Category: 神奈川県

住宅改修研修会

名称 住宅改修研修会
主催 公益社団法人 かながわ住まいまちづくり協会
日時 平成30年6月2日(土)
9:50~16:45(受付9:30)
場所 神奈川県社会福祉会館4階・研修室
(横浜市神奈川区沢渡4-2)
内容 身体の状況やライフスタイルに合った住宅改修を実施するためには、相談援助職、リハビリテーション職、建築職等が連携協働することが不可欠です。そこで各職能の専門性を理解し、連携協働を促進するために、事例検討を中心としたセミナーを(公社)かながわ住まいまちづくり協会と(一社)福祉用具活用相談センターが共同開催することとしました。

講師:
首都大学東京大学院人間健康科学研究科准教授 橋本美芽氏(一級建築士)
(一社)福祉用具活用相談センター理事長 吉川和徳氏(理学療法士)
詳細URL http://www.machikyo.or.jp/news……=dp&num=19
対象 1「高齢者向け住宅改造施工業者登録名簿」掲載事業者
2上記以外の住宅改修事業者、PT・OT、介護支援専門員
学生の
参加可否
参加可 
参加費 5000円
定員 50名(先着順)
申込み方法 詳細はHPをご覧の上、参加申込書に必要事項を記入してFAXもしくはメール添付で返信してください。
http://www.machikyo.or.jp/news……=dp&num=19
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
あり
問い合わせ (公社)かながわ住まいまちづくり協会 事業部事業課(担当)入原
〒231-0011 横浜市中区太田町2-22 神奈川県建設会館4階
TEL:045-664-6896
FAX:045^664-9359
受付時間(月曜~金曜9:00~17:00 土・日・祝日定休)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6483

明日から臨床で結果の出せる体幹・下肢セミナー

名称 明日から臨床で結果の出せる体幹・下肢セミナー
主催 進リハの集い
日時 2018/8/26(日)
受付9時30分
セミナー時間10時00分~16時00分
場所 ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
11F多目的室
内容 ■実際のアプローチについての考え
・筋硬結(トリガーポイント)に対するリリース
・離開とその動き(モビライゼーション)について

■触診に必要な心得
・相手を緊張させない触り方の実践

■胸部・腹部・腰部のアプローチの実際
・腹直筋リリース
・胸郭リリース
・腹横筋リリース
・腹斜筋リリース
・脊柱起立筋リリース
・腸腰筋リリース
・腰方形筋リリース

■下肢のアプローチの実際
・臀筋リリース
・大腿筋膜張筋リリース
・大腿四頭筋リリース
・ハムストリングスリリース
・膝関節モビライゼーション
・前脛骨筋リリース
・下腿三頭筋リリース
・趾伸筋腱分離運動
・足根骨モビライゼーション
・足底腱膜リリース
詳細URL https://www.shinreha.com/blank-17
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 9000
定員 40
申込み方法 HPより
申込み締切 開催前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HP より

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6481

新人でも実践できる!!認知症の評価と治療

名称 新人でも実践できる!!認知症の評価と治療
主催 進リハの集い
日時 2018/7/29(日)
受付9時30分
セミナー時間10時00分~16時00分
場所 ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
介護実習室2
内容 1. 認知症とは?(病態の整理)
アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症について

2. 認知症者に必要な作業療法評価とは?
(1) 精神認知機能:意識、記憶、見当識、高次脳機能、情動、意欲 など
(2) 身体機能:筋力、関節可動域、筋緊張、姿勢 など
(3) 活動・参加:コミュニケーションスキル、基本動作、ADL など
(4) 環境:物的、人的、社会制度 など
(5) 個人因子:生活歴、興味関心 など

3. 認知症者に必要な作業療法介入とは?
(1) 集団精神科作業療法の実践例紹介
(2) 個別訓練:基本動作、ADL
詳細URL https://www.shinreha.com/blank-37
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 9000
定員 40
申込み方法 HPより
申込み締切 開催前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HPより

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6480

神奈川県訪問リハビリテーション初任者研修会2018

名称 神奈川県訪問リハビリテーション初任者研修会2018
主催 神奈川県地域リハビリテーション三団体協議会
日時 平成30年6月3日(日) 10:00~16:00〔受付9:30~〕
場所 横浜リハビリテーション専門学校
内容 10:00~12:00
『フィジカルアセスメント -バイタルサインを中心に-』
  講師:濱野 繁 氏(杏林大学医学部附属病院看護師)

13:00~14:30
『訪問現場でのコミュニケーションとストレス対策』
  講師:中村 有 氏(東邦大学医療センター大橋病院臨床心理士)

14:45~16:00
『訪問リハビリテーションに求められていること』
  講師:露木 昭彰 氏(一般財団法人訪問リハビリテーション振興財団)
詳細URL https://kanagawa-houmon.jimdo.com/
対象 1.訪問リハ未経験者
2.訪問リハ業務を開始して1~3年目のPT・OT・ST
学生の
参加可否
参加可 
参加費 県士会員:無料  県士会非会員:2,000円
定員 80名
申込み方法 神奈川県地域リハビリテーション三団体協議会のウェブサイトからお申し込みください。
https://kanagawa-houmon.jimdo.com/
申込み締切 平成30年5月31日(木)まで
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ https://kanagawa-houmon.jimdo.com/

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6466

第103回横浜CBTに集う会「障害雇用と就労支援」

名称 第103回横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)「障害雇用と就労支援」
主催 横浜CBTに集う会(認知行動療法を学んでいます)
日時 平成30年5月24日(木)19時~21時
場所 ウイリング横浜 11階会議室2
内容 テーマ:「障害雇用と就労支援」
話題提供者:川畑 啓 さん  昭和大学付属烏山病院 作業療法士
ひとこと:
 近年、障害者雇用促進法の改正などがあり、就労に関する言葉をよく耳にするのではないでしょうか。当日は障害者雇用の基本情報や、就労と認知行動療法についてなど考えてみたいと思います。よろしくお願い致します。
詳細URL 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
対象 認知行動療法に興味や関心がある人ならどなたでも
学生の
参加可否
参加可 
参加費 500円(会場費・資料代、学生は無料)
定員 なし
申込み方法 申し込みは不要ですが、ホームページよりメールをいただけるとありがたいです。
申込み締切 なし。当日お越しください。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜CBTに集う会ホームページ http://yokohamacbt.jimdo.com/
備考 本会の詳細や年間予定等が本会ホームページにあります。
サンドウィッチやおにぎりを食べながらご参加ください。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6462

脊髄損傷のリハビリテーション(理解編)

名称 脊髄損傷のリハビリテーション(理解編)
主催 (福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
日時 平成30年7月18日(水)10:00~16:00
場所 神奈川リハビリテーション病院 3階研修室
内容 脊髄損傷者が、退院後の生活をその人らしく安心して暮らしていけるように支援するために、脊髄損傷者の障害を理解し、生活のイメージをもつことが必要です。この研修では、「脊髄損傷者」の医学的な知識や生活管理の考え方、在宅生活に向けての調整や社会参加に向けた支援について、講義中心に学びます。
詳細URL http://www.chiiki-shien-hp.kan……hab.or.jp/
対象 医療職、介護職 等
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 3,000円
定員 30名
申込み方法 地域リハビリテーション支援センター ホームページよりお申込みください。
申込み締切 定員になり次第締め切ります。
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ (福)神奈川県総合リハビリテーション事業団
地域リハビリテーション支援センター
一木 砂川
TEL:046-249-2602
MAIL:chiiki-shien.kensyu@kanagawa-rehab.or.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6448

高次脳機能障害を紐解くための脳画像~各症状の予測や、評価・アプローチに繋げる脳画像の解釈~(横浜会場)

名称 【高次脳機能障害を紐解くための脳画像~各症状の予測や、評価・アプローチに繋げる脳画像の解釈~】(横浜会場)
主催 Medical MARKSTAR
日時 2018年7月22日(日)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜
内容 ・「高次脳機能障害の基礎知識を学びたい」
・「優位半球・劣位半球の脳機能について教えて欲しい」
・「脳画像を診て高次脳機能障害を予測できるようになりたい」
・「高次脳機能障害の評価・アプローチにつなげる知識を身に付けたい」
・「脳画像と実際の症例VTRを見て臨床的に学びたい」

この講習会では、高次脳機能障害を予測する時に脳画像と臨床像をどのように結びつけるのか、各症状の特徴など、実際の症例VTRを交えながら進めてまいります。高次能機能障害を有する一人の「人」を対象とするセラピストにとって、今回学ぶ知識や技術は今後の大きな武器となるでしょう。

【講習会の概要】
・高次脳機能障害についての基礎知識
・優位・劣位半球の各機能と各症状ついて
・脳画像の読影と高次脳機能障害
・高次脳機能障害の評価とアプローチ
・脳画像と実際の症例VTRを交えての解説

ぜひ、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
詳細URL https://www.markstar.net/higherbrain2/
対象 PT.OT.STどなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7800円
定員 先着50名
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ MARKSTAR事務局へのお問い合わせ
https://www.markstar.net/contact/
備考 nfo@markstar.netからのメールを受信できるようお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6417

摂食・嚥下障害に対するリハビリテーション~PT・OT・ST・Nrsに必要な基礎知識と、評価・アプローチのポイント~(横浜会場)

名称 【摂食・嚥下障害に対するリハビリテーション~PT・OT・ST・Nrsに必要な基礎知識と、評価・アプローチのポイント~】(横浜会場)
主催 Medical MARKSTAR
日時 2018年7月1日(日)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜
内容 ・「嚥下の解剖・メカニズムを基礎から学びたい」
・「専門的な評価方法を教えてほしい」
・「仰臥位や座位など、姿勢で注意すべきポイントを聞きたい」
・「STや看護師と連携を高めるため、ポジショニングやリハビリのポイントを聞きたい」
・「誤嚥を予防・改善するためのアプローチ方法について教えてほしい」
・「嚥下障害臨床の進め方を知りたい(他職種連携)」

今回の講習会では、STのみならずPT・OTにとっても必要な摂食・嚥下障害に対する基礎知識と、その評価・アプローチ方法についての内容や、看護師を含めた姿勢評価・ポジショニングについてのポイントなど、すべての職種にとって重要な知識・技術が学べるよう構成されております。

【講習会の概要】
・摂食・嚥下の基礎知識(解剖・メカニズム)
・専門的な評価方法
・各姿勢の評価のポイントと注意点
・他職種連携で行える摂食・嚥下に対するアプローチ方法(臨床の進め方)
・誤嚥の予防・改善のための評価とアプローチ
 
ぜひ、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
詳細URL https://www.markstar.net/dysphagia/
対象 PT.OT.STどなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7800円
定員 先着50名
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ MARKSTAR事務局へのお問い合わせ
https://www.markstar.net/contact/
備考 info@markstar.netからのメールを受信できるようお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6416

動作ピラミッド法による書字指導&作業に焦点をあてた子ども支援

名称 動作ピラミッド法による書字指導&作業に焦点をあてた子ども支援
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2018年7月22日(日)
10:00~16:00 (途中,昼休憩あり)
場所 横浜市健康福祉総合センター 8 F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

今回のテーマは,書字と人間作業モデルの2部構成です.午前の部では,学齢期のみならず,幼児期からでも求められてきている読み書きに対する支援についてとりあげます.発達性強調運動障害を含めた発達障害のある子どもに対して,認知機能だけでなく,体の動きにも焦点をあてた動作ピラミッド法による書字への評価と介入について,動画を交えて解説します.午後は,トップダウンアプローチの理論として人間作業モデルをとりあげます.どのように自分の臨床実践に融合させていけばよいのか,ビギナー向けに事例を見ながら理解を深めます.
作業療法理論と具体的な介入がバランスよく学べ,明日からの実践にいかせる内容にしたいと考えています.
詳細URL https://www.facebook.com/uottip/
対象 作業療法士,作業療法学生 
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士 5000円
作業療法学生 2000円
定員 20名
期間中でも定員に達した場合は申し込み終了とさせて頂きますので,ご了承ください.
申込み方法 申し込方法:uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい
お申込み後,72時間以内に受付完了のメールがない場合はお手数ですが,お問い合わせください.「gmail.com」からのメールを 受信できるように設定してください.

メール記載内容
件名:2018年7月22日参加申し込み
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス
申込み締切 2018年7月19日(木)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6415

明日から使える環境調整スキル第2回

名称 明日から使える環境調整スキル第2回
主催 神奈川県作業療法士会 神奈川県理学療法士会 共催
日時 2018年7月28日(土) 9時30分~16時30分(受付9時10分~)
場所 ウィリング横浜 10階介護実習室I
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
内容 ~明日から使える環境調整スキルシリーズ第2回~

第2回は車椅子の調整をメインに病院、老健、地域と領域を問わず、明日から臨床ですぐに使える環境調整のスキルをお話しいただきます。
●車いすの構造とバランス 座ク ッションについて
児玉 真一氏 リハ工学技師(横浜市総合リハビリテーションセンター)

●身体と車いすの適合
森田 智之氏 理学療法士(神奈川リハビリテーション病院)
対象 日本作業療法士会および各都道府県作業療法士会員で
今年度会費納入済みの方
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 神奈川県士会員2000円、他都道府県会員4000円
定員 10名
申込み方法 申し込み用アドレスに下記内容を添えてお申し込み下さい。

件名 明日から使える環境調整スキル第2回申し込み
1.氏名
2.所属
3.経験年数
4.住所
5.電話番号
6.OT協会番号
7.所属士会
申し込みアドレス hukushiyougu.2018@gmail.com
申込み締切 2018/5/1~受付開始
定員になり次第締め切ります。
生涯教育
ポイント
2
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 神奈川県作業療法士会 制度対策部福祉用具対策班
hukushiyougu.2018@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6414