Category: 関東

デイで効果を上げるためのリハ・プログラムセミナー(東京会場)

名称 デイで効果を上げるためのリハ・プログラムセミナー(東京会場)
主催 日本通所ケア研究会
日時 2018年12月15日(土)10:00~15:30
場所 国際ファッションセンター
(東京都墨田区横網1丁目6-1)
内容 【参加のポイント】
・学ぶべき運動の正しい理解
・効果的なリハビリテーション推進するための指導方法
・運動学と老年医学を踏まえた効果的アプローチの実践

【セミナー内容】
(1)ご利用者が改善を実感できるリハビリテーションとは
(2)効果的なリハビリテーションを提供することが困難な場合とは
(3)集団活動が適応ではないご利用者へのアプローチ
(4)効果を出すための正しいアセスメントと正しいトレーニングの提示
(5)ケアマネ、本人、家族へ説明すべき「資料」
(6)やる気アップにつながる即時効果が出る運動プログラムの紹介
(7)機能訓練、リハ担当以外も目標が分かり、自分の役割が明確になるフローチャート
(8)ご利用者の奥に潜む課題の本質を理解する
(9)マズローの欲求5段階説を応用した心身の評価方法とその活用方法
(10)ご自宅でも継続的に自主トレーニングができる運動方法
(11)痛みの部位別・タイプ別運動方法
(12)これは使える!老年医学に基づいたプログラム作成の工夫
(13)運動学と老年医学を踏まえた効果的リハビリテーションアプローチ
(14)通所サービスの特徴と心身機能の評価 ほか

【講師】
小幡 匡史氏(合同会社Think Body Japan 代表社員/理学療法士 )
詳細URL https://www.tsuusho.com/skill/……a_program/
学生の
参加可否
参加可 介護・医療・福祉分野に携わる方
参加費 12,000円(税・資料代込)
定員 40名
申込み方法 公式ホームページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【公式ホームページ】
https://www.tsuusho.com/skill/……a_program/

【資料請求・お問い合わせ】
日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com
申込み締切 当日受付可
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6872

摂食・嚥下障害で効果が出せる知識と技術セミナー

名称 摂食・嚥下障害で効果が出せる知識と技術セミナー
主催 日本通所ケア研究会
日時 2018年12月8日(土)10:00~15:30
場所 国際ファッションセンター
(東京都墨田区横網1丁目6-1)
内容 【参加のポイント】
・正しい食事姿勢・食物残留音・呼吸状態の注意点が分かる
・摂食・嚥下へのアプローチに必要な知識と技術の共有の必要性が分かる
・翌日の現場ケア・リハビリテーション場面ですぐに使える実技を体験

【内容】
(1)頭頸部の特徴
(2)機能解剖
(3)運動学
(4)筋収縮の生理学
(5)神経機構とその障害
(6)姿勢と嚥下の関係
(7)くびの角度と嚥下
(8)誤嚥防止機構と姿勢
(9)ポジショニング
(10)治療的誘導と介入
(11)筋の形態と徒手的治療手技
(12)まとめ ほか

【講師】
森 憲一氏(大阪回生病院リハビリテーションセンター 技師長/理学療法士 )
詳細URL https://tsuusho.com/skill/swallowing/
対象 介護・医療・福祉分野に携わる方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 12,000円(税・資料代込)
定員 40名
申込み方法 公式ホームページよりお申し込みいただくか、事務局までお問い合わせください。

【公式ホームページ】
https://tsuusho.com/skill/swallowing/

【資料請求・お問い合わせ】
日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com
申込み締切 当日受付可
生涯教育
ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6871

脊髄損傷作業療法研究会

名称 脊髄損傷作業療法研究会
主催 脊髄損傷作業療法研究会
日時 2018年12月1日(土)/2日(日)
場所 神奈川リハビリテーション病院 3F研修室
内容 テーマ:脊髄損傷者へのリハビリテーション(脊髄損傷者の介助法・治療/完全・不全損傷者の理解と介入)

概要:脊髄損傷者の障害像を、クラインフォーゲルバッハの運動学や生態心理学の理論を踏まえ、臨床における脊髄損傷者の生活行為への介入方法を理解する

コースリーダー:一木愛子 講師:玉垣 努 對間 泰雄  高橋 大樹 他
詳細URL https://sciot1994.wordpress.com
対象 OT、PT
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 15,000円
定員 36名
申込み方法 研究会HPの申し込みメールフォームにて受付
https://sciot1994.wordpress.com
申込み締切 2018年10月22日(月)~11月2日(金)
生涯教育
ポイント
2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ メール:sciot1994@yahoo.co.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6870

食事動作に必要な肩の評価とアプローチ法(OT限定)

名称 【OT限定】食事動作に必要な肩の評価とアプローチ法
主催 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
日時 2018年11月11日 (日)
場所 砂町文化センター第6会議室 (東京都江東区北砂5-1-7)
内容 『OTさん、ちょっと食事見てよ! あの人よく食べこぼしがあるんだよね…』
作業療法士の皆さん、 こんな問い合わせを看護師、介護士から聞かれたことはないでしょうか? そこでいざ現場に行くと…
・食事で何みればいいのか?
・動作分析ってどうやるの?
・多分あそこが原因だけど、 どうしたらいいの?
と悩みを抱えていませんか?

特に作業療法士は、 学校で食事動作訓練をしっかりやってきているプロだと考えられやすいです。
でも実は学校でそこまでやってません・・・ むしろ動作分析の方法も・・・・

問題点を整理すると
・動作分析ができない
・食事動作を見る時にどこから見ていいのかわからない
・仮説が仮説で終わり、実証できない
となります。

この作業療法士のコンプレックスを解消してみませんか?
詳細URL https://iairjapan.jp/events/ev……houlder_ot
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 8,640円(税込)
定員 30名
申込み方法 こちらよりお申し込みください: https://www.0553.jp/eventpay/e……3278628396
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ お問い合わせ:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会(kanto@iairjapan.jp)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6869

脳科学的根拠に基づく作業療法構築入門講座(東京)

名称 【東京】脳科学的根拠に基づく作業療法構築入門講座
主催 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
日時 2019年1月5日 (土)、1月6日(日)【2日間で完結】
場所 砂町文化センター第3・4会議室 (東京都江東区北砂5-1-7)
内容 このセミナーでは
・アクティビティを効果的に使いたい!
・現場でアクティビティをやりたいけど、どうやっていいかわからない・・・
・作業療法士ならレクやってよ!と言われるけど、自分の中で作業療法って何があやふや
・患者さんに聞かれても作業療法を上手く説明できない・・・
など
作業療法をやりたいけど、踏み出せないそんなあなたのためのセミナーです。
明日からより効果的に作業療法をつかうための、入門セミナーです。
詳細URL https://iairjapan.jp/ebot01
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 2日間で19,800円(税込21,384円)
定員 40名
申込み方法 こちらよりお申し込みください: https://www.0553.jp/eventpay/e……4171605301
生涯教育
ポイント
2日間で2ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
kanto@iairjapan.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6868

作業療法士をいきる

名称 作業療法士をいきる
主催 昭和作業療法卒後教育セミナー ※本セミナーは卒業生に限らず広く開かれた学術団体です。
日時 平成30年11月24日(土) 13時30分受付開始 14時00分~16時30分を予定
場所 昭和大学保健医療学部(横浜キャンパス) JR横浜線十日市場駅(徒歩20分/バス10分)・東急田園都市線青葉台駅(バス20分)
地図・交通アクセス: http://www.showa-u.ac.jp/about……ohama.html
内容 今回は身体・老年期障害に加え発達・小児、教育と様々な領域や環境で働き、作業療法士としていき抜いて実践されている講師の方々をお招きしました。
それぞれの方の過去・現在・未来の【作業療法士(史)】のお話から“セルフマネジメント”をテーマに作業療法の可能性・面白さ・視点の拡大を探求できる内容を企画しております。
今一度「どのように【作業療法士】としていきていくか?」を考える機会にしてみませんか?
今後の人生設計や新たな挑戦を考えている方は必聴です!!

講師

教育・研究領域:鈴木 久義 氏 (昭和大学 保健医療学部 作業療法学科)
身体障害領域:青木 啓一郎 氏 (昭和大学 江東豊洲病院)
老年期障害領域:嘉部 匡朗 氏 (昭和大学 横浜市北部病院)
発達・小児領域:田中 碧 氏 (非常勤勤務)
詳細URL https://www.showa-ot-education……催情報/
対象 作業療法士、作業療法学生、大学生、高校生、学生のご家族
※なお、本セミナーは卒業生に限らず広く開かれた学術団体です。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員 1000円、非会員 1500円、学生・ご家族 無料
定員 50名
申込み方法 当セミナーホームページの申し込みフォームからお申込みいただくか、以下の内容をメールに記入し、件名「セミナー参加希望」 としotd@nr.showa-u.ac.jp に送信してください。(携帯メール可)
1.参加者氏名 2.所属 3.返信先アドレス・電話番号

申込みから1週間以内にこちらから返信がない場合は、事務局まで「必ず」お問い合わせください。携帯メールから申し込みいただいて構いませんが、こちらからのメールを受信できるよう設定をお願い致します。
申込み締切 平成30年11月23日(金)
生涯教育
ポイント
OT協会生涯教育 制度・基礎コース1ポイントの付与対象です。
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 昭和作業療法卒後教育セミナー事務局 横浜市緑区十日市場町 1865 昭和大学保健医療学部作業療法学科内
<E-mail:otd@nr.showa-u.ac.jp>

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6867

事例で学ぶ回復期病棟における人間作業モデルの実践

名称 事例で学ぶ回復期病棟における人間作業モデルの実践
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2019年2月17日(日)
10:00~16:00  (途中,昼休み1時間)
場所 横浜市健康福祉総合センター 8階  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

当研究会では,様々な作業療法に関連する理論を紹介していますが今回のテーマは,回復期病棟での人間作業モデル(MOHO)での実践です.普段の実践にMOHOの考え方をプラスしてみませんか?
複数の事例を通して評価から介入まで学んでいきます.馴染みのあるICFも用いながら,MOHOへと発展させていきますので,MOHOを全く知らない方でも大丈夫です.
「理学療法士との違いが出せない」「クライエントが機能訓練に固執して,生活や作業に目を向けられない」等の悩みを抱える回復期病棟に勤務する作業療法士の皆様の解決のヒントになるはずです!
対象 作業療法士,作業療法学生(領域,学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士  5,000円
作業療法学生 2,000円
定員 30名まで
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい

メール記載内容
件名 2019年2月17日 参加申し込み
本文
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス 
申込み締切 2019年2月13日(水)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6866

Befor and After! 作業の視点でまとめる事例報告

名称 Befor and After! 作業の視点でまとめる事例報告
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2019年1月14日(月・祝)  
10:00~16:00 (途中,昼休憩1時間程度)
場所 横浜市健康福祉総合センター 9 F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

事例検討会や事例報告をまとめることは,作業療法士として個人の実践の質的な向上を図るための貴重な機会です.その一方で,「書き方が分からない」「指導してくれる人がいない」など,一人で取り組むことが難しいという声も多く聞かれます.
そこで今回は,実際に事例を提示しながら進めていきますが,完璧に仕上がったものではなく,介入途中の事例や今後の関わり方を検討していきたい事例です.この事例を踏まえ,より作業療法の視点を盛り込むことでどのように事例報告が変わるのか!Before and After の形で示しながら,レクチャーを行っていきます.
事例登録や検討会への参加の初めの一歩となるような機会が提供できればと思います.是非ご参加下さい.
対象 作業療法士,作業療法学生(領域,学年は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士 5,000円
作業療法学生 2,000円
定員 20名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい

メール記載内容
件名:2019年1月14日参加申し込み
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス 
申込み締切 2019年1 月9日(水)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6865

事例を通して学ぶ人間作業モデルにおけるクライアントへの介入

名称 事例を通して学ぶ人間作業モデルにおけるクライアントへの介入
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2018年12月16日(日)
10:00~16:00 (途中,昼休憩あり)
場所 横浜市健康福祉総合センター 8 F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

人間作業モデルの臨床での考え方,実践について,複数の事例を通して学んでいきます.評価から介入までの一連の流れを感じることが出来るような内容となっています.
みなさんにも馴染みのあるICFも用いながら,MOHOへと発展させていきますので,MOHOを知らない方,学び始めた方でも大丈夫です.人間作業モデル(MOHO)を用いた臨床実践を知りたい方,行い方,是非ご参加下さい!
対象 作業療法士,作業療法学生(領域,学年を問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士 5000円
作業療法学生 2000円
定員 40名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい

メール記載内容
件名:2018年12月16日参加申し込み
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス 
申込み締切 2018年12月12日まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6864

クライエントのより良い作業を引き出す接し方のコツ

名称 クライエントのより良い作業を引き出す接し方のコツ
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2018年11月11日(日)
10:00~16:00 (途中,昼休憩あり)
場所 横浜市健康福祉総合センター 9 F会議室  横浜市中区桜木町1-1
http://www.yokohamashakyo.jp/s……o/map.html
※会場へは内容に関する問い合わせしないようお願い致します
内容 講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)

日々の臨床では,クライエントと話をしないことはないでしょう.話をすることは作業療法で作業を用いるためには,不可欠だと言われています.クライエントの変化を引き出すのは,身体的なアプローチだけではありません.話をする,会話するということは,情報収集だけではなく,自分自身の言動を治療的に意図して取り入れることで,治療としても活用することができます.作業を用いることだけでなく,話をすることも,他職種にはない作業療法士としてユニークな点であり,領域関係なく求められているスキルなのではないでしょうか.
作業療法の実践理論である人間作業モデル(MOHO)では,クライアントの作業への取り組みを支援するための作業療法士の言動や振る舞いが示されています.今回は,これらの言動,振る舞いの紹介,解説に加えてクライエントが作業に取り組む側面と変化についても説明致します.
対象 作業療法士,作業療法学生 (領域は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士 5000円
作業療法学生 2000円
定員 25 名
申込み方法 申し込方法:uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込下さい

メール記載内容
件名:2018年11月11日参加申し込み
1氏名 
2所属 
3連絡先メールアドレス 
申込み締切 2018年11月7日(水)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6863