[オンライン] QOLの向上を目指した作業療法介入

名称 【オンライン】 QOLの向上を目指した作業療法介入
主催 臨床実践に役立つ理論研究会
日時 2021年3月14日(日)
10:00~16:00  (途中,昼休みあり)
場所 Zoomを利用したオンラインセミナー
内容 作業療法士は作業を通じて健康と安寧を促進する専門職として,対象者のQOLの改善に価値を置いて関わっています。実践の中だけでなく、研究の中でもQOLという言葉も年々増加傾向にあります。しかし、QOLという言葉は、使っているものの曖昧さや分かりにくさを感じている方が多いと思います。
そこで、村仲先生よりQOLについて概念や尺度についての解説と、これまでの作業療法研究の中で、QOLがどのように扱われてきたのかをお話し頂きます笹田先生からは、作業療法の実践モデルである人間作業モデルとQOLとの関係についてお話し頂きます。
自身の臨床でQOLをどのように位置づけ、いかしていけばよいか、考えてみませんか?

講師:笹田哲(神奈川県立保健福祉大学大学院 教授)、村仲隼一郎 (茅ヶ崎リハビリテーション専門学校)

対象 作業療法士,作業療法学生 (領域は問いません)
学生の
参加可否
参加可 
参加費 作業療法士 4,000円 作業療法学生 1,000円
定員 30名
申込み方法 uottip456@gmail.com まで以下の内容を添えてメールでお申し込み下さい
「gmail.com」からのメールを 受信できるように設定してください.
    
●メール記載内容
件名 2021年3月14日 参加申し込み
本文
1 氏名 
2 所属 
3 連絡先メールアドレス(PDFファイルが添付可能なアドレス) 
申込み締切 2021年3月12日(金)まで
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ uottip456@gmail.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/8024/