Category Archive: 関東

第13回横浜臨床病態栄養リハビリテーション研究会~臨床と研究が融合していくために必要なクロスオーバーラップ~ New!!

名称 第13回 横浜臨床病態栄養リハビリテーション研究会 ~臨床と研究が融合していくために必要なクロスオーバーラップ~
主催 横浜臨床病態栄養リハビリテーション研究会
日時 平成30年3月17日 土曜日  14時30分~18時00分
場所 医療法人 光陽会 関東病院  8階 談話室(エレベーターにて8階へ)
地図: http://loco.yahoo.co.jp/place/……ax2ILBaA6M
※横浜市磯子区森1-16-26
1.JR京浜東北・根岸線 磯子駅下車徒歩9分
2.京浜急行線・屏風浦駅下車徒歩6分
内容 内  容:
14:10~      受付開始
14:20~14:30  当研究会 趣旨説明、開会挨拶

14:30~15:15 【特別講演】 45分間
座長:関東病院 リハビリテーション科 成田 雄一先生
≪講演テーマ≫
糖尿病治療継続における現実 ~I型糖尿病23年目、作業療法士(OT)7年目が思うこと~
講師:作業療法士 谷津田 尊寛先生

15:15~15:25  休憩

15:25~17:50  【ワークショップ】 135分
座長:関東病院 糖尿病内科医  藤崎 公達先生
≪ワークショップテーマ≫
臨床研究を行うための研究デザイン ~ 糖尿病療養指導・健康増進分野を中心に ~
(全3回 3回目 統計手法はなぜ必要か)
講師:もろおかクリニック リハビリテーション科
慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科 理学療法士 田島 敬之先生

17:50~18:00  閉会の挨拶、次回開催案内
詳細URL https://sites.google.com/site/……youeiriha/
対象 多職種連携に関心のある方(先着 50名)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1,000円
定員 先着 50名
申込み方法 お申し込み方法:下記URLの申し込みフォームよりお願いします。
https://goo.gl/soA5ia
申込み締切 平成30年 3月 10日 土曜日
※定員を超えた場合には、申し込みを締め切る場合があります。
生涯教育
ポイント
日本作業療法士協会 生涯教育基礎ポイント 1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜臨床病態栄養リハビリテーション研究会 事務局
【E-mail】 ycpnra@gmail.com
備考 I型糖尿病を有して作業療法士として従事して経験してきたこと、患者としての出来事や思いや行動の振り返り、それぞれの出来事を第三者的に作業療法士として振り返る。また現在の状況等も踏まえて今後の提言をする。

統計手法の必要性:講義・ディスカッション(アイスブレイク)
データの整理(記述統計):講義と個人ワーク
記述統計の意味と必要性について具体例を挙げて説明する
データの型,代表値,バラツキ,データの正規性,それらのグラフ作成について実際に計算をする
推測統計の基礎:講義
推定するとは何か,記述統計との違いを説明する(母集団と標本)
推測統計の基礎の用語について具体例を示して説明する
統計検定の各手法よりもこれらの基礎の理解のほうが重要であることを具体的に説明する
統計検定(解析手法)の基礎:講義
統計検定とはどのようなものがあるのか概要について簡単に説明する
これらをどのように選択すればよいのか,研究デザインとの関連について説明する
実際に幾つかの論文を紹介し,研究デザインと統計検定について具体的に説明する
実際の研究における研究デザインと統計検定:グループワーク
論文や学会発表の研究デザインと統計検定についてグループワークで討議を行う
研究デザインと統計検定について批判的吟味を行い,改善点があればお互いに意見を出し合う

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5963

臨床で役立つ姿勢・動作分析 ~クラインフォーゲルバッハの運動学と生態心理学的視点を加えて~(横浜会場) New!!

名称 【臨床で役立つ姿勢・動作分析 ~クラインフォーゲルバッハの運動学と生態心理学的視点を加えて~】(横浜会場)
主催 Medical MARKSTAR
日時 2018年2月18日(日)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜
内容 ・「姿勢の分析をしっかりできるようになりたい」
・「基本動作や歩行などの動作分析ができるようになりたい」
・「正常運動を学んで、対象者の特徴や治療ポイントを見つけられるようになりたい」
・「どこをポイントに見れば良いのか教えて欲しい」
・「実技の中で姿勢動作分析の練習を行いたい」
・「実際に玉垣先生が、どう分析してどう治療を行なったのか、症例VTRを見て学びたい」

今回の講習会では姿勢・動作分析についての基礎知識から、正常運動のみかた・対象者の姿勢・動作分析における評価のポイントなど、より臨床的な内容で構成されております。また対象者の特徴の見つけ方や、実際にどう分析すれば良いのかなども含め、実技を通じてわかりやすくご解説いただきます。

講師の先生は、脊髄損傷や姿勢・動作分析を中心に様々な領域にてご活躍されている、神奈川県立保健福祉大学の玉垣努教授をお招きし講習会を開催いたします。クラインフォーゲルバッハの運動学や生態心理学にも精通されている全国的にも有名なベテランセラピストで、今回の姿勢・動作分析の内容に加えてご講演いただける数少ない機会になるかと思います。

【講習会概要】
・姿勢・動作分析の基礎知識
・姿勢分析のポイントと解説~実技あり~
・動作分析のポイントと解説~実技あり~
・姿勢動作分析における運動学的視点~実技あり~

ぜひ、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
詳細URL https://www.markstar.net/analysis/
対象 PT.OT.STどなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7800円
定員 先着50名限定
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ MARKSTAR事務局へのお問い合わせ
https://www.markstar.net/contact/
備考 info@markstar.netからのメールを受信できるようお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5962

肩甲帯を含めた上肢の触診技術 ~基礎から臨床に役立つポイント~(横浜会場) New!!

名称 【肩甲帯を含めた上肢の触診技術 ~基礎から臨床に役立つポイント~】(横浜会場)
主催 Medical MARKSTAR
日時 2018年2月12日(月祝)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜
内容 ・「触診について基本的なところから整理して学びたい」
・「肩甲帯周囲・上肢の筋群の触診ができるようになりたい」
・「しっかり上肢を評価できるために触診を学びたい」
・「ランドマークやアライメントのポイントを聞きたい」
・「ハンドリング技術の向上に役立てたい」
・「触診技術を磨いて、治療効率を高めたい」

今回の講習会では、基本的な解剖学のおさらいから触診のポイントとなるランドマーク、運動学的な要素も含めて、より臨床に結びつきやすい内容をご提供いたします。講義だけでなく、実際に触診を行う実技も数多く行えるよう構成しておりますので、新人や若手の方でも理解しやすい内容となっております。

講師の先生は、元タナベセラピー治療院にて店長を務めており、現在は脳卒中運動機能回復研究所hikari整体サロンにて代表を務めておられる吉永光恵先生にご担当いただきます。関西・関東を中心に各地で上肢機能や触診技術についてご講演されているベテランセラピストで、現在も臨床家としてご活躍されております。

【講習会概要】
・触診に必要な解剖学・運動学の基礎知識
・触診でポイントとなるランドマークやアライメントの基礎知識
・肩甲帯周囲の触診技術~実技あり~
・肩関節の触診技術~実技あり~
・上腕の触診技術~実技あり~
・前腕・手指の触診技術~実技あり~

ぜひ、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
詳細URL https://www.markstar.net/palpation/
対象 PT.OT.STどなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7800円
定員 先着50名限定
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ MARKSTAR事務局へのお問い合わせ
https://www.markstar.net/contact/
備考 info@markstar.netからのメールを受信できるようお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5961

若年性認知症を知る New!!

名称 若年性認知症を知る
主催 認知症疾患医療センター曽我病院
日時 平成29年1月22日(月)14:00~16:00
場所 小田原合同庁舎 3階EF会議室
(小田原市荻窪350-1)
公共交通機関をご利用ください。
内容 平成29年度神奈川県若年性認知症支援コーディネーター設置事業研修会
「若年性認知症を知る~早期介入のための気づき」

講師:
神奈川県高齢福祉課 技官 田中智子 氏
曽我病院 精神科医 早川典義 氏(日本認知症学会専門医)
若年性認知症支援コーディネーター 田中香枝 氏
詳細URL https://kana-ot.jp/wpc/marche/2017/237
対象 医療・保健・福祉・介護の関係者、職域関係者等
学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 100名(先着順)
申込み方法 参加申込書に必要事項を記載の上FAXにてお申込みください。
参加申込書は詳細URLから参加申込書をダウンロードできます。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 認知症疾患医療センター曽我病院 田中・佐藤・渡辺
電話:0465-42-1630(平日8:30~17:00)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5960

リハビリの臨床で結果が出せる上肢のアプローチ New!!

名称 リハビリの臨床で結果が出せる上肢のアプローチ
主催 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
日時 上肢1:平成30年1月21日(日)9:30-16:30
上肢2:平成30年2月3日(土)10:00-16:00
場所 昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)第4会議室
http://www.maebashi-cc.or.jp/m……bun/access
内容 上肢セミナーでは、骨格系テクニックと筋膜系テクニックの2つを軸に、テクニックをお伝えしています。

[講義内容]
骨格系テクニック:
■肩甲上腕関節の骨格調整テクニック
■肘関節(橈骨頭のアライメント、腕尺関節)の調整テクニック
■手根管(手根部)、手根中手関節と中手骨間(アーチ)の調整テクニック
■舟状骨、月状骨の調整テクニック
■指節の調整テクニック

筋膜系テクニック:
■肩甲上腕関節の軟部組織調整テクニック
■斜角筋の調整テクニック
■小胸筋の調整テクニック
■肩甲挙筋の調整テクニック
■肩甲骨周囲軟部組織の調整
■上腕筋と上腕三頭筋間のリリース
■前腕骨間膜の調整テクニック
詳細URL https://iairjapan.jp/events/ev……pper-gunma
対象 OT・PT・ST
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 32,184円(税込)2日分
定員 20名
申込み方法 こちらのURLより
上肢: https://1lejend.com/stepmail/k……=HSiUeylTa
申込み締切 平成30年1月20日(土)20時
生涯教育
ポイント
1
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ shingo_ohto@iairkanto.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5959

1 / 981234...最後 »