脳卒中リハに活かす脳機能とハンドリングの基礎

名称 脳卒中リハに活かす脳機能とハンドリングの基礎
主催 高齢者をリハビリするセラピストのための研究会 -コウセラ-
日時 2019年3月31日(日)
10:00~16:00(受付9:30~)
場所 鎌倉芸術館 会議室1(JR大船駅 徒歩10分)
神奈川県鎌倉市大船6-1-2
内容 当セミナーは『エモリハ』代表である加藤渉先生の脳卒中基本動作に対するハンドリングに特化したセミナーです!!実践力向上のために丁寧な座学と実技を多く組み込んだ構成で、じっくりと臨床的な内容を学習できます。初学者でも安心して受講いただけます。

【セミナー内容】(実技あり)
1錐体路と錐体外路の役割
21次運動野の特徴
3大脳基底核・小脳の役割
4高次運動野の役割
5APAs(先行随伴性姿勢調節)を臨床に活かすために・・
6脳機能からハンドリングを考える(実技)
7APAsを意識したハンドリングのポイント(実技)
8各動作でのハンドリングのポイント(実技)
詳細URL https://koutheraken.jimdo.com/
対象 PT・OT・他脳卒中リハビリテーションに関わる方
学生の
参加可否
参加可 
参加費 7000円
定員 30名
申込み方法 お申込みはホームページより
https://koutheraken.jimdo.com/
申込み締切 2019年3月30日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ お問い合わせはメールにて
koutheraken@yahoo.co.jp
備考 【講師】加藤渉 先生(多摩川病院リハビリテーション科副主任・エモーショナルリハビリテーション研究会代表)
資格:理学療法士・心臓リハビリテーション指導士
講師経験:TAP研究会、メディカルリハビリテーション、Bridge、Assist
受賞歴:2015年、2016年リアル臨床 3位入賞
共同著書:クリニカルリーズニングで神経系の理学療法に強くなる!(羊土社)

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/7052