作業療法士をいきる

名称 作業療法士をいきる
主催 昭和作業療法卒後教育セミナー ※本セミナーは卒業生に限らず広く開かれた学術団体です。
日時 平成30年11月24日(土) 13時30分受付開始 14時00分~16時30分を予定
場所 昭和大学保健医療学部(横浜キャンパス) JR横浜線十日市場駅(徒歩20分/バス10分)・東急田園都市線青葉台駅(バス20分)
地図・交通アクセス: http://www.showa-u.ac.jp/about……ohama.html
内容 現在、作業療法士は医療、保健、福祉、教育、職業などの様々な領域で活躍しています。しかし職域の幅が広がる中、作業療法士はいったい何をする仕事なのか他者にしっかりと説明ができるでしょうか。作業療法士という仕事は自我同一性(アイデンティティ)を保つのが難しい仕事だと感じている人は少なくありません。自我同一性がうまく形成されないと、「自分が何者なのか、何をしたいのかわからない」という同一性拡散の危機に陥ります。「自分が名乗っている作業療法士とは何者なのか、何をしたいのかわからない」という悩みを解決するためには「何故、【作業療法士】を志したのか?」を振り返り、自分の大切にしている価値を再確認し、「どのように【作業療法士】としていき、今後はどのようにいきていくか?」という問いかけに答えられるようになることが大切です。
今回は身体・老年期障害領域に加え発達・小児、教育と様々な領域・環境で作業療法士としていき抜いて臨床を実践されている講師の方々をお招きし、自身の【作業療法士(史)】のお話から“ セルフマネジメント”をテーマに作業療法の可能性・面白さ・視点の拡大を探求できる内容を企画しています。今一度「どのように【作業療法士】としていきていくか?」を考える機会にしてみませんか?今後の人生設計や新たな挑戦を考えている方は必聴です!!多くの皆様のご参加をお待ちしております。

講師

教育・研究領域:鈴木 久義 氏 (昭和大学 保健医療学部 作業療法学科)
身体障害領域:青木 啓一郎 氏 (昭和大学 江東豊洲病院)
老年期障害領域:嘉部 匡朗 氏 (昭和大学 横浜市北部病院)
発達・小児領域:田中 碧 氏 (非常勤勤務)
詳細URL https://www.showa-ot-education……催情報/
対象 作業療法士、作業療法学生、大学生、高校生、学生のご家族
※なお、本セミナーは卒業生に限らず広く開かれた学術団体です。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 会員 1000円、非会員 1500円、学生・ご家族 無料
定員 50名
申込み方法 当セミナーホームページの申し込みフォームからお申込みいただくか、以下の内容をメールに記入し、件名「セミナー参加希望」 としotd@nr.showa-u.ac.jp に送信してください。(携帯メール可)
1.参加者氏名 2.所属 3.返信先アドレス・電話番号

申込みから1週間以内にこちらから返信がない場合は、事務局まで「必ず」お問い合わせください。携帯メールから申し込みいただいて構いませんが、こちらからのメールを受信できるよう設定をお願い致します。
申込み締切 平成30年11月23日(金)
生涯教育
ポイント
OT協会生涯教育 制度・基礎コース1ポイントの付与対象です。
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 昭和作業療法卒後教育セミナー事務局 横浜市緑区十日市場町 1865 昭和大学保健医療学部作業療法学科内
<E-mail:otd@nr.showa-u.ac.jp>

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6867