«

»

Print this 投稿

慢性腰痛の機能解剖学的診方・考え方 ~病態の解釈と運動療法のマッチング~東京会場~

名称 慢性腰痛の機能解剖学的診方・考え方 ~病態の解釈と運動療法のマッチング~東京会場~
主催 株式会社gene
日時 2017年6月3日(土)10:00~16:00(受付9:30 ~)
場所 日本薬学会 長井記念館(長井記念ホール)地下2階 ホール
東京都渋谷区渋谷2-12-15
内容 【講師】林 典雄 先生(運動器機能解剖学研究所 所長・理学療法士)

【講義概要】腰痛はあくまで症状の一つであり、肩関節周囲炎に見られる肩関節痛と何ら変わらない。
肩関節周囲炎に見られる疼痛の原因には、腱板炎、上腕二頭筋長頭腱炎、肩峰下滑液包炎局所の拘縮などの病態の上に疼痛が生じている訳であり、腰痛を診るにあたっても疼痛の出所を可能な限り絞り込む作業が不可欠である。
腰痛の原因となる組織には、多裂筋をはじめとする筋肉、椎間板、椎間関節、仙腸関節の他、骨折脊椎炎なども症状として腰痛を訴える。つまり、”理学療法士として対処できる腰痛の適応”を抽出するとともに、その病態に適した運動療法の実施が求められている。

本講演では、各種腰痛の病態解釈に必要な知識を整理するとともに、病態にあった運動療法の選択について私の考えを述べる
詳細URL http://www.gene-llc.jp/seminar……942-390297
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可
参加費 12,500円(税込)
申込み方法 株式会社geneホームページ
http://www.gene-llc.jp/seminar……942-390297
申込み締切 開催日前日まで
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 株式会社gene
〒462-0059 名古屋市北区駒止町2-52リベルテ黒川1階
TEL:052-911-2800(セミナー担当まで)
URL:www.gene-llc.jp
備考 1)受講料は、当日会場にてお支払い下さい。
2)開催日を含め7日前からのキャンセルについては、キャンセル料(受講料全額)が 発生いたします。

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/post/5089