業の説明と、選定・適合についての基本的考え方事例紹介」小児・発達障害へのITの利活用
2)レンタル機器説明と体験
・伝の心など:協力 日立ケーイーシステムズ 
・レッツチャット:協力 パナソニックエイジフリー 松尾 光晴 氏(開発者)
・トーキングエイドfor iPad :強力 ユープラス 小野 雄次郎 氏(開発者)
3)IT・コミュニケーション機器に関する社会資源の説明
4)重度意思伝達装置給付制度改定について(補装具の貸与がはじまります!)
スイッチの適合について 川村義肢 日向野 和夫 氏
5)ICTリハビリテーション研究会活動紹介 代表 林 園子 氏(OT)
詳細URL http://tokyo-ot.com/training/index.php#4
対象 他県の士会の会員 それ以外の方要相談
学生の
参加可否
参加可 
参加費 500円(非会員は1,000円)
定員 50名
申込み方法 福祉用具部 苫米地洋子 Mail:tokyo.ot.yougu@gmail.com
申込み締切 平成30年 2月17日(土)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 船谷俊彰 funatani.toshiaki@jp.panasonic.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6118

車椅子メンテナンスセミナー ~もう業者さんを呼ばなくて大丈夫~ New!!

名称 車椅子メンテナンスセミナー ~もう業者さんを呼ばなくて大丈夫~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年4月2日 (月) 18:45~21:30(受付開始18:30)
場所 調布市文化会館たづくり(東京都調布市小島町2丁目33-1)
内容 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線から身体採寸や車椅子の選定方法、メンテナンスの重要性と技術を丁寧にお教えします。製造工場からの現場の技術をそのままお届けします。

「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械やものづくりは苦手。だけどやっておかないと移乗のときに危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者さんを呼ぼう。」等、車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。車椅子のメンテナンスを実演しながらお教えします。強い味方、車椅子調整専用工具セットと技術で、明日からは業者を呼ばなくても大丈夫です。
●車椅子の構造からメンテナンスのポイント
●タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応、時間があればパンク修理もやってみましょう。
●メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関わりを説明し、簡単なADLシーティングのポイントの実演、実技をします。たとえば、フットサポートの調整やメンテナンスと、知名度の高いバックサポートの張調整。この2か所の調整で姿勢は見違えるほど変わります。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 8000円(メンテナンス工具セット付属)
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=58917
申込み締切 2018年3月30日 (金)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6117

臨床シーティングセミナー 理論編×実技編~身近なものを利用してクッションを作る~ New!!

名称 臨床シーティングセミナー 理論編×実技編~身近なものを利用してクッションを作る~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年4月1日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号) 
内容 施設や病院内の限られた環境で、姿勢保持や座位保持を考え、結果を出していくためのセミナーです。全てのシーティング理論をまとめ、臨床で生かしていくための技術を習得し、臨床にあるものだけでの座位保持の方法を学び、身近なものを利用した徐圧効果のあるクッションをつくっていきます。
■理論編
世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期それぞれの回復段階や状態に合わせた姿勢保持を考えます。
 姿勢とは運動であり日常様々な姿勢を作るため、ひとつの概念や技術だけでは、運動を切り取った姿勢という画像を見ているようなもので応用できません。
 運動や日常生活動作に合わせるためには画像ではなく、動画として姿勢を捉え、その障害回復段階やADL(日常生活活動)に合わせたシーティング、フィッティングの技術が必要となります。
 これを踏まえて臨床に生かしていくための技術を習得します。
■実技編
理論編の知識を技術に変えていきます。臨床で、臨床にあるものだけで、座位保持クッションを作ります。使うものはタオル、バスタオル、段ボール等身近にある物や病院、施設ですぐ準備出来る物です。これらの物品の利用と物理学や当協会の研究知見をプラスし、『エアフォースクッション』と『ゲルフォースクッション』など徐圧効果のあるクッションを作って持ち帰っていただきます。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=58897
申込み締切 2018年3月29日 (木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6116

車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー ~もう業者さんを呼ばなくて大丈夫~ New!!

名称 車椅子設計採寸技術と車椅子メンテナンスセミナー ~もう業者さんを呼ばなくて大丈夫~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年3月11日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号) 
内容 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線から身体採寸や車椅子の選定方法、メンテナンスの重要性と技術を丁寧にお教えします。製造工場からの現場の技術をそのままお届けします。
『車椅子設計採寸技術セミナー』
車椅子の採寸や車椅子適合、選定のための身体採寸方法がわかっていれば、業者ではなく自身の目線から車椅子を選定できます。その瞬間、タイヤの付いたただの椅子は治療技術や治療器具となるでしょう。
●車椅子の構造やメカニズムを徹底的にお見せします。動画やイラスト、DVDを用いてわかりやすく、注釈を講師が説明しながら行います。
●車椅子の測り方。車椅子に座るための身体寸法の測り方。測り方がわかれば、シーティングという設計製図の子供のような技術は簡単に習得できます。まずは製図という幹を学んでいただけたらと思います。
●処方箋の書き方。図面の書き方。自分でイメージした具像を形にします。
●車椅子の適合。車椅子の選定。


『車椅子メンテナンスセミナー』
「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械やものづくりは苦手。だけどやっておかないと移乗のときに危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者さんを呼ぼう。」等、車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。車椅子のメンテナンスを実演しながらお教えします。強い味方、車椅子調整専用工具セットと技術で、明日からは業者を呼ばなくても大丈夫です。
●車椅子の構造からメンテナンスのポイント
●タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応、時間があればパンク修理もやってみましょう。
●メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関わりを説明し、簡単なADLシーティングのポイントの実演、実技をします。たとえば、フットサポートの調整やメンテナンスと、知名度の高いバックサポートの張調整。この2か所の調整で姿勢は見違えるほど変わります。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円(採寸用キット、メンテナンス工具セット付属)
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=57437
申込み締切 2018年3月8日 (木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6096

ポジショニングToシーティング 理論編×実技体感編~シーティングをポジショニングから行う姿勢制御アプローチ~ New!!

名称 ポジショニングToシーティング 理論編×実技体感編~シーティングをポジショニングから行う姿勢制御アプローチ~
主催 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日時 2018年3月18日 (日) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号)
内容 ポジショニングから身体の筋緊張のコントロール(リラクゼーションを含む)や身体輪郭、身体の軸意識等の感覚入力や関節可動域の改善を行なってから、座位というシーティングに移行する
訓練方法があります。
これが「ポジショニング To シーティング」アプローチです。

みなさんは、シーティングやフィッティングを行なっていて、どうしても座ることが難しい症例や利用者と出会った事はないでしょうか。(関節拘縮が重度、傾きが強い、プッシャー現象、高次脳機能障害等の障害)
そんな時に座位という姿勢からアプローチするのではなく、『臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく』という方法があります。
このアプローチは、高価な車椅子やシーティングシステムのようなモノに頼るのではく、ヒトの側から座る能力を再獲得しようという、身体に対して前向きで全く新しいシーティング技術です。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職、言語聴覚士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円
定員 5名
申込み方法 右記URLよりお申し込みください https://www.meducation.jp/semi……t?id=57438
申込み締切 2018年3月15日 (木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会 TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6095

1 / 171234...最後 »