アクティビティ インストラクター資格認定セミナー<オンライン>

名称 アクティビティ インストラクター資格認定セミナー<オンライン>
主催 特定非営利活動法人芸術と遊び創造協会 高齢者アクティビティ開発センター
日時 8月20日(土)10時~12時 
※お申し込み後、7日ほどで教材をお届けします。
 動画視聴(4時間)後、スクーリング(2時間)を受講し、資格認定となります
場所 オンライン(zoom)
内容 ■ネット上の動画(4時間)を視聴後、
 zoomを活用したスクーリング(2時間)でコミュニケーションの体験学習をします。

 いつからでもご受講いただけます。
 ご自宅や職場で、お好きな時間に動画をご覧いただき、
 スクーリングでは、オンラインでコミュニケーションを学んでいただけます。

■WEB動画視聴 (受講期間中は、繰り返しご覧いただけます)
【動画内容】
カリキュラム1 アクティビティ・ケアの考え方
カリキュラム2 アクティビティ・ケア基礎理論
カリキュラム3 認知症の人のアクティビティ・ケア
カリキュラム4 アクティビティ・ケア実践論 生活文化編
カリキュラム5 アクティビティ・ケア実践論 人生歴編

カリキュラム1・2 アクティビティ・ケアの基礎知識
「心が動く」ということは、対象者の意欲にかかわる重要なポイントです。
デイケア、高齢者施設での事例から、アクティビティ・ケアによって、どのような変化が起こったのかを 「心が動けば身体が動く」をキーワードにひもときます。

カリキュラム3 認知症の人のアクティビティ・ケア
 これだけは押さえおきたい認知症ケアの基礎知識と、現場でよくある「食事」「入浴」「排泄」時に、ケアする側の声のかけ方で、どのように利用者さんの行動が変化するのかを介護劇で再現しています。
認知症の方へかかわるときに大切な「3つのない」を実践することで、認知症の人が安心し、お互いに気持ちの良い信頼関係を構築することができます。

カリキュラム4 集団プログラムの考え方
 デイサービスにおける事例から、地域に根差した活動や世代間交流など、利用者さんが安心して交流できる機会を作るポイントが理解できます。

カリキュラム5 個別プログラムの考え方
 ある認知症の利用者さんとの出会いから退所までを、実際にケアを行った作業療法士である講師が「意欲の鍵」をキーワードに語ります。
 会話さえなかった利用者さんのある一言をきっかけに、アクティビティ・ケアがスタート。段階的に「できること」に着目し、活動を継続していく過程で、フロアー全体が協力してその方を支えるまでに至ったストーリーから、認知症だからとあきらめずに、かかわり続けることの大切さが理解できます。

■主に講座でお伝えするのは、「心の管理栄養士」として要介護者の心を動かし、笑顔と意欲を引き出す「アクティビティ・ケア」の考え方なので、一度身に付けてしまえば、一生活用できるスキルです。
 認知症の方とのコミュニケーションに悩みがある方、利用者さんの楽しみや意欲を引き出す活動をしたい方、リハビリに愉しさを取り入れたいと感じている方に役立つ内容です。

■お申し込み後、7日ほどで教材をお届けします。

■受講期限:6か月 
 平均1~2ヶ月で資格取得。最短では 教材を送付後 10日で資格取得。
※スクーリングは、受講期限の6か月の間にご受講ください

■ポイント付与対象 
日本作業療法士協会 SIG認定 生涯教育制度 基礎ポイント 1ポイント
日本認知症予防学会 認知症予防専門士 更新単位2単位(年間4単位まで)

詳細URL https://artplaylab.jp/activity_care/instructor.html#corr_seminar
対象 作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、介護福祉士、看護師など、医療・介護の現場の専門職の方、
セラピスト・介護・看護の大学、専門学校へ通学中の学生の方など
学生の
参加可否
条件付きで参加可 大学、短期大学、専門学校の学生の方
参加費 9,900円
定員 20名
申込み方法 当センターホームページにて詳細をご覧いただき、
「カートに入れる」ボタンから、ショッピングサイトでのお申し込みをお願い致します。
https://artplaylab.jp/activity_care/instructor.html#seminar
事務局で入金確認(お申込み完了)後、1週間ほどで、教材をお送りします。
申込み締切 満席になり次第締め切り
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会 高齢者アクティビティ開発センター 
TEL:03-3387-5461 E-mail:aptc@aptycare.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8589/