臨床ハンドリング研究会「立ち上がり動作におけるハンドリングのポイント」

名称 臨床ハンドリング研究会「立ち上がり動作におけるハンドリングのポイント」
主催 臨床ハンドリング研究会
日時 日 時:2019年 3月15日(金)19:00~20:40(受付18:30~)
場所 会 場:ウィリング横浜 5階研修室 501~502
【電 車】京浜急行/市営地下鉄「上大岡」駅下車 3分
【駐車場】ゆめおおおか内駐車場、 その他コインPあり
内容 講 師:石渡 大地 先生(横浜市立脳卒中・神経脊椎センター、作業療法士)
    桐生 翔太 先生(横浜なみきリハビリテーション病院 作業療法士)
立ち上がり動作はPTだけではなく、OTやSTなども関わる基本動作の一つです。歩行場面はもちろん、ADL場面でも立位動作に向けた重要なコンポーネントとなります。ですが、どう評価すれば良いのか、どうアプローチすれば良いのかなど、悩む方も多いのではないでしょうか。

今回の講習会では、中枢神経疾患による片麻痺患者の立ち上がり動作の分析や、その評価・アプローチのポイントなどを実技を中心に解説し、実際に試しながら受講生様と練習できる時間を作りたいと考えております。
ADL場面での立ち上がり動作で悩んでいる方にもオススメの内容となっておりますので、ぜひご参加をお待ちしております。

【全体の流れ】
1.立ち上がりの動作分析(立ち上がりに必要な構成要素の振り返り)
2.動作分析を基にした、評価とアプローチのポイント
3.立ち上がり動作の効率化(非麻痺側の代償を軽減)に向けたハンドリングのポイント
詳細URL https://r-handling.jimdo.com/……-詳細-1/
対象 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 500円
定員 50名程度
申込み方法 以下のアドレスから入力フォームに必要事項を記載の上、送信してください。
https://ws.formzu.net/fgen/S87034325/
申込み締切 2月3日~3月10日
生涯教育
ポイント
OT 1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 臨床ハンドリング研究会 
事務局 大沼 涼
petarihand211293@yahoo.co.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7163