Category: 関東

すっっっごい分かりやすく、ハンドリングの基礎を学ぼう!寝返り、起き上がり、立ち上がりのハンドリングが明日から出来るようになる!

名称 すっっっごい分かりやすく、ハンドリングの基礎を学ぼう!寝返り、起き上がり、立ち上がりのハンドリングが明日から出来るようになる!
主催 MediArt(メディアート)
日時 2019年5月10日(金)9時30受付
10時00分開始 終了時間は17時30分頃。
講習会終了後、に受講者は【無料でナイトセミナーに参加】できます!
実技練習や、講義以外の内容でも質問が行えます!
お時間の余裕のある方は是非どうぞ!
場所 横浜市営地下鉄ブルーライン センター南駅 徒歩6分 総合施設 会議室
詳細の行き方につきましては、お部屋までのご案内順路なども含めて受講者へご連絡いたします。
内容 過去の受講生の満足度が10点満点中で9.5点!強烈な満足度の講習会です!
実際に、講義を受けると『ハンドリングって、こういうコツで、行なえば良いんだ!』と、ガッテン!して帰ってもらえます!
セラピストの中には、
『ハンドリングについて、知りたいけれど、なかなかコツとかが上手く分からなくて難しい!でも、上手くなりたい!』という方は非常にオススメ!
明日から使える基本動作の動作分析の仕方や、評価の仕方、ハンドリングのコツなど、明日から実践できる具体的な方法を紹介します!
ちょっとでも興味がありましたら、ホームページに詳細をご覧下さい
詳細URL https://mediart2016.jimdo.com/
対象 作業療法士、理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、トレーナーなど。学生可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 10000円 無料会員登録をしていただくと1000円引きとなります。9000円*当日支払いになります
定員 8~10名前後
申込み方法 ホームページの、『お申し込み欄』からお申し込みを、お願いいたします。
申込み締切 2019年5月9日(木)満席となり次第、受付終了となります
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 申し込み・お問い合わせを行って3日経過しても返信がない場合は、mediartdaisuki@gmail.com までご連絡ください。
携帯電話各社のメールでのお問い合わせの場合、当方がメールをお送りしても拒否されて戻ってきてしまう事が何件かありました。また、メールの誤送信などやエラーなどが増えております。よろしくお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7182

明日から実践できる!!手指・手関節の評価と治療

名称 明日から実践できる!!手指・手関節の評価と治療
主催 進リハの集い
日時 2019/4/21(日)
受付9時30分
セミナー時間10時00分~16時00分
場所 ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/w……4-1-1.html
12階研修室121
内容 1手指、手関節、前腕(一部)の機能解剖について
評価に入る前に機能解剖を理解する必要があります。各関節、手根骨の動きの特徴などについて説明していきます。
2評価
浮腫、血行、瘢痕、末梢神経、筋力、握力、ピンチ、知覚、疼痛、関節可動域、拘縮、骨のアライメント
*それぞれの項目についてポイントを説明していきます。
3日常生活における手の使い方
摘み(つまみ)などの手の使い方を学んでいきます。
4治療modality&procedure
既存のリハビリテーションで行われている治療の紹介説明をします。
5徒手テクニック&自主訓練テクニック(実技)
・各関節モビライゼーション
・各筋・筋膜リリース
・腱グライティングエクササイズ
・ペアへの治療(非利き手の書字動作実施)
詳細URL https://www.shinreha.com/in-3
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 9000
定員 40
申込み方法 HPより
申込み締切 開催前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ HPより

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7181

SeasonIII ワンデイ ミニメイカソン in YOKOHAMA KANNAI

名称 SeasonIII ワンデイ ミニメイカソン in YOKOHAMA KANNAI
主催 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
日時 3月24日(日) 9時00分から17時30分
※終了後、懇親会を行います(参加任意/参加費別途)
場所 さくらWORKS/ファブラボ関内
(横浜市中区相生町3-61 泰生ビル2F 関内駅/馬車道駅より徒歩5分)
※アクセス http://sakuraworks.org/access/
内容 メイカソンの1日版 第3回目。
今回は横浜 関内で初開催です!
(※メイカソン(Make-a-thon)とは・・・・Make×Marathonの造語。新たなアイデアを制限時間以内にとにかく作り上げて、作品のコンセプトや完成度、アイデア性など順位を競うイベント)

>>>>>>>2回目の様子はこちら>>>>>>>
https://www.facebook.com/ictre……2828352906

中央社協の 「まちひとサイト」さんで取り上げていただきました↓↓
http://machihito.blog131.fc2.c……aDLz6xaKfo

障害のある当事者の方やニードのある方をチームメンバーに迎えて、生活を楽しく便利にするものづくりのアイデア出し~製作までを1日でやりとげるイベントです!
みんなでアイデアを出し合って、いま話題の『3Dプリンター』『レーザーカッター』などを使って作ってみませんか?

▼主催:一般社団法人ICTリハビリテーション研究会

▼共催:NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ http://yokohamalab.jp/
FabLab Kannai http://fablab-kannai.org/
FabLab Shinagawa https://fablab-shinagawa.org/

▼後援/協力:Tikkun Olam Makers: TOM http://tomglobal.org/
    紹介動画→  https://www.youtube.com/watch?……zoNEOBzC1U
TOM Global japan

▼その他留意事項
 ご自分のPCや使いたい材料や工具がある方はご持参いただければと思います。
詳細URL https://www.ictrehab.com/
対象 障害やニードのある当事者の方(ケアに関わる方でもOKです)
リハビテーション職 (PT/OT/ST)、デザイナー、エンジニア、ものづくりに携わる方 、ものづくりが好きな方など
     
学生の
参加可否
参加可 
参加費 ¥1000(懇親会費別途)
申込み方法 参加フォームよりお申し込みください。
https://goo.gl/forms/4Y7ItWFrmmOU9BrZ2
生涯教育
ポイント
※日本作業療法士協会生涯学習ポイント対象(1pt)
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人ICTリハビリテーション研究会
事務局
email :info@ictrehab.com
HP : https://www.ictrehab.com/
備考 【ICTリハビリテーション研究会について】
2017年6月設立。リハビリ領域におけるICT利活用のコーディネートを通じ、障害のある人を含むあらゆる人々の豊かな生活を実現することを目的に活動を展開。リハビリ職(セラピスト)やデジタルファブリケーション、ICT関連に従事する人々が参画し、プログラミングや3Dプリンタ、レーザーカッターなどのデジタルファブリケーション、ロボット制御などの体験講座などを実施。セラピスト及び対象者を取り巻く人々のITリテラシー向上にも貢献をしながら、ICT利活用の実践で生じる様々な困難に対し、解決策を共創する場づくりに挑んでいる。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7180

ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編×実技体感編~微小重力環境で行う筋緊張制御~

名称 ポジショニングR.E.D.セミナー 理論編×実技体感編~微小重力環境で行う筋緊張制御~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2019年3月21日 (木祝) 10:00~16:30(受付開始9:40)
場所 多摩平の森ふれあい館
(東京都日野市多摩平2-9)
内容 微小重力環境で段階的に筋緊張制御をおこなう治療概念です。

近年、身体質量と重力を拮抗させた環境で行うポジショニングアプローチを行う事で、筋緊張が安定し、関節拘縮の変化と長時間持続する臨床研究が発表されました。
身体にかかる重力が小さくなり、収縮の必然性がなくなる筋、腱は、柔軟性を取り戻し、神経や感覚入力と相互作用していきます。変化した身体状況は自律神経系の安定(副交感神経優位)や呼吸、循環へと波及し、過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定に結びついていきます。

長期療養生活を送り、長い年月をかけてもたらされた過緊張や関節拘縮の変化と循環器系の安定例は、これまでの臨床場面では見られなかった新しい発見と、今後の医療に大きく影響する事が示唆されました。
低反撥マットレスを身体質量の比重に合わせて積層する環境設定という単純性は、高い再現性と介入者要因に依存しない筋緊張制御となり、誰が介入しても同じ結果となります。このような現象、結果の蓄積により関節拘縮の概念をも、確実に変える力を持っています。

筋組織の変化と過緊張、低緊張など異常筋緊張の安定、重度の呼吸器疾患、心疾患患者の心拍数、呼吸数、血中酸素飽和度、血圧の安定といった変化は、内部障害への新たなアプローチとしても期待されています。

この研究結果を共有すると共に、研究に用いた物品ではなく、臨床現場にあるものだけで結果を残す具体的方法論や、明日からすぐに使え臨床に役立てるポジショニング技術や、在宅介護でのポジショニングの応用もご提案します。

ポジショニングで関節拘縮を緩和させ身体全体が柔らかくなる効果を共有しましょう。しかも臨床のケアに応用できます。実技では、微小重力環境を体感できます。あなたの身体が数mmHgの身体質量に変化します。その体感がリハビリ、日頃のケアの気付きへ導き治療手段や介助技術に繋がります。関節拘縮の対応にお悩みの方は一度ご参加ください。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、 看護師、 理学療法士
学生の
参加可否
参加可 
参加費 15000円
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください http://universalreha.com/
申込み締切 2019年3月18日 (月)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7179

車椅子メンテナンスセミナー ~付属の専用工具を使って技術指導~

名称 車椅子メンテナンスセミナー ~付属の専用工具を使って技術指導~
主催 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
日時 2019年3月9日 (土) 18:40~21:20(受付開始18:30)
場所 多摩平の森ふれあい館
(東京都多摩市多摩平2-9)
内容 講師は、長年車椅子メーカーで修業し工学系資格を有した作業療法士です。工学技術とリハビリテーション医学の目線からメンテナンスの重要性と技術を、実際にできるようになるまで、丁寧にお教えします。

【「車椅子の調整は知っているようで、触ってみると意外と複雑。」「機械やものづくりは苦手。だけどやっておかないと移乗のときに危なくて。」「ブレーキが効かない!けど臨床が忙しいから業者さんを呼ぼう。」等、車椅子メンテナンスを他人任せにしていませんか。だけど今日から大丈夫。実はとても簡単なんです。車椅子のメンテナンスを実演しながら伝授します。強い味方、車椅子調整専用工具セットと技術で、車椅子住環境の事故をあなた自身の手で予防しましょう。】

<プログラム>
●車椅子の構造からメンテナンスのポイント
●タイヤ交換、キャスター調整、ブレーキ調整、車椅子のバランス、車椅子の転がり抵抗、車椅子から異音がした時の対応、時間があればパンク修理もやってみましょう。
●メンテナンスと日常の車椅子姿勢の関わりを説明し、簡単なADLシーティングのポイントの実演、実技をします。たとえば、フットサポートの調整やメンテナンスと、知名度の高いバックサポートの張調整。この2か所の調整で姿勢は見違えるほど変わります。
詳細URL http://universalreha.com/
対象 作業療法士、理学療法士、看護師、介護職
学生の
参加可否
参加可 
参加費 8000円(専用工具セット付属/メンテナンスシート、資料込)
定員 5名
申込み方法 ホームページよりお申し込みください http://universalreha.com/
申込み締切 2019年3月6日 (水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102/E-mail otmode@jcom.home.ne.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7178

港北区地域リハビリテーション連絡会 第2回勉強会 [介護予防事業の実践報告と地域ネットワークの作り方と活用講座]

名称 港北区地域リハビリテーション連絡会 第2回勉強会【介護予防事業の実践報告と地域ネットワークの作り方と活用講座】
主催 港北区地域リハビリテーション連絡会
日時 2019年3月20日(水) 
19:00~20:00 (18:30受付開始)
場所 横浜ラポール 2階大会議場(横浜市港北区鳥山町1752)
(電車)
・JR横浜線または市営地下鉄ブルーライン「新横浜駅」徒歩10分
・新横浜駅から市営バス300系統「浜鳥橋」下車徒歩1分
(お車)
・第三京浜港北ICから車で約5分
・駐車場完備
内容 <勉強会の内容>
★今回は、介護予防事業で普段から積極的に活動されているPT・OTの先生による、活動実践報告とリハ専門職の役割についてお話いただきます!
 講師:久保木あすみ先生(理学療法士)、大郷和成先生(作業療法士)
★また、明日の業務からすぐに、地域ネットワークをリアルに活用していくための、ネットワークの作り方と活用方法をレクチャーします!
 講師:千葉桂先生(理学療法士)
★名刺交換会もありますので、名刺をご用意のうえぜひご参加ください!
詳細URL https://www.facebook.com/yokoh……hanet2015/
対象 参加対象は
・港北区内勤務、または近隣地域で港北区の地域リハビリテーションに関わりのある方(医療・介護など、分野は問いません)
・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
・普段からリハビリテーション業務に携わる方(リハビリテーション医 など)
学生の
参加可否
参加可 学生さんでもご興味がある方はどうぞ.
参加費 無料
定員 100名
申込み方法 港北区地域リハビリテーション連絡会事務局あて
E-mail:yokohama.kouhoku.rehanet2015@gmail.com
または
FAX:045-531-2540(大倉山記念病院 リハ科井田宛て)

お申し込みは,以下をご記入ください.
1件名: 第2回地域リハ勉強会参加希望
2内容: ご所属,ご氏名
申込み締切 3月13日(水)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 港北区地域リハビリテーション連絡会事務局
yokohama.kouhoku.rehanet2015@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7177

IT・コミュニケーション支援機器研修会

名称 IT・コミュニケーション支援機器研修会 (OT協会「IT機器レンタル事業mini説明会」を含みます)
主催 東京都作業療法士会 福祉用具部
日時 平成31年3月2日(土)9:30~15:30予定(受付開始9:15~)
場所 日本リハビリテーション専門学校(東京都豊島区高田3-6-18)
義肢装具室
内容 今年度最後の研修会を下記の通り開催いたします。今回は、IT機器レンタル事業、最新のアクセスビリティ
の他、初めての試みとしてスイッチ作製を行います。
1) ITレンタル事業説明 :田中都士会会長
2)スイッチ作製(スイッチ作製orマウスの外部スイッチ改造どちらか1つ)
3)最新のアクセスビリティ:メーカー、福祉用具部部員
4)機器説明と実際にスイッチ使用
詳細URL https://tokyo-ot.com/lecture/16710.html
対象 東京都作業療法士会の会員、他県の士会の会員
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1,000円+作製費用実費(今回スイッチを作製します)
(スイッチ作製、マウスの改造には、別に500円程度が必要です)
定員 30名(先着順とさせて頂きます)
申込み方法 Mail:tokyo.ot.yougu*gmail.com(*を@に変えて送信してください)
1氏名 2協会員番号 3所属士会 4メールアドレス 5所属 6連絡先(当日連絡を要する場合に連絡可能なもの)7スイッチ作製orマウス改造どちらかを選択 8質問・ご意見等を明記して、お申し込みください。
申込み締切 締切2月23日(土)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ パナソニック エイジフリー株式会社 船谷  090-5456-8401

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7168

[循環器疾患に対するリハビリテーション~基礎知識・リスク管理からアプローチ方法・最新の話題まで~](横浜会場)

名称 【循環器疾患に対するリハビリテーション~基礎知識・リスク管理からアプローチ方法・最新の話題まで~】(横浜会場)
主催 Medical MARKSTAR
日時 2019年4月28日(日)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜
内容 ・「循環器疾患を基礎から学びたい」
・「循環器疾患の評価について、座学と実技で学びたい」
・「循環器疾患に対するリハビリの方法を教えてほしい」
・「リハでの注意点やリスク管理、多職種連携のポイントなどを聞きたい」
・「実際の循環器疾患のケースの評価・アプローチを聞いて学びたい」

今回の講習会では、循環器疾患に対する基礎知識から、フィジカルアセスメント・アプローチ方法などを中心に実技を交えてご解説いただきます。またリハビリにおける注意点やリスク管理のポイント、多職種連携なども含め学ぶことのできる機会となるでしょう。さらに実際の事例を通して、より臨床的な知識や技術を身に付けることができることと思います。

【講習会の概要】
・循環器疾患の基礎知識と各病態の解説
・リスク管理とリハビリにおける注意点
・最新のトピックスやエビデンス、多職種連携について
・循環器疾患のフィジカルアセスメント~実技あり~
・循環器疾患に対するアプローチ~実技あり~
・事例を通しての解説

ぜひ、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
詳細URL https://www.markstar.net/circulatory/
対象 PT・OT・STなど、どなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7800円
定員 先着50名限定
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ MARKSTAR事務局へのお問い合わせ
https://www.markstar.net/contact/
備考 info@markstar.netからのメールを受信できるようお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7167

[エビデンスに基づく促通反復療法(川平法)~基礎からアプローチ方法まで~](横浜会場)

名称 【エビデンスに基づく促通反復療法(川平法)~基礎からアプローチ方法まで~】(横浜会場)
主催 Medical MARKSTAR
日時 2019年4月7日(日)10:00~16:00
場所 ウィリング横浜
内容 ・「促通反復療法を初心者でもわかるように教えてほしい」
・「基礎知識から理論まで、どういった治療法なのか学びたい」
・「促通手技を実技でしっかりと学びたい」
・「臨床の場で、どう評価して促通反復療法を実施するのか、一連の流れを聞いてみたい」
・「麻痺の改善を目指してアプローチする一つの武器にしたい」
・「実際に大郷先生が行った治療VTRを見て学びたい」

今回の講習会では、促通反復療法を今までみたことのない方、色んな治療手技を覚えてみたい若手の方などにもわかりやすく学べるよう、基礎から実践的な内容まで、講義・実技を通して解説いたします。

【講習会概要】
・促通反復療法とは
・促通反復療法の基礎知識と理論
・促通反復療法の実技(上肢・手指・下肢・歩行)
・実際にアプローチした片麻痺者のVTRと解説

ぜひ、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
詳細URL https://www.markstar.net/rfe2019/
対象 PT・OT・STなど、どなたでも参加可能
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7800円
定員 先着50名限定
申込み方法 ホームページよりお申込み下さい。
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ MARKSTAR事務局へのお問い合わせ
https://www.markstar.net/contact/
備考 info@markstar.netからのメールを受信できるようお願いいたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7166

[ナイトセミナー] セラピストのための循環器疾患を有する高齢者への対応

名称 【ナイトセミナー】セラピストのための循環器疾患を有する高齢者への対応
主催 コウセラ
日時 2019年5月10日(金)
19:00~21:00(受付18:40~)
場所 鎌倉芸術館(JR大船駅 徒歩10分)
神奈川県鎌倉市大船6-1-2
内容  今回のナイトセミナーは『ゆみのハートクリニック』『筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程』の鬼村優一先生による高齢者の循環器疾患に関するセミナーを開催いたします。リハビリテーションの場面を想定した循環機能の評価とリスク管理について臨床に即した形でご解説を頂きます。理学療法士の鬼村先生は日々の臨床に加え、循環器疾患における学術活動や執筆活動を行うなど、循環器疾患に精通された先生です。また基本的な循環器疾患からご教授いただけるため、初学者でも安心して受講いただけます。循環器疾患を有する高齢者対応の臨床的なポイントを学び、より良い対応が出来るようになりましょう!!

【セミナー内容】
1基本的な循環器疾患と評価
2循環器疾患のリスク管理
3リハビリテーション場面における介入のポイント
詳細URL https://koutheraken.jimdo.com/
対象 OT・PT・ST・看護師
学生の
参加可否
参加可 
参加費 1000円
(当日会場にて現金でお支払いください)
定員 40名程度(先着順)
申込み方法 お申込みはホームページより
https://koutheraken.jimdo.com/
申込み締切 2019年5月9日(木)
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ Mail:koutheraken@yahoo.co.jp
備考 【講師】鬼村優一 先生
(ゆみのハートクリニック、筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程)
・理学療法士
・保健学修士
・3学会合同呼吸療法認定士
・心臓リハビリテーション指導士

執筆歴:
・理学療法ジャーナル 2018年6月号「地域に広がる心臓リハビリテーション -訪問心臓リハビリテーションと理学療法-」
・理学療法概論 (15レクチャー理学療法テキスト) 「Step up 訪問リハビリテーションで活躍する理学療法士」

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7165