事例から学ぶ精神科臨床で生かせる実践的評価法 ~精神障害者の回復に必要なトータルリハビリーテーションの視点を学ぶ~

名称 事例から学ぶ精神科臨床で生かせる実践的評価法 ~精神障害者の回復に必要なトータルリハビリーテーションの視点を学ぶ~
主催 神奈川県臨床精神科作業療法研究会
日時 令和2年2月29日(土)13時15分~17時00分
場所 ウィリング横浜 5階
内容 作業療法の勉強はたくさんしているけれど、なかなか対象者に還元されなかったり他職種から理解されずに困っている方は多いのではないでしょうか?
本研修会では、講義と事例検討を通して、対象者を生育歴や行動からどのように評価し、どのように自己を生かして対象者やチームに関わっていくのかを学びます。今回も講師兼スーパーバイザーとして、鶴見隆彦先生(所属:湘南医療大学)を招いて実施します。毎回,関東のみならず遠方からの参加者を交えながら,各自の自己研鑽やネットワーク作りの場にもなっています。
鶴見隆彦:
川崎市リハビリテーション医療センターにおいて精神障害者へのアウトリーチ型支援の実践を我が国において早期から取り組む。
その後、法務省に入局し社会復帰調整官として医療観察法対象者への社会復帰支援を実践。厚生労働省では,障害者への法施策にも取り組む。現在は教育分野に身を置きながら、作業療法士や社会復帰調整官へのスーパーバイズを全国的に実施している。精神障害者リハビリテーション関連の著書は多数。また,日本作業療法士協会からの依頼で,精神科専門作業療法士への指導にも携わっている。
対象 専門分野に関わらず興味のある方ならどなたでも。
学生の
参加可否
参加可 
参加費 2000円。
定員 30名
申込み方法 下記URLにアクセスし,申込みをお願いします。
https://forms.gle/16SHC39H6PZSFy778
申込み締切 2月28日(金)
生涯教育
ポイント
1ポイント
託児サービスの
有無
なし
問い合わせ 横浜保護観察所 処遇部門 保護観察官 佐藤 拓也
メール:igiyomogi@yahoo.co.jp

Permanent link to this article: https://kana-ot.jp/wp7/lecture/7745/