管理:主催・共催の場合

OT協会・各県士会が主催・共催の場合はこのように管理してください

【OT協会または各県士会が主催・共催の場合】生涯教育手帳
  1. OT協会から送付された「生涯教育手帳」とその後に挟まっている冊子「生涯教育受講記録」を取りだしてください.
  2. 「生涯教育手帳」のP7の上の表(日本作業療法士協会,各都道府県作業療法士会主催・共催の学会,研修会等の基礎ポイント表)受講記録または下の表を見て,該当するポイント数を確認してください.
    ※ページ数や位置は変更になる可能性がありますので適宜探してください.
  3. 生涯教育手帳・扉ポケット確認したポイントの数と同じ行数分に開催日と研修会名を記入してください.
  4. とりあえずはそこまでです.参加証明書はなくさないよう保管してください.「生涯教育手帳」のカバーに挟んでおくことをお勧めします.
  5. 正式に基礎ポイントが認められるには,県士会への申請手続きが必要です.
    ⇒ 手続きへ進む
【OT協会・都道府県士会主催の学会、研修会等のポイント数】
学会・研修会 90分以上~1日 1日以上
参加 2ポイント 4ポイント
発表(加算) 1発表につき2ポイント
講師(加算) +2ポイント +4ポイント
 



「管理:参加書の場合」へ戻る

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wpm/lecture/lifelong_e/point_i/point01/point04/point05

管理:参加書の場合の手続き方法

参加書の場合の手続き方法(神奈川県作業療法士会の場合) 【神奈川県作業療法士会への申請手続き方法】 申請書(apply.pdf, 5k)をダウンロードして印刷してください. 申請書に必要事項を記入して下さい. 冊子「生涯 …