OPAT6を用いた症例検討会

名称 OPAT6を用いた症例検討会
主催 OPAT6研究会
日時 2022年5月13日金曜19:00~21:00
場所 オンライン(ZOOM)
内容 私たちが作業療法で対象としている人々は、なぜ生活行為をうまくできていないのだろうか?
それを「作業の実行状況」として捉え、どのような要因が関連しているのかを多角的に分析し、介入方針やアプローチの立案を導くツール、それがOPAT6(作業遂行6因子分析ツール, Occupational Performance Analysis Tool with 6 Factors )です。
今回、OPAT6の基礎を解説するとともに、それを用いた症例検討を行い、参加者の方々と意見交換をしたいと思いますので、皆様のご参加をお願いいたします。

講師:小林幸治(目白大学)、邨瀬卓哉(名南ふれあい病院)

学生の
参加可否
参加可 
参加費 無料
定員 100名
申込み方法 opat6.ot@gmail.com
1氏名、2所属、3連絡の取れるアドレス、4携帯番号をお送り下さい。
申込み締切 5月10日
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ opat6.ot@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8499/