作業に根ざした実践(OBP)と多職種連携のための信念対立解明アプローチ

名称 作業に根ざした実践(OBP)と多職種連携のための信念対立解明アプローチ
主催 一般社団法人埼玉県作業療法士会
日時 2020 年 2 月 8 日( 土)9時3 0分から 1 5 時まで,9時受付開始,12時から13時昼食,15時終了予定
場所 埼玉県県民健康センター(浦和駅から徒歩 15 分),さいたま市浦和区仲町3-5-1
内容 Occupation Based Practice(OBPは、作業に根ざした実践の略語であり,作業療法のルーツでもあるとされています.また,円滑な多職種連携のために信念対立解明アプローチが有効とされています.今回の研修では上記の内容を吉備国際大学の京極真先生に講義して頂きます.作業に根ざした実践は,身障分野・精神分野・小児分野などの垣根はなく,どの分野で働いている方でも勉強となる考え方です.また,様々な場面で多職種連携が求められますが,その際には信念対立解明アプローチはとても有効です.多くの作業療法士に知って頂きたい内容ですので,ご参加をお待ちしております.
詳細URL https://www.ot-saitama.or.jp/s……usai/4398/
対象 作業療法士
学生の
参加可否
参加不可 
参加費 埼玉県作業療法士会会員:3 000 円,埼玉県作業療法士会 非会員: 6 000 円
定員 100名
申込み方法 申し込み フォーム から登録して下さい.
https://business.form-mailer.j……5aca114166
申込み締切 2020年2月6日(木)
生涯教育
ポイント
2
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 一般社団法人埼玉県作業療法士会 学術部 押野修司
eメール ot_gakujutubu@yahoo.co.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7757/