小児在宅移行のための多職種勉強会

名称 小児在宅移行のための多職種勉強会
主催 NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト
日時   第1回:9/22(土)14時~16時 かながわ県民活動サポートセンター11階コラボ・スタジオ
第2回:10/27(土)14時~16時 野毛Hana*Hana2階Aホール
第3回:11/18(日)14時~16時 関内フューチャーセンターワークショップスタジオ
場所  第1回:9/22(土)かながわ県民活動サポートセンター11階コラボ・スタジオ(JR横浜駅 徒歩5分)
第2回:10/27(土)野毛Hana*Hana2階Aホール(JR桜木町 徒歩3分)
第3回:11/18(日)関内フューチャーセンターワークショップスタジオ(みなとみらい線 馬車道駅徒歩3分)
内容 小児在宅医療の目的は、どんな思い障害や病気をもった子どもも一人の「人」として大切にされ、家族の絆、地域のつながりの下で、それぞれが持って生まれた「いのち」の可能性をできるかぎり発揮して、生ききることができる社会を実現することです。しかし実際は、関係者間の情報共有や調整、制度の活用も十分ではなく、在宅移行がご家族にとって重い負担となっているのが現状です。子どもと家族の笑顔を守り支えるために、何をすべきか。医療・福祉・行政・家族・・・垣根を取り払って一緒に考えてみませんか。講師:県立こども医療センター地域連携家族支援局・新生児科 星野陸夫先生、横浜市港北区あい診療所院長・小児科医 片岡 愛先生、厚生労働省社会援護局障害保健福祉部 当新 卓也氏、公財)がんの子どもを守る会SW 樋口 明子氏、難病学生患者を支援する会 事務局長 久保田 一男氏。
詳細URL http://childrenshospice.yokohama/
対象 「病児のご家族の方、市役所・区役所等の病児支援の窓口の方、小児在宅支援に関わりのある方など」を対象にしています。
学生の
参加可否
参加可 特になし。
参加費 無料
定員 第1回30名、第2回40名、第3回40名
申込み方法 メールアドレスにて、参加者氏名、所属、連絡先を明記の上お申し込みください。 
メールアドレス event@childrenshospice.yokohama
申込み締切 9月20日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 090-1432-7694(タガワ)もしくは、contact@childrenshospice.yokohamaまで

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/6780