2021年度 横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)-ウィニコットと独立学派の臨床-

名称 2021年度 横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)-ウィニコットと独立学派の臨床-
主催 心理オフィスK、横浜精神分析研究会
日時 毎月 第2日曜日 文献講読:13:00~15:00、症例検討:15:00~17:00
場所 ZoomとGoogleMeetを用いたオンライン開催
内容 横浜精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。9年目となる今年はウィニコットと独立学派に関する一連の論文を取り上げます。ウィニコットの論文は2014年度に取り上げましたが、その時には取り上げられなかった論文やウィニコットに近い精神分析家の論文を読んでいきます。ウィニコットが構築した理論は平易な文章で書かれている反面、非常に多義的で、曖昧でもあります。しかし、その中に人間の本質に迫る含蓄がちりばめられています。またウィニコットをはじめ独立学派の精神分析家は人間性や情緒性、関係性を大切にします。一方では解釈というものに重きを置かない傾向があり、議論を呼んでいます。こうした観点を議論することは、我々の日々行っている臨床に深みと豊かさをもたらしてくれるでしょう。

文献講読の部では参加者で分担して担当論文を要約してもらいます。そして、その上で、講師である北川が論文の解説を行い、それを元に参加者全員で議論します。ちなみに現在では絶版になってしまっている書籍もありますが、そうした書籍については研究会で用意します。

症例検討については参加者の中から毎月1人が発表します。精神分析の症例には特に限りません。一般的な普通のカウンセリングを行っている症例発表で構いません。ただ、可能なら頻度や時間、方法などがある程度構造化された症例にしてもらえたらと思います。発表の方法は、最終2セッションの逐語記録やプロセスノートを持ってくるだけです。症例の概要やこれまでの経過をまとめてくる必要はありません。このことにより発表者の負担が減ると同時に、実際のやり取りを細かく検討することができます。

詳細URL https://s-office-k.com/meeting
対象 臨床心理士や医師、公認心理師、作業療法士などの守秘義務をもつ専門家、臨床心理系大学院生など
学生の
参加可否
参加可 
参加費 25000円
申込み方法 ●申し込み方法
(1)名前 (2)なまえのふりがな (3)所属 (4)メールアドレス (5)保持資格 (6)日本精神分析学会の会員か非会員か、の6点を明記して、下記の問い合わせにあるメールアドレスまでご連絡ください。銀行口座をお知らせしますので、振込をしてください。振込を確認できた時点で申し込み確定となります。

●問い合わせ・申し込み先
横浜精神分析研究会事務局 yokopsy@s-office-k.com
北川清一郎(所属:心理オフィスK、臨床心理士、日本精神分析学会認定心理療法士)

申込み締切
生涯教育
ポイント
なし
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ yokopsy@s-office-k.com

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7977/